スポット修正で邪魔者を排除せよ<Lightroom>ライトルームフォトレタッチ

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただきまして有難うございます。ツーリングは好きだけど写真はこだわって撮ったことないなぁ~なんて方も、当ブログを見て少しでも写真に興味を持って頂けると幸いです。

ところで先日、職場の上の方から私に新聞社の取材要請が来ていると連絡がありました。聞いたところによると東京港をテーマに写真を撮っている人を取材したいとのことで経緯は不明ですが新聞社の方から私をご指名であったと…。

大変ありがたい話でしたが毎日、東京港の関連施設で働いている私ではなく、一般の人の方が取材に適していると思ったので丁重にお断りしておきました。それに東京港の風景は大好きですが、毎日100ショットスナップの一環で撮っている写真であり、都会の風景を専門にやっている訳ではありませんからね。すごく勝手ですが…

いつかオートバイのツーリングをテーマにしている写真家として取材を受けてみたいものです。これからもずっと「ツーリングのワンシーンを切り取る」という一つのテーマを追求していきたいですね。




 

さて今回のツーリング写真解説はフォトレタッチソフトAdobe Lightroomの解説です。簡単な内容ですが写真に写ってしまった邪魔な存在を消すスポット修正のお話です。

近年、ホットスポットと言うより、もはや観光名所になってしまった燈籠坂大師(とうろうざかだいし)の切通しトンネルで撮った1枚です。

大変フォトジェニックな隧道で高くまで削り取られた杭口と斜めに走る地層が印象的です。近年、多くのライダーがここに来て記念撮影をしているようです。この隧道での撮影のコツは別の機会に詳細に解説する予定ですのでお楽しみに。

さてこの写真ですが黄色い矢印で示した部分に「頭上注意」の看板があります。トンネルの高さがすごいので崩れた石などが危険なのでしょうか。行かれる方は頭上に注意しましょうね。そしてこの看板、邪魔ですね!写真にするには。

これをLightroomのスポット修正機能で消してやろうという訳です。

まずは画像をクリックして修正したい個所を拡大表示しスポット修正ツールを起動します。




 

スポット修正ツールは簡単に言うと切り貼りです。消したい個所に別の場所から持ってきた似た像を張り付けるのです。多くの場合は消したい個所のすぐ近くに貼り付けに使う元の像は存在するはずです。

線の細い丸で囲った部分が元の像、線の太い丸が頭上注意の看板があった場所です。コツは写真のように地層線などが存在する場合、上下方向に精度よく調整して線を一致させることです。

選択範囲はクリックすれば丸型、ドラグすれば楕円方向に範囲を広げることができます。円の大きさはマウスのホイラーか円の淵をドラグします。

ほぼ違和感なく消去できました。もし修正箇所に違和感が出るようでしたらスポット修正はやめましょう。無理をしてまで使う機能ではありません。重要なことは撮影時にしっかりと余計な要素は排除すること。今回の写真のようにどうしても排除できない場合は、後でスポット修正で作業しやすいよう元の像となるエリアを確認して撮りましょう。

この方法がうまく使えるのはレンズやセンサーのゴミ、遠くに飛んでいるカラス、地面に落ちていた小さなゴミなど。大きなものや背景が複雑だったりすると自然な修正として仕上がりません。

そもそも撮影の時点で後でこのような作業をしないで済むよう、レンズやセンサーは日常的にメンテナンスして綺麗にする、遠くに鳥が飛んでいたら見逃さずタイミングをやりすごす(もしくは飛んでいる鳥も味方にする写真にする)、ゴミが落ちていたら拾う、事前にできることは全てやって仕方なく発生してしまった余計な物はスポット修正をすると覚えておきましょうね。

この機能はLightroomに限らず例えばキャノンのDPP(Digtal Photo Professional)ならばコピースタンプツール、その他の多くの画像レタッチソフトにも搭載されている機能ですので、他のソフトをお使いの方は試してみてください。

Lightroom解説 スポット修正ツールの解説でした。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

燈籠坂大師の切通しトンネル 近年、人気のインスタ映えスポット ここでの撮影テクニックはまたの機会に詳細に解説いたします。

キャンプツーリングでダッチオーブン!キャンツーパエリアの作り方

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、キャンプツーリングをされるとき、何を作って食べますか?私の場合は主に焚火で作れる物がメインで魚や肉を炭火で適当に焼くのみです。

ごく稀にキャンプすること自体が目的で出かけるときはダッチオーブンを持ち込んで少しだけ凝ったものを作ります。

今回は写真のお話はお休みしてバイクツーリングで持っていけるダッチオーブン ユニフレーム8インチを使って簡単なパエリアの作り方をご紹介いたします。




ユニフレーム8インチダッチオーブン

パエリアの作り方をネットで検索すると、けっこう手間をかけた本格的なレシピばかりが出てきて、バイクでのキャンプツーリングで簡単に出来そうな情報がなかなか無いようです。今回ご紹介する作り方は自宅での下ごしらえ無しでキャンプ地ですぐに作れてしまう調理法です。

準備するもの

・生米(とがないのは嫌だと言う方は無洗米)
・冷凍シーフードミックス
・サフラン
・コリアンダー
・パプリカまたはピーマン
・コンソメ
・鷹の爪、やくみ

コンソメとサフランはスーパーで簡単に入手できると思いますがコリアンダーは事前に用意した方が良いかもしれませんね。




 

1.パプリカまたはピーマンを短冊切りにする

2.焚火を中火にし温めたダッチオーブンに油をひいて冷凍シーフードミックスを炒める。

3.サフラン、コリアンダーを適当 コンソメ1ブロック入れパプリカを入れる

4.水をカップ1杯、米をカップ1杯入れ蓋をする。蓋側にも炭を置く。

5.15~20分程度、焚火を中火にしてかける。

本当は蓋は途中で開けたくありませんが焦がすのが心配な方は途中で様子を見てみましょう。

この時はすこしサフランの量が足りなかったようですね。もう少し黄色いとパエリアらしくなりましたが…。エビやムール貝があったらさらに良いですが食べ終わった後のゴミが多くなります…。

オマケ… キャンプツーリングのとき焚火を囲みながら飲むお酒。最高ですよね。私はビールの後に飲むのはキャプテンモルガン スパイスラムのアップルティー割です。美味しいですよ!

それではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

リコー GR APS-C

平日の帰宅時に自宅最寄り駅で撮った1枚です。歩道橋の踊り場にある透明のカバーを使って撮りました。日常で見つけた小さな美でした。

過去の失敗写真から学ぶ構図ワーク<Lightroom解説>トリミングで学ぼう編

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、過去に撮った写真はどうされていますか?外付けハードディスクやDVDなどに保存したり、ネット上のストレージサービスなんかも良いですよね。

そして過去の写真を見返すことはありますか?上達している人は数年前の自分の写真を見ると「こんなに下手だったんだぁ」と感じると思います。今回はそんな過去の恥ずかしい失敗写真を使って構図のお勉強をしてみましょう!というお話です。

写真は3分割構図、主題の明確化、余計なものが写らないようフレーミングしたりと色々ある訳ですが、これらが成しえなかった過去の失敗作にトリミング加工をすることによって、その時どう撮るのがよかったのか?を学ぶことができるのです。

一応、誤解のないよう付け加えておきますがトリミングは良いことではありません。切った部分は捨てているので例えば2000万画素の写真を20%トリミングしたら、その写真は1600万画素になってしまいます。撮影の時点で後でトリミングなんて絶対しないで済むよう、しっかり画面の四隅まで完璧な写真を撮ってください。

 

こちらの作例をご覧ください。私の恥ずかしい過去の失敗写真でございます。場所は富士山スカイラインの5合目に近いヘアピンカーブで撮りました。目下に広がる素晴らしい雲海に圧倒されて写真を撮るための思考回路が完全に停止状態でした。

人は想定外の光景を目撃すると、写真を撮るときに必要な脳の機能が低下します。そのことを心に命じておかないと目の前の光景に圧倒されて、ただ撮っただけの写真を生み出してしまい、待っているのは帰宅後の後悔となるでしょう。

さてこの失敗写真をトリミングしてどう撮るのが正解だったのか?を解明していきましょう。

今回はLightroom Classic CCで解説しますがトリミングはあらゆる画像ソフトでも可能です。普段お使い頂いているWindowsに元々入っているPicture Managerやペイントなどでも大丈夫です。

まず元画像をよく分析してみましょう。この写真の主題は雲海です。そして手前にカーブしている路面、遠景にかすむ空、バイクとなります。路面には白線と中央線で曲線要素が存在します。デザインの観点から色の要素は雲海が白、遠景と空が青、路面がグレーで全体的に寒色系です。

しかし、これらの要素が画面内にデザインとして配置された形跡は無く、言ってしまえば良く見かける下手な写真です。





Lightroomの場合、トリミングツールを起動すると3分割のグリッドラインが出ます。カメラの縦横比を保持したい場合は鍵マークをロック状態にしてください。

今回は無難に空、雲海、路面の3つのパートをセオリー通りに3分割線に合わせてトリミングしてみましょう。空と路面の割合がそぎ落とされたことにより、雲海の割合が増えて主題が明確化されます。

次にトリミングの話題から脱線しますが、ついでなので説明しますとバイクの存在感を補正ブラシを使って上げてやります。明瞭度とシャープをプラスへ。この時、車体の全部を選択するのではなく車体の主要部のみ選択するのがコツです。

再びトリミングの話題から脱線を続けますが、段階フィルターを使って路面を選択し、アスファルトの質感を高めるため明瞭度をプラス補正します。

続いて路面のカーブをより効果的に使うためカーブのイン側にあるスペースを選択し、ここの露光量を明るくして路面と差つけてやります。

最後に段階フィルターを再び起動して空の部分を選択します。ここは空気遠近法を適用させるためホワイトバランスを青方向にふります。




 

作業前
作業後

どうでしょう?3分割に準じたスペースの配分、手前に存在するカーブを強調した曲線の効果、空気遠近法による奥行きなどが修正されました。これでも私としては「何かイマイチな写真だなぁ」という感想ではありますが、今回は過去の失敗画像を使ってトリミングすると、撮影時にどうするべきだったのか?が分かりやすく解明されますよ!という練習方法のお話でした。

繰り返して言いますがトリミングはダメですからね。撮影するときは後でトリミングしないで済むようしっかり被写体に寄る、余計なものは枠の外、配分と比率は精密に!

しかし例外としてこんな写真をつくるのであればトリミングもアリだと思います↓

写真は芸術であると考えるほど、縦横比にはそれほど縛られるべきではない…と私は思います。カメラのアスペクト比を絶対に守るのは、あらゆる可能性を狭めていると感じるのです。魅力的な被写体が横長(あるいは縦長)であれば、それが最も魅力的に見える縦横比でトリミングしても、決して悪くはないと思いますよ!

今回はこの辺で!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

静岡県富士宮市 県道152号 富士山スカイライン

アカデミック講座 見つけてみよう!光の特性<眠くなるから見ないで>

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、皆さまは光と聞くとどのような知識をお持ちですか?

私は前職でオートバイ用ミラーやら、前々職で光ファイバーやらを扱ってきたので光については少しだけ知識があるのですが、あまりその知識を写真の方で応用できている自覚がないので、こんなトレーニングをやってみました。

日常生活で目に映るあらゆる全てに、どのような光がありどのように当たっているのか?これを探すのです。

光源だけで言えば太陽光、月明かり、それらが気象条件や時間帯により変化する強さと色。人工の照明、炎、雷、などなど。

また光が物に当たる場合の反応として反射、透過、吸収、屈折、分散などがあります。

iphone7

この写真は出勤時にバス停で撮った1枚です。ビルの合間から朝の太陽光が差し込んでいますが、中央分離帯の木に光が当たっています。木には葉の角度などによって反射しているもの、透過しいているものなど様々。

道路の路面は光の角度の関係で強く反射しています。そして注目すべきポイントは影の出方です。言ってみれば天然のライティングを木に当てている状態です。毎日見ているはずの日常の光景ですが注意して観察すると、これだけ光の様々な特性を発見できます。





ところで昨日、ニュースにもなっていましたが関東圏で太陽のハロ現象が観測されたと話題でしたね。私も職場の近くから見ることができました。

CASIO エクシリム EX-10

川崎市ほど完全な円は見れませんでしたが、左の方に虹のような小さな輪の一部が確認できると思います。おそらく上空の氷の粒などに太陽光が当たって分散、散乱光を出してこうなるのだと思います。大変珍しいですし美しいですね。

リコー GR APS-C




この写真も職場で撮りました。やはり差し込むような太陽光に注目して影との割合を調整して撮った1枚です。太陽という天然のライティングを使って影を操るような感覚ですね。難しいですが上手くいくと気持ちいいです。

今回はちょっとマニアックすぎるお話でしたが、ちょうど昨日の夕方にハロ現象が見れてニュースにもなっていたので、こんな話題で投稿してみました。

私たちが目にしている全ては元を辿ると光です。写真も「どのような光が」「どのように当たっているか」を知ることにより、はじめて影を意識できるようになります。

光と影に限らずフレーミング、構図といった画面構成、露出やホワイトバランスなどカメラの設定なども同じですが、現場で手間をかけたほど良い作品になります。

この「手間をかけたほど良いものになる」は私のメーカー勤務時代の経験でも同じでした。期日が迫って半ばやっつけのような仕事では良い製品になりませんでしたが、手間をおしまず丁寧に作りこんだ製品は良いものになりました。写真はカメラのシャッターを押すだけで撮れるので、つい時間や手間をかけて撮ることに億劫さを感じてしまいがちですが、これは大敵と覚えておきましょうね。

それではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

キャンプツーリング 魅惑のホットサンドレシピ bawloo焚火バウラーレシピ

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、皆さまはキャンプツーリングはお好きですか?私は泊りでツーリングに行く場合は必ずキャンプで、もう20年近く前よりキャンプツーリングを楽しんでおります。

キャンプツーリングと一言でいっても十人十色でいろいろなスタイルがありますよね。快適なチェアーにテーブル、大型のタープに焚火台とダッチオーブンなんて凄い人もいれば、最小限のギアでミニマリストスタイルの方まで。

私の場合は旅の目的によって変わります。キャンプや野営地でのんびり贅沢な時間を過ごしたい、つまりキャンプが目的のときは装備を充実させていきます。逆に北海道ツーリングの時のように旅の内容を重視するときは、最低限のアイテムだけをR1200GSに積んで極めて軽装備で行きます。

今回は少し写真の話をお休みして、キャンプを楽しむための話題です。まずはキャンプの朝食として私の定番となっている、ホットサンドメーカーbawloo(バウラーまたはバウルー)のレシピをご紹介してみたいと思います。

 

私の愛用しているbawlooはシングルタイプです。ほかに中央で2つに分かれるダブルタイプが売っていますが、シングルは具材を多めに入れることができ、ダブルは圧縮するのでカリッと焼き上げることができるようです。

火はバーナーでも大丈夫ですが私は焚火台にて炭火か薪の炎で作っております。

 

これはオーソドックスにトマト、ツナ、溶けるチーズを挟んだものです。これにレタスを加えるとさらに良いと思います。パンの表面には溶けるチーズをのせて焼くと、ご覧のようにチーズが焦げ目になって美味しくカラッと焼きあがります。

①レトルトのキーマカレー

レトルトパウチのキーマカレーとツナをサンドさせます。これ、すごく美味しいです!写真は8枚切り食パンを2枚サンドで使用しましたが、おすすめは4枚切り食パン1枚を包丁で切り込みを入れて作るといいです。こうすると食べるときに中身が流れ出てきませんので。




②コッドレバーサンド

コッドレバーとはタラの肝です。フォアグラのような食感でとっても美味しいんです!あまり売っているお店がありませんが都内に何店舗かある信濃屋さんで400円くらいで売っていました。写真はコロンビアLTDのラトビア産ですが他の銘柄でしたらAmazonでも買えますので事前に買って持って行くといいと思います。

これもツナとまぜてパンの表は溶けるチーズで焦げ目をつけるといいです。

③コンビーフ缶サンド

コンビーフ缶をフライパンにオリーブオイルを入れて炒めます。焼けたら溶けるチーズと一緒にサンドします。

この時、海岸に打ち上げられていた流木は程よく乾燥していて、とっても燃焼が良かったです。

このコンビーフも美味しいです。コンビニやスーパーで手軽に入手できるので、このパターンはよくやります。これもレタスを入れたほうがいいかもしれません。




これはホットサンドではありませんが朝食用に目玉焼きを。しかしプリムスのクッカーに付属しているミニフライパンでは、まず焦げ付いてうまく焼けません。目玉焼きは小型のスキレットが良いですね。ニトスキ(ニトリ製)6インチでしたらとっても安いですよ。

キャンプツーリングの朝食 焚火で作るホットサンド バウラーレシピでした!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

リコー GR APS-C

東京港を出港する豪華客船 飛鳥Ⅱ 午後の太陽を浴びて輝く。

<房総の撮影スポット>波乗り道路の場合

究極のツーリング写真 touring-potography.com 読者の皆さま、いつも当ブログを見ていただき本当にありがとうございます。

今年の2月に毎日100ショットスナップなどで愛用しているコンデジを、カシオのエクシリムEX-10に買い替えたのですが、実はこのカメラはセンサーサイズが1/1.7型と今どきの高級コンデジに比較すると心もとない小ささ。

購入時に本当にこれで大丈夫かなぁ…と心配しましたが画質の方は全く問題ありませんでした。光学系が優秀なこともあり、極めて綺麗に撮ることができます。

思えば3年前に最初に買ったコンデジがRICHO GRの最初のAPS-C機、そしてこのGRが8万ショット近くを迎えたときに電気的なトラブルで故障。買い替えたのがSONY RX100無印でこれは1型センサーを搭載。そして1/1.7型のEX-10へ買い替え。買い替えを重ねる度にセンサーサイズが小さくなっています…。

多くの方がデジタルカメラの画素数、センサーサイズを気にしてカメラ選びをしていますが、大切なことであるのは間違いありませんが執着するようなポイントではないと、私はそう思います。




さて今回はだいぶ間が空いてしまいました…というよりカテゴリーだけ作って一回しか投稿していなかった<房総の撮影スポット>を久しぶりにいってみたいと思います。

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F2.8 20SEC ISO1600

 

 

房総半島の外房の海岸線を走る有料道路「九十九里有料道路」通称:波乗り道路です。美しい太平洋を望む風光明媚な海岸線で、ちょうど去年の11月に津波対策工事が完了し、長いこと通行止めだった期間が終わったところなのです。

昼間や早朝でも素晴らしい景色ですが、この写真のときは夜の景色を狙ってみました。道を主題にカメラを向けると、その先は南側の景色でおそらく一宮や夷隅方面の街の明かりがかなり明るく写ってしまいました。

本当は満点の星空が撮れるのかな?と淡い期待を抱いて新月に出かけたのですが、それは叶わぬ夢に終わりました。しかしこの北海道のエサヌカ線を連想する直線路を何とか作品にしたかったので、当初はがっかりした街の光を味方に取り入れて画面構成してみました。

超広角レンズEF14mmF2.8Lでその様子をとらえると、空の明かりから星空までに繊細な階調があることに気が付きました。美しき異空間です。

異空間を感じたときは斜め構図がお勧めです。画面の四隅にある角にぴったりとセンターラインを合わせて45度を狙って撮ってみました。大きく傾いた画面は写真の観賞者に不安定さ現実離れを連想させます。




夜間の撮影はあまり路肩がありませんので他の車の通行に注意してくださいね。

ところでこの波乗り道路、写真を撮った場所は浜宿海岸(はましゅく)という海岸の近くなのですが、地元の千葉県民ならこのような夜中には絶対に近づかない有名心霊スポットです。

海岸の入り口に鳥居があるのですが、その昔にこの道路の建設にあたり鳥居を撤去か移動の工事をしたとき、恐ろしい出来事が立て続けに起きたのです。しかも何を呪われたのか44歳の人だけが恐ろしい目に遭うという…ここでは詳しく書きませんが、ご興味のある方は浜宿海岸 44歳で検索してみてください。

ちなみに私は44ですが、ちょうどこの撮影ポイントが問題の鳥居のすぐ近くでして…さすがに霊感のない私でもちょっとチビりましたね…。

そんな夜の怖い海岸のイメージと違い、昼間の波乗り道路はすごく素敵なところですので、房総ツーリングの際はぜひ行ってみてくださいね!

ではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 ~本日の毎日100ショットスナップ~

カシオ エクシリム EX-10

江東区豊洲 オブジェとなった船の錨ですが、錨自体よりもそこに差し込んでいる光の様子が気に入ったので撮ってみました。

今年の夏も北海道ツーリング行けるかも!

去年の夏、5年ぶりで10回目の北海道ツーリングに行った。

今の家庭環境だと行けたのは奇跡だった!もうこの先、いつ行けるか分からないと思って内容の濃い旅を楽しんだ。

しかし!!しかし!しかし! どうやら今年の夏も北海道ツーリング!行けるみたいだ!!!!!

2017年8月 フレシマ湿原

まだ確かではないけど可能性は高い!

そうと決まった時点で心の中では旅がスタートするから北海道って不思議。

頭の中でドキドキする単語を思うだけで興奮して夜も寝れない。

ドキドキする単語とはポロト沼、別当賀、トムラウシ、美深、ノシャップ、百人浜、天塩川、琵琶瀬湾などなど、特に根拠なく私をドキドキさせる単語である。

まるで遠足前夜の小学生状態だ。

去年の夏ではなしえなかった作品を、リベンジできる大チャンスの到来。

この1年間での成長のあかしを作らねば、いやいや8月まであと3か月以上あるから今からでも北海道の作品を生み出すため日々精進せねば。

去年と同じく旅の内容を最重要とさせたい。

去年の失敗は本物のツーリングのワンシーンを作品化すると打ち立てた結果、作品に最低限の演出を加える派の私の撮り方では、自ら矛盾点を作ってしまい不完全燃焼に終わったこと。

今はまた考えが変わり「私の旅は撮影旅」と確固たるスタイルを確立したので、それを実行するのみだ。

だから装備はキャンプ道具は最小限、必要であれば多少はかさばる撮影機材も臆せず持って行く。

いろんな人から「え~それはもったいないでしょ」と言われるけど、美味しい食べ物や温泉は「ついで」程度に留めて、そのためには行動しないようにする。

早朝、深夜でも行動できるよう無人の無料キャンプ場を積極利用する。雨天時の避難場所も予めマークし徹底して宿や高規格キャンプ場は使わない。

さあ、必要な物は全てそろっているから実現にむけてやるべき事をやるのみだなぁ!!まずは…休み中に職場に応援に来てくれる人を育てることから…かな。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

バイク写真<Lightroom解説>補正ブラシと明瞭度で質感と雰囲気を得よう

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、撮影した写真はどうされていますか?カメラの記録形式がJPEGでそのまま使用する方、RAWモードで記録してカメラ付属ソフトに取り込んで現像処理をする方、Adobe Lightroomなどの画像ソフトを使用して調整をされる方、いろいろいらっしゃると思います。

ソフトウェアーによる画像調整と聞くと、何だかインチキみたいで印象が悪いかもしれませんが、デジタルカメラの場合は撮像素子が受けたデータをカメラ内のCPUが調整して最終的な画像にしています。

ソフトウェアーによるレタッチは、この部分をカメラに任せず自分でやることです。それに撮影時に叶わなかった少しの部分を補足してあげることで、作品の完成度を高めることが出来るのです。

さて今回は3回目のAdobe Lightroomの解説なのですが、従来はLightroom5を使用していましたが、今回からはLightroom classic CCでの解説となります。

まずは完成写真からご覧ください。

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F11 1/125 ISO100

千葉県館山市の布良(めら)漁港で撮影した1枚です。役目を終えた漁船が陸に上げられて保管されていたようですが、台風で台座が崩れて倒れてしまったようです。

この作品では船体の疲れ切った様子を象徴するような質感、もの寂しさを覚える曇天下での光景が鍵です。この部分を写真の観賞者へ明快に伝えるため、撮影時では叶わなかった部分をLightroomを使って表現していきます。

ではまず最初に撮影RAWデータをLightroomに取り込んで現像モジュールに表示させた画面からです。ちなみにLightroom5とLightroom classic CCの違いは画面のぱっと見ではほぼ同じです。かすみの除去が右カラムのメニュー内になったことや細かな変更はありますが、私として最も大きな違いはEOS6D mark2のCR2に対応できていることです。

この写真の場合は色温度や露出などは、撮影時のままでOKですのでまず最初に補正ブラシを使って空を選択します。曇り空は地上物に露出を合わせると大半は真っ白になり雲の様子など何も写らなくなってしまうのです。

真っ白になってしまった空の部分を選択します。選択した部分を赤く表示させるには画像左下にある選択したマスクをオーバーレイにチェックを入れるか、キーボードのOを押します。境界が水平線の場合は補正ブラシでなく段階フィルターの方が楽ですね。

この写真では地上物の船に露出を合わせたため、曇り空がオーバーになってしまいました。よって露光量をマイナス1.33まで下げ見えなかった雲の様子を明らかにさせます。そして崇高さの演出として明瞭とかすみをプラス12としました。こういった盛る要素についてはやったかやらなかったか分からない位で丁度よいです。くれぐれもやり過ぎないように!

次に補正ブラシを閉じて効果の中の明瞭度をプラス28、かすみ除去をプラス4にしました。これは船体のやれた質感をより強調する目的です。自然な彩度をマイナス4とし若干ですがカラフルさを抜きました。

最後に全体をよく見て不自然さがないかよく確認しましょう。今回のように撮影時のダイナミックレンジで収まらなかった部分を補正すると、絵画のような雰囲気になって写真らしさが失われてしまう場合があります。この最終チェックについては作業の直後にやるより、できれば翌日とか数日後など冷却期間をおいてチェックするのがお勧めです。

撮影時の画像
Lihgtroom レタッチ作業後

今回は曇天時の撮影において、失われてしまった空の表情を呼び戻す作業、被写体の質感を表現するのに明瞭度のプラス補正を使うことを解説しました。Lightroomユーザーの方はぜひご参考にしてみてくださいね。

↓↓↓撮影地↓↓↓

千葉県館山市の布良(めら)漁港 この一帯は冬になると富士山が美しく大きく見れる場所でもあります。またこの近くの安房神社は千葉の寺社の中でも超絶おススメのスポットです。イヤシロチのパワーを感じるため是非訪れてみてくださいね。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

写真家が死んだら来世も写真家???

突然ですけど人間って死んだあとはどうなるんでしょうね。

自分の意識ってどこかへ行くのでしょうか?よく聞くお迎えのような人がやってきて、あの世の世界に歩いて行くとか…。そして閻魔様のところで天国へ行くか地獄に行くかの審判を下される?

天国とも地獄とも言えないような超グレーな人はどうするんでしょう?閻魔様のところで事務仕事するとか?ちなみによく見かけるお地蔵様っていうのは閻魔様らしいですね。少なくともお地蔵様の見えるところで悪いことしちゃいけませんね。





もう6年くらい前の話ですが私は右肩に習慣性脱臼という面倒を患っていて、それを根本的に治療するために手術をしたのですが、その時の手術が全身麻酔だったんですね。

EOS5D mark2 + EF70-200mmF2.8L 濃霧の鳥海山ブルーライン

経験のある方ならご存知だと思いますが、全身麻酔っていうのは麻酔医の人が「それでは麻酔をいれます~」と言った直後にフッと意識が消えて、次の瞬間はもう手術は終わって病室のベッドにいるんですよね。

あれはほんと不思議です。例えば3時間寝れば、起きた時に3時間くらい寝たなぁという時間の感覚は失われていませんよね。しかし全身麻酔はそれが無くて、時間が丸ごと消失しちゃうんです。





死ぬってあんな感じなのでしょうかね。だとしたら寂しいですねぇ~、ふっと消えちゃうだけみたいな。

もしそうではなく意識がどこかへ向かうのであれば、その先はなんでしょうね?一度天国のような場所で少し休んでから、来世からお呼びがかかるのでしょうか?それなら希望が持てる気がしますね。

そして来世として生を受けるとき、今持っている何かを持っていくことはできるでしょうか?よく聞く話ですが当然、お金とか地位は持っていけませんね。記憶もぜんぶ消えてしまうので知識というのも無しでしょう。

では写真家だった場合、その感性とスキルを来世に持っていくことは??できると思いませんか?きっとできると私は信じたいです。

今の人生が終わってあの世に行ったとき閻魔様に「お前は現世でなにをしたのだ?」と聞かれたら「オートバイの旅の世界を芸術写真にして人々に伝えました」こう答えたら、閻魔様は「よかろう、来世でも引き続きやるが良い」とお墨付きを頂けるかもしれません。

もし私に来世があっても、その時代にオートバイが無いかもしれませんけどね。しかし現世から持っていけたモノは必ず役に立つでしょう。そう信じたいですね。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

騙されてはいけない、高級レンズと安いレンズ

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ゴールデンウィーク突入ですがいかがお過ごしでしょうか?私は連休とか関係なく仕事ですが、みなさんツーリングに行かれて誰も当ブログを見てくれないのでは…なんて心配もちょびっと…。

さて今回は当ブログではあまり触れてこなかった、カメラのお話、特にレンズのお話を行ってみたいと思います。といっても高級なレンズとはここがああで…という詳しいことについては、世に情報があふれていますので究極のツーリング写真流に解説してみたいと思います。

まずはカメラメーカー純正レンズを例に解説してみたいと思います。上の写真はキャノンのEFレンズカタログです。左はEF35mmF1.4L Ⅱ USM で右はEF35mmF2 IS USM。F値の解放(明るさ)がF1.4とF2であること、EF35mmF2の方には手振れ補正機能ISが備わっていること、それ以外の点では一見して同じ35㎜の単焦点レンズですね。




注目していただきたいポイントは価格です。左のLは28万5千円、右の手振れ補正付きは8万3千円。なんと同じ35mm単焦点レンズなのに20万円以上も差があるのです。どちらも同じメーカーの現行商品ですよ。

左のEF35mmF1.4Lのように品番に「L」が付くのはキャノンの場合はプロ&ハイアマ向けの高級レンズであることを意味します。LもたしかluxuryのLだったと記憶しています。

カメラ、レンズについてあまり知識の無い方から見れば、いったい何が違うの??8万円でも十分高くない???と感じるかもしれませんね。

簡単に言ってしまうと高級なレンズとは主にレンズ構成やコーティングに開発費や手間がかかっており、それにより収差、フレア、ゴースト、ハレなど一般に歓迎されない画質低下の要素を極力排除しているのです。

ここで強く私が訴えたいのはこのような一般に歓迎されない画質低下の要素とは、必ずしも写真の芸術性を損なう要素という事ではない!ということです。収差やフレアなんて雰囲気の演出に役立つことも多いですし、そもそもメーカーやカメラ雑誌などで言っているレベルは、言われても分からないような微細な程度を議論している場合が多いです。

画面内に太陽を入れたことによりフレア、ゴーストの入った作品

レンズ選びで重要なのは合焦点がシャープに写っているか?価格が自身の予算に無理なく合っているか?そしてピントの立ち上がり方、収差、フレア、ゴースト等が自分の好みに合っているか?

上の作例では太陽が画面にモロ入った割にはフレア、ゴーストは少ないほうです。もっとお安いレンズなら派手に入ったことでしょう。それを「おおっ!いい雰囲気」と捉えるか「ひで~フレアが入った」と捉えるかは、かなり好みの分かれるところです。

例え収差、フレア、ゴーストが好きでなかったとしても、その度合いが許容範囲であるのか?それらを踏まえて価格差が妥当だと納得できれば、そこではじめて高級なレンズを検討してみましょう。

私の個人的な意見ですが安いほうのレンズが自分の好みだった!なんて決して珍しいことではないと思いますよ!





そして次なる選択肢がカメラメーカー純正レンズではなく、レンズメーカー製という選択肢です。代表的なメーカーではタムロン、シグマ、トキナーです。

価格は大半のモデルはカメラメーカー純正よりも割安です。そして性能も評価が高く独特の個性を持ったレンズもあり人気です。かく言う私も所有レンズの中に3本もSIGMAレンズがあり、特に何年か前に登場した同社のARTシリーズはすごく良いレンズでお気に入りです。

ちなみに上の写真はSIGMA150-600mmF5-6.3DG Cという望遠ズームレンズです。600㎜までの望遠域をカバーしたレンズと考えると、とても軽量でコンパクトです。過去にバイクツーリングで600㎜をもって行こうなんて考えもしませんでしたが、これで道を圧縮した作品が面白いように撮れるようになりました。

この写真はHelios44-2 58㎜F2というロシア製のオールドレンズで撮りました。今回は話が脱線するのでオールドレンズについて詳しくは書きませんが、これで50年以上前のレンズなんですよ。知らない人が見たら最新の高級レンズと言っても騙されるかもしれませんね。ただHelios44は戦争の悲しい歴史と関係していて、大戦でドイツに侵攻した旧ソ連軍がカールツァイスの技術者を接収し、ツァイスの名玉BIOTAR 58mm/F2のコピーを作らせたものがHelios44なのです。

今回は高級なレンズと普通のレンズ、そしてレンズメーカー製もおススメですよ!ご自身のお好みに合ったレンズ探しとは、必ずしも何十万円もするような出費ではないですよ!というお話でした。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング