カメラは使いやすいお気に入りであること カメラ選びの基本

「カメラを買おうと思っていますが何がおすすめですか?」

これ、よく聞かれるんです。実は私はあまりカメラ自体には詳しくはないのです。最新のモデルがここが良くなった、とかAFが優れているとか、描写が素晴しいとか。全く関心がない訳ではないのですが、どうも撮る方に夢中になりすぎているせいか、よく知らないのです。

そのため、カメラのことを聞かれても最新の製品情報としての有益なアドバイスは苦手です。しかし全くの主観でも良いということであれば、写真が好きな人やこれから始めたい、という人に何らかのアドバイスはできるかな?と感じ、今回はカメラの選び方について書いてみたいと思います。

~カメラは何を買おうか?~

といっても本当にいろんな種類のカメラがあって、確かに初めての方や詳しくない方にとっては選ぶのは簡単ではないですよね。

コンデジ入門機、コンデジ中級機、コンデジハイエンド機、ミラーレス一眼、一眼レフ入門機、一眼レフ中級機、そしてフルサイズセンサーの一眼レフハイエンド機。

一般的なデジタルカメラだけでも、こんなにあります。さらに一眼レフならどのようなレンズを揃えるかも重要ですよね。

私は人にカメラ購入時のアドバイスをするときに、その方がどのような気持ちで写真を撮りたいと思っているか?をまず聞いてみます。

素敵な写真をたくさん撮って家族や友達に見せたい!ツーリングに行ったらきれいな景色の中で愛車をかっこよく撮りたい、人それぞれ様々あると思います。

そして何より「いい写真が撮りたい」という気持ちの情熱の温度を知るようにしています。私のように沸騰している人間ばかりでないのは分かっていますので。

情熱の温度が低いのに大きく重いカメラを買って、結局は持ち歩かなくなったり、値段の高い機種を買ってしまい使いこなせず、高い買い物だったと後悔させたり、そのような間違いがないように、どれくらい本格的に?趣味として極めたい?あるいは私のような写真が撮ってみたい(と言って頂ける方は稀ですが)?、なるべくヒアリングしてみます。

これから写真をやりたい!または新しいカメラを買って、さらに本格的にやりたい!という方の情熱の温度は最初は低くても大丈夫です。写真を撮る喜びを知ることにより、徐々に温度は熱くなっていくものですから。

上:リコーGR  下:ソニーRX100

全ての人の要求にぴったりなカメラは存在しません。現在のレベル、情熱の温度、どんな写真が撮りたいか、それと予算などに合わせて大まかな選択肢を作っていきます。

スリムなコンデジは機能が簡略化されている反面、持ち運びに優れているため気軽にポケットに入れて出かけることができます。カメラを持って出かけるのが面倒と感じることがないでしょう。

一眼レフは「よし!カメラ持っていくぞ」という意気込みが必要ですが、優れた画質と操作性では理想的な選択肢です。もちろんレンズを交換することにより表現の幅が広がるのも大きな利点です。

これだけはやめておけ!というカメラはほぼ無いと言い切って良いです。10年以上前は「これは酷いな」と思うコンデジはメーカーによって存在していました。特に家電系メーカーは派手な発色で画像を作ることにより綺麗に撮れているように思わせている「まやかしコンデジ」が多かったのです。



バカチョ〇カメラ(死語であり現在では放送禁止用語だそうです)でいいんだぁ~、私はオートモードだけでOK!みたいな方々に「まやかしコンデジ」は大ウケでした。当時、派手な発色は良い写真に見えたようです。

今はそういった需要のカメラはスマホのカメラ機能(カメラアプリ)にごっそり持っていかれたので、まやかしコンデジは消滅したと言って良さそうです。

多くの人が「写真を綺麗に撮ること」に必要以上に執着しているように思えます。これは昔は綺麗に撮ることさえ難しかった時代があり、そのことが記憶にそう遠くないのが原因でしょうか。画素数も同じで高画素なら偉いと思い込んでいるのも、何かの勘違いが流行してしまったのでしょう。貼り絵のように粗いデジタル画像は誰でも見た事があると思います。それって15年以上前の80万画素のデジカメとか、はじめて携帯にカメラの付いた写メールの時代の画像ではありませんか?個人的には1000万画素あれば十分だと思います。

決して画質はどうでも良いと言っている訳ではありません。確かに画質は良いに越したことはないです。ただ写真芸術史に残る名作写真や著名な写真家の傑作は、どれも何十年も前の古いものばかり。それらが最新のカメラの画像と比較して画質が悪いからと言って、現代に見たら駄作でしょうか?違うと思います。つまり画質や画素数は重要ではありますが執着すべきポイントではないですね、という話です。

ちなみに私の愛機EOS1Dxは1810万画素。2000万画素にも満たないんです。

現代のカメラで「綺麗に撮れないカメラ」なんて無いと思って大丈夫です。

割と不変的な意味合いでカメラの選び方のポイントを紹介します。

~カメラは使いやすいお気に入りであること~

ずばり、この一言につきます。

・使いやすいこと→ 写真を撮るときによく使う機能が簡単に操作できること。例えば電子ダイヤル(絞りやシャッター速度などを調整するもの)、露出補正、ISO感度の変更など。頻繁に使うのに複数のボタン操作で下の階層にいくカメラでは使いにくいのです。

それと構えたときの持ちやすさ。グリップのあるカメラを買う場合は手の大きさに合っているか。私の場合は手が大きいので一眼レフの入門機あたりではグリップが小さく、指先がボディに当たってしまいます。グリップの無いコンデジの場合はリコーGRくらいの本体の大きさが一番持ちやすい大きさです。

コンデジの場合、コンパクトなほど偉いと思っているミニマリストの方がいらっしゃいますが、小さいカメラは操作するボタンやダイヤルも小さく、手の大きな人には使いにくい場合があります。

手の小さい方はいくら高性能なカメラが欲しいと言ってもグリップが大きすぎてホールドできなかったり、または重く感じるようではダメです。



・お気に入りであること→買った後、お気に入りになるかどうか?それはあなたにしか分かりません。難しいかもしれませんが、なるべくたくさんのカメラが展示してある販売店に足を運んでみてください。いろんなカメラの中から、何となく「コレいいな」と思えるのはありませんか?レンズがやたら目立って、何となく良い写真が撮れそうとか、丸っこいのが好きとか、角ばっているのがレトロっぽくて好きだとか、専門的でなくて良いんです。

そういった何となく好きだ、が購入後にお気に入りになる要素だと思います。出かけるときにカメラを持って行こう、というとき稀に「面倒だな」と思うときもあるでしょう。そんな時にお気に入りのカメラだと持って行きたくなるんです。

 

用途に応じた機能は具体的に販売店の店員さんに尋ねてみるのも良いでしょう。あっと思ったときにすぐに撮影体制に入れるスナップ写真がやりたい、という方は電源の起動時間が早いもの、北海道ツーリングで雄大な景色を撮りたい、という方は画角が広角よりのもの、綺麗な星空を撮るぞ、という方は高感度でも低ノイズなものを、美しいボケが出せるカメラが欲しい方はレンズの解放値が明るいものを。このように具体的に質問を用意していけば、店員さんは最新のカメラの特徴を熟知しているので良きアドバイスがあるでしょう。

逆に質問に具体性がなく「いいカメラが欲しいんですが」「人気のカメラはどれですか」では店員さんのノルマに関係した製品を薦められる可能性がありますよ。

カメラ選びのお話はまたいつか続きをしますね。よく優秀な写真家の方は「カメラなんて何でも良い」とかカメラ好きは写真を撮らないとか、よく聞きますが。意味はよく分かりますが私は少しはカメラやレンズを楽しんでチョイスする、というのも大事ではないかな?と感じます。

カメラに拘りすぎるのも良くないですけどね。お金のかかることですし、この辺は極めて個人の自由だとおもいます。

 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 

削ぎ落とせず着地点見えず<中級>ツーリング写真

みなさん、細胞レベルで写真撮ってますか?!・・・すいません少し古いですかね。ただ言ってみたかっただけです。

でもコレって良いですよね。細胞レベルっていうと何かこう遺伝子的なものを感じるというか。<上級>ツーリング写真で何度か出てきた黄金比(1:1.618)や白銀比(1:1.4142)は実は人間のDNAにある螺旋構造(1:1.618)フィボナッチ黄金螺旋と同じなのですから。

だから細胞レベルで・・・ってことはレオナルドダヴィンチの絵画のようなレベルでっていう意味でもありますよね。すごい!「細胞レベルで写真を撮る」ってダヴィンチレベルの芸術作品ってことです!

EOS1Dx+SIGMA150-600mmF5-6.3DG  F5.6 1/250 ISO100

さて上の作例ですが先日、細胞レベルで野宿してきた時のものです。

東京湾ごしの美しい富士山が望める野営地ですが、千葉からですとそんなに大きくは見えませんので望遠を使用しています。当然、望遠を使用するとなると、距離の関係で撮影位置は後ろに下がらないといけないのですが、この撮影現場は後ろに下がるほど高台になってしまい、どんどんハイアングルになってしまいます。



こうなると画面内での海の割合が広くなってしまい、脇役に徹してほしい海が主役のようになってしまいます。かといって広角レンズでは富士山は小さくなってしまいますしね。

唯一良かったのは画面の左後方から差し込む朝の光です。日の出直後の赤みをもった光源が被写体を魅力的にしてくれました。

撮っていながら「欲張りすぎかなぁ」と自問しつつ、主題の明確化に成功できなかった例でございます。つまり失敗写真。

望むもの全てが理想的に合致する写真と、ただの欲張り構図は紙一重です。望む全てで画面内を構成するなら、巧みな構図テクニックやレンズワークが要求されるとともに、現場でのラッキーな条件も必要だと思います。

例えば主題は富士山、海は色の要素として青を効かせるに留め、シーンを意味するバイク、テントはボカす、そしてこれらを画面内で大きさ、位置、ピント、などにより存在感を調整し最終的にデザインを完成させる。それは足を使って動き回ったり、別のレンズを試して距離感や背景の範囲を調整したり。そしてそれらが可能な撮影現場であること。これらが揃って、はじめて望むもの全てを画面内に理想的に構成できるのだと感じます。

無理な場合は断腸の思いで捨てがたい要素を削ぎ落していくしかありません。この写真なら富士山を入れないとか、前ボケとして効かせた草地を諦めるとか。

口で言うほど簡単ではありませんが、最初に欲しかったイメージが叶わない現場だと分かれば、別の観点で最良のカットを狙うしかありません。この作例ではそれができなかったのですね。

今回は少し分かりにくい話だったでしょうか・・・。これは写真家が現場で味わう、ある種の苦しみなんですよね。ここだ!と答えが見つかった瞬間は嬉しいものですが、いつもうまくいくとは限りません。

ところで千葉は平地が多いせいか野宿に適した場所が少ないです。野宿旅が好きな自分にとって、遠く足を延ばさなくても楽しめる場所って限られます。この場所は私の知る限り房総半島で最高の野営地だと思うのですが、いつまで使えるか怪しいものです。

千葉にも良いキャンプ場はありますが、選択肢は少ないですね。道志渓谷のキャンプ場銀座と市原市のゴルフ場銀座を交換してほしい気分です・・・が無理か。

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

理由なき△△こそが駄作の証し<初級>ツーリング写真

みなさん、写真を撮って心ときめいていますか?「心ときめく」ってなんだか小っ恥ずかしいですけど、結局写真をやっているってそうゆうことなんです。近しい人に写真に対する思いを語ったり何だか照れませんか?奥さんに「あなたいつから芸術家気取りなの?」なんて笑われたりして。

照れ隠しで自分の写真についてコメントするとき、ついおチャラけて撮影裏話をしたり、笑いをとろうとするのは良くないです。なるべく早い段階でおチャラけは卒業しましょうね。

むかしメーカーで働いていたときの仲間に偶然会って、ブログにアップしていた写真を見たよ!と言われ、何を言われたか記憶にないのですが兎に角バカにされて嫌な思いをしたことがありました。またその当時は大した写真も撮っていなかったので、バカにされても反論もできないと悔しかった記憶だけが残っています。

当ブログでは単に写真が上手になりたい!ではなく、芸術写真を目指していきます。芸術を目指すなんて言うと、ほんと誰かに言うのも恥ずかしいです。しかし隠していても、いつかは自分のやっていることにヤジを入れてくる人は出現します。そんな時のためにも自分の中で写真芸術に対する志を確固たるものにしておきましょう。もちろん現時点での写真の上手い下手は関係ないですよ。

写真を発表するようになると、必ず自分の望まない反応を受けることがあります。想定外なほど嫌な思いをしたら「あ~この方は芸術とは無縁の人生で、ほんと気の毒なんだなぁ」と哀れみの意で許してあげましょう。

そもそも、その人がそんな事を言ったのは、あなたの作品がダイヤモンドの原石だからなのです。磨かれて輝きを放ったら羨ましすぎるな、という嫉妬心なのでしょう。そこらへんの石なら何も言ってこないはずです。

さて、今回の<初級>ツーリング写真の解説を。当ブログで度々でてきた「○○だから△△した」の法則を思い出してください。今回はなるべく話が難しくならないよう「△△になっちゃった」はダメですよ、というお話。

写真にはよく聞く基本ルールみたいのが存在します。日の丸構図はダメ、三分割で撮ろう、逆光はきれいに撮れません、みなさんも聞いたことがあると思います。これ、全て嘘です。

ただし、これらの基本ルールみたいのは理由あればいくらでも壊して良いです、という事で理由なく△△になっちゃったは駄作以外の何物でもありません。

 

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/500 ISO100

こちらの作例をご覧ください。北海道の最果て感あふれる野付半島でのひとこまです。

三分割を明らかに無視しています。バイクはやたら画面の端っこ、観光バスはずいぶん上のほうです。このとき私は寂れた景色に続く道の表情を慎重に観察し、画面内に構成しました。道の存在が主役であることを強調させるため、被写体のバイクはわざとどいてもらったのです。まさに道をあけるとはこのこと。

このように理由があって「敢えて」壊した基本ルールはOKなのです。そういった理由なしに基本を無視している写真はイマイチ。似ているようですが全く別物なんですよ。



もう1つ作例を。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/100 ISO100

漁港に捨ててあったタイヤと漁具である網でしょうか?午前の光をあびて西洋人形を連想するような美しさを感じたので撮影に挑みました。見てお分かりの通り日の丸構図です。日の丸構図は一般によくダメですよ、と言われていますが、実は日の丸構図というのは主題を明確にする有効な構図でもあるんですよ。富士山などのシンメトリーな被写体なんかにも良く採用されていて、安定感もでます。もちろん基本ルール通り、ダメな場合もありますけどね。

今回は撮影者が被写体の魅力だと感じた部分を、有効に表現するための手段として、三分割を無視したり日の丸構図を採用するのは良いことなんですよ。というお話でした。逆にそういった理由もなく△△になっちゃった写真というのは、残念ながら人の心を打つ傑作写真には成り得ません。

基本ルールとその壊し方については、他にもいろいろな例がありますので、分かりやすい写真が撮れたらまたご紹介しますね。

それとみなさん、失敗写真を避けるのではく失敗はたくさん撮って大丈夫です。むしろ失敗はあって当たり前ですので、なるべくたくさん撮りましょう。昔からの優秀な写真家の方はデジタル世代は無駄切りが多いと苦言される場合もありますが、練習なのですからね。フィルム代がかかる訳でもないですし、ましてや環境破壊にもなりません。

帰ってパソコンのモニターを見て、イマイチな失敗を眺めながら何が足りなかった考えるのも良い練習なんですよ!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

最高のバイク旅はいつもスピリチュアル

2017年5月 千葉県大網白里町

四半世紀以上にわたってバイクに乗り続けている。最初は峠やサーキットでスピードやライテクの追求、それからバイクのカスタマイズとかオフロードを走ったりとか、割と普通な個人的趣味にすぎなかった。

やがてツーリングの魅力にはまり、北海道まで行ってキャンプなどするようになり、いつしか旅人を気取っていた。子供の頃から単独行動派だったけど、バイクに乗る時はやはり1人が良い。もし複数で走るのなら、本当に気の置けない仲間と年に1度くらい走れれば十分だ。

かなりの距離を走った記憶がある。以前はバイクに関連した職業だったことも。それでも自分がなぜバイクに乗っているのか、なぜ旅をするのかは今でも説明はできない。

どこかに行きたい、という人間元来の欲望か?先祖からある旅精神が宿っているためなのか?美しい景色とか、その土地の文化とか、道とか、ましてや温泉や食べ物なんて、本当はどうでも良いのかもしれない。

もっとスピリチュアルな何かによって、自分はバイク乗りとして生かされているのかもしれない。



~人にはそれぞれの役割がある~

誰かがそう言っていた。人はみな何かの役割を果たすため、この世に生まれてきたのだと。それが本当なら自分の役割とは何だ?以前、転職に二度ほど失敗をした。収入面や将来的な安定などを考えて慎重にやったつもりだが、何をやっても、どう頑張ってもうまくいかず挫折した。その時「自分はこの星の下ではないんだな」と感じた。

自分の進むべき道は自分が本当に望む道が一番正しい。それは旅と一緒だ。

今は自分の望む道が何なのか明確なので、それに一直線に進むのみ。迷うことはもうしない。もしかしたら、このまま続けていけば、いつか自分を必要とする何かに出会うかもしれない。

なぜこれをバイクで?と問われれば「今の自分を爆発させる全てだから」と答えよう。

 

こんな風に例えてみよう。いま目の前に歯車などの部品がいくつも転がっている。全てバラバラだ。そこがスタート地点。何かを成し得るために組み立てねばならぬ。しかし説明書などは無く紛らわしいお手本なら転がっているが、それを読んでも何かしっくりこない。

悩みながら組み上げて生きてゆく。するとある日、いくつかの歯車はピッタリと噛み合い自分の望むとおりの動きをした。しかしその時点では、まだ沢山の他の歯車がバラバラのまま。

そして暫くするといくつかの歯車が噛み合ったグループは2つ3つと出来上がっていく。しかしそれぞれのグループは関連性がないように見える。

人生の中で最悪な時期というのは、誰にでもあるだろう。そこを腐らずなんとか乗り越える。またはやり過ごす。とにかく腐らない。すると以前に組み立てた幾つかのグループが、あることに気が付いただけで全てが完全に合致して完璧な動きを見せる。

最初は偶然と感じるだろうが、きっとそれは必然であり、そのように何かに導かれて生かされているのだろう。

太平洋からいずる美しい月夜。

最高のバイク旅はいつもスピリチュアルだ。

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
 

↓↓↓撮影地はこちら↓↓↓

1ヶ月で上達する毎日スナップの真髄

みなさん、いつも究極のツーリング写真 touring-photography.comを見ていただき有り難うございます。当ブログは開設して1ヶ月を経過しましたが、何とか方向性も決まって軌道に乗り始めたかな・・・といった感じでございます。

私はあまりネットやパソコンに詳しい方ではないので、サーバーと契約して独自ドメインを取得したブログなんて、少し無理をし過ぎたかな?とも感じていますが、とにかく世界中探しても他にはないオンリーワンブログを作りたかったので、その気持ちだけが先走ったとも感じます。

オンリーワンとは「オートバイツーリングの魅力を芸術写真とし、それらの作品を生み出すフォトグラファーを育成する」というブログは他には存在しない、という意味です。賛同、見るだけ、全く自由です。バイクに乗っていない人も、写真に興味なかった人も、みんなに見ていただきたい…そんな想いでございます。

  1. 旅を知らない人々に旅の素晴しさを
  2. バイクの世界を知らない人々にその魅力を
  3. 写真の楽しさを知らない人々にその喜びを

 

バイクツーリングという旅の世界を芸術写真として発信していきたいです。そして仲間を募集します。

さて今回は久しぶりに毎日スナップの話題です。写真はゴルフやピアノのように、とにかくたくさん練習すれば、その分どんどん上達します。これは構図を作るための足であったり、被写体の魅力を見極める目であったり。身体的な学習部分が多く含まれるからです。

旅に出かけたとき、バイクに乗るときだけ・・・ではカメラを手にする機会そのものが少なく、上達の機会が減ってしまい勿体ないです。すごく古いのですがコダック社の「良い写真を撮る為の TOP10 TECHNIQUES」で1番目に「いつもカメラを持ち歩き、いつでも撮れるようにする」とあります。全くその通りだなと、私も共感します。

 

少し前に自宅のベランダから撮った夕景です。雲のエッジが輝いたのはほんの数十秒でした。

 

通勤電車の窓から撮った1枚です。仕事でとても疲れていましたが、この1枚に救われました。

 

職場の近くの公園で撮りました。美しい光がたまりこんでいる空間を見つけました。



少し前に撮った椿。昼休みに発見し、色の要素で遊んでみようと倉庫からブルーシートを持ってきて、それを背景にして撮ってみました。

 

これも職場の近くで休憩時間に撮影しました。カメラを肌身離さず持っていれば突然の絶景もすぐに迎撃態勢です。

 

どうですか?全て休日ではなく仕事の日に撮った写真なんですよ。楽しそうでしょう?被写体はそこらじゅうに存在します。誰も気が付いていないのです。こうやって毎日、写真を撮って遊んでいるだけで、いままで気が付かなかった魅力的な被写体や光を見つける「目」が養われていきます。

最初は意味のないことに感じると思います。私も毎日スナップをはじめたばかりの頃は、撮った写真を見ても面白くありませんでした。しかし毎日続けていると少しづつ少しづつ、何かが良くなっていきます。

写真を始めたばかりの方なら1ヶ月で上達が実感できるでしょう。

それを1年、2年継続すると見違えるほど良くなるんです。そうして鍛え上げた目と足とセンスで旅に出れば、それは素晴しい傑作が生み出せることでしょう!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

なぜできない!?「被写体に寄れ」の基本<初級>ツーリング写真

みなさん素敵な写真は撮れましたでしょうか?

当ブログの<初級>解説では度々同じような話が出てくるかもしれませんが、大切なことはアプローチを変えて何度も言う事により理解につながると考えます。

以前に写真の主題を明確に、その他の要素は素晴しき脇役に。という解説がありましたが、実践するとまず感じるのが主題を1つに絞ること自体はそれほど難しくないのですが、脇役を美しく組み立てていくこと、これが難しいと感じていただけたでしょうか?

今回は昔から写真の世界でよく言われている「被写体に寄る」のお話です。その言葉の通り、主題と決めた被写体に寄るだけの事ですが、これが言葉が簡単であるが故に、なかなか理解して実践できない難しさがあります。かく言う私もいまだに出来ていないな、と感じるシーンは多々あります。

少し季節外れですいませんが、下の作例をご覧ください。

春の田植えが終わった水田に背景が竹林の小さな山。バイクは控えめに米粒に配置。全体が緑の印象の写真でこれだけでも特段悪くはありませんが、決して印象的な作品とは言えません。春の水田が主題と決めたなら水田の魅力が伝わるように、カメラを持った自分がもっと水田に寄るべきなのです。

わずか数十センチです。水田に寄ったことにより苗の初々しさ、そよ風になびく様子が表現されたのがお分かりいただけますでしょうか?

主題と決めた被写体には目で見たときには分からない魅力がひそんでいます。それを解明する鍵が寄ることなのです。

ここで少し難しい話なのですが、間違えやすいので付けくわえておきますと、ズーム機能を望遠側にして被写体を大きくすれば良いのでしょ?という意見があるかと思います。それとは違います。望遠で被写体を大きくするのは「寄せた」といい画面内での被写体のしめる割合の調整です。難しかったら、ここでは分からないままでOKです!初級解説ですので。



とにかくカメラを持って自ら被写体に近づくのが「被写体に寄る」であり、望遠を使うのは「被写体を寄せる」。前者は被写体の魅力を表現できるもの、後者は画面内での被写体の割合を調整するもの、と覚えておくといいかもしれません。

ここでおススメしたいのが「寄った写真」と「寄せた写真」の両方をぜひ撮ってみてください。ご自身でそういった写真を撮ってみないと、なかなか理解には繋がらないものです。

では以下は寄った写真のダイジェストを!

↑バイクに寄った写真!外装やパーツなど各部のディティールが強調されます

↑漁港にて。固まったペンキが砕けた破片。これがユニークだったので寄ってみました。

↑舗装林道でのワンシーン これは普通に撮った試し撮りのものです。

↑こちらが寄った写真。一歩前に出て撮っただけです。バイクの存在感だけでなく陰が魅力的に変貌しました。

 

どうでしたか?今回は写真をやっていく上で凄く大切なお話でした。<中級>ツーリング写真の解説にしようか迷いましたが、なるべく早い段階で覚えていただいた方が良い内容だったので<初級>でいってみました!

次回はもう少し楽しい内容に切り替えていきますのでお楽しみに!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

何かを予感させる現場<中級>ツーリング写真

今日の千葉県はどんより曇り空で、予報では雨が降るようですね。私は今日のような平日休みが多いのですが、こんな日はなにをして過ごそうか悩みます。

たまにはカメラ屋さんに足を運んで、最新のカメラやレンズでも見てこようかと思いますが、行ったら欲しくなるのが分かっているので止めておきます。最近、毎日スナップで使用しているSONY RX100がやはり自分の手には小さすぎて使いにくいかな…とも感じていました。

以前はリコーGRのAPS-Cセンサー搭載初代モデルを愛用していましたが、故障のため急遽、中古で買ったRX100を使っているのです。

またリコーGRを買いなおそうか、と考えているのですがキヤノンからG1xシリーズの最新モデルG1x markⅲが発売されましたね。CANONコンデジ史上初のAPS-Cセンサー搭載モデルで、24-72㎜のズーム域。そして先代のmarkⅱより大幅に軽量となりチルトモニターもバリアングルモニターに!このカメラは毎日スナップにもツーリングにも大活躍しそうなカメラです。

特に私のようにメイン機がCANON一眼レフのユーザーにとって、すごく使いやすいみたいですね。う~ん 欲しいけど。発売直後はまだ値段も高いですしね。いちど忘れましょう。

今回ご紹介する作品はリコーGR APS-Cを愛用していた頃に撮った1枚です。

RICHO GR F7.1 1/125 ISO100

勝浦漁港で撮ったワンシーンです。

映画などの映像制作でよく使われる手法ですが、物陰から覗き込むようなアングルで撮り、鑑賞者にこれから起こる何かを予感させます。

この写真からどんな想像ができるか、人それぞれ違った感想が返ってくると思いますが、期待感、恐怖感、不安感、安心感、とにかく何かの登場を待ちたくなる、そんなアングルだと思います。

これは物陰に隠れた場所から撮ることによって、撮影者(鑑賞者)の視線では誰かに見つからないように潜んでいること、を感じさせるからでしょうか。

この撮影現場では天気は悪くなかったのですが、空は雲が多く爽やかな風景を撮るには適さない光源でした。そんなときは無理に風景を撮るのではなく、地上物に注目してこんな写真を撮ってみるのも楽しいですよ!

あっ、それと漁港で撮影する場合は漁師さんや釣り人の方々に、ご迷惑や心配をおかけしないよう最大限の配慮をお願いします。基本的には漁業関係者以外は立ち入り禁止の場所も多く、とても怖~~~い漁師さんに怒られる場合もありますよ!まあ、大抵は写真を撮っているだけと分かれば、優しくなってくれますが。

 
 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ハイライトを巧みに使え!<中級>ツーリング写真

みなさん、だいぶ寒くなってきましたが家にこもらず写真を撮りに行かれていますか?私は先日の南房総野宿旅の写真の整理がようやく終わりました。

2日間で2000ショット以上も撮ったので、写欲を爆発させた旅だった!と感じると同時にムダ打ちの多い撮影スタイルであることを再認識しました。2000切っても仕上がりの写真は200枚に満たないのですから、1シーンあたり90%以上は無駄なショットだったということです。

一時期はこの悪い癖を直そうと努力したこともありましたが、今では自分のやり方として認めてしまいました。撮りながら整えていく方式を自分流として確立させております。カメラには負担をかけてしまいますけどね。

 EOS1Dx + EF14mmF2.8L F8 1/500 ISO100

さて写真の解説ですが、こちらの作品は先日のツーリングのワンシーンです。前回の投稿とまったく同じ場所での撮影です。前回は望遠レンズを使用して太陽の周辺だけを背景にしたもの。こちらは14mmという超広角レンズを使用して空一面に広がりをみせるウロコ雲を表現したものです。

このときのように望遠でも広角でも撮り甲斐のある夕空のシーンというのは、とっても嬉しくなってしまい興奮を抑えるのに必死でした。撮影は高揚しすぎているとテクニックやアイデアを出す脳の指令が鈍ってしまうので、そこそこ冷却装置を作動させて撮影に挑まねばなりません。

ベテランのハンターが大物を狙うときの気持ちで!

今回のお話は「ハイライト」の使い方です。ハイライトとは画面内で最も明るくなっている部分や被写体に入った光沢の光など。この写真のように空を写しているなら太陽とその周辺ということになります。

被写体はバイク+ライダーです。キャンプツーリングだったので、荷物を積載している姿を撮れるのは嬉しいです。ライダーのポージングは変形コントラポスト。

そして渦をまくように広がるウロコ雲の中心にハイライトが存在する絶好のシチュエーションです。このとき被写体とハイライトの位置関係に注意しましょう。完全に重ねるか、この写真のようにライダーとバイクの間にもってくるのか。どれが最善の位置になるか試行錯誤してみてください。

画面内でのハイライトの位置は重要です。せっかく美しい光をとらえても被写体と関連付けることができなければ、勿体ないです。これがSNSを見ていると全く意識してないんだろうな・・・という写真がすごく多いんです。完全に重ね合わせれば被写体のエッジを輝かせることもできますし、放射状に出る光線を画面内の理想的な位置に配置できれば、それだけで秀作になります。

ハイライトを巧みに画面内で構成することにより、被写体の魅力が見違えるほどよくなります。光についてはシャドウの使い方やレンズフレア、ゴーストの話もありますので、またの機会に詳細を解説しますのでお楽しみに。

あっ、それとこの写真は実はLightroomのプリセットではなくInstagramのPerpetuaというフィルターなんです。大きな画面で見てしまうと少し違和感かもしれませんが、インスタではこれくらいが良く見えるから不思議ですよね。

 

 
撮影地↓↓↓

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

偶然を得た印象作品<中級>ツーリング写真

週末は良いお天気で関東では美しい夕日も見れましたが、みなさん良い写真撮れましたか?

私は2日間の自由な時間を作れたので、大好きな南房総の野営地でソロキャンプを満喫してきました。少し風が強かったですが両日とも空が紅く溶けるような夕日が見れて感動でした。

ふしぎとキャンプツーリングすると綺麗な夕日に出会える確立が高い気がします。たぶん気のせいなのでしょうけど。それとキャンプツーリングのお昼ご飯はラーメンが無性に食べたくなるのは・・・これはたぶん気のせいではないです。

さて今回の<中級>ツーリング写真では偶然を味方にした作品のお話です。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F7.1 1/1600 ISO100  画像レタッチなし

こちらの作品をご覧ください。海岸で美しく焼けた夕景を撮影しました。うす雲が水平線付近にかかり、沈み具合によって濃淡や色が刻々と変化するシチュエーションです。

こういったケースはわずか数分で空の表情が劇的に変わっていくので、1枚撮ったら終わりでは大変勿体ないですよ!沈み具合によって何カットも撮影して帰宅したらお気に入りを選びましょう。

たくさんのカットを試みれば、この作品のようにラッキーを手に入れる確率もぐっと上がります。この撮影地は広い駐車場になっていて、海岸の直前まで縁石や柵などの障害物のない良いところでした。そして地元の方々のお散歩コースでもあり、このときは偶然通った男性が見切れでフレームインしました。

通常、このようなケースは失敗に終わることが多いのですが、この切れ具合と帽子が良い感じだったので採用カットにしてみました。いま振り返ってみると、このシーンではこのカットが一番のお気に入りです。少しおおげさですが写真の神様を味方にできた瞬間でしたね。

この画面構成によって前景ができて奥行きが発生したのは言うまでもありませんが、被写体の背景は自然、その手前は人の居る生活地を予感させ、ギャップ感にちかいものを作ることができました。偶然なんですけどね!

すごくややこしい話ですが、偶然を狙うという考え方も大事です。私はこのとき、散歩で通る人や釣り竿を持って通りゆく人を何となく気にかけていました。偶然をも狙う考えを持ち合わせていないと、通行人などは撮影の邪魔にしか感じないでしょう。

偶然といっても私の経験上は、過去に何度も似たような事がありました。彼岸花が咲き乱れている田舎道で、三脚を立てて撮影していたら、農家のおばあさんに話しかけられたり、漁港で同じように撮影していたら漁師さんに話かけられたりと。大概はこの偶然が入ったものは秀作になります。

作品にストーリー性を埋め込むなら「偶然をひそかに狙う」はお勧めですよ!ぜひ試してみてくださいね。

撮影地↓↓↓

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ツーリング写真におけるカラーデザイン<中級>ツーリング写真

みなさん、いつも当ブログを見ていただき本当にありがとうございます。

アクセス解析を見ると一見さんではなく、リピーターの多さに驚きと感謝でいっぱいです。

私の調べた限りでは「ツーリング写真の撮り方」をネットで解説しているサイトというのは非常に少なく、バイク業界の媒体(雑誌出版社やメーカー系などのサイト)が新車情報やツーリング情報などの流れで「かっこいいツーリング写真の撮り方」みたいなものを紹介しているのは存在しますが、サイトごとツーリング写真専門というのは恐らく当ブログがオンリーワン状態なのではと思います。

それゆえに読者層の需要が全く見えず、特にバイクと写真が元々好きな人でもバイクが小さく写っててはイヤだ!という人もいるはずで、コンセプトを確定させるのに非常に悩みました。

しかし結局は自分がやりたいと思ったこと以外は、やる気になれないし継続も難しいだろうと感じ「ツーリングのワンシーンを切り取る」という私個人の活動コンセプトを、そのままブログにしてみたのです。

オートバイ文化の成熟と「旅」を知らない人々へのメッセージ発信を胸に、個人としての社会貢献をしていきたいと感じます。それが ”究極のツーリング写真” touring-photography.com なのです。

さて前置きがやたら長かったですが、今回は写真のデザイン要素にある「色」のお話を<中級>ツーリング写真のカテゴリーで解説いたします。

RICHO GR F5.6 1/125 ISO100 フラッシュ発光

こちらの作例をご覧ください。少し前に撮った写真で、この頃は愛用のコンデジがリコーGRでした。とても良いカメラでお気に入りだったのですが、故障してしまい今はSONY RX100無印なのですが、またGRを買いなおそうか悩んでおります。

ある田舎道で発見した農機具の倉庫と思われるシーンです。トタン扉に塗られたペンキが良い感じに剥げています。ここで撮影しようと思った最初の理由は画面の右端で切れている、ピンク色のトタン扉が気に入ったからです。

デザインの要素でいう色とは下記のようになります。

・進出色または暖色:イエロー、レッド、オレンジ、ピンク

・後退色または寒色:パープル、ブルー、グリーン、ネイビー

・中性色、中間色:グレー など

この作例では扉の1枚がイエローでもう1枚がピンク、他の部分は鈍いグレー色。この進出色と中間色の両者で黄金比に近づけるよう画面構成を目指しました。

ツーリング写真ではお花畑や人工物がない限り、なかなか色のバリエーションはなく、殆どが青、緑、グレー、夕日なら赤、星景なら黒や濃紺といった自然に存在する風景の色になると思います。

もし作品内にカラーデザインを巧みに取り入れてみたい、ということでしたら作例のように人工物に注目するといいでしょう。

私はこのとき、いつもの撮影シーンでは滅多に登場しないピンクがいたく気に入ってしまい、現場でどのように料理してやろうか試行錯誤していました。しかし、いくら試してもパズルのピースが合うことはなく、考えた挙句の答えは黄色い方をメインに置いてピンクは脇役!でした。

こうすることによって色の無いグレーの部分も鈍い色調が魅力的に見え、全体の構成が完成したのです。一番気に入ったものが、実は脇役にするのが一番だった、という決して珍しくはないパターンですね。

それと背景となるエリアのカラー要素はオートバイのボディ色とも関係してきますので、無理に組み合わせて秩序なきカラフルにならないよう気をつけて下さい。私のADVENTUREのように白でしたら割とこういったシーンで合わせやすいのですが。赤や黄色のオートバイの方は、大きさに注意して構図を作ってみましょう。

ちなみにこの写真は、私の撮る作品としては珍しくオートバイが主役になっています。太陽光の角度を意識してタンクからシート側面に強い光が当たるようにしました。バイクを撮るときのお約束のローアングルですが、この辺りはまた別の機会にバイクのカッコいい撮り方として解説しますのでお楽しみに!

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村