100年後に美術館に展示されているツーリング写真を

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/400 ISO100

今日は独り言的なコラムを。

 

“カメラはあなたの夢をつくる箱です。

箱の中はシャッターで閉ざされ、普段は真っ暗闇です。

あなたがボタンを押したときだけ世界の光が入り込んで瞬間が刻まれます。

それは二度と戻らない過去の時間が永久に静止したまま保存されるのです。

なんだか子供の頃に土の中に埋めたタイムカプセルに似ていますね。

宝物や大人になった自分へのメッセージを入れたカプセル・・・懐かしいです。

カメラで撮った写真作品は作者がこの世からいなくなった、ずっと未来でも後世が伝えてくれる芸術作品になるかもしれません。

叶わぬ夢かもしれませんが100年後に美術館で展示されているツーリング写真というのを目指してみたいです。

すごいと思いませんか?100年後に美術館にツーリング写真が展示してあったら。”



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

あのコンテストでグランプリを狙え<上級>ツーリング写真

旅写真<上級>の記念すべき1回目の記事です。インパクトのあるタイトルを付けさせていただきました。

そもそも上級者向けのHOWTOなんてものが世の中にあまり無いので、すごくプレッシャーを感じております。あくまで「ツーリング写真」というジャンルで括った話でございますので、偉大なるプロや写真家の方々がもし見られていましたら寛大な気持ちで見てくださいませ。

さて旅写真<上級>カテゴリーの対象となる方々は、もはや具体的にこうとは言えない極めて曖昧で混沌とした領域だと思います。単純にキャリアが何年以上という訳にもいきませんし、何かのコンテストの受賞歴といってもそれもピンとこないですからね。

ただ1つ言えるのは、ここでの解説をみて「そんなの知っています!当たり前だ」と感じる方は上級者!という事にしておきますか。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG contemporary F8 1/640 ISO100 Lightroom

この写真をご覧ください。当ブログのギャラリーに掲載している写真で解説していきます。

写真とはデザインの要素と切っても切り離せないと感じます。私とSNSで繋がっている友人は職業がデザイナーなのですが、写真は得意ではないと言っていながら抜群に写真がうまいです。絵画にも同じことが言えますがデザインでの基本が身についていると、人の感覚にひびく数学的な要素、図形、線、色などを巧みにコントロールして作品化できるようです。

この写真で順を追って解説していきます。まずは画面内の図形要素です。富士山の形状による三角がひとつ、船とライダーとバイクを結ぶ三点が2つ目の三角です。三角は画面内で抜群に安定感をもたらします。

次に同じく図形要素で円です。まずバイクのフロントタイヤ、ライダーの腕で作られた円、LNGタンカーのタンクの円が4連。円は特定のスペース内に配置すると鑑賞者の視線が落ち着きます。

そして線の要素として曲線。岩場と海の境界となっている線が、海を内包するお椀のようにも見える曲線。伸びをしたライダーの背中の反り具合も曲線。ほぼ見えませんが富士山の宝永噴火口あたりの曲線。曲線は楽しく視線誘導するのに効果的で、鑑賞者の目を退屈にさせません。

次に色です。冬の枯れた草地の茶色から岩場のグレー色が1つのトーンになっており、上半分は海、富士山の裾付近、空とブルー系でトーンが存在します。茶系と青系の組み合わせがもたらす印象も見逃せません。

どうでしょう?デザインだけでこれだ色々な要素が詰まっています。もちろん全てが撮影者の意思でそうなったのではなく、結果的にそうであったという偶然性もあります。ただ、大切なことはファインダーを覗いているときに、それに気が付いたか???ということなんです。

デザインの要素は実は気が付かないだけで、意外とそこら中に存在します。鍛え上げられた写真家のセンサーはそれを逃さず発見し、画面内に理想的に構成していく力があるのです。

 



デザインの話だけで大分スペースを使ってしまいました…

次に本題の「あのコンテストでテッペンとろうよ」のお話。ここでは「最後のひと粘り」「最後のひとヒネリ」と私が呼んでいる手法をご紹介します。

この写真を撮ったとき、最初は船はありませんでした。その代わり近景としてもっと近くにあった砂地とその境界にあるS字の線を意識して撮ってみたのですが…シャッターを切った直後は「よしよし」と感じたのですが、撤収準備の直前にモニターを見て「何か足りないな…」と感じたのです。これを感じたときは必ず「最後のひと粘り」を実践するよう意識をしています。

↑この写真が最初に撮ったカットです。これで撤収準備をすでに始めていましたが…

時間的な猶予もあって散々練ったあげく、手前はそぎ落として船を入れてみよう。と思いつきました。幸い、ここは日本貿易の玄関である東京湾。漁場でもあり色んな船が通ります。

↑まずは漁船。船首からしぶきが出て動きが加わったのは良いですが、なんかイマイチです。バイクと船の存在感が同じくらいになってしまい、どっちつかずなのですね。

この先は「最後のひとヒネリ」!なんかユニークな要素はないか?そこで思いついたのがLNGタンカーでした。枝豆のように球体が連続して付いているタンクは他のコンテナ船やフェリーに比べてユニークな形状です。待つこと15分程度、狙い通りにLNGタンカーちゃんが登場してくれました(東京湾はかなり頻繁にLNGタンカーが通ります)。

こうして画面内の細かな部分を調整し最終的な作品になりました。

近年のコンテストではただ綺麗なだけとか、絶景でも普通に撮っただけでは入賞は難しいです。アマチュアのレベルもどんどん高くなっていて、どのようなコンテストであっても年々ハイレベル化の一途です。ひと昔前の秀作では普通すぎて通用しないのです。

今回、ご紹介したようにデザインの要素を理解した画面構成や、ちょっとしたひらめきから生まれるユニークさ、驚きなど…。作品にあなたなりの何かを加えて個性的に仕上げてください。

あのコンテストって何?って?もちろんoutrider誌のツーリング写真コンテストで年間グランプリを狙うためですよ!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

何をどう撮るか?

「キハとバイクの車窓旅」

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/160 ISO100

芸術写真を目指す上で重要なのは個性ではないでしょうか?

私が大好きなのは「ちょっとヒネリを加えたユニークさ」です。

この作品はアイデアを思いついた時点で、同時に「キハとバイクの車窓旅」というタイトルも自然と出てきました。

キハは写真に写っている小湊鉄道の車両のことです。「車窓」というワードは鉄道旅とバイクのスクリーン越しの風景を重ね合わせています。

この写真が良いとは言いませんが、変わっているのは間違いないでしょう?こういったひらめき、遊び心が個性を生み出すのだと思います。

写真は「何をどう撮るか」の一言につきますが、この「どう」の部分に思いっきり遊びを取り入れてみましょうよ。

あなたの中のユニークさが覚醒するかもしれませんよ。



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

どこで温もりを手に入れるのか

「漂えど沈まず」

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F5 1/2500 ISO100 Lightroom

旅は苦行だと感じるときがある。

けれどもどこかのタイミングで温もりを感じれば沈み行くことはない。

何もなかったかのように明日、また陽が昇る。

ひとつの旅を自分の人生の縮図のように見れば何と分かりやすいことか。

だから少しくらい嫌なことがあったって、向かい風が吹いたって、それくらいあって当然。

たゆたえども沈まず

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

どんなシーンで絞りを微調整するのか<中級>ツーリング写真

この投稿は旅写真<中級>の一回目です。

<中級>では絞りやシャッター速度といった露出に関わる基本や、三分割構図など撮り方に関する技術が身についている方を対象に解説していきます。

もちろん初心者の方に読んでいただいても、今後のステップをイメージする上で参考になると思います。

EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L F5.0 1/200 ISO100

この作例をご覧ください。望遠レンズを使用し距離感を圧縮させた写真ですが、前景とメイン被写体と背景の3つの要素があることに注目してください。

前景は左端にある木、メイン被写体は中央の大木とそこにあるキャンプサイトです。この場合、遠景は単なる黒っぽい背景として被写体の木に当たる光を強調させています。

念のためおさらいしておきますが、絞りとは被写界深度のコントロールであり、ピントを合わせていない部分のボケ具合の調整です。(明るさの話はここでは触れません)

この構図で作った前景となる木をどれくらいボカすのか?

私はこのとき前景の木の葉に注目しました。メインの大木よりも少し褐色の葉は美しく逆光を透過していました。被写体を際立たせるため、これを効果的に使おうと思い被写体エリアを前景のこの木で囲い込むようなフレーミングをしました。

そして葉のディティールを狙った通りのイメージにするため、絞り値を慎重に選んで撮影したのです。

F4.5では葉がボケすぎでディティールが伝わらず、F5.6ではシャープすぎてメイン被写体の木と境界が曖昧になってしまいます。結果F5.0を選択しました。

方法は簡単です。一眼レフカメラでしたらファインダーを覗きながら絞り込みボタン(CANONなら被写界深度プレビューボタン)を押してボケ具合を確認してください。最もあなたが最良と感じたボケ具合になるよう電子ダイアルを回してF値を調整するのです。絞込みボタンの無いカメラでしたら試し撮りしてモニターで確認してみましょう。

このように絞りを微調整するとは、まずは被写体の魅力をあなたの目で理解し、それに基づいて行うのです。

いかがだったでしょうか?絞りを操作すると被写界深度が調整できることは知っていても、実際のツーリング写真の現場では具体的にそれをどう使うか、結びついていない方もおられたのではないでしょうか。

写真は「○○だから△△にした」を基本に考えると良作の礎になりますよ。

 

つづく



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

初心者だからこそ時間帯を選ぶべし<初級>ツーリング写真

旅写真<初級>の前回は望遠レンズ(ズームの望遠側)を積極的に使い、主題を明確に撮りましょう、というお話をしました。

初心者の方が簡単な手法で素敵な写真が撮れるテクニックをもう1つご紹介します。基礎的なお話は次回くらいから始めたいと思いますので、もう少々お待ちを。まずは「楽しい!」と感じていただくのが最優先ということで。

EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L F5.6 1/160 ISO200 5月撮影 18:00頃

テクニックと言うより単純に写真を撮る時間帯のお話です。

写真は光が命です。どのような写真も光を収めているのですから。傑作写真やドラマチックな作品は最高の光を最良の手段で取り入れているものです。光についての難しい話しは上級で解説しますので、詳細はここでは割愛します。

屋外での風景撮影では光源は主に太陽光です。太陽光は時間帯によって向きだけでなく色温度(むずかしく考えなくて大丈夫です)も変化します。朝、夕は赤くなるのがそれです。

太陽が真上の高い位置にある(トップ光と呼びます)状態ではギラついて下方に影が出来、一般的には使いにくい光源と言われています。

かくゆう私も、つい最近まで日中の11時から14時くらいは良い写真が撮れないと決め付け、良い被写体があったとしても撮影せずにバイクで走り回ったり昼飯や温泉巡りに精を出しておりました・・・。

本当は上級者になればトップ光でもそれに似合う被写体を見つけたり、作画アイデア次第では傑作がつくれるのですが、それに気がついたのは最近なんです。

逆に言ってしまうと初心者の方は日中の撮影は無理せず、朝夕のおいしい光だけを使って撮ってみましょう。簡単に言うと朝焼け、夕日の専門で出かけてみるのです。

朝焼け、夕日、夕焼け、またはそれらの光に照らされる被写体は無条件に美しいのです。撮影技術が未熟であっても幾つかの簡単な操作で素敵な写真になりますよ。

1、露出補正を-1/3か-2/3にして暗めにする。

2、ホワイトバランスを曇りモード、より赤くしたければ日陰モードに設定する。

やり方はみなさんのお使いのカメラの説明書を読んでくださいね。操作についてはカメラによってみな違うので、こればかりは説明書を読んでいただく以外ありません。

 

つづく

 


すぐに実践できる印象作品<初級>ツーリング写真

旅写真<初級>の前回では、写真家としての原動力は傑作が撮れたときの喜びや、誰かに感動や共感を与えたときの喜びですよ、というお話をしました。

それでは、初心者である方々がまずはこの喜びを知るため手っ取り早い手法で「あっ」と思わせる素敵な写真テクニックをご紹介します。ちなみに一般的なHOWTOとは教える順番がかなり前後することになりますが、そこは気にしないで下さい。

EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L F6.3 1/100 ISO100焦点距離:235mm

まずはこの作例をご覧ください。斜光といって画面の右側から太陽の光が入っているシチュエーションです。たくさんの木々が規則的に路面に影をつくり細かな縞模様のようですね。この写真を撮ったとき、私はこの光景に感動し、それを明確に表現したかったのです。

良い写真を撮るには最初にカメラの電源を入れる前に大切なことが1つあります。それはあなた自身が被写体やその光景に感動することです。

これがないと、何が魅力で何を伝えたいのか明確にならず、たちまち平凡に陥ります。

オートバイの存在や背景になっている木々は、あくまで主題をささえる脇役に徹しています。細かな解説をすると道路がS字を描いていて視線誘導が効果的とか、道と背景の割合が黄金比に近いとか色々ありますが、それは中級上級の話なので将来的にまた改めて解説します。

ここでは「ただ1つの主題を明確に」ということを覚えてください。撮影現場であっと気がついた何か、あなたが気に入った何かを明確な主役にするのです。たとえ他に捨てがたい要素があっても、潔く1つにしぼってください。

でもどうやって・・・という疑問があるかと思います。構図はとても奥が深く単純に「1つの主題を明確に」といっても具体的には分からないと思います。

そこで、オススメの手法は望遠を積極的に使うということです。初心者に教えるには邪道な手段だと聞こえてきそうですが、それっぽく撮れる最も簡単なやり方なのです。

一眼レフの方は望遠レンズを装着、それ以外のカメラの方はズームを望遠よりに。そしてあなたが気に入った被写体を撮ってみてください。写真の第一歩は「余計なものは入れない」とよく言いますが、望遠レンズを使用することにより、否が応でも余計なものは画面の外になります。あなたが余計なものとは思っていないものも含め。

この作例も望遠を使っています。本当は美しい木々から漏れる光線や爽やかな午前の青空などもありましたが、それらを欲張って構図に入れればこのような印象的な写真にはならなかったでしょう。

望遠を使って「1つだけの」あなたの被写体を撮ってみてください。楽しいですよ。

つづく



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

撮らずにはいられない<初級>ツーリング写真

旅写真<初級>の一回目の記事であった前回では、記念写真や自慢写真とは一線を画す「芸術写真」を目指しましょう。というお話をしました。

二回目の記事である今回は、芸術家であることを心に誓ったあなたに写真家として(写真家を目指ざす人として)活動していくにあたり、必要となる心のエネルギーのお話しをしたいと思います。

せっかく決意しても途中でエネルギー切れになってはダメですからね。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG

よい写真を撮るには朝早く起きたり、遠くまで出かけたり、重い撮影機材をかついだりと何かとエネルギーが必要となります。

その為の原動力とは素晴らしい作品が撮れたときの喜び、それを誰かに見せて感動や共感をもらったときの喜びです。

はじめたばかりの初心者の方は、そういった原動力となる喜びをまだ知らないため、活動に必要なエネルギーが不足しがちです。やがて一枚も納得のいく写真が撮れないまま、情熱は冷めカメラを持って出かけることも減っていくのでしょう。

多くの初心者の方が途中で写真をやめてしまうのは、こんな背景ではないかと思います。

そんなことにならないため、当ブログではまず簡単な手法で見る人を「あっ」と言わせる写真を撮るコツをご紹介していきます。それは本来のHOWTOとはだいぶ順番が前後しますが、一般的なHOWTOが最初に覚えてください、と言っている露出だの構図だのと言った話は退屈に感じるものです。

撮らずにはいられない熱い情熱!そして何が写真家(あなた)を駆り立てるか?!その理由をあなた自身がなるべく早く手に入れるために。

 

つづく



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

なぜ叶わぬ願いが叶う?

「虹色の流れ星」

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F3.5 30SEC ISO1000

真冬の森。焚き火の炎を見つめながら酒をのんでいた。

本当は流れ星のふりそそぐ大自然の中で野営したかったけど、真冬となるとバイクで遠くまで移動するのは、なかなか困難である。特に山間部は積雪や路面凍結があるからだ。

この写真は自宅から1時間で着いてしまう千葉県君津市ですが、雰囲気の良い森のせいでつい酒がすすんでしまいます。

「きれいな流れ星がみたいなぁ~」 そう思って撮影していたら虹色に光る流れ星をEOSがとらえてくれた。

羽田に着陸する飛行機が上空で旋回する君津市。星の撮影にはじゃまだなぁと思っていたのに、あまりに美しい演出ではないか。



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

~about me~ 私からのメッセージ

北海道稚内市 北防波堤ドーム 2017年8月

 

はじめまして 千葉県在住のアマチュア写真家 立澤重良です。

写真歴15年 オートバイ歴30年 第二次ベビーブーム世代…

「ツーリングのワンシーンを切り取る」 をテーマに活動しています。

何かと忙しい現代人。多くの人は働き詰めでプライベートを犠牲にしています。わずかな休暇はレジャーや旅行に使ってしまい、いつの日か自分を見失っています。

生きることは働くことや生活することが全てではありません。では何でしょう?そのヒントは旅にあります。旅は「人として生きてゆく」ための道しるべなんです。しかし現代人の多くはあまりに旅と無縁になってしまいました。

 




 

~オートバイは旅空間と日常空間を超高速で行き来できる魔法の絨毯です~

徒歩や自転車でも旅を体験できますが、忙しい現代人にとって時間や体力的な問題でハードルが高いです。そこで最も現代人にぴったりな旅の手段がオートバイです。

旅の世界を体験する素晴しさ、それはかけがえの無い財産です。オートバイに乗って空間を駆け抜ける感覚は生きている真意を問いかけます。これを知らない人々にメッセージとして発信したいです。「オートバイで旅に出ようよ!」と。

2005年 北海道 黄金道路

しかし、言葉だけでは伝わらない。だから写真を撮るのです。ツーリング風景を心に響く写真作品として発信し見る人の心にうったえます。いつか個展ができたら固い企業が密集しているようなオフィス街の一角でやってみたいです。

社会的に受けるオートバイという乗り物の負のイメージもあるかもしれません。危ないとか、不良っぽいとか。そこを少しでも良くし、写真作品を通して「オートバイの旅…いいかも」と興味を抱いていただければ、それだけで私にとって最高の喜びとなります。

「私もやってみたい!」という方はいませんか?当ブログ 究極のツーリング写真 touring-photography.com ではありきたりのツーリング写真を卒業し、人の心にひびくツーリング写真が撮れるよう、初心者から上級者まで撮影テクニック、上達の秘訣、光の読み方、デザイン力、表現力、レタッチや撮影スポットにいたるまで、秘密を作らず全て公開いたします。

アウトライダー誌 ツーリング写真コンテスト 年間グランプリ受賞作品

 




 

登場するオートバイはBMW R1200GSとアドベンチャー、キャンプツーリングや野宿のシーンも出てきますよ。

いまオートバイ業界では長引くバイク不況や若者のバイク離れなどの問題が長期化しており、根本的な解決策が見いだせずにいます。メーカーが得意なのはモノ作りです。しかし時代はモノからコトへと変わりました。時代にあった新たな「コト」は我々ユーザー、つまりバイク乗りがやることです。

いま、旅と無縁に生きている人々は社会という決められたシステムに押しつぶされて苦しんでいます。その事に自覚さえできない人々であふれています…。免許をとってバイクを買うだけで旅を体験し冒険に出れる。それがどれだけ素晴しいことか?写真を撮って伝えてみませんか?

2017年8月 北海道

あなたの体験したツーリングの世界を表現し、その作品が誰かの人生に影響を与えるほど役立ったら…それは何にも代えがたい喜びになるでしょう。

あなたもツーリング写真を極めてバイク文化をパラダイムシフトしませんか?

立澤重良(shigeyoshi tatezawa)

outrider誌 ツーリング写真コンテスト受賞暦

・第20回 五條伴好賞 ・第21回 佳作  ・第25回 年間グランプリ

 




 

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 ~GALLERY~

画像クリックでスライドになります