2019年GW 北海道ツーリングギャラリー 旭野やまびこ高地その2

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、写真を撮ったあとにご自身の作品を見直しているとき「偶然に良く撮れたな」と感じることはありませんか?

私はしょっちゅうあります。

写真とは他の多くの芸術と違って瞬間をカメラという機械が捉えますので偶然的な要素がとても多いと感じます。絵画で偶然上手に描けたとか彫刻で偶然うまく彫れたとか無いですよね。




だからこそ写真における偶然とは一体何なのか?ご自身で理解を深めておくことは、きっと写真をライフワークとして生きていく上で役に立つと思います。写真とは偶然ありきであること。偶然をいつでも受け入れる間口を作っておくこと、偶然を瞬間的にモノにするセンスを身に着けること、自分の写真への熱意が偶然を引き起こしたと信じる事。色々ありますが単にラッキーパンチ的な写真ではなく「偶然」を味方にする能力を磨いていきたいものです。

傑作のカギは必ず偶然が握っていると感じるのです。

さて前置きが長かったですが2019年GW北海道ツーリングのツーリング写真ギャラリーでございます。以前にもいちどアップした上富良野の「旭野やまびこ高地」での別カットでございます。

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

こういったシーンではどうしても最初にインパクトを感じた被写体に無意識下で縛られるものです。この場合は夕陽に染まる十勝岳連峰のあまりの美しさに、それを望遠レンズで引き寄せた撮り方しか当初は思い浮かびませんでした。実際、前回にご紹介したカットはEF70-200mmF2.8Lの望遠ズームレンズを使用した作品でした。




しかし何事も逆転の発想や違った視点での考えを模索したいものです。今回ご紹介する作品は当初に紛れもない主題であると感じた夕陽に染まる十勝岳連峰を控え目に構成するという、なかなか通常では思い浮かばいことをやってみました。

5月の北海道ではこの撮影地である上富良野「旭野やまびこ高地」は夕陽は完全に背中の方に沈んでいく順光です。その美しい光源に照らされる被写体(十勝岳連峰、ヘルメット、R1200GS-ADV)はピンクに染まりますが、ユニークなのは空はあくまで青空が残っていることです。

この青空のスペースを利用して逆に十勝岳連峰の美しさを際立たせてみよう、という発想がこの撮り方です(成功したかどうかは観賞者の皆さまに委ねますが…)。

前述した偶然的要素はR1200GSアドベンチャーのヘッドライトに夕陽が当たってリフレクターが反射していることです。バイクや車のヘッドライトはバルブを囲うように複雑なリフレクターが装着されていますが、写真を撮るときにここに光が当たると綺麗に反射します。偶然そうなった瞬間に「そう撮る」準備があればただの偶然ではないのです。

少々ややこしい話ですが、これこそが写真ではないかなぁと最近になって思います。




上富良野八景「旭野やまびこ高地」第二弾でした。

今回はこの辺で。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年 GW北海道ツーリングギャラリー 美瑛<赤い屋根のある丘>

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、2019年 GW北海道ツーリングギャラリーが続きますが、今回は北海道美瑛の撮影スポットのご紹介も兼ねてギャラリーの写真をアップしてみたいと思います。

北海道のおよそ中心に近い道北エリアの南、富良野と美瑛エリアですがここは言わずと知れた北海道の代表的な観光地です。雄大な農地に十勝岳連峰の山々、そして丘エリアに点在する花畑や映画、TVCMの撮影地などがあります。




富良野の北側、旭川市の南にある美瑛はとくに北海道らしい景色と「〇〇の丘」に代表される牧歌的な景色がある景勝地です。

その分、日中は観光客も多く、近年は外国人観光客も多いエリアですので行動する時間帯に気を使ってみましょう。観光バスやレンタカーで来ている観光客は行動時間が限られているものです。我らオートバイで旅をするライダーは自由なのですから、わざわざ観光客の多い時間帯に有名なスポットに出向くのは避けましょう。

さて今回はそんな美瑛エリアの中でも写真家の中で人気のスポットである赤い屋根のある丘でございます。

早朝の丘エリアを快走。




雄大な農地となだらかな丘陵の中心にポツンとある赤い屋根の家。なんとも絵本の世界のようで絵になる風景ですね。ここで写真を撮る場合、多くの方が西側の広域農道から撮っているようですが、私は丘の上から見下ろすように東側の農道から撮ってみました。

しかしこちら側の道路は広域農道よりもさらに道幅の狭い道路ですので乗用車は駐車できませんし、バイクでも邪魔になりそうなので時間をかけて撮影という訳にもいきません。ぱっと構図を練って手短に撮影してきましょう。

EF35mmF2ISにて。こういったコクピットを超近景とした構図はF22まで絞り込む訳ですが手ブレ補正機能のISがとても役に立ちます。このEF35mmF2IS、本当にお気に入りのEFレンズです。




東側の農道から風景全体を撮った1枚です。

あまりライダー間では知られていないポイントですので、この夏に北海道ツーリングに行かれる方はいってみてください。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年GW 北海道ツーリングギャラリー 就実の丘

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、もうあの10連休から2週間くらい経過しますが旅の写真は整理されましたか?

私の今回のGW北海道ツーリングのように膨大な写真を撮って帰ると、それを仕上げて見返して、そして写真を通して旅の内容を振り返るところまで1か月くらいは楽しめる感じです。もし1枚も写真を撮らないで帰れば家に帰った時点で旅は何もかも終わってしまうでしょう。




人生も折り返し地点を過ぎると旅で見た風景、出会った人々、感じたことなど小さなことでも忘れずに覚えておきたいな…そんな風に思うものです。旅の内容を振り返るという意味でも人生の財産として大切に保存する意味でも写真って素晴らしいものだなと感じます。

さて今回も2019GW北海道ツーリング写真ギャラリーの続きでございます。

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L




遠景に大雪山系の山々、旭岳を望む雄大な景色です。場所は就実の丘のすぐ手前で多くの方が撮影ポイントにしている就実の丘から南西の景色よりも、この旭岳をバックにした道の方が私は好きです。

農地とそれを区画するかのような木々。この区画のお陰で4レイヤーくらいある構図を作ることに成功しました。実はこのポイント、2017年の夏の北海道ツーリングでも訪れた場所なのですが、夏では山々は霞んでよく見えずこのような美しい景色ではありませんでした。

高い山々、雄大な大地、これって私の住む千葉では見る事のできない景色なんですよね。私の中で憧れを抱いているような景色ってまさしくこんな感じなのかもしれません。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年GW北海道ツーリング写真ギャラリー パノラマロード江花

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、まだまだ続きます。北海道ツーリングギャラリー、今回はかみふらの八景の「パノラマロード江花」です。




EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

かみふらの八景はライダーの間では「ジェットコースターの路」が最も有名ですが、ここパノラマロード江花をはじめ先日にご紹介した「旭野やまびこ高地」もあまり人気はないようです。

そのせいか夕刻に足を運べばこのように静かな時間が流れていて、風景に癒される最高の旅時間を味わうことができますよ。

どうも上富良野町は美瑛や南富良野と違って観光化が上手ではないようですね。ますます上富良野が好きになりました。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年GW北海道ツーリング写真ギャラリー かみふらの八景<旭野やまびこ高地>

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は2019年GWの北海道ツーリングギャラリーの続きでございます。




今回はかみふらの八景のひとつ「旭野やまびこ高地」で撮影した1枚です。

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

夏には見ることの出来ない雪を冠した様子の山々。美瑛岳をはじめとした十勝岳連峰の景色を望む景勝地です。5月は朝日が逆光で夕陽が順光となる方角で、この時は背後に焼け落ちる夕陽を背にシャッターを切りました。

旅はあの時あの場所でシャッターを切ったからこそ、その時の風景が旅人の記憶にも深く刻まれると感じます。もしここで写真を撮らずに風景だけ見て帰ったら…何年かしてここで素晴らしい夕景を見たことを忘れてしまうかもしれない…。それでは寂しいので写真を撮っている、旅の心象風景を確かに記憶しておきたいから写真が好きなのかもしれません。




かみふらの八景として選ばれている割には観光地化されていない静かな場所です。GW中に昼間と夕方の二度訪れましたが誰一人いませんでした。道道291号からの入り口が分かりにくく、少し手前の広域農道の交差点から入ってしまうのが簡単です。周辺の農地に立ち入らないように気を付けて下さい。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年 GW北海道ツーリングギャラリー 春の羊蹄山

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今年はお盆時期の夏休みも大型連休にされる方が多いらしいですね。今年の夏に北海道ツーリングを予定されている方はおられますか?私はさすがにGWに行ったばかりなので当分は行けませんが。




ところで以前に北海道ツーリングの予算という投稿を書いたことがあります。私の場合はR1200GSアドベンチャーというバイク(燃費はリッター約20キロ)で中身7日間くらいの日程、走行距離3000~4000キロで宿泊は全てキャンプで計算してザックリ10万円くらいです、というお話でした。

北海道ツーリング、1回で10万円・・・。以前にメンタリストDAIGOさんが書かれているある書籍にあったのですが例えば10万円のバッグや腕時計といったモノは僅か数年も経てば10万円の価値があるとは感じられなくなり、旅などの体験に投資した10万円は数年と時間が経過するとともに10万円以上の価値のあるものだったと感じるようになるそうです。

そう考えると北海道ツーリング1回で10万円(私の場合)はけっこうかかるな…とその時は思っても数十年あるいは自分が人生を振り返る終末期にきっと10万円どころではない価値の高いものであったと感じるはずです。




モノではなく体験に投資するって素晴らしいことなのですね。

EOS6D Mark2 + EF14mmF2.8LⅡ

さて2019年GW 北海道ツーリングのギャラリーでございます。こちらは雪を冠した蝦夷富士こと羊蹄山です。

スカッと晴れた4月のニセコ。乾いた空気に強い日差し。羊蹄山がこんなに美しく見れたのは初めてでした。

撮影ポイント 北海道虻田郡京極町




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

オートバイツーリングの魅力を伝える為の新たな引き出し

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、連休ボケは抜けましたか?私は心はリフレッシュされましたが肉体的にはなかなか復活できません…。最近、疲れても寝ればなおるという訳ではないようです…。

さて今回はツーリング写真の撮り方の解説ではなく、私のツーリング写真の引き出しについて、独り言風にいってみたいと思います。

いつもツーリングに行くと道の風景、漁港やローカル鉄道でのシーン、海岸や星空などの開けた場所でのショット、これらツーリング写真の引き出し、またはネタとでも言いましょうか。一応はバリエーションをいくつか持ってはいますが、それほど多いものではありませんので、どうしても「またこのパターンか」といった具合にマンネリ化してしまいます。

もちろん同じような撮り方を追及して極めるというのも大切です。しかし今までやったことの無い、新しいツーリング写真というのも生み出したいものです。それは映画やドラマのワンシーンを連想させる物でも良いですし、全く見たこともないような新たなものも良いです。




最近では毎日スナップを撮っているので、何となくスナップ写真というものの意味が分かってきました。そこでツーリングスナップとでも言いましょうか。スナップ写真とツーリング写真を融合したものが撮れないかな…なんて妄想をしておりました。

そんなある日、SNSで繋がっていた有志からお誘いをいただき、一緒に房総半島をツーリングすることになりました。いつもソロツーリングで行動している私にとっては、新たな写真に挑戦するまたとないチャンスです。

RICOH GR APS-C

はい、こんな写真を撮ってみました。バイクはカワサキのW650ですが一緒にランデブー走行している様子をスナップ的に撮ってみました。RICOH GR APS-Cに搭載されているインタバールタイマー機能を活用して、カメラはストラップで体にたすき掛けし、本体を背中の腰のあたりにしておきます。シャッター速度は大胆にも1/8までスローシャッターにしています。

なぜ、そこまで遅いシャッターにしたか?1/40くらいでも十分に景色が流れてスピード感が出たと思います。曇りで暗かったからというのも少しありますが、バイクを少し縦ブレさせて記憶風景っぽくしたかったのです。




RICOH GR APS-C

こんなのも撮ってみました。小説のカバーっぽい写真とでも言いましょうか。ミラーごし風景にW650。2台で走っている時ってミラー越しに見える仲間の姿って記憶風景になると思うのです。いつか「あの時、楽しかったなぁ」と思い返すとき、ミラーの中で走る仲間のバイクの様子が脳内に回想されると思うのですが…それを再現させたかった写真です。

今回ご紹介した写真は何れも走行中の写真ですが、この他にも休憩中のシーンや信号待ちとか、何気ない瞬間をスナップ的に撮るなど、アイデアを凝らせばたくさん出てきそうです。伝えたいことはバイクツーリングのリアルです。すでにライダーの方には共感を、バイクの魅力を知らない人には「バイクいいかも」「ツーリング、いってみたいな」と思わせる写真です。そんな写真を撮ってみたくてツーリングスナップを追求してみようかな…そんな風に感じた今日この頃でございます。

「今日この頃」って古いか。

ではまた!!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

 

RICOH GR APS-C

東京都中央区 晴海客船ターミナルのオブジェ「風媒銀乱」です。美しい東京の夕陽をバックに撮ってみました。

2019年 GW北海道ツーリングギャラリー ケンとメリーの木

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、先日のGW北海道ツーリング2019年の写真が仕上がってきましたので、順次ギャラリーとして作品をご紹介していきたいと思います。




今回、予定していたルートとだいぶ違った内容となってしまいましたが、定番と呼べるポイントでもツーリング写真の作品として成立できるよう時間帯を狙って行動してみました。

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS F11 1/125 ISO100

はい美瑛の定番ポイントである「ケンとメリーの木」でございます。ケンとメリーとは昭和40年代の日産スカイラインのテレビCMのことで、そのロケ地がこの場所だったのでそのように呼ばれる観光スポットとなりました。

実際は北海道ではたまに見かけるポプラの木なのですが、美瑛のエリアのこのように点在する〇〇の木は木自体に注目するのではなく、それを内包する景色全体があるからこそ美しいのだと感じます。

この写真は4時に起床してキャンプを撤収し5時には現着でございます。この時間なら観光バスはおろか他のライダーもいません。美しい朝日の風景を独り占めでございます。




たま~にですが「〇〇の木」見に行ったけどただの木でがっかりした。なんて言う人がいますが、感受性が鈍感になっていないでしょうか?

たとえ日中は観光バスが来るような場所であっても早朝に訪れれば感動の景色を堪能できます。私は何度も美瑛に来ていますがこの景色はいつ見ても感動しますね。

ではまた!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

騙されたと思ってやってみて☆言語化で写真が良くなる不思議・フシギ

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は久しぶりに精神論的なアプローチで解説する<初級>ツーリング写真解説でございます。

写真というとどうしても構図などの撮り方やカメラの設定などで全てが決まるように思われ勝ちですが、実はそういった事と同じくらい「まずは感動しましょう」という撮影者の心が大切なものです。

もし撮影者が被写体や情景に全く感動などせず、撮り方やカメラの操作だけで写真を撮れば、それは作品ではなく整った高画質の画像です。偉そうなことを言える立場ではありませんが、良き作品とは撮影者が心打たれたことを独自に表現したものなので、撮り方やカメラの操作だけでは成立しないと私は考えます。

そんな事を言われてもソレって個人の感受性とかの問題でしょ?俺にそんな一面はないよなぁ~困った。というアナタ。今回は感受性とか感動するとか今まであまり意識していなかった…という方向けに効果のある手法を解説いたします。

これをやるだけで魔法のように写真が良くなることをお約束いたします。




1.特徴と感動を言語化する

 

そこで写真を撮ろうと思ってバイクを停めカメラを準備した。それならばその場所に最初にあなたが気に入った何かがあるはずです。

気持ちいい場所、いい眺め、とりあえず海だから、SNSで見かけた「映え」な被写体、なんでもいいですけど撮ろうと思ったきっかけは誰でも分かりますよね。

夕陽だったら「夕陽はキレイだから撮る」といったシンプルな理由です。しかしコレだけで撮影を開始しても素晴らしき作品にはなりにくいです。もっと被写体や情景をよくみて当初は気が付かなった特徴や魅力を言語化してみましょう。

上の作例では強烈な夕陽が海面に反射している海岸の撮影シーンです。私はここで直視するのも耐え難い強烈な光は空よりも海面からきていると感じました。ドラマチックなシチュエーションであることに間違いは無さそうでしたが、実際の様子がよく分からなかったので露出を肉眼の明るさとはかけ離れたアンダーで1枚撮ってみました。

すると海面の様子はまるで銅板のような美しさであり、海面が神秘的にさんざめいていました。「美しい」「神秘的」「さんざめく」そして「まるで銅板のような」。このように日常会話では使わないような単語や比喩表現を使って被写体や情景を言語化してみてください。

「イイ感じだ」ではなく何がどうイイのか?美しい言葉で特徴や魅力を言語化して声に出してみて下さい。すると不思議なことにファインダーの中で何がどうイイかを画面という長方形の中に自然と構成できるはずです。

上の作例では「まるで銅板のように輝く海面がさんざめいていた」という作者の意図が言語化された後にシャッターを切ったことで、それが明瞭に伝わるよう画面内に構成されています。これをハッキリやらないと漁船やらカモメやら関係のないものをつい画面内に入れてしまうので意図が明確に伝わらない写真になりインパクトも弱まります。




2.理由と選択の言語化

こちらの作例は北海道のコムケ湖で撮りました。寂しい雰囲気の風景のなか、雪国特有の形状をした倉庫がありました。当初、湖の方へ向かって写真を撮っていましたが一通りの撮影を終えて反対側の景色に目をやると、この青い倉庫が何かを私にうったえているように感じました。

何枚か試し撮りしてはEOS6D Mark2の液晶モニターでプレビューし、ここであの倉庫が一体何なのか?自問し思考しました。何なのか?とは何を格納する倉庫なのか?という意味ではありませんよ。それを撮りたくなった理由です。

そしてユニークな形状と印象的な青の色味といった特徴が気に入ったから、そして草地と曇天による鉛色の景色によく似合う雰囲気だからと分かりました。理由が判明したので次に手法を選択します。ここでは望遠レンズを使って画面内に大胆に配置し、倉庫の存在が印象的になるよう構図しました。「倉庫の形状と青が印象的だったので望遠レンズで大きく構図した」と言った具合に「○○だから△△した」と理由に対して手法を選択したことも言語化してみましょう。




実は言語化自体が大切なのではなく、言語化のために思考することでよく見てよく感じる行為が出来るのです。イイ感じだからここで撮ろう~では被写体や情景の特徴を捉えることもできません。どう感動したのかを言葉にしようと考えれば撮影者が自分がどう感動しているのか内面に問いかけることもできます。

そして理由と選択の言語化は作品の意図を明確に表現するためのプロセスです。これも言語化自体が重要な訳ではありませんが、初級者の方は言葉にして発することで「イイ感じ」「なんとなく」という曖昧を脱し意図が明確な写真を構成できるようになるのです。

私の場合は今はほとんど言語化せずに撮っています。被写体をよく見る目や感じたコトに向き合う心、表現するための操作の選択などは、長い事やっているので言語化しなくてもやっているからです。うまく説明できませんが言語化のプロセスを省略して直感とカメラをつなぐダイレクトモードにしている、といった感じでしょうか。

ここでは<初級>ツーリング解説として上達のプロセスとしての言語化をご紹介しました。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

 

写真のデザイン要素「色マスター」強烈な赤を極めよ!

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、春のツーリングシーズン楽しまれていますか?

つい先日、とある求人広告を見て週4勤務または週3勤務の求人が人気なのを知りました。週3勤務でしかも正社員とかの求人があるんですよね。週3ですと副業があるか家事育児と兼業するかだと思いますが、中にはライフスタイルとの両立という方もおられるでしょうね。

人生の中心に会社を置くような生き方から、多様性ある働き方に変貌していく過渡期と感じました。こういった事を機にプロカメラマンでもなくアマチュアでもなく、永井孝尚さんの提唱する「プロフェッショナルサンデーフォトグラファー」が増えるといいですね。週3勤務でやれれば「サンデー」とは別の呼称が必要かもしれませんが。




さて今回の<中級>ツーリング写真解説では写真デザインのおける重要な要素である色の最も強烈な力をもつ赤色の取り扱いについて書いてみたいと思います。

EOS30D + EF14mmF2.8L 2006年夏 北海道中富良野

写真におけるデザインとは主に線、色、図形、立体感、質感、規則的なパターン、ディティール、シェイプ、光と影などがあります。写真のデザインとはよい写真に必ず必要な最重要項目ではありませんが、写真をみる人が「パッと見た瞬間の印象」と深く関わっているので、デザイン要素を駆使するか使わないかは別として、知識として持っておくと悪いことはないと思います。




そのデザイン要素の中でとりわけ効果の大きいのが色要素ですが、さらに色要素の中でも強烈な効果を発揮するのが赤色です。

上の作品はずいぶん昔の夏の北海道ツーリングでの一コマですが、中富良野町あたりで撮影しました。写真だけ見ると農地に立ち入っているようですが手前側は砂利ダートの道道です。畑に入っている訳ではありませんので。

この写真をみて誰の目にも印象深くみえるのは赤い屋根の廃屋だと思います。廃屋自体の雰囲気よりもとにかく赤い屋根が強烈な存在感を放っているのがお分かり頂けると思います。

赤は他のどの色よりも刺激が強く、見る人を高揚させエネルギー感が満ちています。自然界の風景に多く存在する青、緑、茶色の中にポイントとして入っているだけで存在感が強く目立つのです。また暖色、膨張色、進出色でもあります。




ツーリングシーンで赤い物を見つけたら積極的に使うか、そうでない場合は意図せず赤が入ってしまい悪さした写真にならないよう注意が必要です。

といっても難しいことはありません。赤い被写体をみつけたら特徴を理解した上でしっかり主役として構図してあげる、赤であることを意識して撮れば変な写真にはならないはずです。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 ~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

通勤途中でGRで撮った1枚です。シャッターを切ろうと思った瞬間は桜に少しだけ光が当たっているのが良いと感じたからでした。しかし撮れた写真を検証してみると画面の多くをシャドウで占めているユニークな構成に、歩行者用信号の赤が強烈に何かを発している不思議なスナップが出来上がりました。瞬間をとらえるスナップは時としてこんな写真になるので本当に愉快だなぁと感じます。