ピント位置と露出で魅せる複合上級テクニック

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、せっかくの良い季節ですが容易に外出できない有事となってしまいましたね…。ここ数日、究極のツーリング写真ではPV数がすごく伸びておりまして、きっと多くの方が外出できずにご自宅でインターネットをされているのだと推測されます。

こういう時は街中でスナップ写真や人の多い場所で桜の撮影とか難しいので、知識をつけるために究極のツーリング写真の過去記事をご覧ください・・・ちょっと無理があるかな?




さて今回はピント位置と露出で魅せる複合テクニックと題して上級ツーリング写真の解説をいってみたいと思います。

EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG C

まずは完成作品からご覧ください。南房総の海岸線で撮った一枚ですがこの時、良いお天気と反して海は荒れていました。岩場に砕ける波の様子にすぐに私のセンサーが反応しました。

この砕ける波のダイナミックな表情を望遠レンズで引っ張って撮ろう。すぐにそう思いついてEOS6D mark2にSIGMA150-600㎜F5-6.3DGを装着して撮影に挑みました。

まずリアルサイド分析ですが撮影現場は太陽光が眩しいくらいに注いで十分に明るいこと、岩に砕ける波の様子が様々な表情があること、波の飛沫はかなり白いこと、遠景に船が行き交っていること、後方からの順光によりR1200GSアドベンチャーの各部にハイライトが入り輝くこと…などが確認できます。

充分に明るいということは早いシャッター速度をかせげる状況です。そして望遠レンズを使うには十分なスペースも確保されています。ここは岩に砕ける波を主題に撮るのですから大胆に絞りを解放に設定しピント位置を波にしてみました。

いちおう書いておきますがこのようなシーンでは迷わず高速連写モードを使用します。この撮影シーンだけで軽く200カットはシャッターを切りました。たくさんのバリエーションの中から自分の気に入った波の様子の1枚を後でselectする作戦です。




最終的に仕上げまで行ったカットは25枚でした。その中で上の写真のように葛飾北斎の神奈川沖浪裏を彷彿するような波のものもありました。これを採用カットにするかかなり悩みましたが、採用カットに選んだ写真の方が飛沫が鶴の化身のようで印象的だな、と思い最終的にselectを終えました。

上級者であれば魅せ方は1つと限らず2つ3つと複数の手法を複合的に駆使して表現してみましょう。今回の作品では先ほどご紹介した絞り開放により深度で魅せる方法、たくさんの連写から1枚を選ぶこと、そしてもう1つくらい何かないでしょうか??そう露出です。

リアルサイド分析で波の飛沫は真っ白である…と確認しましたが、この白さが白トビしてディティールが失われないようこの部分に露出を優先します。結果、他の部分が少し暗くなってしまいますが、そうなっても変な写真にならないように構図を組み立てます。飛沫に露出を合わせたことで高速シャッターが捉えた飛沫の一粒一粒まで精密に表現することができました。




いかがでしたか?私もまだまだ勉強中ですが一枚の作品の中にいくつもの表現手法を組み合わせた写真。そうすることで写真の構造を暗号化して見る側に巧妙さを容易には感じさせないという効果もあります。

ちょっとマニアック過ぎたかな…

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

記憶色のツーリング風景

EOS6D mark2 + SHIGMA12-24mmF4.5-5.6DG

ツーリング写真とはバイク旅の記憶風景であるべきだと思う。

バイクツーリングという「旅」をテーマにした写真であるからには

記憶に残る風景、記憶色に染まった風景を写真にしたい。

いや、あえて荒唐無稽な言い方をするとツーリング写真は時間を逆に流すこと。

現実には旅で見た風景は記憶に刻まれ、後にその記憶の中の風景を回想する。

「あの時、海に沈んだ夕陽が格別に美しかったな…」




時が経つにつれて記憶風景は曖昧になり、そして美化される。

その時にイメージに描く記憶色の絶景こそが真のツーリング写真。

つまり時間を逆に流すとは何年も後に回想するであろう旅の記憶風景を

いま作り上げること。

記憶になるであろう風景を記録するのだ。

むずかしいのは現実の風景とのギャップだ。

写真機は現実を写す機械だから原則として偽りが許されない。

しかし見たままのRealが必ずしも記憶風景になる訳ではないのだ。

20年も30年も前に見たツーリングの風景は写真にしていないけど

記憶の中で儚く輝いている。




そんな記憶風景を事前にイメージして持てる力を発揮して撮るんだけど

これが言うほど簡単ではない。

でもそうやって撮りたい。

記憶になるであろう風景を記録するのだ。

宗谷丘陵 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

カメラポジションとカメラアングル<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今日で3月も終わりですね。2020年も1/4が経過してしまいました。この記事を書いている時点では2020年東京オリンピックの開催延期、そして新型コロナウイルスの世界的パンデミックに株価の暴落…もう今年はどうなっちゃうんだろうか?という不安の影が拭えない新たな年度のスタートとなりそうです。

さて今回はたまには一般的なカメラ基礎知識のようなものを書いてみようかと思います。バイク写真、ツーリング写真では何かと出番の多いローアングル。でもローアングルの本当の意味ってご存知でしたか?

え~、これがローアングル。カメラが空を見上げるように上に向いたアングルです。別の言い方でアオリとも呼ばれます。

そしてこれがハイアングルです。先ほどとは逆にカメラが地面を向くようなアングルです。俯瞰と呼ぶ場合もあります。




そうです、ローアングルやハイアングルというのはカメラの高さではなく向きの話なんですね。

じゃあ高さは?というとカメラポジションといいます。このように低くセットした状態がローポジションです。

これがハイポジションまたはアイレベル。三脚を選ぶときによく聞く言葉がアイレベルですが目線の高さということですね。

なのでこれはローポジションでローアングルですね。このように地面スレスレに置いた使い方の時、通常の三脚よりもミニ三脚が活躍します。写真はマンフロットのミニ三脚 PIXI EVOです。




以前も何度か同じような解説を書きましたが海岸の夕景などでよく見かける写真がこれです。空や海面に露出を狙うとバイクや地面はほぼ黒になります。そこでアイレベルや中途半端なローアングル、ローポジションで撮れば境界線がバイクを貫通して写真のようになります。これでは撮った本人やバイクに詳しい人でない限り、それがバイクであるという事が分かりにくいです。

先ほどの状態からカメラポジションを極限まで低くしてローアングルで撮った写真がこれです。潰れていた車体の下半分が明らかになりました。この写真のように画面全体に対してバイクを小さく写す場合は特にそれがバイクである事が明確に伝わるよう常に意識しましょう。




つい最近の投稿に書きましたが写真には撮影者の説明範囲と観賞者の想像範囲の二者があります。時にベテランは観賞者の想像や思考の取り分として意図的に説明範囲を控え目にする手法をとりますが、ツーリング写真の場合は「あれはオートバイです」という事実を最低限の説明範囲としましょう。

あなたの撮った作品がどんな傑作になるのかも分かりません。今日撮ったツーリング写真が何かのきっかけで明るみに出て、世界中の芸術家の権威やVIPに発表することになった!という時に肝心の被写体がバイクなのか自転車なのか分からなかったら困るではありませんか。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

【重要】ツーリング写真のバックボーン☆写真デザインの知識

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、暗いニュースばかりの日々が続いていますが気分がネガティブにならないよう気を付けましょう。少し外に出歩いて近所の公園でも行けば地域によっては桜が見事に咲いていると思います。美しい桜を見るだけで日本人なら心がぱっと明るくなるはずです。

人生も折り返し地点をとうに過ぎて感じることですが桜って本当にいいですね。見た通りの美しさ、立派さだけでなく「すぐ散ってしまう」「年に一度だけ咲いてくれる」この尊さがあるからこそ心に染み入ると思います。長く寒い季節から蕾をつけて咲き始め、見事なピークが人々を魅了し。そして風で散りゆく美しさ。その儚い流れがまるで人間の生命と重なるようにも感じます。





さて今回はツーリング写真の基礎的なお話の一つとして写真デザインの話題を書いてみたいと思います。写真デザインとは構図や比率といった撮り方の一つです。知識として覚え応用できるまでになると、写真のバックボーンがしっかりしてクオリティの高い一枚が実現できます。

EOS6D mark2

写真デザインの要素は大まかに言うと・線 ・色 ・図形 ・質感 ・立体感 ・規則的なパターン ・連続するリズム ・シェイプ などがあります。

写真デザインの効果は写真の観賞者がパッと見た瞬間の視線の動かし方や安定感、印象などに関わっています。とりわけ最初の3つ、線、色、図形は効果が大きく多くの傑作写真、絵画、イラスト、ポスターなどにも使われています。

上の作例は海岸の駐車場から一段下がった砂浜へ降りてブロック壁超しにR1200GSを撮った1枚です。ここで使われているデザイン要素は幾何学模様のブロックが織りなす規則的なパターン、同じくブロックの風化した質感、トップ光なので立体感も出ています。空とR1200GSのブルーとブロックのグレーは爽やかさ、寒さ、冷たさを感じさせます。

色は本来ですと色相環での補色(反対色)関係にある両者で作る物ですが、ブロックのようなグレーは無彩色(黒と白の中間色)なので補色相手が存在しません。補色関係とは例えば紺色のTシャツに黄色いロゴマークとか、ブラウンの生地に水色のラインといった具合に簡単に言ってしまえば相性のいい組み合わせのことです。ツーリング写真であれば桜の景色の中にNinjaのライムグリーンなどがそれに当たります。





この写真は1枚目の写真の180度違う方向の景色です。被写体は漂流物として流れ着いた漁の浮きです。浮きは球体ですが写真にすると図形要素の円で観賞者の視線をその場に留めます。鮮やかな黄色は進出色で背景の多くは後退色の青系、これによって浮きは強烈に飛び出してくるような存在感を放ちます。

こういった写真デザインに関わる知識は実際の撮影シーンでどのように使えばよいでしょうか?ポイントは見つけたものに対して知識と関連付けて構成していくことです。いくら知識を持っていても黄色を赤にしたり直線を曲線に変えることはできません。できるのはアングルや画角で位置関係や各々の大きさ、フレーミングで画面外に切り落としたり全て除外したり…といった具合に限られます。




最初のうちは意識しても難しいのでまずはデザイン要素として使える素材を見つけることから始めましょう。そして偶然でも良いので既に出来上がっている写真からデザイン要素を分析し「あの時、ここが良かった」「こう撮れば良かった」とデザインの観点で再検証してみましょう。

少しづつですが理解を深めて応用力につながっていきます。

今回はこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

桜の写真の撮り方

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、このウイルス騒動で日本もいよいよ大変なことになってきましたね…。私が勤務している施設も本日から臨時休館となりました。と言っても仕事は休みにはなりませんが。

さて今回は暗いニュースばかりの日本…いや世界ですが、せっかく桜が咲いている時期ですので、ちょっと近所の公園などに出かけて桜の写真を撮ってみませんか?という趣旨で桜の写真の撮り方をいってみたいと思います。

いちおうタイトルに便宜上「桜の写真の撮り方」と書いてしまいましたが、正解のない芸術写真では「撮り方はこうです」なんてモノはそもそもありません。ここではヒントのようなものや私が桜を撮るときにやっていることを書いてみたいと思います。

1.構図は幹でつくる

CASIO エクシリムEX-10

桜といえば花に関心がいってしまいますが安定やバランスといった基礎工事的な部分、つまり構図については幹を基準に作りましょう。

上の写真は今はもう使っていないのですがカシオのエクシリムEX-10で撮った東京の桜です。遠景に東芝などのビル群を写した夕景ですが写真の縦横比に注目してください。APS-Cやフルサイズの一眼レフと違いアスペクト比が正方形に近いです。何度も同じような事を書いてきましたが写真とはいつも画面という長方形の四角を意識しましょう。この場合、EX-10の画面アスペクト比に合わせて扇状に広がる幹を配置させました。

このように桜の写真を撮る場合、構図は幹を意識して作ってみましょうね。




2.露出でアート作品に昇華させる

EOS6 mark2

こちらは露出で魅せる桜の写真です。よく「ソメイヨシノの淡いピンクが写せない」という声を聞きます。確かにソメイヨシノのように淡いピンクはカメラ任せに撮ってしまえば桜はほとんど白になってしまいます。これはカメラが画面全体を平均的に露出を測った結果であり、花だけを見れば露出オーバーなのです。

カメラにはダイナミックレンジといって写せる明るさの範囲が限られています。最近ではHDR加工とか画像ソフトでシャドウを持ち上げたりして、その範囲をコントロールする場合もありますが、原則としてダイナミックレンジとは限りがあり人間の目で見る様子よりも狭いものです。しかし狭いからこそ「写真」なのだと私は思います。

その限られた明るさの範囲をうまく生かして桜の最も魅力的な部分に露出をつめて、最も魅力的になるよう露出で魅せるやり方がこれです。当然ですがカメラの評価測光は全く役に立たないのでマニュアル露出を使用します。

ポイントは構図にあって全体が暗いだけの写真にならないよう構図を作る事です。露出と構図は密接に関係しているのですね。

3.特徴を捉えて表現する

RICOH GR APS-C

これは出勤前に佃島や月島を散策していた時に撮った桜です。確かIHIでおなじみの石川島公園だったと思います。シトシトと雨が降る中で傘もささずにGRで撮影に没頭しました。桜の写真をアート作品として撮りたいのであれば自分が発見した「好き」を写真にすることです。そのきっかけは被写体をよく観察し捉えた特徴からヒントを得るのがコツです。

この場合は雨によって雫がついた花の様子、曇天の逆光下で光が透過していることです。この日は雨だけでなくとても寒い日でした。日本には「花冷えの候」なんて言葉がありますが風流ですよね。私、最近になってこうゆうの好きなのですが…そんな【個人的な好き】を写真にこめるのです。




それとこの写真は1グループの花をクローズアップしたのですがフレーミングにも腐心しました。画面内に最も美しく配置するには?どのアングルからどの範囲までをフレームで切るか?こういった事はドキュメンタリー写真などを除く多くの写真に共通して言えることですが被写体が最も魅力的に見えるピンポイントを模索すること、それを見つけるまで撮り切ることが大切です。

4.深度で魅せる

EOS6 mark2

奥行方向にピントが合う範囲、被写界深度で魅せる方法です。カメラの操作としては絞りを調整することですが被写界深度の調整は逆に言うとボケ具合の調整とも言えます(一般的には後者の方を意識する人が多い?)。

これも構図と密接に関係していて平面的な構成しか出来なければ絞りをいくつに設定しようが写真に大きな変化は出ません。ピントを合わせる被写体に対して前景、背景と複数のレイヤーが存在する状態を組み立てて、はじめて絞りを調整する意味が出てきます。

この場合はカメラの近くに存在している桜をフレーム内に入れ、それを絞り開放でボカすことで中央の桜が魅力的に見えるよう演出させています。深度で魅せる方法はこれはほんの一例に過ぎず他にもいろんな魅せ方が存在するので、ここが個性の見せどころと言えます。

5.個性的に表現する

EOS6 mark2

これは千葉県富津市の佐久間ダム親水公園に咲いていた神代曙という種類の桜です。花の形はソメイヨシノに似ていますがピンクが鮮やかなのが印象的でした。

別にこの写真の表現方法がどうという訳ではないのですが、多くの方がイメージする桜の写真とは全く違った雰囲気であるとお分かり頂けると思います。そんな個性的な撮り方の一例として紹介してみました。何だか雪のような美しさを秘めた桜だな…そんな風に思って私の個人的な好みでこのように撮った写真です。

RICOH GR APS-C

いかがでしたか?桜の写真を撮るぞ!となったときに多くの方が脳内に描く写真イメージはポスターや広告などに使われている商用写真を想像してしまうと思います。商用写真としての桜の写真は彩度が高く、正に「絵に書いたような」桜の風景です。このような商用写真のイメージで撮り始めれば、言うまでもなくアートではない記録的、説明的な写真になり結果平凡に陥るのです。




事前に描きたい桜の写真のイメージはアートであることを強く意識しましょう。今回ご紹介した5枚のカットはいい写真であるかは別として、少なくとも入学式やカレンダーの4月を連想するような写真ではないとお分かり頂けると思います。

ポイントは深度や露出のところでご紹介したような「限りある範囲」をうまく使って表現手法することです。そして自分の「好き」に従順に「感覚」を信じて撮り切ることです。なかなか自分だけを信じてやるのは勇気のいることかもしれません。何しろ情報が飽和していて困ったことはお手本を探してしまうのが我々現代人です。

しかし「いい写真」を目指すのであれば私はこれが好き、私の場合はこうです、という個人的な感覚を爆発させるようにシャッターを切ってくださいね。

楽しいですよ。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真の目指す道

EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG

バイクツーリングの世界を写真で表現する【ツーリング写真】

ライダーが見ている旅の景色、出会ったモノや体験したコト。

バイクでないと味わえないバイクツーリングの世界を写真で表現し

芸術写真として世に広めたい。

既にライダーである人々には共感、バイクとは無縁だった人々にその魅力を伝え…

そして旅を忘れかけた現代人に「今、もう一度本当の旅に出よう」というメッセージを発信する。

そんなことが実現できるよう究極のツーリング写真を運営しています。




現状でもツーリングで写真を撮っている人はかなり多いと認識しています。

しかし多くの方は愛車とのカッコいい写真や綺麗な景色の中での記念写真だと思います。

ツーリング写真を芸術として発信していく文化はまだまだ少数です。

「みんなツーリングで綺麗な記念写真を撮りたいだけ」

「誰もツーリング写真を芸術だなんて思わない」

という冷ややかな反応は聞こえてはきませんが潜在しているのは承知です。

なにしろ今はツーリング写真なんて言う芸術文化は認知されていませんので。

オロロンライン




一番最初にエアーギターとかボイスパーカッションをした人も当初は周囲から笑われたでしょう。

ギターは上手に演奏すること、歌声以外の音源は楽器を使うこと…こういった常識を覆すのは並外れたの才能と努力がなくては成しえなかったと想像できます。

我々現代を生きる人間は常識を飛躍することがどうも苦手のように感じます。

ある日、権威ある人物や組織に「これは素晴らしい」と太鼓判を押されれば、それはニュースとなって当初は馬鹿にしいていた大衆もワーとなってはやし立て、社会的にも認知されるものです。

それと似ているかもしれません。バイク写真、ツーリング写真を芸術写真文化として成熟させること。

別に私自身が有名になったりお金を稼いだりしたい訳ではありません。ただツーリング写真が世に認知されればバイク文化も一つ成長できるのではないかな?とそんな風に感じます。

会社の同僚やお友達に「あの人もバイクに乗ればいいのに」っていう人いませんか?そんな人に芸術的なツーリング写真を一枚「ほら、この写真みたいな感じだよ。バイクでツーリングって」と見せれば、たちまち頭の中がバイクでいっぱいになり、翌週には教習所に通っている…

そんな力をツーリング写真に持たせたいですね。




ツーリング写真のさらなる発展を目指して究極のツーリング写真 touring-photography.com はこれからも精進してまいります。

究極のツーリング写真 運営者:立澤重良

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

写真は完璧であってはならない理由<上級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、芸術はお好きでしょうか?当ブログでは以前よりツーリング写真、バイク写真を芸術作品…つまりARTへ進化させバイク写真文化を成熟させていきましょう!と発信してきました。

しかしどうすればバイク写真という小さな写真文化をARTへ昇華させることができるでしょうか?そもそもARTって何でしょう。私も勉強不足なのでこの辺の深い話ができないのですが、観賞者サイドも作者サイドへ寄り添って共に思考して楽しむものがARTではないでしょうか?

美術館に行くと難解な作品を目にすることがあります。特に印象派の作品や現代アートなんかでよく感じます。「これは一体なんだろう???」「作者は何をうったえているのかな?」と作品の意図がパッと見た瞬間ではすぐには分からない作品です。このように観賞者が思考することが【観る側の楽しみ】です。ただ見るのではなく感じて思考すること。この意識がないと芸術を単純に視覚的な美しさやバランスだけで見てしまい面白くないものになります。

そして観賞者を楽しませてくれる芸術作品ほど曖昧さや不完全さがあるものだな…と私は感じます。あの岡本太郎さんも「芸術は美しくあってはならない」「芸術は心地よくあってはならない」と何かに書かれていました。不完全さや曖昧さからくる思考の渦を感じ取るもの…よく分かりませんがそんな感じがARTなのではないでしょうか。




さて今回はそんな観賞者を思考や想像で楽しませるツーリング写真をご紹介してみたいと思います。

これは撮影現場の様子をiphoneで撮った1枚です。漁船のキャビンだけが空き地に捨てられている様子ですが、私はこういった光景がいちいち心に刺さってしまうので、撮らずにはいられませんでした。

しかしこの朽ち果てた漁船のキャビンとバイクを合わせてどのようなツーリング写真を撮りましょうか?被写体の特徴をよく観察し、自身が動いた心の様子を自ら感じ取りながら思考します。

まず特徴的だと感じたのは連なる3つの窓です。ガラスは割れていますが枠を固定しているネジなどが面白いと感じました。ここを使って窓の向こう側へR1200GS-ADVENTUREを置いてこんな風に撮ってみました。この写真の説明範囲は漁船のキャビンのような物が横たわっているのだな…という事がかろうじて伝わる程度です。

「説明範囲」とは写真であるからには元は事実な訳ですが、それが何であるか見る側へ説明する作者の責任ようなものです。バイクを撮ったのに小さすぎたりボケすぎたりして、見た人に「ここに写っているのは自転車ですか?」となればバイク写真としての説明範囲が十分でなかったという事です。




ここではバイクはもちろんの事、メイン被写体である漁船もかろうじて漁船であることが多くの人に伝わるのではないかな、というつもりでこのように撮ってみました。

しかしこれだと見る側の思考の楽しみが少々もの足りないようにも感じます。説明範囲が広すぎて退屈なのです。せっかく変わったものを見つけたのですから、もっと観賞者の想像力をかき立てる工夫はできないでしょうか?

EOS6D mark2 + EF35mmF2 IS

そこで最終的にこんな風に撮ってみました。キャビンにぐっと寄って窓枠を主題にした写真にしたのです。寄ったことで枠の様子が明らかになりメイン被写体の質感が表現でき、わずかに残されたガラス片も写すことが出来ました。

しかし、これだとこの白いモノが何なのか?撮影現場を見ていない観賞者には得体の知れない物になってしまいます。説明範囲が狭く事実が伝わらない写真ですね。これが何であるかは観賞者が思考する取り分として意図的に残します。

「わけが分からない」と見向きもされないかもしれません。ここは「想像力が乏しい観賞者は残念ながらターゲット外にしよう」と大胆に割り切りましょう。たまには良いではありませんか。




このように写真とはいえ実際の様子の全てを明らかにせず、あえて観賞者の持ち分として想像範囲を残す手法のご紹介でした。写真は事実を元に生み出す芸術ですが実際の様子の何もかもを写す必要はなく【説明範囲】と【想像範囲】の割合を作者である貴方が裁量するのが面白いのではないでしょうか?というお話でした。

…完璧に説明した写真なんて退屈ではありませんか。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

えっ?望遠レンズを使ってバイクを小さくした?

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、読書はお好きですか?私は最近、小説を読むのが好きでキャンプ場なんかでもひたすら読書をしています。先日、ある小説家さんのファンになってしまい最近はその方の書いた本ばかりを読んでおります。画家を題材にしたものや沖縄を舞台にした恋愛小説など色んなジャンルの作品があるのですが面白いのです。

ある時、その作家さんの書いた作品で北海道を舞台とした女性ライダーが主役の小説を見つけたので「これは面白そうだ!」と思い購入しました。しかし読み終えてみるとチョットだけ期待外れ…。十分に取材をしたのでしょうけどソレを陵駕するほど読む側の私がバイクツーリングや北海道のことに詳しすぎるのが敗因でした。

これと同じようなことが自分が撮る写真にもいえないだろうか…。ふとそう思って考えてみました。写真を見てくれた人がバイクに乗らない人、またはツーリングをしたことのない人が見る場合。一方、ツーリングのベテランが見る場合とで印象がだいぶ違うのではないだろうか?と。そう考えると1枚の写真にツーリングの魅力を伝える役割と、既にベテランのライダー向けに共感をさそう役割との両者があるのかな?そんなことを考えてしまいました。




さて今回は<中級>ツーリング写真解説として望遠レンズのあまり知られない活用方法をご紹介いたします。

つい先日、走りなれた千葉の田舎道を走っていたときです。国道からの脇道に走りやすそうな林道の入り口を見つけたので入ってみました。その道は最終的に行き止まりだったのですが、その場所に開けた空間と立派な杉の大木が2本存在していました。この不思議な雰囲気に足を止めずにはいられませんでした。

しばらく情景を眺め、センサーを炭鉱のカナリヤのように敏感にして感じ取ってみました。この静寂さと独特の雰囲気の正体は何なのだろうか…?と。

結論は当初に惹かれた二本の杉から得体の知れない神々しいエネルギーを放っているのだ…と理解しました。実際はどうなのか分かりませんがそう思う事で作品の方向性をしっかり決める、という意味です。




左:35mm   右:200mm

こちらの比較画像をご覧ください。左側は35mmレンズ、右側は200mmの望遠レンズです。バイクを停めている場所は変わりません。しかし両者は全く印象の違う写真であることがお分かり頂けると思います。

35mmの方はカメラディスタンス(カメラからR1200GSまでの距離)約5m。一方、200mmの方は80mくらいです。どちらの構図も木を画面の中央に堂々と配置した縦構図ですが決定的な違いはバイクの大きさと背景の範囲です。

望遠レンズを選択し約80mも離れることで、バイクを小さく見せて対比的に木の巨大さを表現、35mmでは余計な要素だった空を除外し地層がむき出しの岩壁だけを背景にしました。このように背景をシンプルにすると被写体の存在感が際立つのを覚えておきましょう。

面白いのは望遠レンズを選択したのにバイクは小さくなったことです。巨大な杉を35mmの時と同様に画面いっぱいに配置したければ、うんと後ろに下がる必要があります。その結果、R1200GSは米粒のように小さくなりました。これ、あまり知られていない望遠レンズの使い方です。ツーリング写真では使える手法なので覚えておいても悪くないと思います。




このように撮影地では被写体の特徴と自分が心動かされた要因を具体的にすることで、レンズの選択やアングルの模索といった作業に落とし込めるものです。その為の有効なやり方は表現の言語化です。「二本の巨大な杉が一際存在感を放っていた空間」と言語化すれば巨大さを表現するのに対比手法を使う、空間を表現するのに空をそぎ落とす、といった具合に撮り方の引き出しから選択が明快にできるのですね。

「あの木がイイ感じだから」で撮り始めてしまうと、何をしていいか悩んでしまうものです。

望遠レンズの意外な使い方のご紹介でした!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ビギナーを簡単に脱する一つの手段<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ここのところR1200GSの中古車の買い方だけで4連続で投稿してしまいましたので、今回は久しぶりのツーリング写真解説をいってみたいと思います。

久しぶりなので単発で即効性のあるネタを…と思い初級者向けにこんなタイトルにしてみました。いつもツーリングで写真を撮ってくるけど、毎度同じような写真ばかりで上達を実感できない…そんな方向けに「おおっこれならできるかも」と思える具体的な一つの手段です。




ツーリング先で「ここはイイ景色だ~」と思ったところでバイクを停めて一枚パチリ。そして上のような写真になっていないでしょうか?風景の中にバイクがあるだけで工夫も何もない写真です。こういった景色の中に被写体を並べただけの平面的な構図をお子様構図といいます。幼い子供が書く絵のようだからこのように呼ばれます。

芸術的な観点での写真とは正解のないものなので、このお子様構図がダメな訳ではありません。ただビギナーの方は撮り方の引き出しが少なく、写真家眼も写真家脚も出来あがっていないのでお子様構図しか撮れない状況を脱することが出来ないのですね。

EOS6D mark2 + EF135mmF2L F4.5 1/400 ISO100

はい、今回ご紹介するのはこんな写真の撮り方です。最初の写真では被写体(バイク)に対して背景があるだけの写真でした。こちらはバイクとカメラの間にもう1つの被写体、菜の花を入れて前景を作った構図です。

これで前景、被写体、背景で写真の中に3レイヤー作れるので写真に奥行き感が出てきます。これだけでビギナーさんが撮ってしまう平凡な写真とは一線を画す写真の出来あがりです。

「こんなの難しいんじゃないの?」

いいえ、これは簡単です。この時は千葉県市原市にある高滝湖で撮ったのですが、湖岸沿いに桜が咲いている様子と早朝の淡い光が気に入ってここで撮影しました。しかし平凡な構図に何か加えられないか?と腐心した結果、すぐ近くに菜の花が咲いているのを見つけました。この菜の花を前景に挟んで撮っただけなのです。




ポイントはただバイクとカメラの間に何か前景になるものを挟めばいい…という訳ではなく2つの大切なことに挑戦してみてください。

1つめは上下左右に動いて構図を調整すること。前景を作るとバイクとの位置関係が発生します。少しでもカメラの位置を変えるだけで構図が大きく変化するのが分かると思います。前景、バイク、背景の位置関係にしっくりくる美的バランスを探ってみましょう。

2つめは絞りの調整です。ここではじめて一眼レフやマニュアル露出機能のあるカメラをお持ちの方は絞りを調整する意味を知ると思います。前景として作った被写体にピントを合わせるのか?またはボカすのか?ボカすのであればどの程度ボカすか?絞りの設定を解放、F5.6、F11、最小絞りと数パターン試してみましょう。どれがいいかはビギナーの方は撮影現場では分からないので、帰って熟考の末にベスト1枚を選別するのです。

この2つはお子様構図ではあまり関係のなかったことですが、前景をつくることで僅かな違いで写真が変化することが学べると思います。それは誰にでも出来るちょっとしたデザイン感覚でもあります。画面という長方形の四角の中に被写体Aを左下に配置したら被写体Bは右上にすれば美しいバランスになるかな…といった感じです。




直ぐ近くや足元に花でも地面でもいいので前景として使えるものが無いか探してみましょう。何も見当たらなければブーツを履いた自分の脚やヘルメットを持った手でも大丈夫です。

ぜひ次回のツーリングから意識してやってみてくださいね。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

これが究極の黄金比☆フィボナッチ螺旋構図とバイク写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、河津桜の写真はもう撮られましたか?私は房総人なので南房総の河津桜「頼朝桜」の写真を今年も撮ってみました。

頼朝桜とはかつて石橋山の戦いに敗れた源頼朝が小舟に乗って房州の竜島(鋸南町)に流れ着き、そこで再起をはかったことに由来するものです。桜自体は河津桜と同じだと思いますが呼び名が房総では「頼朝桜」となり佐久間ダム親水公園や保田川で頼朝桜のお祭りも開催されるのです。

実は去年も保田川で写真を撮ったので今年は同じような写真を撮らないように、進化を確認するぞ!といった感じでハードルを自分で上げて撮影に挑んでみました。




EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L IS

桜に限らず「今日はお花のシーンで撮るかも」という時に迷わずに持っていくレンズはEF70-200mmF2.8L ISです。このレンズは開放F2.8が通しで得られるキャノンの大三元レンズですが、浅い被写界深度をコントロールしボケ具合で花のある風景をイメージ通りに表現できるのです。

で、今回の写真は究極の黄金比と言われるフィボナッチ螺旋構図、またはフィボナッチスパイラルと呼ばれる黄金螺旋構図を採用してみました。




フィボナッチ螺旋構図とはこのような構図です。黄金比(1:1.618)に基づいた比率の曲線です。少々アカデミックな話ですがフィボナッチ数列といい1から始まり前の数字を足していく数列(1.1.2.3.5.8.13.21・・・)があります。この数列を正方形として積み合わせていくと上の青点線のようになり、その交点を曲線でつなぐと何とも神秘的な渦巻き型の曲線ができあがります。

神秘的な…と形容したのは根拠があって、このフィボナッチスパイラルはオウム貝の断面、竜巻、花びら、DNAなど自然界や生物に存在している正に神秘の曲線なのです。

Lightroom

何だか難しく聞こえますが1:1.618だの数列だのを完全に理解する必要はありません。ポイントはフィボナッチスパイラルを何度も見て覚え、実際の撮影シーンで覚えたフィボナッチスパイラルを意識して構図を作るのです。

以前、私はこの構図を知ったばかりの頃「カメラにもグリッド線のようにフィボナッチスパイラルを表示できれば良いのに」と思っていました。しかしそのようなカメラは有るのかもしれませんが稀です。ここ、大事なポイントなのですがフィボナッチスパイラルはグリッド線のように合わせるものではなく、あくまで感覚でつかんでみましょう。人間のDNAにもある神秘の曲線な訳ですから、そういった意味で感覚が最も精度が高いと私は信じております。




実際には難しいです。まずは曲線の要素を探すよりも最初に渦巻の中心にバイクなどのメイン被写体を置いてみます。その上で曲線上に配置できるデザイン要素を見つけてアングルを探り当てていきましょう。

もしフィボナッチ螺旋構図が成功すれば、それはレオナルドダヴィンチなどの芸術作品に通ずる優れた構造を持った写真が実現できる訳です。

ステップアップの1つの目標として次の撮影で挑戦してみてくださいね。今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング