絶対に良い写真が撮れる!魔法の法則<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただき本当にありがとうございます。当ブログのツーリング写真解説をみて「本当に良い写真が撮れたよ」という方はおられますか?それが私にとって最も喜ばしいことでございます。

さて今回の<初級>ツーリング写真解説は、少々タイトルが大げさですが実践していただければ間違いなく写真が良くなるとお約束できる内容でございます

皆さまはバイクに乗っているとき「あっここで写真を撮ろうかな」と思いバイクを停めますよね。そういったとき何を基準に撮影場所を選ばれていますか?美しい景色、珍しい物を発見したとき、宗谷岬のような到達点の記念?それとも「何となく」でしょうか?

何となくここが素敵な場所だと思った、何となくシャッターを切ってみた。実はこの「何となく」は写真の意図を表現するにあたり、重要なことをうやむやにしてしまう落とし穴です。どう撮っていいか悩んでもスッキリしない正体は何となく撮っているからです。

最初は何となくここが素敵だと思った、これで良いですが何となくが何なのかを解明させるため写真家の目と言語化力をフル活用しましょう。当ブログでは度々登場してきた”〇〇だから△△したの法則”をここで改めて解説してみたいと思います。

 

 

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F5.6 1/500 ISO400

こちらの作品をご覧ください。海岸にある監視台を主題に撮った1枚ですが私は当初、この場所へ朝焼けの写真が撮れないかと期待してやってきました。しかし空には魅力的な雲が存在せず平凡な朝日になることが容易に想像できました。そこで海岸にあったこの大きな監視台がおもしろいなと思い、大きな監視台とバイクで対比を作って夜明け前の風景を背景にして撮影しました。言語化すると「立派な監視台が気に入ったのでバイクと大きさの対比する写真を撮ろうと思った」となります。そうと決まれば長方形の画面内にこの大きな監視台が最も堂々と魅力的に見えるように構図をつくるのです。




 

 

RICHO GR F5.6 1/125 ISO100 フラッシュ発光

次にこちらの作例をご覧ください。何でもない田舎の県道を走っていたとき「おっなんだあそこ!」と思いUターンしてまでここで足を止めました。工場の倉庫だと思いますが全体がヤレていい雰囲気です。ここでは「何となくいい感じだ」で撮影を開始せず写真家の目でよく被写体をみて言語化しました。そして「黄色とピンクのトタンがユニークだ」という結論に至り、それが画面内で理想的に配置されるよう構図を練ったのです。本当はピンクのトタンを主役にしたかったのですが、こちらは塗りたてのようで色気が無かったので、黄色の扉を主役にピンクは切り落としてみました。

 

 

EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L IS F5 1/50 ISO800

こちらの作品は夜明け前の湖畔のキャンプサイトですが、寒さ静かさを表現するためホワイトバランスを青方向に調整しています言語化すると静寂のキャンプサイトを表現するためホワイトバランスを青へ調整した、となります。

実は究極のツーリング写真では殆どのツーリング写真解説の投稿で冒頭に〇〇だから△△したの法則、または撮影の意図を言語化して書いているのです。手前の木々に光が透過して美しかったので絞りをF11にした、ライダーの存在感を強めるためバイクは2/3フレーム外へ切り落とした、もの寂しさや寒さを表現するため露出をアンダーにした、空一面に広がるウロコ雲を表現するため広角レンズでローアングルから撮った…などなど。

〇〇だから△△したの法則 そのための言語化。特に「〇〇だから」の部分は重要で作品の意図そのものと言って良いです。そしてこの〇〇の部分は簡潔に言える短い文であること。一言でいえるくらいでもOKです。この部分がシンプルなほど傑作に近いと言えるでしょう。




 

言語化をすることにより撮影の作業を具体化できるのです。これは主題の明確化、作品の意図を導く構図、焦点距離(使用レンズ)の選択、絞りシャッター速度などの露出設定をどうするか、最初に言語化できていればやるべき作業は極めて明快になり悩むことはありません。

 

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 1/6 ISO100

何もない空間の中央に手で輪を作って意図的な日の丸構図にした。これにより視覚的に安定感を出し平凡ではなくユニークさも演出した。

 

まずは「何となく良いと思った」を被写体や目の前の景色をよく見て言語化してみましょう。この時に被写体の特徴を見つけ出すことがポイントです。例えば1枚目の写真なら監視台が堂々としていること、2枚目の写真ならトタン製の扉がピンクであること、といった具合です。簡単でしょう?

きっとあなたは、その被写体の特長が気に入ったから、そこで写真を撮ろうと思ったはずですならば特長を魅力的に明確に表現できるよう撮ってみましょう。それは左右上下に動いて構図を作ったり、レンズを交換したり、露出やホワイトバランスを操作することかもしれません。

言語化から作業!それが究極のツーリング写真流〇〇だから△△したの法則です。あっ!大切なことを説明し忘れましたが、まずはあなたが感動すること!目の前の光景、被写体に感動しているか?これが実は一番大事ですからね!

それではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の100ショットスナップ~

RICHO GR APS-C

今回はちょっといつもと違う写真を。少し前に飛行機に乗ったとき、窓から撮った1枚です。飛行機の窓際席から写真を撮る場合、一眼レフだと仰々しいですしシャッター音が周囲に迷惑ですよね。そんな時はGRのようなコンデジの出番です。

マジックアワーは一瞬のショータイム<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、良い写真、良いバイク旅で充実した人生を送られていますか?先日、当ブログのアクセス解析にて訪問者数が少ないのにページビューが過去最高をマークした日がありました。どうやら当ブログをはじめて見たある方が、全ての投稿を一気読みしたようです。本当に感謝です!

ところで皆さまは何かの専門分野っておありでしょうか?私はこれと言って自慢できるものはありませんが、強いて言えば15年以上はスノーボードをやっていたので雪山の知識は少しだけあります。

雪山で撮影する場合、景色のほとんどが白なので露出はマニュアルを使用します。評価測光であればプラス1EVあたりに設定します。そしてパウダーの急斜面をターンする瞬間、粉雪のスプレーが青空を背景に美しいマニューバーを描くタイミングがあります。これは逃さず撮れる自信がありますよ。

 





先日、ある写真家の方がSNSで書いていたのですが、写真家にはそれぞれの専門分野があって、その専門の人でないと撮れないのだという話でした。例えばフィギュアスケートであれば演技の専門的な知識や選手の特徴などを熟知していないと、真のシャッターチャンスをものにできません。セレブポートレイト専門の写真家はモデルの個性、魅力を最大限に引き出す術を知っています。歌舞伎を撮る写真家は役者が見得を切るとき最も姿勢の美しい瞬間を逃さないそうです。

私はオートバイで旅をするようになって、かれこれ20年近いですが言ってみればオートバイ旅の専門家みたいなものです。私より優秀な写真家の方は世にゴマンとおられますが、例え偉大な写真家の方であってもオートバイのツーリングシーンを撮らせたら私の方が良い作品が撮れるぞ!という自信がもてるくらい、ここ1年くらいかけて飛躍したいですね。

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F10 1/8 ISO100

さて今回の<中級>ツーリング写真の解説は皆さまも私も大好きな夕刻の撮影シーンの解説でございます。

今回は夕日が沈んだ後の魅惑のショータイム”マジックアワー”です。

上の作品は伊豆半島 長井崎ちかくの県道17号から見えるヨットハーバーで撮影しました。この直前、長井崎で夕日の撮影を済ませ空の表情を気にかけながらR1200GS-ADVを東名に向けて走らせていました。このヨットハーバーを見つけたとき紺碧色とマゼンタを混ぜたような海面の色に目を見張りました。

R1200GSを停めてすぐにEOS6D mark2にSIGMA35mmF1.4ARTをセットし手持ちで撮った1枚がこの写真です。もともと深い青緑で海底が透けて見える美しい海なのでしょう。この海面に空の焼け残りが反射して息をのむ美しさでした。

 





このヨットハーバーの敷地から県道の歩道まで1mほど高低差があったので、この歩道からハイアングルで狙うよう、構図を練って三脚をセットしました。しかしものの数分の作業であったにもかかわらず、当初に発見した海面の美しさは姿は消してしまいました。

日没後の美しい空のマジックアワーは本当に一瞬です。空がどのような表情に変化していくかは予想するのが難しいですが、ただ1つ言えるのはみるみる変化し美しさのピークは一瞬で終わるということです。

あと10分でも早く、この場所にたどり着いていれば…そんな後悔をしても仕方のないことですが、日没後のマジックアワーは夕日撮影とセットで楽しむ感じでいきましょう。何も起こらないこともあれば、この写真のように雲が紫色に焼けるなど、事前に予測するのが難しく、それ故に感動もひとしおです。

夕日が沈んだ後のマジックアワーは一瞬のショータイム!というお話でした。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

~本日の毎日100ショットスナップ~

EOS6D mark2

このヨットハーバーの写真を撮った1日前の夕日です。これも西伊豆から撮影でした。あと数十秒で完全に太陽が沈んでしまう瞬間。絶妙なタイミングを狙ってみました。

お気に入りのSIGMA35mmF1.4ARTからEF35mmF2 ISへ買い替えました

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、皆さまはなぜ写真が好きか?なぜ写真を撮るのか?考えたことはおありでしょうか?

いい写真が撮れると嬉しいから、思い出や記念になるから、愛車をカッコよく撮りたいから、誰かに見せて喜んでもらいたいから…いろいろでしょうね。

すぐにではなく、ある程度のレベルに達してからでも十分だと思いますが、どこかのタイミングで考えてみるのも大切なのかもしれません。「なぜ自分は写真を撮るのか?」

私は最近、そんなに写真が好きなら何かに役に立てなければいけない!そんな風に思うようになりました。私の写真活動のコンセプトである「ツーリングのワンシーンを切り取る」はバイクで旅をする人々の共感、バイクや旅と縁のなかった人々への問いかけ、これらに役立てるよう良き作品を1枚でも多く生み出したいという気持ちで写真を撮るようにしています。

最初はただのツーリングの記念写真でしたが、たくさん撮っているうちに人に見てもらう喜びを知り、私の写真をみて「北海道に行ってみた」「バイクの免許をとりました」「写真をはじめたよ」なんて話を聞くと、さらに喜びが増してより高きを望むようになりました。

そして腕試しではじめたアウトライダー誌のツーリング写真コンテストに参加するようになり、審査員の先生方の寸評をいただき修正を加えて新たな作品で応募し…それを繰り返して現在に至るといった感じです。私は独学で写真を学んできましたが、先生は誰か?と聞かれればアウトライダーツーリング写真コンテストですと答えます。




さて今回は写真の解説はお休みしまして、レンズの話題でございます。以前も書きましたが私は2月に従来愛用していたメインカメラ EOS1DxからEOS6D mark2に買い替えました。そこでLightroom5ではRAW現像ができなくなり、Lightroom ClassicCCへ契約変更したらパソコンのSPEC(OSが32Bit)が古くてLightroom ClassicCCがインストールできず、仕方なくパソコンを買い替えるという、なんとも踏んだり蹴ったりだった訳ですが、まだ続きがありました!

それはEOS6D mark2にお気に入りの単焦点レンズSIGMA35mmF1.4ARTを装着すると、ライブビュー撮影できない(シャッターを切るとエラー表示でフリーズ)という問題です。SIGMA公式によると問題は把握しているようで対策はEOS6D mark2のレンズ補正機能をOFFにすることで解決とありました。しかし、それでは別のレンズを装着する際に戻すのが面倒ですし、そもそも戻し忘れる可能性が大きいです。

仕方なくSIGMA35mmF1.4ARTを使用するときは、ライブビューはせずに光学ファインダーのみの撮影としていました。しかし、そもそもEOS6D mark2に買い替えた理由がバリアングルモニターによるライブビュー撮影が魅力だと感じたからで、実際には35㎜を使用するときでもライブビューで使いたいシーンはとても多く、これでは困ったと悩んだ挙句、お気に入りだった単焦点レンズ SIGMA35mmF1.4ARTを手放すことにしたのです。

 

左:SIGMA35mmF1.4ART 右:EF35mmF2 IS




そして代わりに購入したレンズはCANON純正の35mm単焦点レンズ EF35mmF2 IS USMです。

私にとって35㎜という焦点距離はとても出番の多いレンズでした、当ブログの熱心な読者様であれば私の写真の多くに35㎜が多く登場することをご存知かと思います。

ツーリングでは何を撮るにも便利な焦点距離で特に被写体に寄ったシーンの作りこみでは最高に私と相性の良い焦点距離でした。

したがって安易にレンズを選ぶことはできず慎重に慎重を重ねて検討した結果がEF35mmF2 ISとなりました。

EOS6D mark2のエラー問題の解決が第一の買い替え理由なのでキャノン純正を選んだ訳ですが、35㎜単焦点となるとキャノンの場合はもう1本選択肢があります。EF35mmF1.4LⅡUSMです。型番に「L」のつく高級レンズですね。

しかしこのⅡ型は発売から日が浅く、中古を狙う私にとって手ごろな中古品がないためこれは却下。なんと言っても定価28万5千円の高級レンズですからね。LはEF70-200mmF2.8L ISとEF14mmF2.8Lを持っていますが、これ以上は高いレンズは持ちたくないです。

そして今回買ったEF35mmF2 ISは定価8万3千円でメルカリで中古品を4万程度で入手。もちろん新品に近いような上物です。

そして見逃せないポイントは大きさが見た目の印象でおよそ35%くらいコンパクトであり、重量がおよそ半分程度と軽量なのも良いです。この軽量化の分、ほかの何かを旅に持っていけるのですから大きなメリットです。

参考までに SIGMA35mmF1.4ARTは665gで価格は11万8千円、EF35mmF1.4LⅡUSMは760gで価格は28万5千円、そして今回購入したEF35mmF2 IS USMが335gで価格は8万3千円です。

そしてもう1つ、解放値が従来のシグマはF1.4でしたがF2になってしまいました。しかし35mmの場合、多くの撮影シーンで解放よりも絞り込むシチュエーションが多く、F2になってしまったデメはほとんど無視して良さそうです。

そして暗いシーンで絞り込んだ際、役に立つのが手ブレ補正機能のISです。これはSIGMA35mmF1.4ARTにもEF35mmF1.4LⅡにも搭載されていません。この露出でいう約4段分の補正機能はパンフォーカスを狙ったシーンで大いに役立つのは容易に想像できます。

おっと!また長文にブレーキが外れてしまったようです。EF35mmF2 IS で撮った写真はまたいつかアップしますので、ぜひお楽しみに!

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

上級者が教えてくれない構図ワークの秘密<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、海と山どちらがお好きですか??もちろん多くの方が「どっちも好き」とおっしゃると思います。私もそうです。好きかどうかと別に相性みたいのも有りますよね。私は幼少期から割と海に近い場所に住んでいるせいか、海との相性が良い気がします。

それと三方が海にかこまれた房総に住んでいるというのもありますが、逆に高い山が近くにないのでアルプス山脈や富士山を望むことができる山梨、長野、静岡には憧れを抱いてしまいます。千葉はなんと言っても日本でいちばん高低差のない山ナシ県ですからね。

さて今回の<中級>ツーリング写真解説ですが、上級者が当たり前のようにやっている構図テクニック、あらゆる要素を複合的に、かつ巧妙に組み立てていく画面構成について解説してみたいと思います。

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F16 1/40 ISO100

こちらの作品をご覧ください。以前も同じ場所で撮影した写真をアップしましたが、漁港で役目を終えた漁船が保管されている場所です。台風で台座が破壊されてしまい倒れてしまった様子です。

こういったシーンでは何パターンかのバリエーションで撮影してみましょう。前回の写真では倒れてしまった船体を主役に撮ってみましたが、今回は漁船のスクリュー部分に注目して、これに寄った写真を撮ってみました。




これは撮影現場の様子をiphoneで撮った1枚です。こういった漁港のように様々な物が目の前の光景に存在している場合、被写体のキャスティング作業、背景の整理、スペースの確保など、構図を作る上で割と高度なスキルが要求されるシーンです。

何となく雰囲気が良い場所だからと、被写体をよく見ず言語化もしないで撮れば、ゴチャゴチャと乱雑な写真に陥ります。

ではこういったシーンで意図を明確化し整った構図を作るにはどうしたら良いか?それを解説いたします。

まず主題は船体のスクリューです。これに注目して35㎜単焦点レンズで足で寄ってみました。寄ることによってスクリューに固定されたロープと船体のやれたFRP部(赤で囲った部分)の質感が表現されました。被写体の質感を表現するにはまず寄る事です。

ロープは線の要素として画面の角にピッタリと合わせて斜めに走らせました。線は画面の角に合わせることにより効果がより際立ちます。

そして重要なのは黄色で囲った部分。何もないスペースです。これを意図的に作ることでゴチャゴチャ感を回避して被写体の存在を際立たせるのです。上のiphoneで撮った写真に写っていますが、この場所にはハシゴやら水槽やらロープやらが散乱していますが、仮にそれが良い感じでも決して入れないこと!




 

次に分断線と比率です。この写真のようにメイン被写体のエリアとそれ以外のエリア、または例えば海と空とか、分断線が発生したことによる2つのエリアの比率です。簡単な構図であれば有名な三分割構図を適用すれば良いですが、この写真のような場合は2つのエリアの面をよく注視して2等分にならないよう精密に配分してください。

比率は偉い順に並べると1:1.168(黄金比)、1:1.414(白銀比)、1:1.5、1:2.303(青銅比)といった具合です。しかし撮影時にファインダーを覗きながら、これらの比率に正確に合わせるのは困難です。知識として覚えておく程度でも十分だと思います。とにかく1:1は絶対に避ける、およそ1:1.5くらいを狙うと覚えておきましょうね。

その他、この作品ではモデルがちょうど顔の部分で見切れています。歩む方向は船体の陰へアウト方向です。これは観賞者の想像をさそう心理的手法です。この人物はどのような顔をしているのか?歩く先に何があるのか?これはミステリーやホラー映画なんかでも頻繁に使われる心理的手法ですが、静止画である写真にもこのように応用できるのです。

いかがでしたか?そんな計算高くやるのかぁ…と半ば呆れてる方もおられるかもしれません。しかし、こういった手法は上級者ともなると半分無意識にやる感じで、作業時間も数秒で決めています。きわめて瞬間的なデザインと言えるのです。

こういった理論に面倒だと背中を向ければ、いつまでも変わり映えない写真のままですよ。

次回の撮影でぜひ挑戦してみてくださいね!

↓↓↓撮影地↓↓↓

千葉県館山市布良漁港





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART

以前に南房総ツーリングしていた際、夕刻に勝山港で撮った1枚です。強烈な逆光でしたが何もない草地と放置されたボートが美しく輝いていました。

 

現場で役立つ!ベストアングルの見つけ方<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、素晴らしいツーリング、素晴らしい写真への情熱を絶やさずに過ごされていますか?

良い写真とは素晴らしき作品を生み出したい、それを誰かに見せて喜んでもらいたい、という気持ちと情熱が大切です。これが高ければ眠くても早起きして旅立つことができますし、重い機材でも持って行こうという気持ちになれます(重い機材もがんばって持って行こうという意味ではありませんよ)。

さて今回の<中級>ツーリング写真解説は撮影現場においてベストなアングルの見つけ方です。アングルとは角度というイメージですが、構図やフレーミングと密接な関係のあることです。とても重要なことですよ!

 

 

まずはこの写真をご覧ください。千葉県市原市のとある舗装林道での一コマです。法面が崩れて木が横たわっている様子が気に入ったので、ここで撮影することにしました。この写真はブログ解説用として現場の様子をスマホで普通に撮った1枚です。

さて、どう撮りましょうか?




撮影現場とは自分がそこで撮ろう!と思ったからには必ずベストアングルが存在します。大抵の場合はベストアングルは1つしか存在しません。目の前の光景をよく見て被写体と向き合います。そしてそれぞれを言語化して自分がここで撮ろうと思ったことを具体化し、それを表現する手段を考えましょう。

まずは最初に気に入った横たわった木に注目し、寄ってみましょう。木は導線として使えそうなので画面内でどのように線を走らせるか考えてみます。このとき足を意識してください。足で良く動いて角度や高さを変えると画面がどう変化するのか?動きまくってください。

はい、こんな感じ。倒れた木に寄ることで構図内で存在感を調整します。木の導線と道の導線がクロスするような構図になりました。しかしどこか釈然としませんし、画面内につじつまの合う秩序が感じられません。ソレっぽいだけで何が言いたいのか分からないのです。

ここで一度、この写真の何がイマイチなのか考えてみましょう。何か余計な物が写っているのでは?大切なものが足りないのでは?

まず最初に注目した横になった木ですが、この撮り方ではいまいち魅力的に写っていません。これは光が足りないのが原因です。例外的な場合を除いてメイン被写体には何かしらの光を当てるのが原則です。

それから道路の先が写っていることによって、この導線の視線誘導が道路の先になってしまい主題がボヤけてしまいました。導線とは被写体に接続されていないと機能しないということを証明しているような写真です。以前に解説した導線と視線誘導の投稿はこちら




この2点を修正するために足で動いて再びベストアングルを探してみましょう。

 

 

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F7.1 1/20 ISO100

 

はい、修正して最終的に決めたアングルがこちらです。横になった木は背景に光を入れて魅力的にしました。副産物として他の緑も葉に透過光が入って美しいです。そして見えていた道の先はバイクで隠れるようにしました。

横構図から縦構図に変わったのは当初の両サイドには特に良いとも悪いとも言えない中途半端な要素が散漫と存在していたため、それを削ぎ落して高さ方向に存在する光を取り入れたいと思ったからです。

納得のできるアングルを発見することに成功したら、ここではじめて自撮り作業に入りましょう。ここでは光が気持ちよかったので上を見上げるようなポージングでいってみました。

言ってしまえば単純に縦構図のローアングルにして少し左に動いただけです。足で動くといっても、それほどタフな作業ではありません。上級者になるほど動く量は最小限に、そしてすぐにベストアングルを発見できるでしょう。

鍵は目と足の2つ、そして言語化です。被写体の魅力を解明する写真家の目。それを画面に理想的に配置できる写真家の足。なぜそうするのか説明できる言語化力。これらを意識してトレーニングすると劇的に写真が良くなることをお約束します。トレーニングって??もちろん毎日100ショットスナップのことですよ。

ピアノでもゴルフでもスキーでも毎日練習するのが一番でしょ?写真も同じです。

撮影現場におけるベストアングルの探し方でした!それではまた!!

↓↓↓撮影地↓↓↓

市原クオードの森(旧市民の森)にある林道です。全線舗装されていますが交通量がなく落葉や水溜まりなど多いです。この写真のすぐ先が有名な中間崩落隧道となります。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

CASIO エクシリム EX-10

遅くまで残業して帰るときに撮った1枚。晴海通りを豊洲に向かっていく途中にある春海橋(なぜか晴海ではなく春海とある)です。少し気味の悪い鉄橋は昔、この臨海地区で東京都港湾局の運営する貨物鉄道が走っていたようで、その線路がこの橋とともに残っているのです。ゆらめく運河に都会の摩天楼が美しくきらめいていました。

基本ルールを破壊せよ!構図を精密にチューニング<上級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただき本当にありがとうございます。

ところで皆さまはビンテージバイクってお好きですか?私はローテク好きなので古い乗り物は大好きなのですが、欲しいなぁと思うビンテージバイクって凄く高いですよね。以前は大枚をはたいてでも購入してしまおうか迷った時もありましたが、最近はまた変化があって、ビンテージバイクを見かけるとバイク自体ではなくそのバイクが現役だった当時、どのようなライダー文化があってどのようなツーリング風景があったのか想像を膨らませてしまいます。

なかなか昔のバイクの写真は有っても昔のツーリング風景の写真ってのは出てこないですよね。昔のライダーは突っ走っていたので写真なんか無いのかもしれませんが…。遠い将来のために今のツーリング風景、ツーリング文化を芸術として記録しておきたいと感じました。




さて今回の<上級>ツーリング写真では具体的な撮影技法等ではなく、上級者なら常識の殻をやぶって新たな世界を生み出そう~というお話。ちょっとタイトルが大げさでしたが、初心者の方もぜひ読んでみてくださいね。

 

EOS6D mark2 + EF135mmF2L F6.3 1/200 ISO100

 

こちらの作品をご覧ください。千葉県市原市の小湊鉄道 上総大久保駅です。桜も菜の花も終わって新緑の季節を表現したかった作品です。なので全体の緑の雰囲気を大切に撮影し、Lightroomで雰囲気を若干ソフトに演出しています。

イチョウの木を堂々と配置させて構図に安定感を与えました。地味ですが手前の雑草は葉の大きいものを枠際に配置して、視線の囲い込みを狙っています。

当ブログでは今まで何度も構図や画面構成の基本を解説してきました。それは主題を明確にする、副題がある場合は主従関係を明らかにする、被写体に大胆に寄る、といったものです。

しかし、この写真はどうでしょう?ぱっと見て何がメイン被写体なのか明確とは言えませんね。バイク?電車?それとも木??

この写真を撮ったとき、私は敢えて大切な被写体を少し小さ目に構図に取り入れてみました。この「敢えて」の部分が今回のメインです。被写体のボリュームを下げると、その分存在感が増すのは被写体以外の部分、つまり背景などですね。

この作品では全体の新緑の「緑」を大切に表現したかったので、被写体の存在感を少し下げたのです。

切ないバラード曲を歌う場合、大切なさびの部分をわざと弱く歌う歌手さんいますよね。寸分狂わぬ音程にこれみよがしな声量で歌われるより、感情が表現されて心に入ってきます。そういう歌と同じ感じです。




 

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F7.1 1/20 ISO100

この作品は中央に明確な分断線の入った二等分構図です。しかも縦構図の場合は正方形が2つ発生するので、横構図の場合のソレよりさらにタチが悪いです。

当ブログでは今までしつこい位に二等分はやめましょう!と解説してきました。分断線が発生しエリアに比率が生まれるときは必ず3:2、3:1、1:1.618、1:1.1414など黄金比や白銀比、それに近い三分割線を守りましょうねと。

しかし、これもまた作者の意図による破壊行為ならOKです。この作品では等分された2つのエリアの意図を精密に等しくして不思議なメッセージを表現しています。隧道の様子とその上に生い茂る木々を14mmレンズで魚眼風に写しています。この両者はペアですよ!と2つの正方形でうったえているのです。

上級者なら一般に言われるルールに縛られず、構図を精密にチューニングするよう基本ルールを無視してみましょう。

それには何故そうしたのか?を伝える必要があります。この部分は写真の観賞者が言葉で表現できなくても構いません。しかし成功すれば必ず感動や共感をもらえると思いますよ!

今回はこの辺で~





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓1枚目の写真の撮影地↓↓↓

千葉県市原市 小港鉄道の上総大久保駅 紛らわしい名前で上総久保駅もあるのでお間違いないよう。写真を撮った場所は駅舎側ではなく踏み切を渡って反対側にある空き地で撮影しました。

↓↓↓2枚目の写真の撮影地↓↓↓

いちはらクオードの森(旧市民の森)の南側にある林道を進むと中間が崩落したユニークな隧道が現れます。個人的には農溝の滝なんかより、よっぽどフォトジェだと感じるのですが…。近々、有名なスポットになるかもしれませんね。

【重要】ツーリング写真におけるデザイン要素と構図

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、GWの旅で撮った写真は全て仕上がって整理できましたか?写真は綺麗に仕上げて整理してプリントして発表するまで楽しめますからね。

撮るだけ撮って、メモリーカード内に画像があるまま何もしないなんて寂しすぎますよ!仮に良い写真が撮れなかったから…と思っても撮影した写真をよく見返して分析するのはとても大事です。

さて今回の究極のツーリング写真では、いままで何度も解説してきた写真におけるデザインのお話をまとめてみたいと思います。

漁港の浮きを撮った1枚  図形デザイン要素の「円」と「連続したリズム」

もう何度も同じことを書いてきましたが写真におけるデザインとは主に 線(直線、曲線、S字、Z字…)、図形(円、四角、三角、台形、〇〇型)、色(暖色、進出色、寒色、後退色、中間色、中性色、補色、反対色)、立体感、質感、規則的なパターン、連続したリズム感、ディティール、シェイプなどです。

デザインは写真をパッと見た瞬間に視覚的に美しさや心地よさを受けるかどうかです。何を写したか、何を伝えるのかといった写真の核となる部分とは基本的に個別に考えたほうが良いです。

デザインを意識するにあたり重要なことは画面という長方形の四角に、前述のようなデザイン要素をどのように取り入れるかです。

構図はメイン被写体、副題、アクセント被写体、背景などの大きさや位置関係を調整し作品の意図を表現するための標として組み立てていくものです。構図とデザインは似ていて一部は重なりますが、こちらも考え方としては個別に考えたほうが良いです。




デザイン要素の中でも重要な「色」の要素を取り込んだ作品

デザイン要素の解説において、よく誤解を受けてしまうことは「たまたまそうだったのでは?」という疑問です。海が青いのは撮影者が青くした訳ではありませんし、富士山が二等辺三角形なのも撮影者がそうした訳ではありません。

これは画面内にデザインが偶然入ったということであり”画面内にデザイン要素を必然として取り込んだ”とは似て非なる事なのです。つまり色や線や図形が目の前の風景に存在していることに気が付き、それを長方形の画面内に意識して取り込むこと、それが写真におけるデザインだと私は考えます。

くどいようですが重要なポイントは長方形の画面の中にデザインをどう取り入れるかにかかっています。

デザイン要素の線 奥行を出したり、観賞者の視線誘導にも効果的

写真をぱっと見たときの人間の脳がしめす反応の話ですね。目から脳へ送られた信号を元に、どのような反応を起こすか。感情を刺激する要素ではなく、あくまで「見た目」の心地よさ、安定感、視線を動かす楽しみといった世界です。

なのでデザインはとても重要ではありますが、それが写真の全てではありません。写真に重要なのは作品の意図、何をどう撮るか、どう表現したか?でありデザインは基礎工事や骨格のようなものに過ぎません。

葛飾北斎 富嶽三十六景 尾州不二見原 図形要素の円を用いたデザイン

 




デザイン要素 最も視線誘導を楽しませるS字曲線 そして黄金比や白銀比などの比率

 

最重要ではないが無視はできないデザイン。絵画でも彫刻でも書道でも、すべての芸術に通ずるデザイン要素。しかし写真をやる人でこの部分に真面目に取り組んでいる人は少ないように思えます。私は特にツーリング写真ではデザイン要素を意識しなくてはいけないシーンが多いように感じます。

例えばバイクのタイヤは円、車体は赤や黄色など扱いに知識が必要な物が多いですよね。道は線の要素。海や空は青で自然は緑、道路はグレーでアスファルトの粒子に寄れば質感、桜や紅葉の景色も色要素ですよね。すぐに思いつくだけで多くのデザイン要素があります。

いかがでしょう?そんな難しい理屈など考えずに感じたままに撮ろうよ!それが芸術なんじゃない?という意見も聞こえてきそうですが、多くの著名な芸術作品は一般に種明かしされていないだけで、こういったデザイン要素は極めて計算高く取り入れられているんです。有名な例だとダヴィンチのモナ・リザなんかそうですよね。

これを無意識に「感じたままに」デザインできれば本物の天才であると言えそうですが、そうでない人は試しにデザインを学んで写真活動されてみてはいかがでしょうか!

今日は久しぶりに大事なこと書いたなぁ~!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

技アリ演出!有り得ないほどカッコいいツーリング写真<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、皆さまは写真の演出と聞いてどのような印象をお持ちになりますか?

演出はプロアマ問わず写真界ではよく議論されるもので、演出の反対はナチュラル。完全ナチュラル派の人から演出を加える派の人まで、その度合いについては写真家それぞれの考えのもと極めて多様です。

ポートレート撮影でモデルさんに「笑って~」と頼めばそれは演出。目の前の風景の中に枯れた雑草があり邪魔に感じたので取り除いた、これも演出の一種。

私たちが目指すツーリング写真もこの問題については避けて通れない部分です。作品に旅のストーリー性を加えたり、感情表現を入れるためライダーの存在は重要です(必ず必要とは思いませんが)。しかし多くの写真好きライダーは単独行動のため、作品内にライダーの姿を入れるとなると、自ずと自撮り(というワードが適切か疑問ですが)になってしまいます。

カメラをセットしてタイマーなりリモコンなりで自分の姿を撮るのですから、これはもう紛れもない演出となります。本当なら誰か見知らぬライダーを美しい夕日の海岸かどこかで、タバコでもふかしている様子を気づかれず撮れればナチュラル作品が撮れるのですけどね。





私は今更ですが演出は加える派です。目指しているのは心象風景や記憶色の世界であり、あくまで人の心の中の光景を生み出したいと思っています。したがって目の前の風景を忠実に再現するだけの写真には興味がありません。自分なりの表現として演出を加えます。それは自撮りに限らず、例えば14㎜や600㎜といった肉眼とはかけ離れた焦点距離のレンズを使用したり、ホワイトバランスをイメージに近づけるため調整を施したり、Lightroomで質感やかすみ具合などを調整したり、この他にも色々ありますがとにかく演出については一切の否定はありません。

ただし、あまりに事実を歪曲させて写真ではなく別の芸術作品になってしまうような手法は避けています。そういった写真作品も素晴らしいと思いますが、旅の世界を伝えるツーリング写真には似合わないかなと感じるからです。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F7.1 1/1600 ISO100

 

こちらの作品をご覧ください。恥を承知でカミングアウトするとコレも自撮りな訳ですが、ただライダーの背中を撮るだけとか棒立ちでは逆にマヌケに写ってしまうので、恥ずかしいなどと思わず思いっきり演じ切ってください。

絶対にカッコよくなります。

ポージングひとつ、表情ひとつで劇的に作品にストーリー性や感情が加わります。これに成功すれば写真を見る人に感動や共感をもらえるでしょう。




SNSで発表すると、どうしても撮影裏を詮索する人が出てきます。代表的な反応としては「セルフタイマーでダッシュですか?」とか、星空のシーンでライダーの姿があれば「30秒間も微動だに動かずにいたのですか?」といった類のものですね。

そこに気がいってしまう時点で芸術への意識が低い人かもしれません。私は一時期、この反応を嫌っていましたが、もうこれは人間の心理なのか?こういったコメントを受けるのは仕方ないと諦めています。もしこういったコメントを受けるのが耐え難い、という方はデータを記入する際に(撮影データを書いてくれという発表の場)予め書いておくと良いです。F2.8 S:unknown  ISO:2500 インターバルタイマー撮影 といった具合に。

どうでしたか?!演出と聞くと何となく聞こえは悪いですが、完全ナチュラルも逆に難しいと思いませんでしたか?それでしたら作品の完成度を高めるために、より良い演出を加えてみるのも素晴らしいのではないでしょうか?

ではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

ド定番な撮影スポットでの撮り方<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただき本当に本当に有難うございます!感謝です!実はアクセス数はここ数か月は伸び悩みなのですが、数より読者層の濃さを大切に運営していきたい所存です。

ところで先日、バイク専用写真共有SNS モトクルのフォトコンテストで入賞しバイクブロスポイント2万円分をゲットしたと話しましたが、そのポイントでガエルネのタフギアを買ってしまいました。

ガエルネのタフギア ブラウン

私はライディングブーツと言えば過去にガエルネのNo.145、ガエルネのFUGA、MaxFritzのダブルチェンジパッドブーツなど主にマウンテンタイプの革ブーツを愛用してきました。

それより以前はBMW純正のエンデューロやサンティアゴ、ガエルネEDプロなどを使っていましたが、今回は久しぶりにマウンテンタイプではないブーツの購入です。

オフロードブーツの定番とも言えるEDプロを真っ二つにしたような、半分オフロード、半分ツーリングといったライトな感じのタフギアですが、構造はオフロードブーツに近いものがあり、とてもしっかりした造りです。

最初、久しぶりにのしっかりしたブーツで凄く歩きにくいと感じましたが、丸一日ほどツーリングに使ったら程よく馴染んで歩きやすく、シフトもし易くなりました。

同じガエルネでもNo,145やフーガは日本人の足に合わせて足型を作っていると聞きましたが、このタフギアはたぶん違うようです。幅広甲高の日本人の足を考えると通常サイズのワンサイズ上を選ぶのが正しいようで、私の場合はフーガは27.5ですがタフギアの場合は28.5となりました。

買おうか悩んでいる方はサイズにご注意くださいませ。

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F13 1/100 ISO100

さて今回の<初級>ツーリング写真解説では撮りつくされてしまったド定番撮影スポットでも、個性を打ち出すため少し変わった写真が撮れないか頑張ってみようぜ~という簡単な内容でいってみます。

この作例の場所は関東圏のツーリングライダーなら誰もが一度は行ったことのあるでしょう伊豆半島の弓ヶ浜です。日本の渚百選にもなっていて穏やかな海、弓なりに弧を描く砂浜が印象的ですね。

しかし、ここは多くのライダーが記念撮影するスポットでもあり、弓ヶ浜に来たぞ!という記録の撮り方が定番化している場所でもあります。当ブログ 究極のツーリング写真の読者の皆さまでしたら、そういった普通の撮り方に陥らないよう、くれぐれもお願いしますね。

今回、私の場合は駐車場の敷地にあった松に注目してみました。前景のある構図を作るにあたり、少し難しかったですが35㎜の広角レンズで松を入れ、弓なりに続く白波の線を導線として構図しました。つまりハイアングルですね。

撮影現場ではストロボ発光させて松の緑色を出したかったのですが、これは葉に面がない松では難しく、後でLightroomで補正しました。前景が松であることが誰の目にも明らかであるよう絞りはF13に設定です。

本当は松が左右から折り重なる場所があればさらに良かったのですが、ここは車も人も多く、なかなか動き回るのも難しい場所でありました。しかし、静かな凪の海岸にいつも心癒される弓ヶ浜で安心しました。

ちなみにこの場所にある人気のお食事処「青木さざえ店」に久しぶりに行って昼食にしてみました。イセエビ丼を注文して美味しくいただいたのですが、ちょっとした珍事が!私は好きなものは最後に残すタイプなので、イセエビ天ぷらを最後の一切れ残しておいたのですが、食べてみたら何と人参でした…。

赤い天ぷらだったのでイセエビなのかと思っちゃいました…この間違いを犯したのは私だけでないはず!

ではまた~

↓↓↓撮影地↓↓↓





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICHO GR APS-C

これは伊豆半島ではなく地元の房総半島で撮影しました。港に乱雑に置かれた綱と錆びた金具。大胆に被写体に寄った1枚。28mm単焦点レンズのGRではこういった「寄る」写真の良さを学ぶことができました。

絞りを調整して被写体をキャスティングせよ<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ゴールデンウィークは良い旅、良い写真を得ることができましたでしょうか?

大型連休は普段は足を延ばすことのできない、遠い場所まで行けるのが魅力ですが、どうしても混雑を避けることができませんよね。

道路の渋滞もそうですが観光スポットなんかは人込みでうんざり…みたいな。写真を撮るにもなかなか快適には撮れませんね。

つい先日、房総の隧道で写真を撮っていたら、どうしてこの場所に来たのか不明なのですがレンタカーで来られた10名くらいの高齢の集団に遭遇してしまいました。こちらが撮影に集中している時に容赦なく話しかけてこられました。

もちろんコミュニケーションという好意なのはよく分かりますが、ジャマしないでねオーラを出していても全く通用せず軽く15分はお喋りに付き合う羽目に…。

例えば絵を描いている人や書道に集中している人に、話かけてはいけないのと同じよう、写真も一般に芸術であると認知されればこのような事もないのでしょうが。





…混雑と遭遇しないよう早朝行動がいいですね。

EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F5.6 1/400 ISO100

さて今回の<初級>ツーリング写真解説では被写体と遠景しかない風景のシーンでも絞りの調整で存在感をコントロールしましょう!という初級としては少し高度なお話です。

以前にカメラの絞りを調整するとは、構図内に近景、被写体、遠景など主に3レイヤー以上の奥行方向の階層を作り、それぞれのボケ具合を調整することですよ、という解説をしました。

・過去の解説投稿→世界初100%理解できる被写界深度解説!

今回は構図を組み立てた時点で作品の主題が明確に出来なかった場合、絞りの調整つまりボケ具合で主題を際立たせてあげましょう!というお話です。この作例では望遠レンズを使用して遠景となる山間や小湊鉄道のキハを引き寄せて撮った構成で近景はありません。





風景写真の基本は絞り込むことによって画面全体にピントを合わせるパンフォーカスが一般的です。しかし、この作例のような構図では作品のどの部分が主題なのかがイマイチ明確と言えません。

そこでこの焦点距離(260㎜)での解放値F5.6を選択して遠景や鉄道をボカしてみました。すると中央の大きな木とバイク+ライダーに合焦していることが際立ち、作品の主題がどちら側にあるのかが明らかになりました。

通常、このようなシーンではせっかく鉄道が通るまで待っていたのですから、鉄道をもっと推したいですよね。しかし、そこはあえての脇役にキャスティングするのがポイントです。実際、小湊鉄道は本数が少なく、このシャッターチャンスを得るまで40分くらい待ったのですが…

ちなみに260㎜という望遠で自撮り(つまりカメラまで遠い)、しかも絶妙なタイミングが要求されるシーン!どうやってシャッターを切ったかと言うと、これもEOS6D mark2に内蔵されているインターバル撮影機能なんです。当初、さすがにインターバルではタイミングが合わないな…と思い久しぶりに違〇電波のリモコンをセットしてリモート撮影の準備をしたのですが、テストしたところ遠すぎたのか電池のせいなのか電波が届きませんでした。

そこでEOS6D mark2のインターバル撮影機能を1秒毎の90枚撮影に設定して、時刻表をチェックし時計とにらめっこしながら撮影を開始したのです。いくら1秒毎とはいえ上出来すぎる位置に小湊鉄道を入れることに成功しました。失敗すると次の電車まで軽く1時間以上は待ちますからねぇ~ラッキーでしたよ。

それではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

小湊鉄道 養老渓谷駅のすぐ北側 人気の撮影スポット石神花畑よりも駅に近い所に広大な空き地があります。中央に木があり他に遮るものが何も無く小湊鉄道を望むことができます。小湊鉄道の撮影という意味ではかなり穴場です。誰にも内緒ですよ!!!

~本日の毎日100ショットスナップ~

CASIO エクシリム EX-10

職場のすぐ近くの桜を撮ってみました。空に向かって見上げると強い太陽光を透過した葉の折り重なる様子が美しく、それを繊細に表現してみました。毎日写真を撮ることは毎日幸せを感じることです。