旅の最後の夜。北海道ツーリング2019 満天の星空とツーリング写真

9日間にわたるロングツーリングの最終日。

単なる疲労が原因なのか「北が吉、北東は凶」を無視して北東へ走ったのが原因か不明だけど、とにかく不調だったので夕食後にはビールも飲まずにテント内で眠りこけた。




22時くらいに隣のテントから「それじゃお休み」という声が聞こえて目が覚めた。う~む、トイレに行きたいが面倒だな。しかしまだ22時じゃ今いくしかない。

重い腰をあげてテントの外に出ると来止臥の夜空は満天の星でまるで銀河に居るようだった。

EOS6D Mark2 + EF14mmF2.8L

こりゃスゴいな。

お隣の焚火の炎が消えるのを待ってEOS6D Mark2に我が青春のEF14mmF2.8Lをセットして撮影の準備をはじめた。

~この美しい夜空はこの1枚を撮らなくてはきっといつか忘れてしまう~

見上げていると幾つもの流れ星がシューっと流れては消える。遠くには波の音、時おりパタパタと何かが羽ばたく音がするのみ。




30秒のシャッター、その30秒が自分の記憶回路にも焼かれていく感覚を覚えた。

やっぱり自分は写真を撮らないとダメなんだな…

心に焼き付けておく、そんな器用なことが出来ない人間だから

写真を愛しているのかもしれない。

明日の船で帰る… 帰るから旅なんだな。

帰ればこの旅で撮った写真達が待っている。

見せたい人もいる。

旅と写真はほんとうにいいな。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

作品の撮影地

日本の美しいキャンプ場 来止臥野営場

 

2019年GW北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 駆け抜ける

どうしてバイクで旅して、その様子を写真に撮って、人に見せているのだろうか??

そもそも写真を撮るという行為は「この様子を忘れずにとっておきたい」という単純な要求からくるものと感じます。

写真の歴史をたどれば絵画のための道具だったと言われます。記念、証拠、図鑑的なものなど事実を伝え記録するのに写真は役立ってきたわけです。




写真の歴史はどこかのポイントでただの記録から表現へと派生したのでしょうけど、記録でも表現でも使う道具はカメラなので現代でもその境界は混沌としています。

私が好きなのは旅の様子を忘れずにとっておけること、それを自分なりにアレンジして写真作品にできることです。実際の様子とは違うかもしれないけど、心象風景とか記憶風景と言われるように「あの時こうだった」という景色を自分なりの表現でとっておけることに幸福を覚えます。

ライダーがバイクを運転している時に見る景色ですら、ただの走行写真ではなくアレンジできるのが楽しいです。この写真では肉眼よりもはるかにワイドに見えるレンズを使用し、シャッター速度を遅くして風景を流しています。




車やバスで旅をするのも素晴らしいですが、バイクだと体が空間に露出しているせいか風景から感じたことがダイレクトに心に入ってきます。これがバイク旅の良さです。

どこかへ行きたい、というのは人間の本能的な欲望なのかもしれません。古来、人間の文化、文明は移動を繰り返して広く伝わったと言われます。つまり文明的なものは本能的に広く伝えたいというのがあり、それが現代でも「たまには旅行にでも行きたいなぁ」という旅欲として残っているのではないでしょうか。

しかし一般に言われる旅行やツアーでは誰かが行先や工程を決めてしまったものであり、それに便乗するだけでは人間が本能的に欲している旅欲を満たすことはできません。

お膳立てされたツアーは快適で贅沢かもしれませんが、自分が知っている素敵なことを世に広めたいという願望は叶わないのですね。お膳立てされたツアーに便乗するのと旅は全くの真逆の世界です。




そう考えると「広めたい」と「旅に出たい」が繋がります。そう…知っている事を広めたいから旅がしたいのです。ちょっと違うかな…いや、きっとそうです。

旅人の見る景色、ライダーがバイク旅で見ている世界。これを写真にする。そして伝えて広めていく。

よ~し、やるぞ。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

デザインを極めればツーリング写真が変わる<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は久しぶりに写真に関わる基本的なこととして、写真におけるデザイン要素のお話を<初級>ツーリング写真解説として書いてみたいと思います。

以前に似たような解説を何度かしましたが、おさらいの意味も含めて違ったアプローチで解説いたします。

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

まず「いい写真を撮るには?」というお話をサラっといってみます。いい写真…そう誰しもいい写真を撮りたいですよね。しかしいい写真を明確に定義するのは難しいです。美しい景色や珍しい被写体、可愛い子犬や美しい少女、カッコいいバイク、決定的な瞬間をとらえたスポーツシーンなどなど…まずは撮る対象である風景や被写体によって生まれたいい写真。

そして撮影者が構図や露出などを見事にコントロールして美しく整ったいい写真。あるいはシャッター速度を遅くして背景をぶらしスピード感を出したり、絶妙なホワイトバランスで夕空の色を表現するなど撮影手法で作品の意図を表現したもの。こういった撮影者の撮り方によるいい写真。

撮る対象は特別な絶景ではないし、日常にありふれた被写体である。構図や露出などの撮り方も特別な何かをした訳ではないけど、でも瞬間を捉えて作者が入魂したような熱い写真。




iphone7

何かのメッセージやストーリー性のある写真…。現実をドキュメンタリータッチで表現した写真…。抽象的な表現であるが芸術性の高い写真…。などなど、ほんと色々あります。

いい写真はコレといって明確な定義はなく撮る側とみる側の主観で決まるものですよね。

今回は写真をはじめたばかりのビギナーの皆さまが、3分割構図や比率などよく聞くけどどうも構図はうまく出来ない…というお悩みを解決させるために「まずは写真におけるデザイン要素を学んでみましょう」という事を解説致します。

最初に申し上げておきますが写真デザインを知ったことでいい写真が撮れるとは限りません。これは構図とか露出とかの撮り方も同じです。むしろこういった知識は学ぶほどに撮り方のルールと思い込んでしまい、個性的な写真を撮るための可能性が閉ざされてしまうリスクも潜んでいます。しかし撮り方に関わる基礎的な知識などは最重要ではないが重要なのは確かなのです。

例えば構図の基本と言われる三分割構図は絶対守るべきことではありません。しかし三分割構図が何なのかを理解していないと三分割構図を使わなくてよい時がどんな時なのか分からないものです。今回ご紹介するデザインもこれと同じです。

赤色はとりわけ色要素の中で存在感が強く上手に構成すれば印象作品を狙える

写真におけるデザイン要素とは主に・線(直線、曲線、S字線など)、・色(進出色、後退色、暖色、寒色、補色関係、反対色など)、・図形 ・立体感 ・質感 ・規則的なパターン ・シェイプフォルム などです。これらを知識として学び、いざ写真を撮るときに実践できるようになればレベルアップすること間違いなしです。

えぇ~なんだか難しそうだな。デザインとか美術とか苦手なんだよね…という方でもご安心下さい。決してアカデミックな話をするつもりはありません。例えばツーリング写真で道路にセンターラインがあれば、見る人はラインの先に視線が導かれるものです…とか桜の景色とカワサキのライムグリーンは補色関係といって抜群に相性がいいですよ、といった感じのお話です。




・線

デザイン要素における線は写真を見る人の視線を被写体などに誘導し楽しませる役割があります。ツーリング写真の場合、この作例のように道が登場する撮影シーンが多いので線や視線誘導の知識はとても役に立ちます。

写真を見た人の視線を泳がせない、確かな誘導線として作品の意図に導くよう画面という長方形の四角の中に線を理想的に配置します。

とりわけS字線は観賞者の視線を楽しませる効果が高く四隅から侵入させて確信犯的に構成してください。この写真ではセンターラインがオレンジであるのも色要素として効いています。

・色

現代のカラー写真の場合、色要素は無視できない重要なことです。それは鮮やかさ、カラフルであるのが良いという意味ではありません。色から受ける人の印象や組み合わせによる相性などの知識です。それを知って意識して撮るのと無知で写ってしまったでは大違いなのです。

赤、オレンジ、黄色などは暖色または進出色と呼ばれ、ぬくもりを感じさせたり画面内で見る側へ出てくる方向の視覚的な効果があります。一方で青、紺、水色などは寒色または後退色です。例えば望遠レンズで圧縮された画面は遠近感が失われますが、遠景の部分のホワイトバランスを僅かに青方向へ調整することで遠近感を補うことができます。

上の作例では日陰によって青っぽい空間の中に対照的な黄色、黄緑色の葉が規則的なパターンで落ちていることで印象を狙ったデザインとなっています。

・図形

図形要素は写真の観賞者に与える印象として視線を止める、安定させるなどの効果があります。線の要素と同様に観賞者の視線を泳がせない役割があります。例えば底辺が水平になる三角は抜群の安定感があります。上の作例のように円または球体は視線をそこに止めておく役割があります。

この写真の場合は漁に使う浮き(球体)がいくつも存在していることで視線を安定させて印象を与えるデザインになっています。赤色であるのも相まって相乗効果があると思います。




誘導線は画面の端から入れて最終的には被写体に接続させる

イラストを描くことや洋服をデザインするのと違って写真デザインとは既にそこにある物にデザイン的な要素を見つけて画面という長方形の中に構成することです。

そこにある風景や被写体からデザイン的な要素を見つけるのが最初です。色などは簡単に見つけることができますが、図形は意識して慣れていかないと気が付けないことがあります。

先ほども書きましたがツーリング写真として頻繁に登場する道は線の要素ですので直線や曲線を画面に理想的に配置できるよう意識してみましょう。色や図形は漁港などのシーンでユニークなものを発見しやすいです。

写真にとって構図や比率、今回ご紹介したデザインなどは言ってみれば写真の基礎工事のようなものです。重要ですが最重要ではない…。あくまで写真を見た人が最初に受ける印象ですので、構図やデザインを完璧にすることだけを追求しないよう気を付けて下さいね。大切なことはあなたが感動したことをあなたなりの方法で表現することです。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年GW北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー あの雲を追え

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、以前も同じようなことを書きましたが写真とは偶然の要素が多い芸術であるとつくづく感じます。

音楽や絵画など他の芸術と違って目の前の事実をカメラという機械でとらえる限り、作者が当初は意図しなかった事が偶然に写ってしまった。もちろん心霊写真とかではありませんよ。

脱線しますが心霊写真ってデジタルの時代では聞かないですよね。加工で簡単にソレっぽのが捏造できるので、信ぴょう性がなくて消滅したのか?幽霊自体がまだデジタルカメラに対応していないかのどちらかでしょうか。




写真における偶然は最初のうちはラッキーパンチを手に入れた!と喜んでしまいますが、キャリアを積んでいくと「ラッキーだった」では説明のつかない作品が生まれてしまう…この不思議さに気が付かされるものです。

それは直感として偶然が起きたときに受け入れる準備を作っておく、偶然の受け皿を備えているからです。例え撮影現場では意図していなくても上級者は偶然を受け入れるスペースをいつでも持っているものだと私は感じます。

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L IS




今回の北海道ツーリング写真ギャラリーでご紹介する作品もそんな偶然をキャッチした1枚です。

この撮影地では空にプカプカと存在する雲が程よい風で流されて地上に影を走らせていました。この場合、雲が空に流れていたことは偶然ですが、それを利用して道の前景となるカーブ部分を日陰にして写真に時間を与えた(流れゆく雲が時間を表現)のは偶然をモノにしたと言えます。

これによって普通に撮った道のツーリング写真と違い、ユニークさが加わった1枚と言えると思います。

偶然そうだった事実を受け入れる偶然の受け皿はやはりたくさんの写真を撮り、たくさんの被写体(私の場合はツーリング写真)を撮っていく上で少しづつ養っていく不思議な能力です。それは偶然を見つけて確信的に手法を選択する場合もあれば、帰宅してそう撮ったことに気が付くような小さな偶然まで様々あります。

また突然に虹が出たとか立派なニホンカモシカが現れたとか、奇跡と言いたい偶然も、日ごろいい写真に憧れを抱くあなたが呼び起こした偶然と思って下さい。思い込みでもイイです。これは後日改めて書いてみたいことですが、奇跡は自分が呼んだものと信じることは素敵なことなのです。




少々脱線しましたが今回はこの辺で!!

2019年GW北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 美瑛の名もない道

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、つい先日にとある本を読んで知ったことなのですが人の思考回路は問題を打破することや謎解きをしている時と、まったく無の状態から何かを思いつく「ひらめき」とでは全く回路が異なるそうですよ。

例えばお仕事で何か不測の事態が発生した時、顧客に迷惑をかけないよう策は無いか?何とか納期を守るにはどうしたら良いか?といった具合に考えますね。しかしこれらは言ってみれば原状回復が目的であり発生してしまったマイナス要因をゼロに戻すことです。

これとは違い無の状態からのひらめきはゼロからプラスにするものです。発明品やアイデアで生まれた製品などは多くの利益や利便を生み出しプラスをもたらします。

これを写真に当てはめて考えてみましょう。バイクを停めて景色の良い場所で記念撮影。しかしどう撮れば良いでしょうか?これを考えるときに「どう撮るのが正解なのか?」「うまい人や雑誌のカメラマンはどう撮るのだろう」といった発想は先ほどのマイナス要因をゼロに戻すことと同じです。




ここで言うゼロとは画一化された「上手い写真」のことです。これを目標に置いてしまうと個性もありませんし本来、自分が撮影現場で本当に良いなと感じたことを写真にできるのか疑問が残ります。

一方で謎解き思考ではなくひらめきで生まれた写真は画一化された上手い写真とは一線を画す、ユニークで印象的であなたらしい写真になるはずです。発表すると反応は賛否あるかもしれませんが、それでも自分らしい写真が撮れたことにあなた自身がきっと満足できるはずです。

ひらめきは頑張って考えても息張っても出るものではありません。リラックス状態で突如として生まれるもので、これをツーリング写真で手に入れるにはツーリングで心からリラックスし楽しんでいることが重要です。次はどこそこへ行ってその後は美味しいお店にいって温泉も行って…とせわしないツーリングではアイデアは生まれなでしょう。

RICOH GR APS-C




さて前置きが長かったですが2019年GW北海道ツーリングの写真ギャラリーでございます。こちらはコンデジのリコーGRで撮った写真です。メイン機のEOS6D Mark2と違ってGPSによるログ機能がないため、正確な撮影地が分からなくなってしまいましたが中富良野町あたりの広域農道で撮った写真だと思います。

少し露出アンダーですが自分の一人旅の精神状態がこのような寂しい露出を選んだのでしょうか?撮った本人ですら不明です。

通常、電線は風景写真などでは邪魔者であり画面の外に排除するか、そもそも電線の無い道を探してそこで撮影するかです。しかし逆転発想で「よし、電線も撮ろう」と決めてしまえば何とかなるもので、むしろ電線がいい仕事しているな、と思える構成すら可能なのですから面白いものです。

最近、こういったインスタ映えとかSNSウケは悪いと分かっている地味な写真にすっかりハマっています。年齢のせいか30年というバイクキャリアがそうしたのかは分かりません。でも確信犯的に地味な写真を生み出すのはとても愉快です。




しかし唯一不安なのは今後、個人的な写真家として生きていく上でこんな地味な写真で果たして活動していけるのだろうか?ツーリングの魅力を人々に伝えるにはコレでは弱くないだろうか?などと考えます。

といっても結局は自分の好きなように撮るしかないのですが。コレが報酬のないアマチュアの強みとも言えます。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年GW北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 美瑛新星エリアの場合

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、まだまだ続きます。2019年GW北海道ツーリングのツーリング写真ギャラリー、お付き合いくださいませ。




今回は美瑛の丘エリアより東側に位置する新星エリアで撮った1枚です。あまり観光地化されていませんが、拓真館のあるこの周辺は写真家 前田真三さんが愛した美瑛の景色であり素晴らしいの一言に尽きます。

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS




撮影ポイントは拓真館のすぐ南側にある道で撮影しました。左右の牧草地で色が違うのがユニークでこの場所を選びました。35mm広角レンズで空の表情を入れつつも、14mmのように思いっきり広げる訳でもない自然な感じを目指した1枚です。

こうして写真を通してGW北海道ツーリングの旅を振り返ってみると、従来のお盆の季節に比べて爽やかな晴天も多く、少し寒いくらいの気候が好きな私にとって最高の旅であったなと感じます。




写真は去年の宗谷丘陵の白い貝殻の道で撮った夕景写真ほど、これだという1枚は撮れませんでしたが、自分らしいバイク旅を表現した写真が撮れたかなと感じます。仕上げた写真の1枚1枚をギャラリーのように並べてみると、そこではじめてどんな旅であったかが見えてくる気がします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

これで解決☆縦構図と横構図の使い分け<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、北海道ツーリングに関わる投稿が続きましたので、今回は真面目にツーリング写真解説をしてみたいと思います。久しぶりの<初級>ツーリング解説でございます。

皆さまは普段写真を撮られるときに横構図とカメラを90度傾けて撮る縦構図のどちらが多いですか?縦構図…たまに撮るよ、いや横構図でしか撮ったことないや。という方はおられませんか?

多くのカメラの画面は長方形のフォーマットであり普通に構えた向きでのデフォルトは横構図になりますよね。あれって何故でしょうね?諸説ありますが昔、大正時代あたりにライカかAGFA???が映画に使われていた35㎜ネガをカットしてスプールに巻き写真機用のフィルムにしたと言われます。映画は横長ですからそれを切って使っただけなら当然ですが横構図になりますよね。

それにカメラがもし縦構図がデフォルトだったらフィルムのパトローネが約1.5倍高さがあって、カメラはファインダーを設けるスペースがかなり苦しくなります。デジタルが主流の現在でしたら縦構図がデフォルトのカメラを作ろうと思えば作れると思いますが。




スマホの場合は電話機能としては縦がデフォルトなのでカメラほど横構図に縛られませんが、それでもカメラのデフォルトが横構図なので多くの人は横を基準に考えてしまい勝ちなのは確かだと感じます。

今回は横構図に縛られていると損ですよ、というお話とどのような場合に横構図、縦構図と使い分けるかについて、ツーリング写真の場合で解説いたします。

と言っても簡単に言ってしまえば横長な被写体は横構図、縦長な被写体であれば縦構図で良いのですがツーリング写真の場合は風景が主体となりますので、目に見える情景の中から要素を見出して、縦がいいのか横がいいのかを考えてみましょう。

上の写真の例では横構図にすることで左右に広がる雄大な農地、遠景にある十勝岳連峰の様子を表現することができました。しかしこの構成だと綺麗な景色の場所である事実は伝わりますが、道、畑、山脈のそれぞれの存在感に明確な差がなく主題がボヤけた写真といえます。

このようなシーンの場合は思い切って道を主役に仕立て上げて、農地や遠景の山脈は良き脇役に徹してもらう程度に存在感を調整してあげましょう。道を主役にすると決めたら、この場合は長く続く直線路が登りになっている訳ですから重要な被写体は縦長になる訳です。望遠レンズで長い道を圧縮させて縦長の画面内に理想的に配置してみましょう。




これは富士山のように美しい裾をもつ羊蹄山ですが、このように重要な被写体の特徴が横長に存在しているのであれば横構図。この時に重要なのはシンメトリーで美しい裾を横長の画面内に理想的に配置させることです。

EOS6D Mark2 + EF14mmF2.8LⅡ

全く同じシーンでもこちらは空を主役に構成した写真です。羊蹄山は重要ではありますが名脇役として構成しましたので、先ほどのシンメトリーな裾…を画面内で理想的に構成する必要はありません。それより澄んだ青空の中に輝く太陽、それを見上げるライダーの様子でストーリー性を作ったので「空を見上げる = 高さ」なので縦構図という事です。




一般的には人物を撮る場合は縦構図で風景を撮るときは横構図などといった解説を散見しますが、こういった情報を見かけた時は要注意です。それを書いた人は「一般的には」とか「多くの場合で」といった注釈を付けているはずですが、見た側の印象としては「人物は縦構図で風景は横構図で撮るべきだ」と決めて記憶してしまい、それに縛られて風景では縦構図では撮れない人になってしまいます。

そしてあまり知られていませんが人間の視野範囲として有効な画角はおよそ50度の横構図であり、その中でよく見えている部分は中央の特定の部分でそれは縦長なのだそうです。素晴らしい絶景だ、なんと美しい人、カワイイ犬だな、キレイなお花…といった具合に目から脳へ電気的な信号として送られ感受性が反応を示したとき、それは縦構図なのです。

適切な例えではないかもしれませんがファインダー視野率に例えると横構図よりも縦構図の方が人間の心にうったえる視野率が100%に近いと言えるかもしれません。

コンテストに参加したい人は縦構図が嫌われるコンテストもごく一部にあることを覚えておきましょう。それは写真に関わる企業や団体が主催しているのであれば問題ありませんが、お店や写真と関係ない企業(バイク用品店とか)が主催している場合です。これらは入選作品を展示するスペースを予め決めてあり、それを横構図の写真だけを並べる計画で主催しているコンテストがあるのです。応募要項に「横構図で応募」なんて書いていない割には気持ち悪い程に入選作品が横構図だけになるのです。

バイクも横から見れば横長ですし、多くの風景は横構図がしっくりくるのは確かです。しかし全く縦構図を試さないというのはあまりに勿体ないと感じます。今回の解説を読んでもどういった時に縦構図を使うのか自信がないなぁという方へ、お勧めの手法があります。

それは横構図で一通り撮り終わった後に試しに縦も撮って帰る。コレです!帰宅してその日に撮った写真を見返してみると現場では分からなかったことが見えてきます。「あっなるほど、この場合は縦構図の方が確かにいいな」と見えてくるはずですよ。

ぜひ次回のツーリングで試して下さいね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年GW北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、これからの令和の時代、どんな時代になると予測しますか?また皆さまは令和の時代をどのように生きていきたいと感じられますか?




時代はモノからコトに変化していくことを考えると、いつまでもバイクやカメラもモノとしての数値的なスペックで判断している訳にもいきませんね。

例えば車のCMは昭和の時代はツインカムエンジンにターボチャージャー搭載で150馬力!といった具合に数値で判断できるスペックを打ち出し、消費者もそれに憧れを抱き欲していました。家電にしろカメラにしろこれは同じで戦後は物資が圧倒的に不足し、人々は貧しい生活をしながら便利なモノ、高性能なモノ、壊れないモノを欲していたのです。

しかし技術の進化、経済の成長とともにモノは大衆に行きわたり、人々の心がモノで満たされる時代は終末を迎えました。

いま車のCMを見ていると流行のSUV車で〇〇に乗って山へ行こう、とか若いお父さんが子供と一緒に星を見に行くとか車のスペックを宣伝したものではなく、それを買ったことで週末がどのように充実するか「コトの変化」を伝えているものが増えましたね。

しかしカメラはどうでしょう?依然として画素数や高速連写、優れた光学系による高い描写性能…といった具合にスペックを伝えるものばかりです。確かにカメラも車と同様に数十年で飛躍的に技術が進歩しました。特にデジタルカメラの登場後は劇的に進化を遂げ、それは現在も進行形です。しかしスペックで見える進化にはもうユーザーはさほど驚きませんし、そもそもモノに対する関心が薄れている人が増えはじめたのかとも感じます。

その証拠として「写真を撮る」という一般的な需要の大半は「携帯できる電話機」に奪われてしまい、カメラメーカーは経営状況が明るくはないという、20年前の人々が誰も予想できなかったであろう現在がここにあります。

もし消費者の多くが昔のように「高性能なカメラを手に入れたい」とモノに夢を抱いていれば今でもちゃんとしたカメラを皆ボーナスで買っているはずです。とにかく高性能で良いモノが欲しいと思っている消費者は現在でもいない訳ではありませんが、それはメーカーが想定している以上に少数派となってしまったのではないでしょうか。




もちろん全ての人がという訳ではありませんが、少なくとも昭和の時代から比較するとカメラが欲しい、車が欲しいといった具合にモノを欲する人は若い世代を中心に減っているように感じます。

令和という新しい時代。モノからコトの時代へ。バイクが…カメラが…ではなくツーリング写真という新たなムーブメントの立ち上げに私は貢献していきたいとここに宣言いたします。

さて前置きが長ったですが2019年GW 北海道ツーリングの写真ギャラリーでございます。

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8LIS

割と旅の前半で撮った写真ですが道道291号 吹上上富良野線です。望遠ズームレンズ EF70-200mmF2.8L ISで撮った望遠の画角の写真ですが、私はこの時、あまりデザインだの構図だのを駆使せず「なるべくシンプルにこの風景を伝えたい」と思って撮ってみました。




撮り方やデザイン、自分の持てる知識などを駆使して傑作を狙った写真と違い、なるべくニュートラルに撮ることによって見る側へ臨場感やリアルさ、あるいは懐かしさや親近感を与えるような…そんな写真を目指してみました。

仕上げも少しだけネガフィルムっぽくしたので、青春時代に旅をした思い出の1枚にも見えなくはないと思います…がどうでしょう?

「ツーリングのワンシーンを切り取る」というテーマを追い続けて写真活動をしていますが道の写真や風景主体のバイク写真ばかりではどうしてもワンパターン化してしまいます。

この写真は色んな意味でシンプルな1枚を目指してみました。インスタ映えこそしませんが時代の流れに影響されない不変的な写真とでも言いましょうか。とにかくいつもとは違った写真に挑戦した1枚でした。

今回はこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2019年GW北海道ツーリング写真ギャラリー セブンスターの木

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、以前に写真はまず撮影者が景色や被写体に感動することが最初です、という解説をしました。しかし感受性が何らかの原因で低下してしまうと、その事を知っていても感動しないまま撮影を開始している場合があります。

これは感受性が豊かであるかというハート面の問題とは別に、疲労やストレスが起因する健康上の問題もあるそうです。仕事詰めで疲れ果てていたりパワハラや職場内の同調圧力で精神的なストレスを感じていると神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンのバランスが崩れてしまうそうです。




そうなると意欲の低下、感受性の低下が顕著になり5月病や悪化すると鬱病などの深刻な症状に発展するそうです。なんだか疲れていて休日にバイクに乗って出かけようという気力がない…という方は要注意ですよ。早めに休養をとって心身ともに健康な状態を維持していきましょう。

EOS6D Mark2 + EF14mmF2.8L F2.8 25SEC ISO800

さて2019年GWの北海道ツーリング写真ギャラリーでございます。この作品は美瑛の定番観光スポットであるセブンスターの木です。もはや説明不要な有名スポットではありますが、念のため書いておきますと昭和51年に観光タバコとしてセブンスターのパッケージ写真に採用したことから人気のスポットになりました。




撮影は5月ですが夏になれば葉もたくさん付けてボリュームあるカシワ独特のシルエットになります。

前回ご紹介したケンとメリーの木も同じですが、こういった有名スポットは観光客で混雑する時間帯を避けて早朝や夜に訪れてみましょう。

この時は満天の星空を背景に撮れるのかな?と期待してR1200GSアドベンチャーをキャンプ場から走らせましたが、実際に行ってみると美瑛市街地の街明かりが想像以上に明るく、加えて畑では何故か何台ものトラクターがヘッドライトを点灯させて農作業中でした。

こういった想定外がおきたとき、ガッカリするか受け入れるかが分かれ道です。空が明るいなら明るいでソレも背景に取り入れてしっかり構成してみましょう。この場合、バイク+ライダーとセブンスターの木のちょうど背景になる部分に、街明かりを重ね合わせるようカメラ位置を調整してみました。

夜間の撮影の場合、撮ってみないと分からないことが多いので最初は無理に長時間シャッターを開けず、プレビューという意味でISO10000くらいまで上げてノイジーでもいいので試し撮りをしてみましょう。

星空や夜景撮影時のちょっとしたノウハウでした。




冒頭の話の続きではありませんが、どうも令和の時代になっても古い時代の風潮を引きずってしまう人が多いようです。ストレス発散で休日に〇〇に行く、〇〇をするという人は多いですよね。平日にガスをためて休日に抜くという繰り返しはガス抜きさえしない人に比べれば良いのかもしれませんが少々時代遅れではないでしょうか?

高度経済成長期を支えた日本人の勤勉さと同調する精神は素晴らしいですが、物質的な豊かさを求めたり国の経済成長を目指して頑張った時代は昭和で終わり、それが終止した後にどうしたら良いか迷走した平成も終わり、いま令和は人の生き方や多様性が求められています。

健康に害が出るほど無理を押して働くことは正しいことでしょうか?それより毎日を充実して生きていくにはどうしたら良いか?それを考えてみるのも必要な時代になったと感じます。その為のヒントがバイクツーリングや写真といった私の大好きなコトに隠されていると感じるので私はこのブログを運営し続けます。

今回はこの辺で!

撮影時には農地に立ち入らないようマナーを守って下さい。観光客の増大とともに丘エリアではマナー問題が深刻化しているそうで哲学の木は切られてしまうという悲しい運命に…。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

スマホではダメですか?の私の答え iphone xsの深度コントロールから考える

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ここ最近北海道ツーリングに関わる投稿やギャラリーが続きましたので、今回は久しぶりに写真に関わることを少しだけ書いてみたいと思います。

私は今回の9日間にわたるGW北海道ツーリングの間に平成が終わり令和の時代が始まったわけですが、考えてもみると私は今年でバイクキャリア30年、写真キャリ15年を迎えます。平成という時代に今の私が形成され令和はそれを世界に発信すべく活躍できる時代にしたいな…とそんな風に思っております。

さて、つい先日ですがある方から写真に関わる事でこんな質問をいただきました。「iphone xsは一眼レフみたいなボケ味も出てすごく綺麗に撮れるけど、それでもちゃんとしたカメラは必要なの?」

以前に何度も同じような質問はいただいたことがあるのですが、iphone XSのカメラ機能が高性能であると話題なので改めてこのような疑問を多くの方が抱くようになったと感じます。

そもそも従来からあったiphone xは光学2倍ズームに広角側F1.8、さらに光学手ブレ補正までついてもはやスマホカメラの常識を覆す驚異的とも言えるカメラ機能へ進化しました。それに加えiphone xsは被写界深度をコントロールできるポートレートモードがあるのですから、少なくとも素人目には一眼レフで撮影したような「背景が美しくボケた素敵な写真がスマホで撮れるようになった」と感じる訳です。




そうなってくるとスマホではないコンデジ、一眼レフ、ミラーレス一眼などのリアルなカメラの存在価値が問われてきます。現実問題として商業的な観点ではスマホカメラ機能の進化の影響でカメラメーカーの経営状況は暗雲立ち込める状況であるとメディアが伝えています。

ではスマホがここまで進化した昨今でカメラはもう不要なのでしょうか???

応えはNOです。少なくとも私の考えでは写真が本当に好きな人にとってまだまだカメラは必要ですし、スマホだけで全ての写真家を満足させることは不可能だと思います。

いまiphone xsのような進化したスマホのカメラ機能とは、あくまで一般的な「写真を撮る」ニーズに対応したもので個人的な写真家が求める機能は満たしていません。ただ市場は一般が圧倒的な数を占めていて個人的な写真家は極めて少数ですので、一見すると時代はもうスマホだ、に見えてしまうものです。

ここで言う個人的な写真家とは本当に写真を愛している人、写真をライフワークに生きている人、追い続けているテーマを持っている人…などを意味します。これらの個人的な写真家はカメラ市場のパイに対して数的に圧倒的に少数だと予想します。

具体的な例でお話してみましょう。例えば手にお花を持った少女の写真を撮るとします。一般カメラユーザーはその事実を題材に「いい写真が撮りたい」という欲望を満たすため、または記念として撮ります。一方、個人的な写真家の場合は事実をより掘り下げて個人的な表現手法を模索し作品化します。例えば少女と花を関連付けてストーリー性を出したり、デザインや露出などを駆使して印象を狙ったりします。

意図や表現は元になるイメージがあって具体性が出てきますが、例えば少女の瞳と花の蕊の両方にピントを合わせてみよう、その為にはこの場合は最低でもF11だな…ならば瞳と蕊の中心にピントピークをもってこよう、といった具合に具体的な手法を自らの技術の中から選択します。

これが一般カメラユーザーだと元になるイメージすら作れないため仮に一眼レフを手にしていても絞りを解放にして背景をボカすといったワンパターンな写真を撮って満足して終わりです。こういった方の場合は一眼レフではなく一眼レフのようなボケ味が表現できるiphone XSの深度コントロール機能で事足りてしまうという事です。

このように写真家の「こんな時なこう表現しよう」といったバリエーション豊かな表現手法にダイレクトに応えてくれるのはやはり一眼レフです。ここで解説している事の意味が「マニアック過ぎてよく分からんなぁ、キレイに撮れればそれで良いと思うんだが…」という方はiphone XSを買えば撮りたい写真の大半は事足りると思います。(少々嫌味な表現ですがお許しください)




「キレイに撮れればいい」というのもカメラ業界が作り出したプロパガンダのようなものです。これに縛られている人は未だに多いと感じます。もちろんキレイに撮ることはとても大切なことですが、それがいい写真を実現するための最重要なことではありません。あくまで「キレイに撮る」はビギナーの方にとっての通過点に過ぎないのです。

しかし数十年前の写真の世界ではまずキレイに撮ること自体がハードルが高く、キレイに撮ることが出来ればプロ級といった時代があったものです。そのため多くの方が「キレイに撮ること」を目標にしてしまい、写真にとってもっと大切なことに盲目になってしまったと感じます。

そんな時代を知らない若い世代の人であればキレイに撮れるカメラ、スマホしか知らないので純粋の写真表現の魅力と向き合えるのかもしれません。

企業とは市場が求めているものに計算高く商売をするものです。iphone に限った話ではありませんが市場が求めているもの、従来は困っていたことに応えて製品の価値を高めていきます。写真はキレイに撮ることが正義だ、目でみた通りに写せる、といった思い込みのニーズにも理不尽など無視して利益優先で業を企てていきます。

しかし必ずしもスマホではダメとか絶対に一眼レフが必要だとか言い切ることはできません。スマホにはスマホの良さがあり、一眼レフでは撮れないであろうスマホ写真というのは確かにあります。

例えばいつでも持ち歩いているのでシャッターチャンスを逃さないこと、人に向けても表情が硬くならないこと、狭いスペースに入れて特異なアングルを狙えるなど、アイデアを凝らせばスマホの良さはもっとたくさんあります。

大切なことは自分が今「どんな写真が撮りたいか」です。とにかく凄いとか上手な写真という事ではなく具体性のある写真への個人的な欲求です。

そのためにはまずカメラやスマホに関心を持つのではなく写真を好きになることです。こんな写真を撮ってみたいな、という憧れや写真で誰かに喜んでもらえたら素敵だな、といった具合に関心の対象を写真にすることです。




「写真を愛する一人の人間」という純粋さを養えば分からなかったこと、見えなかった光や影、出来なかった技術、あらゆることに自然と理解を深めていくことができます。これがカメラやレンズ、または最新のスマホなどばかりに興味がいってしまうと自分が一般カメラユーザーのままで良いのか、個人的に写真を愛する人になりたいのかさえ見えなくなってきます。

写真が好きになることの第一歩は被写体への関心です。私の場合はオートバイで旅をすること、バイクツーリングの世界です。このテーマを追い続ける以上は何よりツーリングを愛し、そしてツーリング経験豊かな詳しい人間であることが重要だと思います。

これが令和元年5月現在、バイクキャリア30年、写真キャリア15年の私の行きついた考えです。また何年かするとより理解を深めて変化しているかもしれません。

もし皆さまが誰かに「写真はもうスマホで十分なの?」と聞かれたら「あなたが一般カメラユーザーの枠内であれば十分ですよ」と答えてください。「一眼レフカメラがいいの?」と聞かれたら「写真がお好きでしたら一眼レフカメラがいいですよ」と答えてください。

最後に誤解のないよう加筆しておきますがスマホでも素晴らしい写真作品は撮れますし私自身もスマホで撮ることが好きです。またスマホで撮る写真活動に拘っておられる方々も素晴らしいと思います。ここではスマホはダメという事を書いた訳ではございません。

では今回はこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング