究極のツーリング写真4周年&1000投稿目




EOS6D Mark2

今日はちょっといつもと違うことを書いてみようかと思います。

と言いますのも・・・本ブログ【究極のツーリング写真】は開設して4周年、そしてこの投稿が記念すべき1000投稿目となるからでございます。

4年前、究極のツーリング写真は「ツーリングのワンシーンを切り取る」をテーマに活動している私、立澤重良がツーリング写真に関わる様々なことを綴るブログとしてスタートしました。

バイク主体の写真でもない、ツーリングの記念写真でもない、風景の中にとけこむバイク旅のシーンを表現した写真ジャンル、それがツーリング写真。かつて鉄道写真が鉄道という車両にフォーカスされていた時代から、中井精也さんの「ゆる鉄」をきっかけに風景主体の鉄道写真が生まれたように、ツーリング写真はその名の通りバイクツーリングの世界を表現した写真ジャンルを目指しています。

今の段階ではメジャーな写真ジャンルではありませんが、例えば乗り物が完全EV化されて久しいほど遠い未来に、今の時代に撮ったツーリング写真を見れば内燃機関のオートバイで旅をしていた文化の貴重な記録でもあるし、それを芸術的に撮ったものであれば尚のこと価値が高いと想像します。




EOS6D Mark2

みなさんご存じのように新型コロナウイルスの世界的な猛威によって、世の中の様子が一変してしまいました。正に戦前戦後のようにコロナ後の世界とは時代が変わってしまう訳です。

どこかで聞いた話ではコロナ後の世界とは「風の時代」なのだそうです。それが何なのか抽象的すぎてよく分からないのですが、私が気が付いたある一つのことは…

ニュースにもなっていますが昨今は空前のバイクブームですよね。密を回避できる趣味でありコロナ渦のストレスから解放されたいとバイクデビューする人が急増しているのです。返り咲きのリターンライダーから女子ライダー。新たなバイク世代とバイク文化がいま誕生しているのです。

何に気が付いたのかと言うと・・・

風の時代ってバイクの時代ってこと?

と、いうことです。新たなバイク世代が新たなバイク文化を生み出す時代の変わり目が今なのではないでしょうか。新たなバイク文化とは…内燃機関のオートバイに乗って旅ができる残された少しの時間。この貴重な「今」を味わい尽くそう…と「ツーリング」が見直される時なのだと感じます。




EOS6D Mark2

ツーリングの魅力を見直す時代、であれば・・・これからニュージェネレーションに向けてツーリングの魅力を分かりやすく伝える何かが欲しいところ。そうツーリング写真です。

ツーリング写真は「見てツーリングの世界に誘われる」「自分もツーリングに行って撮る楽しみ」と、二度美味しい世界です。こんな素晴らしい楽しみが流行らないワケないよな・・・と私は勝手に思っているのですが、読者の皆さまはどう思われますか?

そんな新しいバイク文化の風に、私は遠慮せずに牽引役を担いたいと思っています。だから【究極のツーリング写真】はこれからもツーリング写真に関わる様々なことを発信していきますので、みなさま応援の方をよろしくお願い致します。

令和三年 十二月五日

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真ギャラリー 夕陽に想いを馳せる




EOS6D Mark2

聞いた話によると人は人生で三度生まれ変わるのだとか。

幼年期から青年期、青年期から壮年期、壮年期から老年期・・・

そしてそれぞれに運命があるのだとか。

占いで言う命数とは「一生変わらない部分」の上に1.ベースとなる性質があり、その上に乗るのが2.個性(2つ目の人生)で3.才能(3つ目の人生)となり、これらを混ぜ合わせて最終的に【その人】となるそうです。

にわかに信じがたいスピリチュアルな話ですが、こと私の人生に当てはめてみると、今はまさに壮年期から老年期を迎える生まれ変わりのタイミングではないか?という節は何となく感じます。

そんな変わり目に世界がコロナ後の社会として変革を遂げようとしている偶然の一致。

これから自分が何か世に役立つことはできないか?と考えた時に、やっぱりバイク旅と写真という事が第一に頭に浮かびます。何しろもう長いことやっていますので…

沈みゆく夕陽を眺め新たな時代に自分ができることを

じっくり考えてみたいです。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

仁淀川の久喜沈下橋




EOS6D Mark2 + EF35mmF2 IS

四国ツーリングといえば足摺岬、室戸岬、四万十川と沈下橋、自然豊かな景観が人気ですよね。この10月末に15年ぶりに四国を旅したのですが、以前は全く知らなかったのですが仁淀川がとても美しく、そこにひっそり佇む久喜沈下橋の造形には旅心打たれました。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

親子ツーリングと大銀杏




EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

今から数年前。娘が4歳くらいの時に「そろそろイケるか?」と思いR1200GSのリアシートに乗せてみた。

しかしR1200GSの巨体はライダーの体格を要求するのと同じように、タンデマーの身長も要求してきた。つまり絶望的なほどステップに届かなかったのだ。

こりゃあ親子ツーリングなんて相当先の話だな…。と諦めていたけれど、時の経過は早く、子供も成長はもっと早く、あっと言う間に大きくなって無事に親子ツーリングデビューを果たした。

この日は大好きな石窯ピザを食べたり、撮り鉄したり、海岸で貝拾いしたりして楽しんだが何より楽しかったのは「バイクに乗ったこと!」と言ってくれたのが嬉しかった。

誰かが言っていた。どんなに愛する人でもお別れの時はいつか必ずやってくる。その時に後悔しないよう【今一緒にいる瞬間が尊いもの】と忘れずに大切に過ごすこと。

この一枚はそんな風に子供と過ごした時を記録した「究極の記念写真」と言えそう。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

四国カルスト 姫鶴平キャンプ場からの天の川




ツーリング写真ギャラリー 【姫鶴平キャンプ場からの天の川】

天の川銀河はやはり美しい。

こうやって眺めていると神様のいる場所は

やっぱり宇宙なんだろうなと思う。

ところでゲッターズ飯田さんの五星三心占い、すごい人気ですね。

私は銀の鳳凰座なのですが2021年版はとっても当たっていました。

先日、近所のセブンで2022年版が並んでいたのですが、なぜか銀の鳳凰座だけ売り切れでした・・・

銀の鳳凰座って占い気にする人が多いのかな??




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

変わる!ツーリング写真【7つの撮り方】その2

ツーリング写真7つの撮り方シリーズ 続きでございます。

前回までの1から3は こちら 




4.前景を置いて奥行をだそう

バイク(+ライダー)とカメラの間にお花や木など何かの被写体を入れ前景をつくって魅せる手法です。これによって背景、被写体、前景と大まかに3レイヤー作れるので写真に奥行、遠近感が出てきます。

ちょっと聞きなれない方法だと感じるかもしれませんが、これは写真から平凡さを抜く方法として大変効果的です。写真ビギナーの方は被写体を横一列に並べるように撮ってしまう傾向があるため、前景を作りそれに寄って大胆に遠近感を作ることで印象的な写真になります。

こういった構図を作ることに成功したら、ピントを合わせる位置をマニュアルフォーカスで調整し、絞り値を変化させて前景のボケ具合を調整してみましょう。もちろん絞り込んで前景から背景まで全てにピントを合わせても悪くないと思います。

絞りを調整するとはこういった構図を作った後に行うことなのです。




5.時間帯を選んでみよう

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

平凡なツーリング写真の多くはお昼に撮った写真ばかり…は少々言い過ぎですが、風景写真は基本的に日中の太陽の高い時は向かないものです。昼間が綺麗に撮れるのでは?というのは間違いではありませんが考えを改めてみましょう。

風景写真の光源は言うまでもなく太陽であり、太陽は傾くことで被写体や風景が輝きなどの反応を示します。さらに空気中のチリや水分に反射、散乱、透過などの反応をすることで空気感や質感の表現ができるため、ドラマチックな写真を撮るには太陽が傾いた時間帯を狙うのがお勧めなのです。

逆光になると露出(写真の明るさ)が合いにくいという面がありますが、それは露出補正機能を使って納得のいく露出を得るまで試してみましょう。光と影のコントラストを意識するのがポイントです。

そうと分かればオイシイ写真タイムは朝早くか夕方であると分かりましたね。お昼は食事処、温泉、ワインディングを走るなどツーリング自体を楽しむ時間帯として割り切りましょう。

6、7は次回に続きます。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真 最初の一歩




四国カルスト

写真に関わる質問で多くいただくのが次のようなことです。

「見たままに写真にできないけどどうすれば良いのですか?」

シチュエーションによっては見たままに撮ることが簡単な場合もありますが、ここではいちど「見たままには撮れない、それが写真だ!」と、とりあえず覚えてしまいましょう。

そもそも写真は二次元の静止画であり現実の様子を何もかも伝えるのは難しいものです。二次元にされてしまうのですから奥行や立体感を出すには何かしらの工夫が必要ですし、静止画なのですからスピード感や瞬間も何かしらの工夫が必要とされます。

それから画面という限られた枠の範囲であったり、ダイナミックレンジという光の範囲であったり、あらゆる範囲に限りがあるものです。加えて音や香りや温度といったものはそもそも写真になりません。

このように表現できることに限りがあるからこそ写真は面白いものだ…ということを知るのが最初の一歩と言えるかもしれません。逆に言ってしまうと写らない部分をうまく利用してあげる!ということです。




では見た通りに撮るのを忘れてどうすれば良いのか?それは「写真になるときっとこうなるだろう」というイメージを作ることです。カメラを構える前に「こう撮りたい」という想像の写真を描くにあたり、これは写真にならない部分、これは写真になる部分、という選別ができるようになることです。

例えば上の作品の場合は望遠レンズを使用して道の風景を圧縮しましたが、カルスト地形特有の石灰岩の風景は潔く枠外へ排除しました。それと同時に空気中にある水分や塵といったものに光が散乱する様子が「かすみ」として強調されることをイメージの中で予め作っています。

カルストの石灰岩の風景は写真にしない、目では見えないけど空気中の塵に反射するかすみは写真にする、という選別を事前にした結果なのですね。四国カルスト特有の石灰岩の露出した風景は説明不足の写真になりましたが、四国カルストがどのような場所であるのかを説明する写真ではないのです。あくまで目指すのは心象風景としての作品です。

「きっとこう写るはずだ」という根拠となる知識や観察力を養っていくことがレベルアップの道なのです。

見た通りに撮りたい…はひとまず忘れて感じた通りに撮りたいと考えてみましょう。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

ツーリング写真ギャラリー【ツーリングの記憶風景】




EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

ツーリング先で出会う風景のひとつひとつを紡ぐように写真を撮る。

あの日あの時、写真を撮ったから記憶に焼かれたツーリングシーン。

千葉県勝浦市 守谷海水浴場




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

ツーリング写真ギャラリー【里山のローカル鉄道】




EOS6D Mark2 + EF135mmF2L

ガタンゴトン・・・里山に響く懐かしい音風景。

小湊鉄道 月崎駅付近




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真ギャラリー【旅のハイライトは夕陽のシーン】




EOS6D Mark2

ツーリングの終盤。黄金の夕景に出会えれば、それはまるで映画のエンドロールだ。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング