北海道ツーリング 道北の撮影スポット 宗谷本線 雄信内駅

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、素敵な写真を撮って日々を充実させていますか?せっかく磨きをかけた写真家の目が鈍らないよう、日常スナップなどでブランクを作らずいつも写真を撮るようにしましょうね。

そう言う私が近頃は日常スナップをちょっと怠け気味なのですが…。最近は撮りまくるのを少し休んで考える時間を設けています。例えば自分の好きな写真と人に見せる写真を使い分けて撮るのは、果たして良い事なのだろうか??とか。

しかしこれはどう考えても自分が好きな写真と一般ウケとは程遠いモノになってしまい両立は難しい…とひとまず結論付けました。




一般ウケなんて言うと言葉が悪いですが、多くの方に見せて喜んでもらえるような作品はツーリング写真に興味をもってもらう間口として大きな役割があると感じます。一方で自分が好きな写真とは旅のシーンで出会った被写体、何気なく視線を送ったリアリズム的なショット、早朝の海岸線とか…言葉だとカッコイイですが写真は結構地味なものでして、最近で言う「映え」や「フォトジェ」といったものとは程遠いものです。

当然、発表しても「いいね」などの反応は薄く、分かる人に分かってもらえればいいかな…程度で自分のバイク旅の記憶世界と関連付ける、自分のための写真のようなものでした。そう言うとただの自己満足のように聞こえるかもしれませんが、それはそれで何処かに共感者がいればいいな…という淡い期待があるのです。

例えばこんな写真がそうです。




一般ウケとは最近の風潮ですと美しい、絶景、珍しい、インパクトがあるなどですが、そんなものとは縁遠い作風なのは疑う余地がありません。しかしツーリングではこういった被写体や風景との出会いを大切に、ライダーの見たモノという意図の作品をもっと撮っていきたいと思うのです。

今回はそんな「映え」もしない撮影スポットをご紹介してみたいと思います。この夏、北海道ツーリングに行かれる方、特にオロロンラインや宗谷岬などの最北エリアに足を運ばれる方にお勧めする撮影スポットでございます。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/320 ISO100

JR宗谷本線の雄信内(おのっぷない)駅でございます。

道北エリアを南北につらぬく幹線道路、国道40号線の天塩川の近く、道道256号から302号へ入ります。周辺はお店など無く民家が数件ある程度です。こういった駅舎は北海道のローカル駅に多くありそうに感じますが、実は北海道のローカル駅は客車を利用したものや、そもそも駅舎自体が無かったりして、こういった木造の趣ある駅はあまりないんです。

もちろん無人駅で自販機なども有りません。電車も見たいという方は事前にダイヤをよく確認して行かないと、1日に上下線合わせても6本くらいしかありませんのでご注意を。




道北エリアと言えばオロロンライン、エサヌカ線、宗谷丘陵、名寄のひまわり畑などが撮影スポットとしては定番ですが、その土地の文化を感じ取れる渋い撮影スポットとしていかがでしょうか。

JR宗谷本線 雄信内駅でした!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

一滴の光、影があるから光が引き立つ<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、そろそろ本格的な夏のツーリングシーズンの到来ですね。夏のツーリングは水分と塩分補給、それに小まめな休憩で熱中症に注意しましょうね。

走行風を浴びている時はさほど暑さを感じない場合もありますが、強い日差しと発汗により気が付いたら熱中症の症状に…なんてコトもよく聞きます。のどが乾かない、倦怠感、昼になってもお腹がすかない…は黄色信号で手遅れになると眩暈、頭痛、手足のしびれなどで動けなくなり、最悪は運転中に失神なんて危険な状態になりかねません。




さて今回は<中級>ツーリング写真解説として写真における光のお話について、改めて書いてみたいと思います。

EOS6D Mark2

言うまでもなく私たち人間が目でみているものは元は光です。太陽なり電気なり何らかの光源によって明らかにされた景色、物体を眼球から脳へ電気信号として伝えられ、そして認識している訳ですよね。

カメラも基本的は同じで真っ暗な箱になっている部分にレンズを通して外の光を取り入れ、その様子を瞬間としてフィルムや半導体に記録する訳です。

光が無ければ形も色も分からないのです。

このごく当たり前のことを改めて熟考すると、いかに写真にとって光が重要であるかが見えてきます。光の特徴をよく見極めて上手にカメラ内に取り込むことに成功すれば良作へつながる鍵となります。景色や被写体にこだわるのも大事かもしれませんが、それにどのような光が当たりどのような影が存在するのかも同じくらい大事です。

私たち写真を愛する人間にとって喉から手が出るほど欲しい光というのがあります。強さで言うと何dBか分かりませんが、限られたダイナミックレンジの中で「ここだ!」という非常にピンポイントで繊細な光です。そしてそれは大抵は影が多く薄暗い場所でよく見かけるものです。




RICOH GR APS-C

建物の谷間となる裏路地や木々が鬱蒼と茂った林道などで差し込んでくる光の周囲によく出現します。そこに影があるから光が際立つ、あるいは光があるから影が豊かになる。常に両者の意識できる撮影シーンに出会いたいものです。

例えばお天気の良い日中に開けた海岸のような場所でバイクの写真を撮るとします。そのような場所はただ強烈な太陽光がそこに注がれているだけで、前述のような「ひとしずく」と形容したい光は確認できません。

またこういった光は見つけるのも難しいです。人間の目はカメラの評価測光と同じで視界の全体を平均で測光して調整するので、最も明るい部分が眩しいと感じないよう調整されると、その場所の影の様子はよく分からないものです。光と影を見つけて画面内に構成するとは、経験を積んでそういった写真を意識して撮り続けた人がなせる業です。

「なんだかややこしくて良く意味が分からんな」という方は次のツーリングからこのように撮ってみて下さい。風景、被写体をいつも通りに構図を練って1枚撮ります。そして撮った画像をモニターで確認します。その後に光と影になっている部分を見てもう1度構図を練り直してみて下さい。




最も美しい光、もっとも豊かな影、どちらを主役に露出を決めるかはそのシーンに似合う方で良いと思います。場合によっては白トビや黒潰れといった具合にダイナミックレンジの範囲を超えてしまうかもしれません。しかしそうなってしまっても変な写真にならないように光と影の様子をよく感じ取って構成すれば大丈夫です。

光があるから影がある、影があるから光を感じ取れる、絵画と違って(レンブラントやフェルメールは別ですが)写真の場合は光が命。光があるからこそ写真らしいとも言えます。

基本的なようで忘れがちな光のお話でした。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

上達したい人☆意識することが何より大事<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は久しぶりに<初級>ツーリング解説として、ツーリング写真における具体的な撮影技法などではなく精神論的なアプローチでユル目な解説をいってみたいと思います。

私自身、写真をはじめて15年くらいですが最初の頃は上達できずに悩んだものでした。悩むほど負のスパイラルを呼ぶように納得のいく写真が撮れない日々がありましたが、今になって考えると写真のことで頭がいっぱいになりツーリングを楽しんでいなかったのが原因だったのだと思います。




「今日はいい写真を撮ってやろう」ではなく「素敵なことが起きればいいな」くらいで、あとは受け入れる準備だけしておけばOKなんだと思います。撮ってやろう、見せてやろう、では例えソレっぽい1枚が撮れたとしても、その写真はどこか傲慢で人の心に響く良作には成りえないと感じます。

宗谷丘陵 白い貝殻の道

私がまだ写真をはじめたばかりのビギナーの頃(今でも同じようなものですが)、よく感じていたのは「撮影地で何をしていいか分からない」という状態でした。何となくそこが良いと思ってバイクを停めてみたけど、まず何をしていいのか皆目分かりませんでした。どのレンズを選ぶべきなのか絞りとかはどう設定するのが正しいのか…と。

いま、私が昔の自分にアドバイスするなら次のような事を教えたいです。1.行動する、旅立つ、出会う、発見する 2.感じる、想像する、創造する 3.特徴をとらえる、光と影の様子を見る 4.再び想像する、創造する 5.それを写真にするイメージを頭に描いて 6.選択する (レンズ、露出、構図、フレーミングなど)7.シャッターボタンを押す。というプロセスですぞ!と。

困っている原因は1.被写体や情景と出会う旅のセンスが未熟だから 2.感動できる心の持ち主ではない、感受性が乏しいから 3.目の前の光景から特徴や光の様子を見分ける「目」が養われていないから 4.目には見えないことを想像する能力が乏しいから 5.目の前の空間がその焦点距離で二次元の静止画になるイメージが作れないから 6.やりたい事が決まっても表現手法を身につけていない 7.1~6ができずにシャッターボタンだけ押しているから …ですぞ!と。

春の小湊鉄道




そして特に重要なのは3つ。

その1

幼い子供のように純粋で豊かな感受性

その2

それが写真になったらどうなのか脳内でイメージを描ける力

その3

最初に感動したひとつを表現手法から選択し明確に個性的に表現すること

しかしこれらは頭で分かっても、では明日からうまく出来るかというとそうはいかないものです。豊かな感受性は意識して磨きをかけ子供の頃のような輝きを取り戻すもの、脳内でイメージする力は年単位でやって少しづつ身に着けていく力、表現手法は1つずつ習得していく撮影テクニック、どれも一朝一夕には成就しません。

では今できる練習方法はなんだろう?闇雲に撮っていては埒が明かないですよね…

房総の素掘り隧道

今できることはとにかく意識することです。大して素晴らしい景色ではないかもしれない…しかし「わぁ~素晴らしい景色だ」と自分の心にもっと感動しろと意識すること、被写体の特徴や光の様子など気が付けなくても見えなくても良いから「何とか見えないかな」と意識することです。

美しい、楽しい、懐かしい、寂しげ…といった感情を意識すること。




あとは良く動いて、いろんなレンズを試して、いろんな露出を試して、フレーミングを意識して撮ってみたり、ベストアングルを探るように意識してみたり、バイクではなくヘルメットなどの小物を主役したりと発想の転換を意識してみたり。

とにもかくにも意識すること、試行錯誤することがビギナーである今に出来る唯一のことです。

そして自分はツーリングが好きなこと、写真が好きなことを意識すること。楽しんで受け入れる気持ちがあれば変な写真にはならないはずです。

今回はこの辺で!!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

ホームフィールドで写真に磨きをかけよう☆東京の撮影スポット

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、毎日蒸し暑いですがご体調を崩されていませんでしょうか。今朝、出勤時にいつも通り都内を歩いていたら数メートル先でピシャっと音を立てて何かが空から落ちてきました。

近づいみると何と魚!ボラでした。近くの運河で魚をゲットしたカワウか何かの水鳥が空でうっかり落としてしまったようです。都会のビルやマンションが密集している場所でまさかボラが降ってくるとは思いもしませんでした。

こういったハプニング、奇跡は起こる物なのですよね。バイク旅や写真も全く同じだと思います。素晴らしい情景との出会い、感動の夕空、突然に出現した虹や希少動物などなど…奇跡を味方につけるよう普段から行いを正しく、清く生きていきたいものですね。まあ…ボラはいいですけど。




さて今回はいつものツーリング写真解説はお休みして写真はホームフィールドを作って技術を磨き、被写体への理解を深めていきましょう~というお話でございます。よくホームコースは聞きますが、写真でもよく行く場所や撮りなれた近所の公園などをホームフィールドと呼んでみましょう。

私の場合、職場から近い東京都中央区晴海にある晴海客船ターミナルがホームフィールドです。ここ数年、都内での人気撮影スポットとして有名になってきました、こんな素敵な場所がホームであるとは何とも幸せな環境であると実感します。

この写真は晴海客船ターミナル内にある最も奥の臨港広場に設置してあるオブジェです。人工池の中にやぐら状に組まれたサイコロ状のオブジェは正式名は「風媒銀乱」で風で回転する仕組みになっています。

ホームフィールドとは毎日のようにその場所で写真が撮れる環境な訳ですから、こういった美しく空が焼けた日などチャンスを逃すことがありません。これも臨港広場で撮りました。




3階の送迎コンコースから晴海運河を見た景色。対岸は竹芝の方で東京タワーや東芝ビルが見えます。ちょうど夕陽に向かって撮れる角度です。

停泊しているバースでよく見かける船は水産庁の船です。しんかい〇〇といった調査船?のような船がよく停泊しています。

水産庁のバースは隣接している晴海ふ頭公園にも続いていて、そちらにはよく帆船にっぽん丸、海王丸が停泊しています。なお晴海ふ頭公園は2019年7月現在はリニューアル工事中で立ち入り禁止です。

いつもいる訳ではありませんが大型の豪華客船も入港します。大型客船を見てみたい人は事前に公式ホームページで入港情報をチェックして行きましょう。この写真は池の水面ギリギリにカメラを構えてリフレクションを狙いました。




客船日本丸の出港シーン。3階送迎デッキからこういった様子を見ることができます。いま紙テープでの送迎は珍しいです。

3階のテラスと巨大な三角のオブジェ。建築家 竹山実先生の代表作のような建物なので、全体的にバブル期特有の贅沢な空間の使い方と凝ったデザインが楽しめます。コスプレイヤーの聖地、戦隊モノの撮影地でもあります。

夕景に限りませんが景色は2つとして同じ景色は存在しません。この場所は以前に撮ったことがあるから撮らない、あの場所は行ったことがあるからもう行かない…といったことは大変もったいないことです。

改めてまた撮ってみれば違った写真になるものです。それは時間帯、季節の違いなどもありますが感じ方の違う自身にも気が付くことができると思います。そんな事をホームフィールドは教えてくれます。

晴海客船ターミナルの最寄り駅は都営大江戸線の勝どき駅。そこから都営バスで10分程度です。施設の周辺はオリンピック選手村が建設中で昔の晴海を知っている人が久しく来たら、その景観の変貌に驚くはずです。

撮影は夕景から夜景がお勧めです。土日は人も多く、臨港広場のオブジェ前は場所取りになってしまいます。また風が常にあって池の水を水鏡で狙うのは、よほど運が良くないと厳しいです。

季節外れな写真ですが雪の風媒銀乱。こんな日は誰もいません…。毎日のようにここに居る人間の特権です。

~晴海客船ターミナル ギャラリー~

バイクツーリングでも〇〇は以前に行ったことがあるからもう行かない…という方がおられますが、それは本当に勿体ないことです。何度訪れても良い所は良いですし、写真道を志している方でしたら2つとして同じ景色が無い…の意味を実感できると思います。それに一度行ったところはもう行かない…ではすぐに近場は行き尽くしてしまい、行ったことの無い場所だけを求めていたら、どんどん遠くへ行くしかありません。これではキリがないです。

もちろん未だ見ぬ未開の景色と出会うために、知らない土地へ旅するのも素晴らしいことですけどね。

写真のホームフィールドのお話と東京の撮影スポット 晴海客船ターミナルのご紹介でした!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ググるのか?それとも自分で考えるべきなのか?

 ~本日の独り言~

時代の変化とともにあらゆるものが便利になり良い世の中になっていくように感じます。分からないことはネットで検索すればすぐに調べられるし本当に便利です。しかし時代の変化の中で人知れず失っていることも実は多いのかもしれません…。

例えばオートバイや車の進化などは分かりやすいです。モデルチェンジを繰り返すたびに性能、品質、快適性、環境性能、安全性能はもちろんのことデザインも時代に合わせて洗練されていきます。その一方でアナログ的な魅力は薄れていきます。

キャブレターのように構造が直感的に分かりやすかったり、手をかけてやらないと調子を崩したりすることなどに、ある種のロマンを感じる人も多いはずです。エンジンの鼓動感やステアリングに伝わるダイレクト感などは昔の乗り物ならではですね。




このように機械に対してロマンを求める人は全体に対して少数派かもしれませんが、新型車には見向きもせず旧車を愛するものです。プレミア値のヴィンテージ車を買う人もいれば、昔のバイクのリメイク版のような新型が人気を博したりする事からも感じ取れますね。

写真の場合はどうでしょう?カメラについては約20年前に一般に普及しはじめたデジタルカメラの登場で劇的に変わりました。それはカメラや写真メディア、カメラと写真を愛する人、写真に関わる文化も変わりましたね。

そしてデジタルカメラの登場と時期をほぼ同じくして、インターネットの普及とともにブログをはじめとするSNSが登場しました。プロでも有名人でもない普通の個人が不特定多数に情報や作品を発表できる時代です。

このブログも正に、私が有名な写真家でもなければコラムニストでもないのに、それっぽいことを書いて無責任にも不特定多数に発信している訳です。

デジタル時代の到来はカメラ、写真に関わる多くの人に大変革をもたらしたと思います。まず撮影の観点では・その場で画像が確認できる・メモリーの容量が許す限り多くの写真が撮れる・フィルム代、現像代がかからない・ISO感度を自由に変更できる…などがあります。

文化の観点では・画像をデータとしてインターネット、メールで遠くの相手に簡単に送ったりシェアできる(または盗まれる) ・ブログ、SNSで個人的な写真家(写真を愛する人)として発表の場が作れる ・撮影技法、カメラレンズ等の知識、撮影ポイント、写真の流行(〇〇映えなど)がインターネットで容易に情報入手できる などでしょうか。

このようなデジタルカメラの登場、インターネット、SNSの普及によりプロではない一般カメラユーザー、個人的写真家による写真文化の形成は今まさに過渡期をむかえているように感じます。

一言に写真家、写真が好きな人、カメラマンと言ってもフィルム時代のベテランから商用写真やブライダル関係のカメラマン、デジタル時代になって始めた人など様々です。そのため写真に対する個人個人の考え方も混沌としているように感じます。




写真文化の流行としてはInstagramや東京カメラ部などの人気投稿を見る限り、美しさ、驚き、フォトジェニックな被写体や風景、絶景地などが評価される傾向でしょうか。これって当たり前のように聞こえますが、昔は街角スナップが流行したり風景ならパンフォーカス、セピアカラー、わざと下手っぽく撮った下手ウマ写真なんてものも流行しました。

こういった流行を追うか追わないかは個人の自由ですが、本当は流行とは全く違った方向を目指したいのに、つい流行に流されてしまった…というのは避けたいところですね。そのためには何がいま流行なのかは知っておいても悪くはないと思います。

EOS6D Mark2 + EF35mmF2.0IS

一見すると文化が成熟して良い事ずくめのようですが、キャブレターの旧車が現在でもマニアに支持されている例のように、写真も時代の成熟とともに何かが失われていないでしょうか?例えば分からないことをネットで検索するのも、便利であるのは間違いありませんがその前に自分で考えることを忘れていないでしょうか?

人気の撮影スポット、インスタ映えするモノ、フォトジェな被写体、こういったものを事前にネットで検索し情報を仕入れるのは決して悪いことではありませんが、当たり前のように使ったり頼り過ぎてしまうのもどうでしょうか。それにネットで調べた撮り方、撮影スポットだけを追い続けていたら同じことをしている他者と同じような写真を撮るだけです。

被写体や情景との発見や出会い、探り当てる勘、この小道の先に何かあるな?という好奇心や探求心を頼りに自分だけの絶景や被写体に出会う事。それがどんなに素晴らしい写真を生むか忘れてしまわないよう心に命じたいです。




今回、なぜこのような独り言を書いたかといいますと、最近はどこに出かけるにも事前にGoogleアースでロケーションやら日ノ出の方向やらを検索している自分に「なんか違うな…」という違和感を覚えたからです。誰に言うでもなく私自身に言い聞かせておきたい独り言なのです。

考える力や勘が鈍らないようネットで調べるべきことと、自分で考えるべきこと、直感で決めるべきことは上手く分けていきたいですね。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ワンショット入魂ではなく☆兎に角☆たくさんシャッターを切ろう!

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は久しぶりに初心に帰って<初級>ツーリング写真解説のやさしい内容をいってみたいと思います。

当ブログは読者の皆さまに支えられて開設から1年半を経過しましたが、お陰様で幅広い年齢層、男女問わず数多くのユーザー(ブックマークして頂いてる方のこと)様がおられます。本当にありがとうございます。

そう…幅広い年齢層。読者の皆さまの中にはフィルムのカメラは触ったこともないという若い方から、マニュアル露出時代のフィルムカメラを経験されているベテランまで様々おられます。

バイク界では「リターンライダー」といって、かつて若いころにバイクを乗っていたけど、一定のブランクを経て再びライダーに返り咲いた人のことを言いますね。これと同じようにリターン写真家も多いと感じます。いや、厳密には昔、写真をやっていたことを隠している「隠れリターン写真家」が多いと推察いたします。

むかし写真に憧れて、いや上手なカメラマンになりたくて志したけど、フィルムを現像するとガッカリすることの連続で挫折してしまった…。こんな経験はおありではないでしょうか?フィルムの時代はその場で画像を確認することができませんので、露出が適切であったか、ピントが合っているか、手ブレはしていないかのチェックすら出来なかったものです。

その昔、写真ビギナーの正しい学び方としてはメモ帳を常に携行し、使っているフィルムの何枚目はどのような露出設定で撮ったか、また撮影時に何かをしたのであれば、そのことを適宜メモをしたそうです。その情報がないと出来上がった写真を見て何が良かったのか、何がいけなかったのか1枚1枚を検証ができなかったのですね。デジタル時代の今で言うExifデータのようなものです。

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS  何枚も連写させてベストな位置をセレクトした




さて、今回の<初級>ツーリング写真解説の本題ですが、そんなフィルム時代を経験された方の中に多い、1枚しか撮らないワンショット入魂派の人これはやめましょうぜ!!!というシンプルな話でございます。

皆さまはどこかで「デジタル世代の人は無駄打ちが多い」なんて苦言されているベテランのお話を聞かれたことはないでしょうか?その昔、シャッターを一度切ればフィルム代も現像代もかかりますし、ポジフィルムなどはネガよりも高価なものでした。それゆえに写真を撮る人は熟考の末に慎重を喫してシャッターを切ったものです。

その時代のベテランはワンショット入魂の精神で写真道を歩んできたので、そういった方々から見るとパシャパシャと気軽にシャッターを切りまくっている現在のデジタルカメラユーザーに違和感を感じるのかもしれません。

しかし偉大な先人に「写真は1枚1枚を大切に、ワンショットに入魂せよ」と言われてもその通りにする必要はありません。1枚1枚を大切に丁寧に撮ることには賛成ですが、そのシーンでたった1ショットだけ撮って終わりにするのは、デジタル時代の現代としては実に勿体ないことです。

1つの撮影シーンで似たようなカットを何枚も撮っています

特に我々のように学んでいる立場としては常に撮影シーンでは試行錯誤し、いくつものカットからベストアングルを探り当てたり、理想的な露出を設定したり、被写体の隠された魅力を試し撮りの中から発見したりするものです。

バシッと1枚で決めてしまうのはカッコいいですが、それは巨匠レベルであり、我々凡人が真似をすべきではないと考えます。

デジタルカメラの大きなメリットは・その場で画像を確認できる・フィルム代、現像代がかからない・感度を自在に設定できる(フィルムは感度の違うフィルムに入れ替える必要があった)などです。

たとえその撮影シーンで100ショット切ろうが1000ショット切ろうが1円も無駄にしませんし、誰にも迷惑もかけませんし、環境破壊もありません。自分が納得するまでそこでシャッターを切れば良いと思います。




色々なアングル、色々な露出、色々な構図、デザインや比率を巧みに取り入れた撮り方、あえて何もしないでナチュラルに撮ったもの、望遠や広角レンズを試したもの、決定的なシャッターチャンスをモノにするため「数打ちゃ当たる打法」で撮ったもの。

とにかく撮って撮って、試して試して、そうして何カットもそこでシャッターを切ることで被写体に対する想いが高揚してきて思いもよらぬ傑作を生む場合もあります。切り続けることで「あっそうか!みえたぞ」「こんなに美しかったのか」といった気づきもあります。

ただ1つ大変なのは帰宅してからの写真のセレクト作業が膨大になることですが、これはやっていれば「こんなものか」と慣れてきます。似たようなカットが何十枚とある中からベスト1枚を選べる力もついてきます。

そして面白いのはセレクトから外れたボツカットが、何年後かに見直してみると「これは良いじゃないか」と思える作品に変化することです。これは経験を積み写真に対する考えが成熟してくるからであり、決して当時に見落としていたという事ではないのです。

この写真は7年前に撮ったものですが当時は「なんだこりゃブレすぎ」と完全な失敗写真としてボツカットにしていました。しかし膨大なゴミ画像をストレージに保存していた私は7年の歳月を経て再びこの写真を発掘して仕上げなおしたのです。今の私の目にはバイクに乗っている時の風が写っている…とそんな風に感じます。




撮影現場で探り当てるようにシャッターを切り続け、その時は不採用としたカットでも保存しておけば将来は宝になる可能性がある。

こんな素敵なこと1枚しか撮らないのでは実現できないですからね…ワンショット入魂は実に勿体ないでしょう?

用意すべきものはたった1つ。容量が大きいメモリーカード。それだけですよ。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

一眼レフをバイクに積むには…カメラの積載方法

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、突然ですが撮った写真のExifデータは確認されていますか?Exif(イグジフ)データとはデジタルカメラで撮影した画像データに記録されている撮影情報のメモのようなものです。

Exifデータの最も簡単な確認方法はJPEG画像のアイコンをマウスで右クリックしプロパティを表示させます。その中の詳細タブで表示される部分がExifです。このように撮影日時、使用カメラ、露出、焦点距離などの情報が表示されます。

この写真、どんなレンズで撮ったのかな?この場合の露出はどうだったんだろう?と過去に撮った写真から失敗例や成功例として学習するときに役立ちます。ぜひ活用してみてくださいね。




さて今回は一眼レフカメラをツーリングで持って行くときに、どのようにしてバイクに積載するか、私の経験をもとにカメラの積載方法をご紹介してみたいと思います。

1.カメラバッグ

様々なカメラ用品メーカーから製品化されているカメラバッグは選択肢も多く自分の使い方にあった物を選べて良いと思います。写真のカメラバッグはVANGUARDのAdaptorシリーズ 14.4Lのモデルです。これで一眼レフボディ、交換レンズ2本程度、小物類が収納でき外側にアルミ小型三脚も固定できます。

バイクに乗る場合はショルダーバッグでは運転しにくいので、バックパックかウエストバッグだと思います。斜めがけのスリングタイプは中の取り出しやすさは良好ですが運転中にズレてきてしまいます。

一眼レフカメラや交換用レンズをツーリングで持ち歩くとき、まず心配なのはバイクからの振動と衝撃、そして雨が降ってきた場合の防水ですよね。

バイクの振動で大切なカメラやレンズが壊れてしまわないか…心配ですね。

バックパックやウエストバッグなどのボディバッグ系はエンジンの振動、車体から伝わる段差などの衝撃から守る意味では理想的です。ライダーの体がワンクッション入ることで、心配していたこれらのインパクトはカメラ機材には殆ど伝わりません。

反面、カメラ機材の重さがライダーの体にかかってくるので、長時間のツーリングでは疲労になりますし、特にスポーツ系のバイクで走りも楽しみたい、というライダーにとっては上半身に重い荷物をかけるのは嬉しいことではないですね。

自分が座るシート面とリアシートに段差が大きいバイクだと、そこに当たってしまいスマートに背負えない場合もあれば、絶妙な段差で重いバッグを段差部分に載せて好都合な場合もあります。

ボディバッグのデメリットはこれら体にかかる疲労だけでなく、突然の雨に対応するにはバッグ付属のレインカバーだけでは役不足で、北海道ツーリングのようなロングには向きません。万一、転倒や事故を起こしたときのカメラのダメージも大きいです。

2.トップケース

私の場合は基本はトップケースに収納です。写真はヘプコ&ベッカーから発売されているALUエクスクルーシブTC30という容量25Lのケースです。本体はあのスーツケースの老舗ブランドRIMOWAをカスタムしたものでアルミ製で軽量であり発泡内装で結露の心配もありません。

これはユーザー車検の時に撮った写真…ツーリング以外でも重宝するトップケース

R1200GSアドベンチャーの大きな車格を考えると、少し小ぶりなサイズのトップケースです。持論なのですがトップケース部に重量をかけると走行性能に大きく影響し、車種によってはウォブル現象などを招きます。大柄なアドベンチャーバイクであってもトップケースは小型に留め重量に配慮するのがポイントです。

トップケースはどんな大雨でも安心ですし何より撮影したい時にすぐに中身を取り出せる使い勝手の良さが最大の魅力です。そして食事や温泉などバイクから離れるときに施錠できるもの重要なポイントです。




振動と衝撃の対策は慎重を喫します。よくトップケースにカメラを入れて壊れない?と聞かれますが下手に放り込んでおくと壊れる可能性が高いです。

ケース内にカメラ用品メーカーから発売しているカメラバッグインナー、ソフトボックスなどを組み合わせて各種レンズ、カメラボディなどを区画して収納します。これらのインナーボックスは柔らかいスポンジ製でクッション効果の高い物を選びましょう。

インナークッションでトップケース内を区画してキレイに収納すれば振動対策は完璧か?と言われると完璧ではありません。エンジンから伝わる高周波の振動はスポンジでは吸収できないので、特にリモコン、ミニ三脚、予備バッテリーなどの小物類同士が直接触れ合って収納されないよう気を付けましょう。固い物同士が触れていると高周波の振動でヤスリをかけたように傷がついて機材にダメージを与えてしまいます。必ず各区画に1つのモノを入れ、小物類はそれぞれを袋などに入れるのがポイントです。

トップケースのデメリットはまずそれ自体が高価であること。バイクから離れて撮影したいとき、カメラ本体しか持ち歩けないこと。あとは見た目の問題で車種によってはトップケースはカッコ悪いから嫌だ…などがあります。

3.樹脂ハードケース

通常は持っていかないと思いますが例えば野鳥撮影やレース観戦などで望遠レンズを持っていきたい場合はどうしましょうか…。望遠レンズは大きくて重く、それでいて高価なのでバイクの積載で壊さないか心配ですね。

私の場合はかなり特殊ですのでツーリング写真でも望遠レンズの出番はかなり多いです。2017、2018、2019と3年続けて行った北海道ツーリングでは雄大な大地をつらぬく直線路を超望遠で切り取った写真を撮りました。

R1200GS-ADVENTUREくらいの積載能力があればキャンプ道具は左右のケースに全て振り分けてしまい、リアシート上に樹脂製ハードケースを設置してその中に収納します。

キャンプ道具にロングツーリングの荷物、それに一眼レフと交換レンズ、望遠ズームレンズが2本、2型三脚を積載したR1200GS-ADVENTURE。リアシート上にあるのが樹脂製ハードケース。すぐに蓋を出して中身が取り出せるよう工夫してあります。




樹脂製ハードケースはペリカン社の物が本家本元であり、一番モノが良いのは疑う余地がありません。しかしペリカンマークが返って目立ってしまい窃盗犯に狙われる心配も…。トラスコ中山製でしたらペリカンの半分以下の予算で、ノーブランド品ならさらに安いです。

このように内部のスポンジをくり貫いて望遠レンズを収納します。振動も雨も問題ありません。トップケース同様に使いたいときにすぐに取り出せます。私の場合、温泉と食事以外はほとんどバイクから離れることがありませんが、一応は施錠して盗難対策はしてあります。

いかがでしたか?私はかれこれ15年くらいは一眼レフカメラに複数の交換レンズを持ち歩いて日本中をツーリングしてきました。過去にバックパック、カメラ用バッグなど色々と使いましたが、今はトップケースに落ち着いています。やはり中身の取り出しやすさ、防水、施錠できるというメリットは余りあるメリットと感じます。

これから一眼レフに交換用レンズも持ち歩いてツーリングに行ってみよう~とお考えの方はぜひ参考にされて下さい。

今回はこの辺で!!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真 構図のスーパーテクニック☆重ねて際立たせよ!

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は「構図のスーパーテクニック」なんて大それたタイトルを付けてしまいましたが<上級>ツーリング写真の解説として構図のちょっとした使える裏技をご紹介してみたいと思います。




私が最初にこの撮り方を思いついたのは、いつもの逆転発想がきっかけでした。当初は残念だった要素を逆転発想で味方にしてやろうという考え方です。まずは作品をご覧ください。

EOS6D Mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG

千葉県館山市の沖ノ島という小さな島があるのですが、そこへ行く途中にある造船のドッグで撮りました。ちょうど道から見て船首部分の様子がキレイに見えましたので、望遠レンズを使ってコレを大胆に引き寄せて、ツーリング中に出会った風景としての印象写真を狙ってみました。

以前にも解説しましたが望遠レンズで空間を圧縮させると、写真を見る側の印象としては圧縮された勢いがそのまま観賞者の方へドーンと来る感じでインパクトを与えます。被写体を印象付けるのに効果的ですが、いつもいつもこのような望遠レンズを使った手法の写真ばかりだと見る方も疲れてしまうので望遠はほどほどにしましょう。

さて今回、解説したい「スーパーテクニック」とやらはバイクあるいはライダーといった被写体がシーンの中で沈まないよう、もう1つの画面を構図内に作るテクニックのことです。この写真の場合、船体の手前にある白いガスタンクを利用しました。




実際の撮影地の様子をスマホで撮った写真がこちらです。バイクから船の位置までは150mくらいは離れていそうです。そしてその中間に存在する白いガスタンクのような物は当初は邪魔になるな…と感じていました。

そこでタンクが白いことに注目してこれをバイクの背景と重ねてキャンバスのようにしてしまうアイデアを思いつきました。

撮影ポイントが広ければ望遠を使ってこのように重なるアングルを探し当てるのはそれ程難しいことではありません。右に左に足で動いてベストアングルを探り当てる上級者ならばきっと容易だと思います。




もちろんこれは、いつもできるワザではなく偶然にもそこにキャンバスとして使えそうな四角いものが存在すればの話です。こういった撮影の引き出しをアタマの中に在庫させて、ここだ!と使えそうなときにそのカードを使う感じですね。

撮影地であれやこれやアングルを練っている時に、白いハイエースがやってきて今まさに撮ろうとしていた景色の方向に駐車しました。「あ~そこに停めたら邪魔なんすけど…」いえいえ、そうとは限りませんよ。よく考えてみましょう~

黒っぽいオートバイの場合は特に背景に沈みやすいので、有効なやり方かもしれませんね。ぜひ覚えておいて応用してみて下さいね。

今回はこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

この写真も逆転発想で思い浮かんだ構図です。花を主役にするのではなく構図の上では葉を主役に切り取った写真です。なぜこのようにしたのか?雨上がりでしっとり濡れた様子を表現したかったのですが、花についた雫よりも葉についた雫のほうが分かりやすく、かつ美しかったからです。賛否あるかもしれませんが個性的であると自負しています。

新しい撮り方を生み出す<脳の使い方>インスピレーション

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ツーリングライフ、写真ライフを楽しまれていますか?いかなる趣味も長いキャリアを積んでいくと楽しさを維持していくのが難しいものです。

バイクもはじめて運転したときの楽しさ、はじめてツーリングしたときの楽しさは長いキャリアとともに少しずつ薄れてしまいます。もちろんキャリアを積むことで知らなかった世界を知ったり、新たな楽しみを見つけることも多いですが、それも長くやっていると出尽くしてしまい、やがてマンネリになってしまうものです。

それを予防して長く楽しみを持続させるには、意識して楽しむ工夫を見つけなければいけません。日帰りツーリングだけだった人が泊りでツーリングしてみるとか、宿しか使ったことがない人がキャンプツーリングに挑戦してみるとか。




写真もビギナーの頃は経験を積むほど上達していくことにやり甲斐を感じ、人に見せてその反応を楽しんだり、新たな撮り方や被写体に刺激を感じたりするものです。しかし長いキャリアの中でネタが出尽くしてしまった、写真に関わるあらゆることを知り尽くしてしまった(という錯覚)がマンネリを呼びます。

人間はワガママなもので同じことを繰り返すようになり進歩を実感できないと退屈に感じるものです。

「いつも同じような写真になってしまう」「これ、この間も同じの撮ったな」とマンネリの気配を感じたら黄色信号。今回は新たな撮り方やアイデアを生み出すための脳の使い方を解説いたします。

 

まずこちらの作例をご覧ください。地元、南房総のとある海岸で古い別荘風の家にアロエがたくさんありました。私はこの時、この場所の雰囲気とアロエが何とも印象的だなと感じて、ここで撮影することにしました。

当初、ここで気に入ったのは家のデザインと白いコンクリの壁、そして地面などから受ける無機質な雰囲気でした。そこに緑の要素であるアロエがワイルドに存在しています。海が見えないアングルで撮っても、ここは海岸であると想像させる写真が撮れると思いました。

しかし、この場所が気に入ったのは良いとしてバイク+ライダー=ツーリングシーンをどのように融合させましょうか?この場所をシンプルに背景として使うのか、アロエを被写体にして寄るのか、または別の撮り方を模索するのか?

とりあえず、この空間を背景としてツーリングの小休止としてのシーンを演出してみました。ここでヘルメットを手にバイクに歩み寄るポーズとか、もう以前に何度かやったので同じことはしたくありませんでした。考えた末、ブーツのシューレースを締めなおしている様子で撮ってみました。

しかし、この構図ではライダーの存在が小さすぎて、せっかく思いついたアイデアが明確ではありません。もう一度、どう撮るのか練り直してみましょう。




ブーツのシューレースを締め直しているシーンを明確にするのであれば、そこが分かりやすく伝わるように寄るのが一番です。そのためにはバイクやライダーがフレームから切れていても大丈夫。

いわゆるフレーミングによる存在感の調整です。単にブーツと腕などの様子が大きく写せただけでなく、バイクとライダーの顔などが枠外になったことで、作品の主題が「ライダーが休憩中にブーツを締めなおしている」という1つのことに明確化されました。

しかし…どうでしょうか。私はこういったフレーミングなどを使った手法で過去に何枚もの写真を撮ってきました。究極のツーリング写真の熱心な読者の皆さまでしたら、お分かりかと思いますが見たことのある撮り方ですよね?別に悪い訳ではありませんが面白くないです。

自分がやってきたことの繰り返しに進歩を感じない時ほど退屈なものはないです。

どうしましょうか?この状況の解決策はどこかにあるでしょうか…。脳内の知識を検索してあらゆる撮り方やアイデアを呼び起こしてみます。しかし妙案は全くヒットしません。

そのうち集中が切れてしまいました。人間の集中力は持って30分といいます。ちょうど計ったかのように、ここで写真を撮り始めて30分くらいした頃でした。

「あ~なんだか疲れた」

梅雨の中休みのよく晴れた日、穏やかな海からザーザーと波の音、トップケースからペットボトルのジャスミンティーを出してゴクゴクと飲みほし、アスファルトの上に寝転んでみました。

う~ん、ここ気持ちいいな。誰も来ないし、知らなかったなここ。また来よう。写真はその時にまた撮ればいい。

うっかり、そのまま寝てしまいそうになったのでムクっと起き上がったその時でした。

「そうだ!!これだ!」

EOS6D Mark2 + EF14mmF2.8L

インスピレーションとは考え抜いて生み出すのではなく、究極のリラックス状態から突如として授かるものです。

この撮り方をひらめいた時、EOS6D Mark2にはEF35mmF2ISが装着されていましたが、急いでリモワのトップケースから我が青春のEF14mmF2.8Lを取り出してレンズを交換しました。

撮り方はつい先日、究極のツーリング写真でご紹介したコクピット風景、走行写真の撮り方と全く同じです。




写真を見る人にツーリングしているライダーの視界を感じてもらいたい。そんな思いから始めたこの撮り方ですが、それは走行中の視界に限ったことではなく、このように休憩中だって良い訳です。

自分でも愉快すぎて誰もいない海岸で一人で笑っている怪しい人と化しました。

そう、こういった新しいアイデア、ひらめき、インスピレーションは思考回路をフル回転させたり知識の中から検索をかけたところで何も得るものはないのです。いちど脳内をリセットするように「気持ちいい」「楽しい」と心に余裕をもたせてリラックス状態になったときにポコッと出てくるのですね。

当初、ここで気に入ったアロエの存在は一気に脇役になってしまいましたが、インスピレーションよりも優先すべきことなど何もないのです。ひらめいたユニークさがいつでも最優先。

だから楽しいのです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

大好きな旅の景色は記憶の彼方へ…

「ツーリング写真ギャラリー ミラーに消えゆく旅の記憶」




走りぬいた道も

出会った景色も

潮の香りも

あの時感じた風の感触も

みんなミラーの中に吸い込まれて消えゆく。

大好きな旅路は記憶の奥深くへ。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング