ツーリング写真<初級>小学1年生でも分かる露出解説2

究極のツーリング写真 touring-photography.com を見ている良い子のみんな!宿題やったか?

じゃ出欠をとるぞ!1番 ニールマッケンジー 「はい!」 2番 フランコウンチーニ 「はい!」 3番 コークバリントン 「はい!」 4番 ランディマモラ 「はい!」 こらこらマモラ君、椅子にちゃんと座りなさい、片足がステップから離れているぞ。ったく。5番 新沼賢治 「はい!」ってこらニールじゃねぇ!間違えんなよ。

今日は昨日の続き、小学1年生でも分かる露出解説の続きだよ!

きのうの授業を休んじゃった子は先にここを見てね。

きのうの授業で露出狂のオジさんの話…じゃなかった!露出とは絞り羽君とシャッター速度君で決まるんだ、という話は分かったかな?絞り羽君は写真に奥行きを作って、そのボケ具合を君が調整すること、シャッター速度君は写真にスピード感を出したり、瞬間を写したり写真に時間を与えることなのは分かったよね。

今日はカメラの感度のお話と、カメラのコンピューターが決めてくれた露出のお話だ。




それじゃ、まずは感度のお話からいってみよう。

感度はその言葉のまんま。ちょっと叩いただけで大泣きする子いるよね?本当に痛かったのか泣き虫なのか、どっちか分からんけど前者だった場合はきっと敏感ちゃんなのだろう。むかし先生のお友達で頭にマイナスドライバーが刺さったまま、気が付かないでバイクのタイヤ交換してたヤツがいたけど、そいつはたぶん鈍感ちゃんだ。

カメラの中にある真っ暗な箱、そこにあるCMOSやCCDといったイメージセンサーは暗い場所で撮りたい時に敏感ちゃんにできるんだ。

この写真を見て!真夜中の道路で撮った写真だ。当然、真っ暗でおばけが出そうなんだけど、シャッター速度ちゃんは何と15秒。お風呂の中に顔を付けて15秒、がまんできる??絞り羽ちゃんはこのレンズの開放(つまり一番でかい穴ポコ)F2.8だよ。真っ暗で写真をちゃんと撮るんだからね、これくらいしないと光が足りないんだ。

敏感ちゃんを調整できる感度ってのはISOの付く数字で決めるんだ。普通はISO100。例えば夕方とか少し暗くなったらISO400、お部屋の中でお友達のお誕生日会とかの写真ならISO800とか、そういった具合に暗いほどISO感度の数値をあげて敏感ちゃんにしてやるんだ。

開放でも暗いならシャッター速度ちゃんをゆっくりにすれば?いやいや、動いているものがあったり三脚を持っていなかったりしたら、シャッター速度ちゃん遅くできないでしょ?そんな時にISO感度ちゃんをあげてやるんだよ。

ちなみにこの写真の場合はISO2000だ!

「すげぇ~じゃいつもISO2000で撮ればいいんじゃね?」コラコラ、マモラ君そうではないぞ!ISOはやたら上げてしまうとノイズが出てしまい、ザラザラしたような汚い写真になってしまう。だから普段はなるべく100とか低くしておいて、仕方ないときだけ上げるんだ。分かったな?

次はカメラが決めた露出のお話だ

カメラっていうのはコンピューターが入っていて、評価測光機能というすごく便利なモノがあるんだ。簡単に言ってしまうと、その場所で一番ちょうどいい露出を勝手に計算してくれるんだ。例えば絞り優先モードで君が「よしここはF5.6で撮るぞ」と決めたら、あとの露出(つまり最終的な写真の明るさ)はシャッター速度で決めることになるよね?ではF5.6に対して、その撮影現場での適切な明るさとはシャッター速度でいくつなんだろう???1/125秒?1/100秒?1/80秒?

これを決めてくれるのが評価測光だ。逆にシャッター速度優先モードの時も同じでその時は評価測光で適切な絞り値を決めてくれる。

が…しかしだ!

いくら優秀なコンピューターでも信用してはいけない。君が期待していた通りに露出が決まるのは昼間の単純な景色のときくらいだ。この評価測光野郎はちょくちょくミスってくれやがるんだ。例えば黒色のものは暗いと判断し明るくしやがる、逆に白色のものは明るいと判断し暗くしやがる。評価測光を正確にやらせるために、測り方を全体の平均にしたり、中央を重点に測ったりと色々あるが、基本的に評価測光は100%ではないんだ。

そもそも、君が被写体の魅力に心を打たれ、わざと暗めに撮りたいとか、あるいは明るく撮りたいとなったとき、コンピューターなんぞに君の気持ちや夢なんぞ分かるわけもない!そうだろう?マモラ?




この写真を見てくれ。暗いだろう?暗く撮ったんだ。その方がこの場所の写真として似合っていると思ったし、この写真を見てくれる誰かに、こんなムードで伝えたかったんだ。でもそんなことどうせカメラのコンピューターには分からないから、評価測光は使わなかったよ。絞りもシャッター速度もISO感度もぜんぶ自分で決めた。これがマニュアルモードだ。みんなも上級生になったらやってみてね。

 

次にこの写真を見て。ちょっと明るすぎじゃないかって思うでしょ?でもいいの、こうゆう風に撮りたかったんだ。お花がいっぱい咲いて夢の世界みたいじゃん。この時は絞り優先モードで撮った、つまりカメラに評価測光してもらったよ。でも案の定、期待していたイメージから大外れだったよ。そんなとき大抵のカメラには露出補正といって+-と目盛のあるとこが付いている。みんな、自分のカメラを確認してみて。この露出補正でこの時は+1.0 つまりもっと明るくしやがれバカヤロウと補正してやったんだ。なあマモラよ。

みんな、これから写真の勉強をしていくと「適正露出」なんて言葉を聞くときがくる。でもそんなのはク○くらえだ。適正露出とは商品のカタログの写真や免許証に使う証明写真に使うような言葉だ。

その露出が正しいかどうかは、いつだってみんなの心の中だ。その心の中の露出計を正確に保つには、どんな作品にするか、どんな風に伝えたいかを明確にすることなんだ。難しそうだろう?そう、実はここが一番難しいところなんだ。

順番がおかしいだろう??どんな作品にしたいか、どんな風に伝えるかなんて上級者の話だ。それに絞りの時に話した近くの物を構図に入れて奥行きを出そう、なんて話も1年生にはできっこない。

それなのに多くの写真学校や教科書には、絞りだの露出だのが最初に教わることとして書かれている。順番が変なんだよね。

まずは被写体を見つける目やその魅力を探る目、そしてよく動く足を身につけて構図を作れるようにしようね。それができてから露出を学べばいいんだ。マモラなら分かるよな?

じゃ、今日の授業はおしまい。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真<初級>小学1年生のための露出解説1

究極のツーリング写真 touring-photography.com を見ている良い子のみんな!いよいよ4月から1年生だね。

1年生になったらオートバイ遠足やオートバイピクニックがあって、写真を撮ることが多くなるよ!カメラのことは学校の先生も教えてくれるけど、きっと難しく感じるから今日は究極のツーリング写真で先にお勉強しちゃおう~。

カメラは電源を入れてシャッターを押せば、誰でも簡単に写真が撮れちゃうけど、芸術的なすごい写真っていうのはそう簡単にはいかない。まずはみんなが最初に難しいと感じる露出のお話だよ。

みんなが目でみている現実の風景は言ってみれば3次元の動画だね。でも写真にしちゃうと2次元の静止画だ。つまり奥行きと時間が失われてしまうのが写真だ。当たり前のようで誰も気にもしていない部分だね。この失われた奥行きと時間を取り戻してあげるのが良い写真を作る1つの方法なんだね。もちろん他にも大事なことはいっぱい有るけど!

露出というのは難しい言葉に聞こえるけど、夜に公園でコート1枚だけ着ている狂ったオジさんの「露出」と意味は同じだよ。なぜならカメラの中は真っ暗な箱になっていて、その中にあるCMOSやCCDといったセンサー、昔のカメラならフィルムに外の光をどれだけ露出させたかってことなんだ。狂ったオジさんは露出させた瞬間におまわりさんに捕まるけどね。





つまり露出ってのは簡単に言ってしまえば写真の明るさだよね。でも写真を撮る場所は明るいところもあれば夜みたいに暗いところもあって色々だ。明るいとこならチョビット露出すれば十分に明るい写真になるよ。でも暗いところはいっぱい露出させてあげないと真っ黒な写真になっちゃうんだ。

カメラの中は真っ暗な箱になっているけど、外の光を入れる場所があるんだ。まずはレンズ、このガラスの丸い玉から外の光が入ってくるんだ。レンズの中には絞り羽といって、中央に穴ポコがあいてるよ。この穴ポコの大きさは君の好きな大きさに調整できるんだよ。

そしてレンズと真っ暗な箱の間にはシャッターがあるんだ。お店屋さんや車庫のシャッターと同じで開いたり閉ったりするんだ。

カメラのシャッターボタンを押すと「カシャ」って音がするよね。あれはシャッターが開いて閉まったときの音。外の光をレンズを通してカメラの中に取り込んだ音ね。シャッターが開いている時間も君が好きなように調整できるよ!

僕たちが目でみている全ての物は光が元になっているんだ。カメラで撮る写真も同じで光を取り入れて写真にするんだよ。

真っ暗なカメラの中にどれだけ外の光を入れてあげるかが露出なのは分かったよね?そして光を取り入れる役割をしているシャッター君と絞り羽君、この2つは大事なので覚えよう!シャッター君を開けている時間も、絞り羽くんの穴ポコの大きさも、君が好きなように調整することができるし、どちらか片方だけをカメラのコンピューターに任せることもできるよ。

でもシャッター君と絞り羽君の両方をカメラのコンピューターに任せるのはやめようね。最初は絞り羽君を君が調整して、シャッター君の開いている時間をカメラにお任せする方法がお勧めだよ。絞り優先モードっていうんだ!覚えてね。

次にシャッター君と絞り羽君のそれぞれの役割を教えてあげるね。

まずはシャッター君だ。シャッター君は開いている時間が長ければ、たくさんの光を入れることができる。一瞬しか開いてなければ少しの光だ。夜に公園にいるコートのオジさんならコートを「バッ」と左右に開いていた時間だね。

シャッター君は最初にお話した2次元の静止画である写真が失ってしまった「時間」を取り戻すことができるんだ。

この写真を見てごらん。電車がぶれてスピード感がある、つまり写真に時間を与えたんだね。ちなみにシャッターが開いていた時間は1/30秒で、これはけっこう長い間シャッターが開いていたことなんだ。シャッター速度と言うので覚えてね。遅いシャッターで撮る時はカメラを持っている手が動いてしまうと、手ぶれといって良い写真にならない。そんな時は三脚を使おうね。

もちろん、この写真とは逆にシャッター速度を早くして「瞬間を表現する」ことも出来るよ!シャッター速度を選ぶことは写真に時間を与えること、カメラの撮影モードでシャッター速度優先モードというのがあるから、これを使うんだ。シャッター速度覚えてね。




次に絞り羽君のお話だよ!絞り羽君は穴ポコを大きくすれば、たくさんの光を入れることができる、小さくすれば光はチョビットだ。だから星空の写真を撮る時なんかは暗いから目いっぱい穴ポコを大きくしようね。これを絞り開放と言うんだ。

絞り羽君は穴ポコの大きさを小さくすると近い所から遠い所まで、ピントが合う範囲が広いんだ。逆に穴ポコを大きくするとピントが合うところは狭い、他の部分はぼやけるんだね。これを被写界深度って言うんだ。テストに出るかもよ!

算数のお勉強をする前でちょっと難しいけど絞り羽君の穴ポコの大きさはF値とも言うんだ。F値はカメラやレンズの種類によって色々だけど数値が小さいほど穴ポコは大きく光はたくさん、数値が大きいほど穴ポコは小さく光はちょびっとだよ。ちなみにヒトの目はF1.0だよ。

この写真を見て。手前に松の木があるでしょ?この写真ではいかにも日本の海の風景という感じにしたかったんだ。だから松がちゃんと見えるのが大事だったので、あまりボヤけないよう絞り羽の穴ポコを小さく、F10にしてみたんだよ。こうやって構図の中に近いものを入れて奥行きをつくるんだ。そんな時にボケ具合を調整するのが絞り羽君だ。

この時、気をつけなきゃいけないのは松をボカし過ぎない為に穴ポコを小さくしたのは良いけど、それだと光がちょっとしか入ってこない。足りない光はシャッター君に頑張ってもらうんだけど、たくさん光を入れるために遅いシャッターになるから、ブレちゃうのに気をつけようね。

この写真の時も、ほんとうはもっと絞ってF22とかにしたかったけど、お空にトビが飛んでいるでしょ?そんなに絞るとシャッター速度君が遅くなっちゃって、飛んでいるトビがぶれちゃうんだ。だから中間をとってF10にしたんだ。

絞りは写真が失ってしまった奥行きを取り戻すのに、近くのものを構図に入れてあげて、それのボケ具合を君の好きなように調整するんだ。だから構図を練習してから挑戦することだからね。

絞り羽君を君が自由に変えられるのはカメラのモードでは絞り優先モードだ。最初にこれがみんなにオススメだよ!と言ったのはツーリング写真を撮るなら、まずは構図をうまくなってボケ具合を調整できるようになろうねって意味なんだ。

今日はもう給食の時間になっちゃったから、続きは明日の授業ね!給食当番のみんなはカッポウ着に着替えて給食室にいってね~

あしたの授業はこちら





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

バイクのある風景 ツーリング写真 10の撮影方法プラス3 10+3

バイクのある風景 ツーリング写真10の撮影方法プラス3

って、え~!まだ続きがあったのかよ!?最初から13の撮影方法って書けよな。なんて突っ込ないでくださいね。乾電池だって12本パックプラス2本とかで売っていると得した気分じゃないですか。

前回の1~5それに6~10の内容は、かなり一般的に書いたつもりです。今回の11~13のプラス3は究極のツーリング写真ならではの観点で書いてみます。だって普通じゃつまんないでしょ?

11.ユニークさと個性を大切に

私が考える良いツーリング写真とは芸術作品です。どんなに上手でも、どんなに画質が良くても画一化されたルールで撮影し、高性能なカメラをオペレーションしただけの写真は芸術作品ではないです。芸術とは個性を打ち出した作品であり発表すれば賛否あって当然です。

なのでSNSで「いいね」をたくさんもらおう、なんて万人向けに考えるほど、芸術とは程遠い写真になっていきます。では個性的な写真を撮るとはどんなことでしょう?

撮影シーンでは頭を柔らかくし遊び心でユニークな写真に挑戦してみましょう。好きな写真家の真似をして撮るのは決して悪いことではありません。しかしどこかのポイントで「あなたならでは」の個性を打ち出すべき時はきます。

写真というのは不思議なもので誰かに良く見せよう、なんて変な欲をかいて撮影しない限り、撮影者の気持ちが作品に表れるものです。楽しい気持ちで撮れば楽しそうな写真が出来上がり、その作品のストレートさに観賞者も共感していただけるものです。我々アマチュアには「自由に撮っていい」という特権が与えられています。 




12.キャンプツーリングを美しく撮ろう

ここ何年かのキャンプブームでバイク界もキャンプツーリングがはやっていますね。そんなキャンプツーリングでのワンシーンも美しく写真作品にしましょう。

日帰りツーリングや宿を使ったツーリングと違い、深夜の星空や夜明け前の薄明時を写真にできるのがキャンプツーリングの良さです。区画整理された電源付きサイトではなく、最小限の設備で自然の地形を生かしたワイルドなキャンプ場を選びましょう。キャンプ場はロケーション、雰囲気が大事です!夜や暗いシーンで撮影する場合、テント内に明かりを灯してテントを光らせましょう。焚火の炎も撮る時だけ薪をくべて明るくし、炎に照らされるバイク、ライダーをカッコ良く撮ってくださいね。




13.走行写真とコクピット風景

オートバイを題材にした写真とは何も止まっているバイクだけとは限りません。もちろん誰かが走っている様子を撮るのも素晴しいですが、オートバイに乗る事の魅力を伝えるには、あなたが普段バイクに乗っているときに見ている景色そのものを撮るのが最良だとは思いませんか?

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F16 1/30 ISO250

この写真はライダーの目線そのものを作品化するため、ヘルメットバイザーまで画面に入れて作り込んだ写真です。

林道なのでスピードは30キロ程度しか出ていませんが、カメラをシャッター速度優先モードに設定し1/30か1/40あたりの遅いシャッターで景色を流してスピード感を表現しましょう。コツは周囲に生い茂った木々や橋など、トンネル状になった景色の中で撮る事です。シャッターは自撮りの時と同様にインターバルプログラムを使いましょう。

カメラの固定方法は私の場合は重量級の一眼レフなのでストラップを短くして首からかけているだけです。R1200GSの乗車姿勢ならこれでちょうど良く撮れちゃいます。決して片手運転などしないように~!

さいごに(今度こそ)

私くらい本格的に写真を撮りながらツーリングをしていると、よく写真を撮るためにツーリングしているとか、ツーリング自体を楽しんでいないのでは?と思われますが、全くそんなことはありません。むしろ写真など大して撮らずに走り回っていた時期にくらべ、よりツーリングを楽しんでいる感じです。

なぜバイクに乗るのか?なぜバイクを使って旅に出るのか?この謎を写真を撮ることによって、すこしずつ謎解いていき理解を深めていく感覚が好きなのです。

最初の頃はどこかにツーリングに行った記念写真や愛車をカッコ良く撮りたかっただけの写真でした。やがてツーリング、キャンプ、旅の魅力の虜になり、それを写真にして誰かに見せることにより「伝える喜び」を知ったのです。

伝えるなら芸術として人の心に訴える感動作品が欲しい。そんな風に自然に考えるようになりました。芸術であるなら表現が大事だし、表現ならば個性を打ち出すことだと感じます。

皆さんもただツーリングに行って写真を撮るのではなく、その先にある伝える喜び、表現する素晴しさを体験してみませんか?せっかくバイクに乗って素晴しいものを見ているんですからね!きっと人生の中でかけがえのない財産になりますよ。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真・バイクのある風景 10の撮影方法・構図テクニック 2

バイクのある風景 ツーリング写真 10の撮影方法 構図テクニック

前回の続きです。まだ1.を読んでいない方はこちら↓

バイクのある風景 ツーリング写真 10の撮影方法 1~5

6.構図に前景を入れてみよう

よく見かける普通のツーリング写真は構図が平面的なものが多いです。この作品のように前景を置くことによって画面に奥行きが加わります。前景、被写体、遠景の3レイヤーで奥行きを作るのです。

肉眼で見ている実際の景色とは3次元の動画です。それを2次元の静止画にするのが写真ですから、失ってしまった奥行きは何らかの手段で取り戻すのが良いです。このような構図が作れて、はじめてカメラの絞り値をコントロールするのです。(ツーリング写真における被写界深度の解説についてはこちら→世界初ツーリング写真の被写界深度解説

やり方は難しくありません。撮影地では風景だけ見るのではなく、足元や近くに前景として使えそうな何かがないか?探してしてみましょう。お花、木、ローアングルにすれば地面、何もなければカメラを三脚にセットしてセルフタイマーで自分の足を入れても、それは素晴しい前景になります。

前景を作るとその被写体はすごくボケます。ボカしているのが良いか?またはお花なら花の種類が判別できる程度にボカすか?あるいは完全にピントを合わせるか?カメラを絞り優先モードにしてF値を調整してみましょう。

このように前景を作って、その存在感をコントロールすると平面的な写真に比べて見違えるほど良い写真になるのは間違いないです!

7.三分割構図と比率を意識しよう

三分割構図と言えば誰でも知っているような写真の基本ですよね。

でも知っていると出来るは大違いで多くの方が理解していないと思います。大昔から絵画の世界などでも言われている「少しずらすのが美しい」という考えが基本になっていますが、三分割構図は実によく出来た構図の基本です。

もちろん必ず三分割を守る必要はありませんが、理解していないと三分割線を無視するやり方も分からないものです。

いちど騙されたと思ってカメラの表示するグリッド線に対し寸分狂わぬ三分割構図で撮ってみてください。意外と難しいと感じるはずですし、足を使って構図を作るトレーニングにも最適です。(足を使った構図ワークの詳しくはこちら→三分割構図縛り地獄

次に比率です。

比率と三分割構図は似ているので同じくくりにしてみました。この作例では葉の落ちている地面とバイクの部分の比率がおよそ1:1.4142(白銀比)を狙って撮りました。比率は偉い順に並べると黄金比1:1.618、白銀比1:1.4142、1:1.5といった具合です。

ここで重要なのは1:1といった二等分は避けること!!!

例えば海の景色で水平線が画面のど真ん中にあったり、上の作例であればバイクと地面の割合が1:1であったり。とにかく水面のリフレクションなど例外的なケースでない限り、二等分 1:1は避けましょう!

(黄金比、白銀比などの比率の詳しくはこちら→ スペースと被写体エリアの比率




8.バイクを切り取ったフレーミングに挑戦しよう

もしご自身の撮られている写真にマンネリを感じたらフレーミングを見直してみましょう。構図がお子様構図になっていませんか?

お子様構図とは幼い子供が書いた絵のように、被写体が画面内に並んでいるだけの平凡な写真です。バイク、ライダーといったメイン被写体は、必ずしも画面内にその全てを収める必要はありません。

あえて切り取ることによって被写体の存在感を調整したり、画面外の様子がどうなっているのか観賞者に問いかけます。この作品の場合はライダーの頭が切れて、枠の外へフレームアウトしていく構成ですが「画面の外はどうなっているのか?どんな顔をした人なのか?」観賞者の想像をかきたてます。

9.出会いはシャッターチャンス!写真にStoryを加えよう

現在、バイクの登場する写真作品には様々な秀作がSNSやアウトライダーツーリング写真コンテスト等で発表されていますが、残念なことに人の登場によるストーリーに富んだ作品は非常に稀だと思います。

撮影地では最初のイメージ通りの写真を撮って終わりにせず、まだ何か撮れないか?粘ってみましょう。地元の人、漁師、他の旅人など誰か登場すれば、それは素晴しい撮影シーンへと変わります。

良き写真とは構図や比率などデザインが美しく整っているだけでなく、それらを骨格としてプラスアルファで見る人の心に響く何かが必要なものです。




10.ローアングルとハイアングル

オートバイの写真を撮る上で非常に出番の多いアングルがローアングルです。

多くのバイクはローアングルで煽るとカッコ良く見えるものですが、風景とからめると空の割合が多くなり、夕景などのシーンにも良いですね。

しかし多くの人はローアングルの認識がイマイチ甘いようで、しゃがんで構えたくらいの高さがローアングルの限界だと思っている人が多いです。

この作品の場合はカメラを直接地面に置くくらいのローアングルです。水溜りだったので濡らして壊さないか心配でしたが、これ以上低く出来ないギリギリのローアングルは私はよく使います。

チルトモニターやバリアングルモニターのカメラなら、このようなローアングルでも構図しやすいので、ぜひそういったカメラをお持ちの方は積極的に挑戦してみてくださいね。

 

こちらはハイアングルです。

高い場所あるいはカメラを頭上にかかげて撮るようなハイアングルは地面の割合が大きくなる構図です。表現したいことが地面側にある場合がハイアングルです。この写真なら夕陽に照らされた海面が、荒々しく波立っている様子を表現したかったのでハイアングルを選んでいます。その他、夕陽に輝くススキなど逆光のシーンでよく使うのがハイアングルです。

ハイアングル、ローアングルはカメラアングルを学ぶ最初のステップとしてお勧めです。最初のうちは無意識に目線の高さで撮ってしまうものです。カメラの位置を少し下げる、少し高くする、それだけでも画面は劇的に変わります。撮影シーンや作品の意図に合わせて、高さは色々と調整してくださいね。

まとめ.

いかがでしたでしょうか?ツーリング写真 バイクのある風景 10の撮影方法 テクニック

今回、この投稿を作ったきっかけは、最近になって初めて究極のツーリング写真を見に来た!という読者さんが増えたことにあります。せっかく初めて見に来ていただいたのに、最初に見た投稿があまりにマニアックすぎると申し訳ないか…という気持ちでした。

実は本音を言ってしまうと、こんな風にさらっと書いてしまうのは好きではないのですが、当ブログの趣旨を象徴するような簡潔な投稿はあっても良いかなとも感じました。

ここで改めて私 立澤重良が今取り組んでいることをご紹介します。バイクでツーリングするという文化。これを芸術写真として世に発信しバイク文化と旅文化をより一般へ広めていきたいのです。

それには1人では力不足なのでバイク乗りで写真が好きだ!という方々に、よりレベルアップしていただきツーリング写真文化をみんなで盛り上げて行ければいいなと考えております。

レベルアップの為のノウハウは全てこのブログで秘密を作らず公開します。それが当ブログ 究極のツーリング写真 touring-photography.com なのです。

かつて鉄道写真は鉄道自体にフォーカスされた閉鎖的なジャンルでしたが、「鉄道のある風景」が確立されて現在では芸術写真の一分野として認知されていますよね。

それと同じようにオートバイの写真なんて、現在では誰も芸術写真だなんて考えませんが、数年後を目標にそれを変えていきたいのです。

オートバイの旅は芸術です。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング
まだ続きがありました…↓↓↓

バイクのある風景・ツーリング写真 10の撮影方法プラス3 13の撮影方法!

~ミニGALLERY~

こんな写真を俺も撮ってみたい~、と思ったあなた。当ブログ【究極のツーリング写真】touring-photography.com ではツーリング写真の撮り方を初級者の方でも分かりやすく解説しています。バイク写真を写真界に認知させるため、私は秘密を作らず撮り方のノウハウを公開しています。人に見せてよろこんでもらえる写真を目指して当ブログと共に歩みませんか?

気になった方はブックマークお願い致します。

バイクのある風景・ツーリング写真 10の撮り方・構図テクニック 1

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま。春のツーリングを楽しまれていますでしょうか?地域によっては桜の開花の一報が聞こえてきそうですが、まさにツーリング&写真の絶好の季節ですよね。私は花粉症の苦しみと格闘しながら走りますが…

さて今回は当ブログで様々な投稿で解説してきたツーリング写真の撮り方ですが、総合的にまとめた物が存在しなかったので、初心者の方を対象にツーリング写真の撮り方のコツを10の項目で紹介したいと思います。

今の季節、せっかくバイクツーリングで良い景色に出会うのですから、絶景や旅情あふれる道、愛車とのショット、珍しい出会いなど、平凡な写真ではなく人に見せて喜んでもらえる写真作品にしましょう~。

1.風景の中のバイクを撮る

EOS1Dx + EF14mmF2.8L  F8 1/500 ISO100

バイクのある風景、またはツーリング写真において度々議論されるのが画面内のバイクの大きさです。私は単純に大きさではなく、あくまでバイクの存在感だと考えます(詳しくはこちら→米粒バイクとミジンコバイク)。

風景に対してバイクの存在が強すぎると、愛車自慢の写真か、ツーリング写真なのか?どっちつかずに陥ります。実はSNSなどで見かける多くの平凡な写真はコレなんです。

ツーリングの写真であることを明確にするため、愛車を撮りたいという気持ちは押し殺して広角レンズを使って風景主体で撮りましょう。愛車の写真はまた別で撮りましょうね!

2.海岸などのシンプルな背景で撮ろう

海岸などの景色の開けた場所にいくと、シンプルな背景が作りやすいです。シンプルな背景に1つの被写体(バイク&ライダー)は無条件に良い写真になります。

例えば港やローカル線、空港など被写体が複数ある場所などは、主題、副題、背景の組み立て(それぞれの配置や存在感の調整)など中級者以上の構図ワークが要求されるものです(詳しくはこちら→夢かなった構図)。

最初は無理をせず、まずはシンプルな背景を探して、そこでバイクだけを撮ってみましょう。コツは電線や遠くに飛んでいるカラスなど、余計なものを絶対に画面内に入れない事です。




3.ライダーの姿を入れてツーリングシーンに演出を加えよう

2017年2月 千葉県富津市

写真内に人の姿があるだけで、ぐっとStory性が加わります。バイクだけでは駄目という訳ではありませんが、バイクだけの場合は風景の中にオブジェのように置かれたバイクに見えないよう、それはそれで難しいのです。

多くの写真好きライダーはソロでツーリングされることが多いと思います。なので写真に人物を入れるとなると自ずと自撮りになりますが、カメラのセルフタイマーではなくインターバルタイマー機能を使って何枚も撮ってみましょう。

自撮りであれば様々なポージングで感情表現が自在にできますよ。(ポージングの基本はこちら→コントラポスト

注意点は棒立ちした背中を撮らないこと。美しい姿勢や何かをしている仕草など、予めアイデアを練っておくことがポイントです。

4.朝と夕方の光を使おう(逆光を狙おう)

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/60 ISO100

多くの初心者の方が大変な誤解をしている逆光。

逆光はきれいに撮れない!というのは大間違いです。記念写真等で全てをカメラ任せに撮ると人物の顔が暗くなりますが、それはカメラを正く操作できていないだけ、逆光が悪い訳ではありません。

逆光はこの作品のように最もドラマチックな作品を生み出せる最高の光源です!むしろ陽が高い位置にある昼間の方がトップ光といって風景写真には向いていないのです。

朝と夕方の低い位置の太陽とは、夕陽、朝日の風景が美しいのは言うまでもありませんが、それに照らされる被写体も美しく輝きます。(光の向きのお話はこちら→ 順光  斜光  逆光 差し込む光 )

逆光でかっこよく撮るコツは露出補正を使うことです。難しければ何枚も撮って露出補正をプラスにしたりマイナスにしたり調整しながら撮ってみましょう。角度によっては愛車のパーツが輝くピンポイントアングルもあるので探り当ててみてくださいね。




5.道をテーマに撮ってみよう

2017年8月 北海道抜海町

バイクツーリングであるからには「ひとつの旅」です。旅と深い関係性のある被写体は道です。道だけを被写体に選んでいる写真家や写真展もあるくらいです。道は写真の観賞者にそこまでの旅、またはその先の旅への想像を誘います。この作品は北海道の人気のツーリングルート「日本海オロロンライン」道道106号線ですが、もっとも隆起しているポイントを選んでカーブを前景に構図を作りました。道を主題に撮る時は望遠レンズを使って景色を圧縮させるのがコツです。

また道は線の要素として画面内のデザインを整えるにも有効です。構図を練る時に画面内に直線や曲線がどのように入ると美しいか?を考えてみましょう。

画像を貼り過ぎると重くなってしまうので、この投稿は2回に分けますね。6.以降はまた…

次回に続く…

ツーリング写真・バイクのある風景 10の撮影方法 構図テクニック 2 はこちら

↓にミニギャラリーを作りました




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~ミニGALLERY~

こんな写真を俺も撮ってみたい~、と思ったあなた。当ブログ【究極のツーリング写真】touring-photography.com ではツーリング写真の撮り方を初級者の方でも分かりやすく解説しています。バイク写真を写真界に認知させるため、私は秘密を作らず撮り方のノウハウを公開しています。人に見せてよろこんでもらえる写真を目指して当ブログと共に歩みませんか?

気になった方はブックマークお願い致します。

ツーリング写真<初級>だから余計なものは入れるなって!

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、サワッディーカップ。

もう15年くらい前ですがタイのバンコクに出張し、その時に持っていったデジカメで沢山の写真を撮ったのですが、帰国後にカード(スマートメディア)をダメにしてしまい、撮影した写真を全て失うという経験を、ふと思い出したのでサワッディーカップでいってみました。

写真は最悪の事態を想定して信頼できるカードを使う!撮影後の画像は常に2ヶ所以上にバックアップをする!これを心がけましょうね。

さて今回は初級ツーリング写真の解説として、初歩の初歩「余計なものは写さない!」のお話です。初歩的なお話は以前にしたのですが、もう2~3ヶ月前のアーカイブに埋もれていますので、ここで新しい読者の方々にも見ていただくため、再び<初級>ツーリング写真は初歩的な内容に戻しますね。

こちらの2枚の作例をご覧ください。間違い探しみたいですが、違いが分かりますでしょうか?また分かったという方は、どちらの写真が良いと思いましたか?




 

写真の重要な基本として「主題を明確に」というのがありますが、主題を明確にするためには主題以外の部分を整えてメイン被写体を引き立てましょう。今回は背景となっている部分、または画像の隅っこに配慮して「余計なものが写っていないか」を徹底できるよう訓練しましょう!というお話です。

「それくらいは私だって出来ているよぉ~」という方、いちど見直してみてください。出来ているつもりで、実はできていない場合もありますので!

2枚の写真の違いは1枚目は右の端っこに電柱があり、2枚目はこれが入らないよう、少しカメラを左に向けました。電柱はどうせその先にも続いているんだから、大して変わんないじゃない?と言われそうですが、ここでは画面の端っこをスッキリさせたかったのです。

画面の背景、端っこに配慮を届かせるのは被写体を魅力的に、主題を明確にするのに必要不可欠なことです。初心者の方は被写体にばかり意識がいってしまい、背景や画面の端っこまで気がまわらないものです。少しの違いですが写真のクオリティとしては大きく影響します。

それならトリミングでもいいんじゃない?という意見もあるかと思います。ダメです!トリミングは構図とフレーミングの練習、勉強という意味あいで帰宅後にPC画面で試すのは素晴しいと思います。でも撮影時に後でトリミングありきで撮ってしまうのは、そもそも被写体に寄れていませんし、貴重な画素を捨てることを撮影時に許していることになります。




トリミングは不測の失敗を止む得ずリカバリーする苦肉の手段です。初心者の人がフレーミングを自宅で勉強するためのものと考えましょう。(過去の写真をトリミングをして再度フレーミングを考えてみてください、良い勉強になりますよ!!!)

画面に余計なものを入れない、背景を美しく整理する。これは基本ですが、なかなかできない…という人は多いです。先程も書きましたが被写体にばかりに意識がいってしまうのが原因です。いちど逆転の発想で被写体はひとまず置いておいて、まず最初に背景のことを考えて撮るようにしましょう。

何を撮る?ではなくドコで撮る?を先に考えるのです。これ、かなり効果的なトレーニングなので是非とも実践してくださいね。

背景のことは地味なようで非常に重要です。また別の機会に詳しく解説しますので、お楽しみに!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真<上達の秘訣>確実にレベルアップする唯一の手段

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、毎日すてきな写真を撮っていますか?

以前にいつでもカメラを持ち歩いて毎日写真を撮ると、確実に上達しますよ!目安は1日で100ショット以上です。やってみてくださいね!という投稿をしましたが、本当に実践して上達した方はいらっしゃいますか?

カメラをいつも持ち歩いて、いつでも写真を撮る。本当に素晴しいことで上達すること間違いなしです。

今回はなぜ毎日100ショットスナップを実践するのが良いのか?そんなお話をしたいと思います。

RICHO GR APS-C 東京都中央区 晴海ふ頭

この写真は少し前に撮ったものですが、私の職場の近くにある公園のような場所です。元々、都内屈指の夜景スポットと言われている場所なので、写真を撮るには適した場所なのですが、公園に誰もいない時に仕事の休憩時間に撮った1枚です。もちろん写真を撮るつもりでここに行ったのではなく、通りかかったときに沢山のカモメが乱舞している様子に心を打たれたのでポケットにあったリコーGRで撮影に挑んだのです。




 

RICHO GR APS-C  東京都中央区 晴海トリトンスクエアー

この写真は仕事の帰り道にバス停でバスを待っているときに撮った1枚です。ちょうど2年前の今頃でした。リコーGRは28mm単焦点なので構図を作るのに動く練習になります。この時は渋滞のせいでなかなかバスが来なかったので、時間をかけて露出やホワイトバランスを試していました。

 

RICHO GR APS-C 東京都江東区有明 角乗り橋北

これは仕事中に社用車の中から撮った1枚。ジャンクションの様子を強い逆光下で撮ってみました。この頃、私は写真を上達したい一心で、闇雲に撮りまくっていましたが、知識は殆どありませんでした。しかしこの写真を撮った時、複雑に交差する曲線が強烈な導線効果を生み出すと学びました。

私が個人的に考える写真の上達のプロセスとは次のようなことです。

・目  被写体を見つける目  被写体の魅力を見極める目  目の前の光景からデザイン要素を見つけ出す目  光と影を見極める目

・足  被写体を探すため行動する足  構図をつくる足  被写体に寄る足

・心  作品を誰かに見せてあげたい 感動や共感、何らかの心の響きを無償でプレゼントしたい気持ち  芸術家になっていく自分を見て自分が好きになる

・知識  光、影  写真におけるデザイン  観賞者の心理  カメラの操作に係わる知識

これらの要素が毎日100ショット以上撮ることによって、バランス良く且つ少しずつ確実にレベルアップしていきます。 

どうしても最初の頃というのは被写体の魅力的な部分とか、デザインで使えそうな要素とか、ましてや光と影とか、見えないものです。構図も少し動くだけでも位置関係や比率が劇的に変わるのに動けないものです。知識としてだけではなく、知識と体で一体となってトレーニングしていく感じです。

毎日撮っても、きのうと今日ではほとんど変わらないと感じるでしょう。でも3ヶ月、半年、そして1年後には、きっと以前の自分の写真が恥ずかしいと感じるほど上達しているのです。




通勤電車、休憩時間、家の近所、または家の中、家族、同僚、その辺の雑草、駐輪場、公園、商店街、空地、なんでも対象になります。理屈など抜きに「あっ」と思ったものを撮って撮って撮りまくるのです。

100ショット撮って、全てゴミに終わる時もあります。それが何日も続くときもありますが、不思議と燃えたぎる写欲は消えることはありません。なぜならいつもカメラを持って写真を撮る事が習慣になってくるからです。

RICHO GR APS-C  社用車の窓から

たくさんやれば、いくら頭で考えても分からなかったこと、例えば「何をどう撮るのか?さっぱり分からない」といった悩みも、いつの間にか乗り越えているものです。画面という長方形の四角に被写体をどう置くか?線や丸や四角はないか?赤や青や黄色はないか?背景とその他の部分の比率は適切か?光はどこから当たっているか?それはどんな種類の光か?そして何に感動して、そこで写真を撮ろうと思ったか?何を伝えたかったのか?自分としてどう伝えたかったのか?

こんなことが少しずつ少しずつ身についていきます。やがて過去の自分が悩んでいたのが不思議に思えてくる日がやってきます。「なんでこんな簡単なことが分からなかったのだろう」と。そしてある日、毎日写真を撮ることに生きがいを感じている自分を発見します。この瞬間からあなたは写真家です。

この毎日100ショットスナップ訓練は、本当は秘密にしておきたいくらい効果的なやり方なのですが、究極のツーリング写真 読者の皆さま限定で教えちゃいますね。

本当は毎日ツーリングできれば良いのですけどね!それではまた次回!

RICHO GR APS-C  自宅最寄駅で





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真<初級>もう悩まない!世界初。撮影フローチャート解説

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いつも見ていただき有り難うございます。当ブログの解説を見て、実践していただき「上達したよ!」という方はいらっしゃいますか?そういった方の存在を想像するのが、私がこのブログを作る原動力でございます。

今回は初級解説として「もう何もかもが分からない!撮影場所の探し方も、撮影地で何をどう撮っていいのかも!」という方を対象に、バイクに乗って走っているところから撮影地を探し当てて、撮影を開始するまでをフローチャートにして解説してみたいと思います。

ツーリング写真 撮影フローチャート解説 世界初ですよ!!

じゃ~ん 世界初のツーリング写真撮影フローチャート。適当だ…。

でも私の場合はいつもこんな流れなんです。撮影地は稀に予めスポットを調べてから行く場合もありますが、多くの場合は勘で探り当てます。コツは国道などのメイン道路から、生活道か農道にしか見えないような脇道を見逃さない事です。地形をイメージすると、その周辺でのそういった小道には何かが存在していると予測が立てやすいです。ハズレの場合も多いですが冒険心で行ってみましょう。

フローチャートの中で最も重要な部分は「被写体の魅力を探る」「デザインの要素を探す」「どのような光か見極める」これら三大重要素を個別に考えているところです。知識として知っていても、これらをごっちゃにして撮影すると、大抵はうまくいきません。くどいですが個別に考えて作りこんでいきましょう。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/320 ISO160

こちらの作例をご覧ください。2017年8月に撮影した北海道でのひとこまです。場所は紋別市のコムケ湖ですが、湖自体の撮影シーンにとらわれず、番屋などがある小道にて撮影地を探り当てました。「何かあるぞ!」と感じたので勘で行ってみたところです。

実際に見た風景は誰もこんな場所で写真を撮らないだろう、という平凡な景色だったかもしれません。しかし青い屋根の倉庫に注目しました。曇天下の鈍い光源は写真をフラット(コントラストに欠ける)にしますが、この寂しげな風景にぴったりだと感じたのです。

寂しげな風景の中に佇む倉庫が魅力と感じたら、もう主題は倉庫に決定です。




次にデザインの要素を探します。たびたびおさらいしますが写真におけるデザインの要素とは主に・線 ・図形 ・色 ・立体感 ・質感 ・規則的なパターン ・ディティール などです。中でも線、図形、色はとても重要です。

ここまで来たら、寂しげな風景に佇む倉庫、倉庫の屋根の青、倉庫の栗のような形、曇天のフラットな光源であること、といった具合に写真に必要な重要な要素の洗い出しが完了しました。

次にどんな画面を作るかを大まかに頭の中にイメージしましょう。倉庫が主題と決めたなら、大きさやピントや何らかの手段で、倉庫の存在感を絶対的にする画面作りが必要です。この撮影場所では倉庫は実際には少し離れていましたし、周囲には別の建物や電柱など画面に入れたくない物もありました。よって倉庫を引き寄せる目的と、周囲の余計なものを写さない目的で望遠レンズによる画面作りを決定させました。

作品の意図は「寂しい情景の中で最果て感を覚える、バイク旅のワンシーン」といった感じです。

カメラ本体にレンズを装着したら、まずは手持ちで動いてみましょう。動けば動くほど、被写体の位置関係やスペースの割合などが変化し、デザインの観点からも理想的と言えるアングルが発見できるはずです。逆に、このときに動かない人は理想的なアングルを発見できず、良き構図を組み立てることはできません。いきなり三脚をセットする癖のある人は要注意ですよ。

ここだな!と感じるアングルを見つけたら、まずは露出を設定して試し撮りをしてみましょう。フィルム時代からのベテランはこの手法に「無駄打ちが多い」と苦言しますが、私たちはデジタル世代ですし、ましてや学んでいる段階なのですからね。試し撮りは悪い事ではありません。




試し撮りの画像をプレビューするときは、余計な物が写っていないか?露出は狙ったイメージ通りか?ピントは甘くないか?カメラブレ、被写体ブレなど問題ないか?水平が気になるシーンでは水平もビシっと出ているか?、そして本当にその撮り方で良いか?完璧な構図、アングルがそれで良いか?自問しましょう。

この時点で以前に何度か解説しましたが「さいごのひと粘り」「さいごのひとヒネリ」に挑戦しましょう。完成したかに見えるその写真に、素晴しきプラスαができないか?絶対に傑作を撮るんだぞという強い気持ち、執着心といえるパワーで挑んでください。この写真の時は例えば雲間から太陽光が後光のように差し込んでこないか、地元の漁師さんが通りかかって会話するシーンが撮れないか?待ってみましたが、残念ながら叶いませんでした。

しかし粘りに粘って動いていると、局所的でしたが葦が生えている場所に気が付きました。この葦を前景に入れて撮れる場所を探り当てて最終的な作品の完成となりました。この写真で葦の存在感は極めて弱いですが、撮影者である私としては、この葦の存在は究極の脇役だな、と感じております。

どうでしたでしょう。こういった流れというか手順のような感じで解説したものは、他にはなかなか無いと思いますよ。撮影地でカメラの電源を入れたは良いけど、何をどうして良いか分からなかった方、ご参考にされてはいかがでしょうか!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

ツーリング写真<初級>心構え☆目指すは芸術家!

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、まだまだ朝晩は寒いですけどツーリングに出ると「小さな春」を発見できる季節になりましたね。

当ブログは2017年11月から本格運用を開始して3カ月が経過しました。当初、オートバイ写真をより芸術的に盛り上げて行こう!という趣旨ではじめ、現在も進行中なのですが、難しい壁は初心者の域から卒業できないで苦しんでいる方々の救済。既に上手な方は少しのヒントでステップアップできるのですが、いつまでも初心者のような感じの方って結構多いと思うのです。

究極のツーリング写真 <初級>ツーリング写真解説として多くの投稿で解説してきましたが、私自信とても悩んでいるのが「大事なことが説明できていない!」ということ。それが何なのか未だによく分からないのです。

とにかく何かこう初心者の方々に伝えたい大事なこと。でも誰も教えてくれないこと。それを明らかにして発表したいのですが、考えるほど「そうじゃないなぁ~」と思ってしまう。




今回はそんな私自身のもどかしさから、「心構え」みたいなお話をしたいと思います。

F6.3 1/160 ISO100

こちらの作例をご覧ください。地味でしょう?デザインとか光の使い方とか、特別これと言って何かした訳ではない写真です。強いていえば船体のディティールを図形と捉えて画面内に堂々と配置したこと、手前側に地面でスペースを作ったこと位ですが、まあ普通ですよね。

ストーリー性を加える要素は自転車に乗って去りゆく女性です。待っていれば、こういった偶然は容易に手に入れることができます。

こういった普通っぽい写真は悪く言えば平凡で驚きや感動はありません。反面、よく見ていると素朴な風景にも思えて、懐かしさや「ほっとする」安心感をも感じます。

なかなか初心者の域を卒業できないで悩んでいる方は、まずはこういった写真を撮ってみましょう。上手ではないけど良い写真です。コツは少し意図的に地味な写真を目指す事です。上達したいと願う気持ちは、時として写真を良く見せようという欲が働いてしまい、それが悪さをするときがあるからです。

肩の力をぬいて「ありのまま」の情景をシンプルに切り取ってみましょう。

ここで質問です。あなたは写真が上達したら、どんな人になりたいですか?

1.高性能、高機能なカメラを完璧に使いこなせる人

2.現実の風景を忠実に再現でき、綺麗な画像として撮れる人

3.カメラ、レンズ、ライティングなど機材の知識が豊富で何でも知っている人

4.雑誌やポスターやカレンダーなどに載っていそうな綺麗な写真が撮れる人

5.ソフトウェア―を使って画像の加工や調整を何でも自在にできる人

どうでしょう?当てはまるものはありますか?





写真と一言でいっても色々です。商用カメラマンの世界では商品のカタログや雑誌で使うカットを専門に扱っている人、ブライダル写真や七五三などの記念写真をスタジオで撮る人、マスコミなどの報道関係・・・ほんと色々です。こういった世界では1~5は重要なことかもしれません。

あなたはドコを目指しますか?当ブログ 究極のツーリング写真が好き。バイクツーリングが好き。旅で出会う世界に魅了されている!という事であれば1~5のどれでもないと思います。

目指すは「芸術的な写真を撮れる人」です。恥ずかしがらずに思いっきり芸術家を目指しちゃいましょう。

人に感動や共感を与える、旅やオートバイの世界を伝える、誰かの人生に影響を与える、こういったことは芸術です。芸術は表現であり個性であります。表現することを決して忘れず、個性を打ち出す芸術家を目指しましょう。

カメラの操作方法なんて後で覚えれば良いです。明日から「芸術写真を撮るんだぞ」という心構えでシャッターを切ってみてください。

きっと「写真っていいもんだな」と感じるはずです。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真<初級>峠をハイアングルで攻めろ

究極のツーリング写真 touring-photography.com読者の皆さま、素敵な写真を撮ってトキメイていますか?いつもドキドキワクワクを追求して写真で冒険しましょうね。

最近ふと感じたのですが、写真の初心者の方や上達を目指している方へのHOWTOみたいな分野ってものすごい経済効果ありそうですよね。はじめての○○とか、風景写真の撮り方とか、構図や露出の基本とか、解説している書籍だけでも凄い数が本屋さんにありますよね。

ワークショップや講習会的なものもたくさんあります。すごくお高いですけど、けっこう多くの方が参加しているみたいですね。

私はこのブログをはじめて、一般的な解説書や雑誌などがどんな風に説明しているのか興味があったので、何度か目を通したのですが個人的な感想としては「すごく意地悪だな!」と感じました。何も知らない方にいきなり露出の話や三分割構図の話をするのって、絶対に間違いだと思うのです!

写真をはじめるには、まずカメラの操作方法が必要ですがそれは説明書にも書いてありますよね。まずは写真を撮る楽しみを知ることが最初だと思うのです。被写体を見つけたり魅力を言葉で説明できるようになる。それができる「自分」の心や目の育て方。少しづつ変わっていく自分を楽しいと思えること!これが最初に教えてあげるべき事だと思うのですが。

わざと遠回りさせてお金を使わせる目論見なのでしょうか?それとも上手な人や優秀な写真家が増えたら何か困ることでもあるのでしょうかね。いやいや…ネガな話題はこの辺にしておきましょう~。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F7.1 1/125 ISO200

こちらの作例をご覧ください。すこし前ですが秋の福島県 磐梯吾妻スカイラインで撮った1枚です。ここは本当に最高のツーリングルートですね!まだ行かれたことのない方は、シーズンになったら是非行ってみてくださいね。




さて写真の解説ですが、峠とは九十九折れになった道、緑や紅葉といった自然の景観、そして高低差があるものですね。写真のデザインの観点で考えると、まず道は直線とヘアピンカーブで「直線、曲線」が存在します。構図内に視線誘導させる導線として使えますね。

次に色。緑、グレー、遠景はブルー系でしょうか。こういったデザインに使えそうな線や色といった要素は言語化して洗い出してみましょう。それを撮影にどう反映すれば良いのか分からなくても大丈夫です。

峠はこの作例のように高いポイントから峠の様子を見渡せる場所探しを最初にやるのがコツです。良さそうな場所を見つけたら、深呼吸でもして自分の好きなことを探してみましょう。「イイ眺めだぁ~紅葉はまだ少し早いけど、これはこれで綺麗だね」といった具合に。

あなたのアンテナが何かに反応すれば、それに従いましょう。この写真を撮ったとき私は近くにある熊笹などが生い茂った草の部分に反応しました。これを35mmで寄ってパンフォーカスで撮ったら面白いな!と。ちょうど時間帯も良く朝の逆光シーンです。以前も書きましたが逆光はドラマチックな写真を撮るのに最も適した条件です。




逆光は地上物を輝かせる効果があります。前景に入れた草はもちろん、高い位置から下を見下ろす画面なので、その画面内の大半は逆光によって輝きを放つのです。

前景のボケ具合を慎重に調整しF7.1とし、プログラムタイマーをセットして自分のバイクが走る様子も撮るので、シャッターが遅いと困るのでISOを念の為に200に設定。シャッター速度1/125を確保しました。なるべくバイクの位置のバリエーションが欲しかったのでインターバルプログラムは1秒毎に設定して、時速20キロくらいでバイクを走らせました。すべて「○○だから△△した」の法則ですよ。

どうでしたか?初級にしては色々と書いてしまいましたが、峠に行ったら写真のような場所を探してみましょうね。というお話でした。この写真の場所も秋ではなく春に行けば、もっと草が少なくて手前のヘアピンカーブの全容が見えたかもしれませんね。

今回はこの辺で!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

磐梯吾妻スカイライン 湖見峠(うみみとうげ) バス停のような標識が目印です。