バイク写真 直線の効果で立体的に見せるレアテクニック<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、突然ですが撮影された写真データってどうされていますか?ちゃんとバックアップをとっておかないと、ある日突然、保存していたPCのハードディスクがクラッシュして大切な写真データを失ってしまった…なんて悪夢は絶対に避けたいですよね。

バックアップとは1か所に集約してしまうと危険で、必ず2か所以上に保存するようにしましょう。私の場合は外付けハードディスクとDVDの両方に、Lightroomカタログと仕上げたJPEG、読み込んだRAWデータを保存しております。

ストレージサービスも悪くないと思いますが、どうも私は疑り深い性格上、信用することができません…。

それとカメラに使用するメモリーカードですが、消耗品ですので2~3年を目安に交換しております。新しいものを購入するときは信頼できるメーカーの正規パッケージ品を選ぶのは鉄則ですね。

なぜ急にこのような事を書いたかと言うと、以前に大切な写真データを失った悲しい経緯があり、急にそのことを思い出したからです。クラッシュしたカードやハードディスクは簡易的なアプリで修復することもできますが、必ず修復できるとは限りませんしね。

バックアップは大切ですよ!

 




さて今回の<中級>ツーリング写真解説はさらっとマニアックな話題でいってみたいと思います。

EOS6D mark2 + EF35mmF2 IS  F11 1/160 ISO100

南房総を海岸沿いにツーリングするルート、房総フラワーラインとも呼ばれている国道410の千倉で撮った1枚です。使われなくなったトラックのコンテナ部が置かれて何ともシュールな空間でした。

天気も曇り空でしたし、爽やかな風景写真が撮れる状況でもなかったので、もの寂しい雰囲気で旅情を表現したいと思い撮影してみました。コンテナは段違いに2つ置かれていて、デザイン要素である直線がジグザグを描いていることに注目しました。

この線をうまく使って構図の中央部に立体感を出してみようと思ったのです。




 

こうやって線をひいてみると、画面という長方形に対して理想的に配置できたとは思えませんね…私もまだまだ甘いです。

ジグザグ線を画面内に理想的にデザインとして取り入れれば、観賞者の視線を楽しませパッとみた写真の印象も良くなるものです。

モデルは右のフレームに見切れでインしています。これを自撮りでやる場合、どの辺に立てば良いのか勘に頼るしかないですよね?しかし良い方法があります。構図を決めたらファインダーを覗いてすぐに両手を前方にV字に広げて画角を指し示してください。その手を向けたV字のライン上がフレーム位置になります。

それが分かれば大体、どの辺りに立てば良いのか大まかな見当がつきますよ。

今回はこの辺で!!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

EOS6D mark2 + EF35mmF2  IS

この写真は上のトラックコンテナの有った場所のすぐ近くで撮りました。漁港に行くと、こういったペンキの飛び散った跡をよく見かけます。私の大好物な被写体なのですがSNSで発表すると寂しいことに「いいね」は少ないです。でもいいんです。

房総の素掘り隧道 トンネルコレクション ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今日は久しく更新していなかったギャラリーに作品を追加いたします。

皆さん大好きな(???)房総の素掘り隧道、2018年上半期のベスト3ショットでございます。




・上半期BEST3 柿木台(クォードの森)中間崩落隧道

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F6.3 1/15 ISO250

ポータルの表情をメインにローアングルから狙った写真です。隧道の上にそびえる木々が良い感じに光ってくれました。崩落部にバイクを停めてこの構図にしたところ、バイクの大きさが米粒になったので存在感の調整でヘッドライトを点灯させました。この写真が隧道写真の上半期3位です。

・上半期BEST2 燈籠坂大師の切り通し

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F3.2 1/4 ISO320

隧道と呼ぶべきか切り通しと呼ぶべきか悩ましい富津市の燈籠坂大師(とうろうざかだいし)の切り通しです。内壁面に露出を合わせ杭口から入る光はオーバーとなるパターンです。その強烈なハイライトにライダーを合わせた構図です。ここは人気の撮影スポットでインスタ映えするとライダーに人気です。しかし最近は観光バスが来るようになって、あまり撮影がはかどりません。早朝がおすすめです!




上半期BEST1 月崎林道 3連隧道の真ん中

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F1.4 1/200 ISO250

月崎林道にある3連続素掘り隧道の真ん中に位置するこの隧道。特に北側の杭口がフォトジェニックで中から撮っても外から撮ってもいいです。この写真はカメラは隧道の中から撮っていますが、露出は外に合わせて撮りました。杭口が外の光を受けているギリギリまでを構図に入れています。これ以上、トンネルの中に入ると外との明暗差がかなり大きく、外か中かどちらかを捨てる選択を強いられます。光が気持ちよかったのでモデルのポージングは光が差し込んでくる上を見上げるポージングにしてみました。

以上、2018年上半期 素掘り隧道調査 BEST3ショットでした。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

CASIO エクシリム EX-10

出勤途中に撮った東京の紫陽花です。普通はフェンスの向こうにある花なんて写真を撮ろうと思いませんが、逆転の発想で「フェンスも撮ろう」と思って撮ってあげれば不思議とフェンスが不快な写真にはならないものです。

レベルアップ確実。洗練されたデザイン写真<上級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photogtaphy.com 読者の皆さま、素晴らしいバイク旅、素晴らしい写真ライフを楽しまれていますか?

先日、久しぶりに大好きな岡本太郎さんの本を読んでみました。皆さんもご存知かと思いますが「芸術は爆発だ」のあの有名なセリフ。実は岡本太郎さんの人柄や作品が飛び抜けているから、というのは間違った解釈であり、爆発とは自分らしさをその瞬間、その場所で芸術として生み出している行為を「爆発」と表現しているのが正しい意味のようです。

岡本太郎さんは写真家ではありませんが、おなじ芸術という観点で考えると写真も芸術ですから、シャッターを切るその瞬間こそ「芸術は爆発である」と考えてやるのも良いかもしれませんね。気分だけでも岡本太郎さんになった感じで!

そういう意味では以前に使っていたカメラ EOS1Dxの鋭いシャッター音は、その場で自分の芸術が爆発しているようで痛快でした。今使っているEOS6D mark2は静音シャッターなので、あまり感じられませんが、なるべく自分と言う人間をその場で爆発させるイメージで撮っていきたいな、そんな風に感じました。

やはり岡本太郎さんは偉大です。




 

さて今回の<上級>ツーリング写真解説では、だいぶ以前にもご紹介した写真におけるデザインのお話、図形要素、色要素について内容をブラッシュアップして改めて解説いたします。

ちなみに岡本太郎さんは「芸術はうまくあってはならない、きれいであってはならない、ここちよくあってはならない。むしろいやったらしさ、不快感を含め見るものを激しく引き付け圧倒することこそ真の芸術である。」と説いています。これから解説するデザインの話はこの逆のようではありますが、この岡本太郎さんの領域に達するにはまずは「美しい」「整っている」を学び、それを理解したのちで破壊していくのが芸術を志す上での正しい順番だと思います。

 

2017年2月 千葉県館山市 EOS1DX + SIGMA150-600mmF5-5.6DG

ではこちらの作品をご覧ください。当ブログのギャラリーでもご紹介している作品ですが千葉県館山市から望む東京湾ごしの冬の富士山です。この作品を元に今回は写真におけるデザイン要素の図形と色を解説いたします。

写真におけるデザイン要素とは主に・線(直線、曲線、S字線…)・図形(円、三角、四角、〇〇型…)・色(暖色、寒色、進出色、後退色、中間色、中性色…)・立体感・質感・規則的なパターン・シェイプなどです。

その他、デザインと類似していますが分断線が発生した場合のエリアの比率、複数の被写体の大きさ(または存在感)の比率など・黄金比・白銀比・3:2・三分割構図・ファイグリッド・フィボナッチスパイラル・青銅比などの比率も非常に重要です。

これらのデザインや比率は目の前の風景や被写体から、その要素となるものを見出し画面という長方形の四角にどのように取り入れるかです。そして重要なポイントはデザインや比率はあくまで写真の骨格や基礎工事のようなもので、写真の全てではないということ。

見る人に視覚的に与えるバランス、直感的に良いと思える関係であり写真の重要なことはあくまで被写体の魅力をどう表現したか?という作品の意図です。

・図形要素

まずは図形要素の三角です。風景や被写体の中から複数の図形要素を見つけることに成功したら、次に優先順位をつけてみましょう。この作品では富士山の三角、バイクとライダーとタンカーの3ポイントをつなぐ三角が最も重要であると判断しました。それが判明したら長方形の四角内に、その図形が最も理想的な位置に配置できるようカメラアングルを調整します。最重要な図形要素とは枠の中のどこに配置するか?です、したがって枠も黄色線で囲ってみましたよ。

それと知識として…三角は構図内に抜群の安定感を与えてくれます(底辺を水平に配置できる三角に限る)。

次に図形要素の円に注目です。この作品ではバイクのフロントタイヤ、モデルのポージングによってできた腕の輪、LNGタンカーのタンクです。円は写真の観賞者の視線をその場に留める効果があります。この作品の場合、円の要素については特に配置に気を配って撮りませんでしたが、参考までに…タイヤを円の要素として効果的に使いたいとき、画面に対して正円になるようハンドル角度を調整しましょう。




・色要素

続いてデザイン要素の中でも重要な割合を占める色要素です。この作品では下半分については枯れた草地のブラウン、グレーの岩場で進出色です。そして画面の上半分は海面の青、空の水色で後退色ですこの相反する特性の両者を組み合わせることによってコントラストと呼んでも良いですが、望遠レンズによって圧縮され失ってしまった遠近感を色の効果によって補うことに成功したのも見逃せないポイントです。青はかすみなどによって遠くに感じさせる効果があるので空気遠近法とも言われています。

写真におけるデザイン要素を学ぶには長方形の四角の中にいかに理想的に配置するかにかかっています。くどいようですが最も重要な部分はここです。

撮影現場で目で見た光景の中にデザインに使える線や図形や色を見つけ出せるのは上級者の域です。言語化で探し当てていくのも有効な手段と言えます。それぞれデザイン要素を洗い出したら画面という長方形の四角にどう配置するのか考えましょう。ただし時間をかけてやる作業ではありません。

視覚的に理想的なデザインが完成したら、その上で光をよみとき被写体の魅力を引き立てましょう。最重要はあくまで「私の場合はこう撮りました」という表現、意図ですので、あまりデザインや比率に神経を取られないよう気を付けてくださいね。

いつかこういったセオリーを全て破壊できる岡本太郎さんのような芸術を目指すため、まずはセオリーを理解しましょう。理解しなければ壊し方も分からないものです。

それではまた!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

iphone7
iphone7

こちらの2枚の写真はどちらも出勤前にスマホで撮りました。1枚目は普通に撮ったもの、つまりカメラ機能の評価測光に任せた露出設定です。2枚目は露出補正を使って暗くし、花に露出を合わせました。1枚目は全体の明るさという意味では適正で葉の様子も明らかですが、肝心な花がちっとも魅力的に見えません。2枚目は全体の平均としては暗く、実際に目で見た光景よりも暗いかもしれません。しかしアジサイの花の魅力を私なりに感じて伝えるにはこの露出だったのです。表現とか意図とはこんな感じなんです。決して難しくないでしょう?

燈籠坂大師の切り通しトンネルの撮り方<房総の撮影スポット >インスタ映えスポット

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、および全国の隧道マニアの皆さま、ついに隧道ブームの兆しが見えてまいりました。

以前より人気ではあった南房総内房のエリアの撮影スポット 燈籠坂大師の切り通しトンネルですが、いますごく有名らしく観光バスまで来る盛況ぶりです。国道から簡単にアクセスできるのもあって、週末は多くの人が記念写真を撮りにやってくるようですね。個人的には嬉しいやら悲しいやらですが…燈籠坂大師…

しかしマニアックすぎた隧道カテゴリーが日の目を見る傾向ともとれるので、素直に嬉しいことと捉えましょう。

さて今回の究極のツーリング写真では、この燈籠坂大師の切り通しトンネルを例に露出などが難しい隧道写真の撮り方を解説をいたします。

燈籠坂大師 切り通しトンネルのようにもの珍しい光景を目にすると、それを普通に撮って満足してしまうのが落とし穴です。みんな素晴らしい写真を撮りたくて燈籠坂大師に来ているのに、ただの記念写真を撮って帰ってしまうのです…。

そんな落とし穴にはまらないよう被写体の魅力を解明しデザインとして取り入れ、見る人の心にひびく「作品」にしましょう。

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F3.2 1/4 ISO320

まずはこの作品をご覧ください。東側の杭口をトンネル内から超広角レンズEF14㎜F2.8Lで撮った作品です。トンネル写真の難しいポイントの1つは露出です。トンネル内部と外部は明暗差が非常に大きく、両方を写すことはできないのです。したがって露出の観点ではトンネル内部の写真にするか、外から見たトンネルの顔を写すのか?の二択になるのです。

上の作品の場合はトンネル内の様子に露出を合わせた写真になります。こうすると杭口から外の様子は真っ白な露出オーバーとなり何も写りません。しかし、真っ白に飛んでしまった部分は、あたかもその位置が太陽のように、光が差し込む様子に変貌します。これを利用しない手はありません。

このハイライト(最も明るい位置)にメイン被写体であるバイク+ライダーが重なるように位置合わせをしましょう。この写真くらいバイクを小さく写した構図でも、光の効果によりバイクの存在感は十分にあります。

多くの隧道写真に共通していえる撮影のポイントですが、内部の様子を撮ると決めたらカメラ位置は地面スレスレくらいのローアングルが望ましいです。路面の割合をなるべく小さくしトンネル内は壁面だけでなく天面も広角レンズで写してやるのです。




EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F2.8 1/6 ISO100

こちらの写真は東側の杭口の外から撮った写真です。同じく超広角レンズを使用しましたが、こちらはR1200GSの真下にカメラを置いて縦構図にしました。レンズのゆがみが最も悪影響してしまう四隅の部分にバイクが来てしまいましたが、この場合はバイクが主役ではありませんので無視します。

そして西側の杭口の線と繋げるような導線を作り意図的に縦二分断で構成しました。

明るさはトンネル内は真っ黒になりますが外の様子に露出を合わせた写真です。このように隧道写真とは内部を撮るのか、外の顔を撮るのかの二択と覚えましょう。そもそもカメラとはダイナミックレンジと言って明るさの観点では写る部分、写らない部分があるのです。それが写真なのです。ソフトウェアーでシャドウ上げなど調整を施す手法もありますが、それは度が過ぎると写真ではなく別の芸術になってしまいます。

 

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F2 1/200 ISO120

隧道写真に限ったことではありませんが、撮影地では被写体をよく見てあらゆる物に気が付きましょう。この写真では地面に水溜まりがあることに注目しました。カメラを水溜まりスレスレに接近させてリフレクション(反射)を作り、抽象的作品とも言える異空間をイメージして撮りました。異空間を表現するときは、このように斜め構図が効果的です。露出は杭口の外を優先して設定したため、壁面は暗いですが全体に緑の様子が表現されました。




EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F2.8 1/8 ISO100

次にこちらの作品をご覧ください。これは隧道内の壁面に存在している地層に注目した写真です。地層は南房総特有の玄武岩と火成岩の織り成す特長的な斜めの表情を持っています(地質学的な詳細は分かりませんが)。この線を写真のデザインに使わない手はありません。

メイン被写体であるバイク+ライダーから地層の線が放射状に延びるように構図を作りました。差し込む光もこの導線に手助けするような効果が得られました。モデルのポージングはこの導線に沿って歩むような仕草を演出しています。このように被写体の要素(地層)、光(差し込む光線)、ポージング(導線に沿って歩く)といった複数の要素を関連付けるのは高度なテクニックの1つです。

 

燈籠坂大師 切り通しトンネルの撮り方 まとめ

1.トンネルの中と外は露出が合わない。中の写真、外の写真とそれぞれ分けて撮ろう。

2.地層、苔むした様子、杭口の形、外の光、緑などなど、被写体をよく見て特長をとらえよう。

3.トンネル内部の写真はローアングルで壁面と天面をいっぱいに写そう。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

↓↓↓撮影地↓↓↓

館山道の富津竹岡ICから海沿いの国道127号に出て600mくらいの地点にトンネルがあり、その直前を左です。鳥居のようなアーチが目印。この国道に大型バスが駐車できるスペースがあるため、日中はハトバスなどのツアー客が次々とやってきます。写真を撮りに来るライダーも多いので特に週末は朝8時くらい迄にはここに着くよう出かけるか、逆に夕方を狙うのも良いかもしれません。

切り通しだけでなく燈籠坂大師の参拝もお忘れなく。

<房総の撮影スポット>柿木台 中間崩落隧道の場合

究極のツーリング写真 tourin-photography.com 読者の皆さま、突然ですがトンネルはお好きですか??

へっ?トンネル?そう、日本語で言うと隧道。あのトンネルです。いまトンネルが熱いんです!!!トンネルはトンネルでも素掘り隧道または手掘り隧道、呼び方はいろいろですが、とにかく大昔に作られた古い素掘りの隧道が素敵なんです!

 

リコーGR APS-C 月崎林道の素掘り隧道

多くは林道などを走りぬいた山中に突如として姿を現します。軽く100年以上は経過しているものはザラでして、むき出しの岩盤や地層、苔むした雰囲気、不気味とも美しいとも表現しがたい隧道の魅力にとりつかれれば、あなたも隧道探検ライダーの仲間入り。

今回はそんな魅惑の素掘り隧道のフォトジェニックな撮影スポットのご紹介です。もう既に素掘り隧道の魅力にはどっぷり浸かっているよ!というマニアもうならせる、ちょっとした珍スポットですよ!





はい、こちらです。千葉県市原市のクオードの森(旧市民の森)の敷地内にある林道で突如現れる屋根のないトンネル。おそらく、かなりの昔に中間が何らかの原因で崩落してしまい、中央部分のみが空が見え明るいというなんともファンタスティックなトンネルなのです。

場所は千葉県市原市柿木台といって小湊鉄道の月崎駅からほど近い、クオードの森(旧市民の森)の敷地内です。クオードの森の駐車場に入る前の林道を左折。林道は全線舗装ですが交通量が少なく落ち葉や枝、泥などで荒れています。オンロードバイクで行かれる方は特にご注意ください。

ちなみに上のGoogleマップでは「月崎トンネル」と表記されていますが、これが正しい名称なのかは不明です。この近辺にある柿木隧道や永昌寺隧道と違い、トンネルの名称や経緯を記す看板などは見当たりません(もちろん無くて良いのですが)。

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L

この写真は割と最近になって撮影したもので2018年5月2日です。隧道を撮影する場合、意外と手ごわい要素が多いです。既に撮ったことのある方はご経験あると思いますが、イメージ通りに写真にならず難しく感じるでしょう。

まず露出に苦しみます。トンネル内の明るさと外の明るさに差が大きく発生するため、両方に露出を合わせることができません。トンネルの何を撮りたいのか?をはっきりさせないと構図も露出も決まらない中途半端な写真に陥ります。




それとこの中間崩落隧道のように珍スポットには大きな落とし穴があります。それはもの珍しい被写体やシーンでは、それを普通に撮ってしまうだけで満足してしまうという事です。珍しいものを写真に記録できただけで不思議と満足感が発生するのです。分かりやすい例で言うと虹なんかは最たる例です。虹が現れると多くの人は広角側で虹の全体像を画面に収め、それを普通に記録して「やった虹の写真が撮れた」と満足するものです。

優秀な写真家であれば珍しいシーンであっても作品の意図を表現するために、構図やデザインや光の使い方などを試行錯誤するものです。この落とし穴にまんまとハマらなよう、撮影現場では隧道の表情をよく観察して自分が最も気に入った部分に焦点をあてて作品を作りましょう。

隧道の注目ポイントはいろいろです。内部の地層が見える壁、杭口の形状、ポータル(いわゆる出入口の顔となる部分)の雰囲気、あるいは隧道自体ではなく周囲のシダ植物や木々が良い感じだった!なんてこともあります。

この中間崩落隧道では1.バイクをトンネルの中央に停めても暗くならない 2.南側のポータルに存在する上部の木の根 3.シダ植物がジャングルっぽい雰囲気 4.天井の穴の形状 などが挙げられます。自分が最も気に入った部分が魅力的に伝わるよう構図を作ってくださいね。

ちなみに最後の写真はポータルをメインに撮るやり方で、上の木々から差し込む光を大切にポータルの雰囲気が不気味になりすぎないよう丁寧に仕上げました。バイクの大きさは存在の薄い米粒構図になったので、ヘッドライトを点灯させて存在感を主張させました。

ローアングルで撮っているのは単に光を入れたかっただけでなく、舗装された路面に色気を感じなかったので、極力地面側が写らないようローアングルで撮りました。

どうです??いいでしょ?素掘り隧道。あなたもぜひ行って写真を撮ってみてくださいね!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング