旅先で見つけた光景を切り取る ツーリング写真において

みなさん、この週末は素敵な写真が撮れましたか?

今回は久しぶりに「毎日スナップ」のカテゴリーで更新です。以前に記事にしました「毎日100ショット精神」でみるみる上達しますよ!の続きです。

ツーリング先で出会った光景を、無理に自分のオートバイと組み合わせていませんか?

  EOS1Dx + EF70-200mmF2.8L F6.3 1/400 ISO100

この作品は10月に小湊鉄道の沿線をバイクで走っていたとき、発見した「小さな風景との出会い」でした。

中途半端に古びれたトラクターとコスモスのお花とのミスマッチ感が気に入って撮った1枚です。ボカしたコスモスの花のディティールが重要だったので、慎重に絞りを調整しF6.3を選択しました。

錆びて動かない機械や廃墟などは私の好きな被写体なのですが、SNSで発表すると女性から「怖い」といったコメントをいただく場合が稀にあります。この作品なら可憐すぎるコスモスとシュール過ぎるトラクターが互いを打ち消しあって、ユニークな1枚になったのでは?と感じます。

自分で自分の作品を「お気に入りの1枚です」なんて言うとバカみたいだ、という意見もありそうですが、私は決してバカけてもなく恥ずかしくもなく、自分が気に入った1枚なら胸を張って「お気に入りの1枚です」と公言するのは素敵なことだと思いますよ!

変にカッコつけるのは歪曲した作品へのプロセスかもしれません。写真は自由な冒険ですので楽しさと純朴さを忘れずに!

話が少し脱線しましたが、毎日スナップと同様にツーリングに出かけたときも、旅先で見つけた何かに積極的にレンズを向けてみましょう。バイクやライダーが写っている写真だけにこだわると、撮影シーン自体が限られてしまい上達へのチャンスが減ってしまいます。

私はこの1枚で異なる魅力をもった2者を組み合わせるとユニークさが生まれる、ということを学びました。いろいろ撮るといっぱい学べるんです。

そして何より楽しいですよ!

 

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

旅の気持ちで撮影に挑む ツーリング写真

その旅が終わって何年も経っているのに、忘れず記憶の中に焼きついている景色がある。

それは必ずしも絶景や有名な景勝地などではない。

むしろ、その土地ならどこにでもある普通の景観だったりする。

  EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F5.6 1/400 ISO100

北海道の霧多布岬の周辺はその名の通り、いつも霧に包まれている。

この写真を見ると寂しさや不安感を抱くかもしれませんが、私の記憶に焼きついて離れない「記憶のツーリングシーン」とは、こんな感じが多いです。

長旅の工程では心は浮き沈みを周期的に繰り返し、やたらと過敏に反応する鬱のようなタイミングで見た光景なのかもしれません。

モーターサイクリストは全身に霧を浴びながら空間を駆け抜けたり、潮や緑の香りを感じたり、ある時は地域の人々に「旅人」として受け入れられ、優しさに触れたりして旅を続けるのです。

雨に当たったり想定外に寒い思いをしたり、服は汚れるし、荷物は限られるし、苦行とも言えるシーンの連続ですが、その旅程の中に心に入ってくる風景や出会いがあれば、それだけで心が満たされるものです。

私はこういったモーターサイクリストが見ている旅の世界に美しさを感じ、本物のツーリングのワンシーンを写真作品にしたいと思っています。それが作品化できればオートバイ、旅(観光ではない)と無縁だった人々に素晴らしい世界を教えてあげることができるのです。

今年の8月に久しく行けなかった北海道に行くことができました。私にとって記念すべき10回目の北海道ツーリングでした。フェリーの予約がとれたり、地図を眺めてどこに行こうか考えたりするだけで、心が子供のようにワクワクドキドキしました。

ここ2年くらいかけて写真修行した成果も、北海道という最高のステージで発揮できるという期待感もありました。しかし、実際に行ってみると運の悪いことに旅程中は雨ばかりで、大好きな夕焼け朝焼け、満点の星空などとは無縁の旅に終わってしまいました。

旅の内容は良かっただけに「本物のツーリングのワンシーンを・・・」が作品化できなかった不完全燃焼が心に淀みを残してしまいました。

「撮りに行った写真」と「本物のツーリングのワンシーン」の違いを打ち出してやろう、などと考えたのも敗因のひとつだったと感じます。

作品にある程度の演出を加える派、の私にとって「本物のツーリングのワンシーン・・・」というそのテーマは自ら方向性に矛盾点を作ってしまった!とも感じています。

いま私が中期的に学んでいきたいのは旅と写真の関係です。

まずは常に旅の気持ちを心にもって撮影に挑みたい。そんな風に感じている今日この頃です。それは場所や距離に関係なく極めて内面的な旅の世界観です。

もし共感していただける方がいましたら、いっしょに学んで当ブログで意見を交わしましょう。きっと素敵な話で盛り上がると思いますよ。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

まずは極めよ「ひとつを明確に」<初級>ツーリング写真

みなさん素敵な写真、撮られていますか?

今回は当ブログの解説シリーズで度々出てきた「○○だから△△した」の法則に基づいて、写真の基本とも言われる何をどう撮るかを解説したいと思います。もちろんツーリング写真としての解説ですよ。

「○○だから△△した」

人の心に訴える良き作品とは意図が明確であり大胆に主役を切り取ったものだと考えます。写真芸術の歴史に残る名作とは、いたってシンプルな作品が多いのも、作品の訴える主題が明確に表現されていることと、シンプルであることは密接な関係があるからだと思います。

今回は○○だから・・・の○○の部分に注目し、写真の永遠のテーマである何をどう撮るか?の秘密を紐解いていきたいと思います。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F5.6 1/320 ISO100

こちらの作例をご覧ください。私の大好きな漁港でのワンシーンです。この場所では海が綺麗でしたし、古びた漁船、レンガ造りの倉庫など魅力的な被写体の宝庫でした。素敵な場所を見つけたのでここで撮影に挑んだのですが、まずはよく言われる「写真は引き算」の考えを持ちましょう。

この場所で私が最も気に入ったのは黄色い浮きです。黄色はデザインの要素「色」の中でも強烈な進出色として印象を与えます。連続して丸い球体が置かれていることにより、画面に導線を作って奥行きを作ることもできます。これ1つを主役にして構成し、ツーリングシーンとして撮った1枚なのです。海や漁船といった他の要素は潔く削ぎ落としました。おそらく、この写真を見たほとんどの方が「この黄色い丸いのが良いねぇ」と言っていただけるのではないでしょうか。

初心者の方が陥りやすい構図は良いと感じた複数の被写体をあれもこれも画面に入れた写真を撮ってしまうことです。

この作例をご覧ください。私が4年前に撮った写真です。やはり漁港でのワンシーンですが空、漁船、バイク、ライダー、遠景の山・・・様々な要素を画面の中に入れて何が言いたいのかイマイチ入ってこないです。かと言って広角レンズの利点を生かした、景色の雄大さを1つの主題とした作品とも言いがたいです。失敗作品は保存していないので、探すのが大変でしたが保存されていたこの写真は、このとき私はこれが良いと思ったのでしょうね…。

EOS1Dx + EF70-200mmF2.8L IS F2.8 1/1600 ISO100

次にこちらの作例をご覧ください。草地に休息するかのように佇む小さな漁船。背景はいたってシンプルでフレーム外へ向かって歩き去る漁師さんの姿はピンボケで脇役に徹しています。このように漁船と漁師といった関連性のある複数の要素があっても、主従関係を明らかに船が主役、漁師さんが脇役(もちろん逆でもOK)と明確化するのが大切です。

必ずしも当てはまる訳ではありませんが、原則は主題が1つでその他の要素は全て素晴らしき脇役と美しい背景であるべきなのです。このことが10人の人に見せて10人とも「この写真は○○がいいですね」と○○の主題が同じものをさすコメントがくれば合格ではないでしょうか。

お気に入りの撮影現場では「どれか1つなんて選べない」という声が聞こえてきそうです。安心してください。簡単な方法がありますよ。良いと思ったものは全ていちど言語化してください。そのとき以下のように必ず形容詞をつけてください。

・遠方の山間いが霞んで美しい ・海の深い青が印象的だ ・厳しい気候によって風化した建物が崇高である といった具合に。そしてそれぞれが主役の写真を撮って、帰宅したらどれをお気に入りの1枚にするか、じっくり考えましょう。

遠方の山間いと青い海と風化した建物を1枚の写真にしないことです。

長くなりましたので今回はこの辺で!<初級>ツーリング写真はしばらくこのテーマで展開していきますので、お楽しみに。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

心理的に想像を誘う作品<中級>ツーリング写真

みなさん素敵なツーリング写真、撮られていますか?

ツーリング写真に限らず、お仕事の日でも通勤中などに撮る「毎日スナップ」も上達しますのでぜひ実践してみてくださいね。

今回は中級として「鑑賞者への心理的誘導」のお話をしたいと思います。

  EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F25 1/50 ISO100

 

こちらの作品をご覧ください。海岸での撮影シーンで岩場まで迫る波しぶきが印象的だったので、ここで撮影に挑みました。焦点距離は484mmでかなりの望遠を使用して圧縮効果を使っています。ポイントは近景となるバイクのディティールが誰が見てもバイクと分かるようにF25まで絞り込んだこと。同時にシャッターが遅くなったことによって波に動きを加えた点です。

心理的誘導なんて言うと悪いことみたいですが、画面には写っていない世界への想像を誘うといった方が適切でしょうか。モデルの頭が画面から切れて、なおかつ画面外へ向かって歩いていくシーンを作りました。

写真の鑑賞者とは人物がいれば顔を見ようとするし、文字が書いてあれば読もうとします。また画面外へ向かっていたり、逆に入ってきたような動きが確認できれば画面外の世界はどうなっているのか?自然と想像が働きます。

このように鑑賞者には見えない部分を意図的に作って、画面内にそれと関連させる要素を入れてあげると、作品内にストーリーを埋め込むことが可能です。

この作品の場合、ここに到達してバイクから降り海岸の絶景地を見に行くところ。そこはどのような絶景が待っているのか?ということを予感させます。

モデルがヘルメットを持っているのは、カットされたバイクの様子だけでバイクと分かりにくかった場合を想定して、ヘルメットを登場させています。

心理的誘導はデザインの要素も大きく関係していて、今後も何度かにわたって解説していきますのでお楽しみに!

 
 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

私のカメラ キャノンEOS1Dx 一眼レフ

今回は私がメインで使っているカメラのご紹介です。

写真ばかりアップして「何で撮っているんだろう」という疑問を無視しておりましたので…遅ればせながら!

ただ、あまり参考にはならないと思います。普通、バイクツーリングで使うならもっとコンパクトで携行しやすいカメラか、一眼レフでも交換用レンズを複数本も持って行くなんて私くらいだと思いますので。

皆様にオススメするカメラや選び方は、また別の機会に投稿いたします。

キャノンの一眼レフカメラ EOS1Dxです。

フルサイズセンサーを搭載したプロ用のカメラで、AIフォーカスや連写性能に特化しています。なのでスポーツシーンに特に威力を発揮し、オリンピックなどでも公式に採用されていました。価格も高いです。

スポーツシーンが得意なカメラをなぜツーリング写真に?

このカメラを使用している1番の理由は信頼性です。出先で故障してしまうのは、どうしても許容しがたい事態です。オートバイに積載して走行すると、雨天による湿気、オフロード走行による激しい振動や衝撃など、通常の移動手段と比較すると過酷です。プロ機というのは重要なシーンでの故障は損害が大きいので、やはり堅牢かつ高い耐久性で設計されているのです。

高感度でのノイズが少なく日没後のシーンや星空の撮影では何かと助かる、というのもありますが、これについては他の最新カメラでも同等に良くなっているので、あまり特筆すべきポイントではないかもしれません。

~この先に書くことは参考にしないでください~

それと気合が入る!!グリップを握って構えたときの気分の高揚感ときたらありません。もし全世界に衝撃を与えるような超絶景とシャッターチャンスが自分の前に現れたら?!撮影者が自分しかいなかったら世界中の期待が「その絶景を切り取れっ」と重圧をかけてくるでしょう。そんなときに怖気づいたりしないよう「お前ならやれる!」と背中を押してくれる、そんな頼もしいカメラなのです。

すごく大きくて重いのでバイクツーリングで使うには普通は選択肢に入ってこないカメラです。というよりアマチュアカメラマンは普通は買わないです。皆さんには決してオススメするような代物ではありませんので。

私はこのEOS1Dxに主力として使っているレンズ・キャノンEF14mmF2.8L ・SIGMA35mmF1.4ART ・キャノンEF70-200mmF2.8L ・SIGMA150-600mmF5-6.3DG C の中から2~3本をチョイスして出かけています。レンズのお話はまた別の機会に記事にしますので。

カメラ、レンズの話題についてはボディの選び方、レンズ(単焦点、ズーム、広角、標準、望遠など)の使い方など今後も定期的に話題にしていきますのでお楽しみに。

 

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

動かぬ風景のシャッターチャンス

長野県 木島平村 カヤの平にて

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 25SEC ISO1600

 

星空の中で雲が風にのって流れていた。

大きなものや小さなものや、すじのようなもの、薄いもの。

肉眼でよく分かるほど東に雲が流れていて、25秒というスローシャッターでとらえてみた。

すると薄く流れた雲が満天の星空を透過した。

美しい。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

美しき日本のキャンプ場【カヤノ平高原】キャンプツーリング

美しき日本のキャンプ場 カテゴリ

当ブログの趣旨は「ツーリングのワンシーンを切り取る」なので、あくまで素晴らしい写真作品と関係性のある内容となります。すなわちキャンプ場自体が撮影スポットではないか!という美しいロケーション&雰囲気のあるキャンプ場に限定して、このカテゴリーでご紹介していきます。

美しき日本のキャンプ場シリーズ 今回は記念すべき一回目の投稿で長野県木島平村にあるカヤノ平高原キャンプ場のご紹介です。

よく見ると「カヤノ平」ではなく「カヤの平」って書いてありますね・・・

住所:長野県下高井郡木島平村大字上木島木島国有林

料金は私が行った2016年10月で1名、オートバイで2泊  2100円でした。営業期間6~10月 ※料金や営業期間等の詳細は事前にオフィシャルサイトでご確認ください。

木島平カヤの平高原

群馬~長野エリアの定番ツーリングルートでもある志賀草津道路。その北側に位置する木島平村は私の大好きな奥志賀林道の中盤あたりに位置します。標高1400~1700mもある高原キャンプ場ですので真夏でも涼しく、10月は冬キャンプのようなシャープな空気を満喫できます。

樹齢300年のブナの原生林を背景に、最高のロケーションでキャンプができます!

買出しは近くにお店が何もなく、国道403まで降りてコンビニに行くか、さらに国道292(志賀草津道路)との交差点を過ぎ中野あたりまで行くと、スーパーやイオンがあります。お風呂も同じで国道292まで行って渋・湯田中温泉郷などがお勧めです。

  EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L IS F4.5 1/125 ISO100

まずは写真をご覧ください。スケール感がすごいと思いませんか?はじめて行ったとき、敷地がとても広くて驚いたのですが本来は牧場であるとのことです。

  EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L IS F5 1/400 ISO100

樹齢300年を超えるブナの原生林。ここは霧の名所でもあり早朝はこの風景を撮るために、何人かのカメラマンが来ていました。

↑管理棟  夜間は無人ですが日中は管理人さんが常駐しています。この周囲の山のことなら何でも聞けば教えてくださる気さくな管理人さんでした。このときは名物の巨大ナメクジ「山ナメクジ」の話題で盛り上がりました。この管理棟からWifiが出ていますので、周囲100mくらいならネット接続可能です。携帯電話は私が行ったときは全てのキャリアで圏外とのことです。下界との連絡手段はWifiに接続してLINEかメッセンジャー等を使ってください。ちなみにバス停が見えますが奥志賀側ではなく国道403方面へバスがあるようですね。

↑かなり立派な炊事棟。一箇所のみですが広々として使いやすいです。

↑ロッジもありました

←トイレは管理棟内に一箇所あるのみ。水洗で極めて綺麗でした!

 

 

 

↑貸しテントサイトでしょうか。

↑トレッキングコースである北ドブ湿原の入り口。私は装備品を何も持っていなかったので行きませんでしたが、靴さえ用意すれば片道45分程度のコースだそうですよ。貴重な高山植物や野鳥、昆虫を見ることができます。7月には一面にニッコウキスゲが咲くそうなので、私はいつか絶対に行ってみたいと思います。

高原らしい清清しい青空とシャープな空気。いつまでもここに居たいです。

私個人として木の存在がとにかく素敵だと感じました。あまり低地では見かけない雰囲気の木ばかりです。

この時は私としては珍しくソロではありませんでした。R1200GS ADVENTURE同士の2台で行ってきました。

深夜に満点の星空を満喫したあと、徐々にあたりは霧に包まれていきました。

霧でつつまれた幻想的な早朝のキャンプサイト。相方はまだ夢の中・・・

管理人さんの話によると、鹿はすこしいますが熊などの動物については、ほぼ心配ないとのことでした。夏場はブヨが多いので強力な虫除けと、刺されてしまった場合の薬は持っていった方が良いです。奥志賀林道からカヤの平までは、とくに秋の季節は落葉が湿って滑りやすいのでバイクの人は運転に注意とのことでした。

 

 EOS1Dx + EF100-400mmF4.5-5.6L IS F5 1/200 ISO100

日本の美しきキャンプサイト 第一弾はカヤの平高原キャンプ場でした。



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ゆらめく炎~キャンプツーリングの夜更け

福島県 檜原湖の北岸  早稲沢浜
2016年5月

お気に入りのダンロップテント、旅の相棒R1200GS-ADVENTURE、スノーピークの焚火台、キャプテンモルガンのラム酒。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F4 5SEC ISO1600

焚火の炎を眺めていると心が落ち着く。むかしは糸の切れた凧のように、ひたすらバイクで走り回っていた。

どっかの最南端とか最北端とか、やたら陸の端っこに行ってみたり、地の果てという言葉に拘って阿保みたいに遠くまで走り回っていた。一回の北海道ツーリングで5000kmを超えたときもあった。

ある時期は走り回っているだけでは旅の本質は見えてこない…と気が付き、やたらのんびり旅したこともあった。本物の旅を追求するなら徒歩か自転車かカブだろうと思った。

今はまた考えが違う。旅の本質はどこかへ行ったことよりも心の中にあるのかも。だから距離とか手段はさほど重要ではないのでは?と。

写真は10年くらいのキャリアだけど、本腰を入れてやったのはここ2年くらい。アウトライダーのツーリング写真コンテストは初心者の頃から、定期的に応募していて誌面の常連だったけど、なかなかグランプリが獲得できずにいた。

あるとき他の方の素晴らしい作品が、その年のアウトライダーツーリング写真コンテストの年間グランプリになった。その作品を見て愕然とした。こんな凄い写真、自分には到底撮れないと。

諦めの感情の後に、この焚火の炎のようにメラメラと何かに火がついて、ひたすら我流で写真修行を重ねてみた。絶対に来年は自分がグランプリを獲得するぞと。

結果、翌年のアウトライダーツーリング写真コンテストの年間グランプリ発表号で、念願の年間グランプリを獲得できた。

すると、燃え尽き症候群ではないが、こんどは目標を見失ってしまったかのような迷路に迷い込んだ。自分はツーリング写真の美学をコンテストの為だけに追求していたのか?

そんなある日、ある大企業の社員が自殺したというニュースが世間を騒がせていた。みなさんは同調圧力という言葉をご存じだろうか?ここで詳しくは書きませんが自分独自の考え、あるいは個性は認められず会社や団体、なんらかの組織内で少数意見を多数意見に丸め込む圧力です。このニュースは会社組織により自殺に追い込まれた社員の悲しい出来事でした。

もし、その方が思い悩んでいたときに、写真作品で旅の魅力を伝えて苦しみから解放することは出来なかっただろうか?死んでしまうくらいなら、何もかもを投げうって、こんなに美しい旅の世界を体験してみたら?そう問いかけてみたら、どうなっていたか。

もちろん今の私の写真では、そんなことは無理だろうけど、いつか旅の美しさを表現できたら、自分という人間「一個人」での何らかの社会貢献として生きている手ごたえが見いだせるかも知れない。

単純にバイクでツーリングして、美しい景色や光景をカメラに収めてくるだけの行為だけど、それに可能性を感じて今も上達したいと願っている。

焚火の炎をながめていると、そんなことばかり考えてしまうから不思議だ。檜原湖の湖畔で。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

なぜオートモードはダメか<初級>ツーリング写真

今日もきれいな秋晴れで写真ツーリングに最高の1日ですね。私は仕事ですが…

今回はカメラの設定について解説をしていきますが、<初級>の最初の回で書いたことを是非わすれずに思い出してください。皆様は芸術的な写真を撮ることを目標に、当ブログを見ていただいてる・・・という前提で解説していきますので!

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F7.1 1/400 ISO100

前回の<初級>記事で書いた三分割縛りは実践されましたか?目の前の光景を三分割線にあわせて構成していくのは言うほど簡単ではない・・・と感じていただけたでしょうか。それに足を動かして試行錯誤するのは労力も要りますし、スポーツに近い感覚だと私は思います。ファインダーを覗きながら動きまわっていると、転んだり車にひかれたりと危険が伴いますので、くれぐれも周囲には十分気をつけてください。ちなみに私は転んだことがあります。

さて今回は初級らしくカメラの基本的な使い方の話題です。といっても一般的な「カメラの使い方」ではなく、究極のツーリング写真流に解説していきます。・・・が、その前に私から皆様へお願いがあります。

もう一度、カメラの説明書をよく読んでください!

初心者の方が難しいと感じているカメラの操作方法は、大半は説明書に載っています。説明書は分厚くて、読む気になれないのは良く分かりますが、肝心な部分は全体のページの3~4割程度です。あとはストラップの装着方法とかバッテリーの充電方法とかでページをたくさん使っているものです。

カメラの中は箱になっていて普段はシャッターで閉ざされて真っ暗闇です。あなたがボタンを押したときだけレンズを通して外の光が入ってくる仕組みです。この箱の中が外の世界にどれだけ露出していたか?で出来上がる写真の明るさなどが決まるのです。

箱の中にどれだけの光を取り入れるか??それはシャッターが開いていた時間であるのと、レンズの中にある穴ポコの大きさで決まります。そしてそれぞれに表現の役割があります。

シャッターの時間とレンズの穴ポコの大きさはカメラのコンピューターに任せることもできますし、あなた自身の意思で決めることもできます。ここでは初級者の方を対象に、この両者のどちらか片方だけを自分の意思で決めて撮影する手法について解説します。

これから写真をはじめる方、初心者の方には露出を理解するのは難しく感じるかもしれません。しかし安心してください。いま理解できなくても将来は簡単なことだった!と分かる日がきますし何より「さほど重要ではなかった」とも感じるでしょう。

 

1.シャッター速度優先モードとはシャッターを開ける時間だけは、あなたが決めてね。あとはカメラのコンピューターが決めますから、というモード。シャッターを押したとき「カシャッ」という音がしますね。あれは「カ」が開くときで「シャ」が閉まるときの音なんです。シャッター速度が遅いと「カ・・・シャ」となり手でカメラを持っていれば手ぶれしやすく、動いている被写体もブレます。ブレでスピード感を出したり、逆に一切ブラさず瞬間を表現するときに使います。

EOS5D Mark2 + EF14mmF2.8L F5.6 1/20 ISO100

この作例をご覧ください。流れるトンネルの風景をスピード感を出したかったので1/20という遅いシャッターを選択しブラしました。シャッター速度を撮影者の意図でコントロールするというのは作品内に時間軸を与えることなのです。

 

2.絞り優先モードとはレンズの中にある穴ポコの大きさは、あなたが決めてね。あとはカメラのコンピューターが決めますから、というモード。F値とも呼ばれ数値は小さいほど穴ポコは大きく、大きいほど穴ポコは小さいという、何だか円高ドル安みたいな関係です。F値が小さいとピントが合う奥行き方向の範囲は狭くなり、ピントを合わせた被写体以外の場所はボケます。F値を大きく(絞り込むと呼びます)すると逆に広範囲にピントが合います。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-5.6DG F6.3 1/640 ISO100

この作例をご覧ください。私の大好きな漁港でのワンシーンです。私は千葉県民なのでどうしても海の写真が多いです・・・。手前に十分なスペースを作った縦構図で地面の舫綱と連続して設置された杭を使い、奥行きを出しています。手前の舫綱をボカして被写体の存在を際立たせようと思ったので絞りをF6.3にしました。このようにボケ具合を撮影者の意思で調整するのが絞りを操作することなのです。

 

3.ISO感度は絞りとシャッター速度のそれぞれの役割では補えないほど、暗いシーンで撮影する場合に使用します。暗いのでやむ得ず使うものです。

EOS1Dx + EF70-200mmF2.8L F2.8 25SEC ISO800

この作例をご覧ください。画面の動く要素は一見すると人物くらいですが、海面の波を遅いシャッターでブラしたかったので、モデルは少しの間はじっとしているとして、F2.8(このレンズで最も明るいF値)、シャッター25秒としISO感度は800となりました。感度は上げるほどノイズが発生し、ザラついたような写真になるため、なるべく低くするのが原則です。

 

4.そしてそれぞれに露出補正といって、カメラが決めた露出値に対して「そうではないよ、もっと明るく」とか「もっと暗く」とあなたの意思で修正してあげる機能があります。絞り優先モードのときはシャッター速度を、シャッター優先モードのときは絞り値を、カメラのコンピューターが良かれと決めた値(どんなに高性能なカメラでもイマイチ)に対してバンバン修正してくださいね。

 

とここまで来れば、カメラの撮影モードは迷うことはありません。

メーカーによって異なりますが絞り優先モードならA(キャノンならAV)、シャッター速度優先モードならS(キャノンならTV)、どちらも自分で決めるよ!というマニュアルならMです。私が使うのは大体はAV(しょっちゅう露出補正)もしくはMです。

その他のシーンモードなる子供だましのようなモードは使わないでください。こういったカメラ任せの機能を使っていたら上達しませんので!なぜシーンモードがあるのか?は芸術的な写真を目指さない人達が使うためにあるのですよ。

どうですか?難しかったでしょうか?

今回書いた内容は一般的なHOWTOでは重要とし最初に教わることですが、私は必ずしも初心者の方にとって最初に学ぶべき重要なこと、とは思いません。というのは当ブログで何度か出てきました「○○だから△△した」の法則にある○○の部分が初心者の方には分からないため最初に△△を学んでも意味がないと思うからです。

2.の絞りの作例にある写真なら「手前の舫綱をボカしてバイクの存在を際立たせよう」なんて初心者の方には思いもしないですよね。

まずは「何をどう撮るか」を追求しましょう。当ブログの<初級>では今後はここにフォーカスして解説をすすめていきますので、お楽しみに!

 

つづく



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

心の中の露出計<中級>ツーリング写真

適正露出という言葉はよく耳にしますが、私個人としてはカタログや記録を撮影する商用写真分野の言葉ではないかな?と感じています。

個人的に作品として発表するなら、特に適正露出という言葉を意識する必要はないかと思います。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 1/4 ISO640

この写真は10月に福島の磐梯吾妻スカイラインで撮影しました。撮影地点のすぐ上は浄土平ビジターセンターです。

日没直後の時間帯。観光客で賑やかだったこの辺は嘘のように誰も居なくなります。こうなると絶景を独り占めできるような気分になり、一気に撮影集中モードに切り替わります。

ほのかに残った太陽の明かりが一切経山の稜線を美しく浮き立たせていました。このハイライト部分が画面内で主役になるよう構成し、補助的な導線として暗いですがカーブのセンターラインを配置。これで鑑賞者の視線誘導効果と画面内に安定感を与えています。

バイクは超米粒なので、スマホなどの小さい画面で見ると厳しいものがありますが、大きなモニターや6つ切り程度のプリントなら丁度よいかもしれません。

誰の目にも暗い写真ですが、私が暗い写真を撮りたかったので個人的にはこれで良しとしています。ただ実際の現場の明るさよりは少し明るいかもしれません。

このようなシーンで「適正露出」という言葉に縛られると表現の幅が制限されてしまいます。適正露出は実際の明るさを正確に写真にするのではなく、あくまで撮影者の心の中です。

もっとも暗い写真というのは難しい面もあって、見ていただく方のモニターの設定によっては完全に真っ暗に見えたり、プリントの場合は紙質などにも合わせてシビアな調整が必要となってきます。

この写真はパソコンのモニターで見る前提で仕上げてみました。

実際の光景よりもイメージを優先して暗く撮った写真を「ローキー」。逆に明るく撮った写真が「ハイキー」です。ハイキーな写真はまた別の機会にご紹介します。

みなさんも心の中の露出計で表現の適正露出をたたき出してください。

 

つづく



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村