はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮るか【番外編】

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今日は祝日ですがもしかして昨日を有給休暇にして4連休なんて方もいらっしゃるのでしょうか?私もはやくキャンプツーリングに行きたいです。

つい先日知ったことなのですが私の住む房総半島の内房側。浦賀水道よりも南は東京湾ではなく太平洋なのだそうですね。知りませんでした…。館山から富士山の写真を撮ったりして「東京湾から望む冬の富士山」などと書いてきましたが…間違いだと知ってとっても恥ずかしいです。

でもブログやSNSで「太平洋から撮った冬の富士山」と書いてしまったら多くの人が困惑するのではないでしょうか?そう考えると館山から撮っても「東京湾から…」と書いてしまった方が良い気もします。




さて前回まででツーリング写真の作例として幾つかのバリエーションでご紹介してきました。ツーリング先で愛車の写真をパチリと撮る愛車写真、どこかに行った記念を撮るツーレポ的な写真…それら説明的写真とは違う、ARTを意識した【ツーリング写真】が何なのか、お分かりいただけたのではと思います。

今回はこのシリーズの最終回としてツーリング写真のバリエーション、番外編バージョンをご紹介してみたいと思います。

撮り方に困ったときは…

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

あぁ、ここは素晴らしい景色だ。ここでツーリング写真を撮りたい…そう思っても撮影スペースに制限があったり他にもカメラマンがたくさんいて自由にできないなど、撮りたいけど問題をどう解決すべきか分からないとき…ありますよね。

そんな時は頭を柔らかくして普段は絶対に撮らないようなエキサイティングなやり方を思案しましょう。こういったシーンではネットも何も役に立ちません。頼りになるのは自分の発想力だけです。

上の写真は北海道の富良野にある通称「赤い屋根の家」ですが、道からはかなりの距離がありますし、望遠で寄せるにも後ろに下がれるスペースはありません。何しろ畑の中の細い道に路駐して撮るしかないのですから。こういった時、望遠レンズを使ったツーリング写真は成立しないものです。

そこで赤い屋根の家は小さいままで良いから何かユニークな手法で表現できないか?と考えたところ、上の写真のような撮り方になりました。R1200GSのアナログメーターのコクピットに35mmレンズで寄って絞り込んで撮ってみました。メーターがアナログのお陰で誰が見てもこれがオートバイであると伝わると思います。




それでも自分のバイクを撮りたい!

EOS6D Mark2

最後に番外編らしく… そう、やっぱり自分のバイクをカッコよく撮りたいですよね。分かります、私もバイク乗りですから自分のR1200GSをかっこいいと思っております。ツーリング写真では愛車をカッコよく撮っただけの愛車写真は人に見せる写真ではない…といった事を書いてきましたが、ツーリング中に撮る愛車メインの写真でもツーリングの魅力を伝える1枚に仕立て上げることは可能です。

それはずばり、オーナーとの関係性が伝わってくる写真にすることです。背景に富士山や海、これだけの所にバイクを置いてパチリと撮るとバイクがオブジェのようになってしまい、アングルを工夫してカッコよく撮ろうとするほどバイク雑誌に載っているような写真になってしまいます。

そこでオーナーである貴方が脇役として控え目に登場することで、このバイクはこのオーナーに愛されて共に旅をしているのだな、というStory性が出るものです。ここまで成功すれば「自分で見る用」の記念写真ではなく胸を張って人に見せられる写真が出来上がると思います。

リコー GR APS-C

いかがでしたでしょうか?バイク写真という大分類の中のツーリング写真。それはバイク旅の魅力をARTで伝える役割のある作品。その1枚でバイクとは縁遠かった人が「私もオートバイに乗って旅に出たいかも」と思えるような、そんなARTが生み出せたら素敵ですね。




むかし鉄道写真は鉄道車両自体にフォーカスされた比較的閉鎖的な写真ジャンルでした。それが「鉄道のある風景」として車両ではなく景色の中の鉄道の写真ということで鉄道写真は生まれ変わり世に認知されました。

それと同じようなことをバイク写真でもやってみたいのです。現状、多くのライダーは愛車の写真やツーリングの記念写真を記録やSNSのレポート用として撮っているだけです。それでも多くの人は「いい写真を撮りたい」と願い新しいカメラや高級なレンズを購入したりしています。しかし「いい写真」とは極めて主観的であり本当の意味でいい写真を追求するならARTを意識せずには進めないと思います。

上手い写真、綺麗な画像、有名な撮影ポイントに行く、珍しい被写体で見る人を驚かす…これらは決して悪いことではありませんが、画一化された表現の世界であり個人の発表ではありません。ARTは個人の発表なので反応は賛否あって当然です。流行の映え写真や「いいね」を狙う写真とは言葉は悪いですが「万人ウケ狙い」なのでART写真とは全く真逆の世界です。

私は皆と同じではなく自分独自の世界をツーリング写真で表現していきたいです。その方が自分の作品が世に残されていく可能性を秘めていますし、何より写真活動そのものが精神的に充実します。

まだまだ道半ばですけどね。

皆さまもぜひ私と一緒にARTなツーリング写真をはじめてみませんか?必要なことはこのブログ「究極のツーリング写真」で発信していきますので。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮るか5

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今日から11月ですね。11月というともう年が終わってしまうようで一抹の寂しさを感じます。しかしバイク乗りとしては最後のベストシーズンですので張り切ってツーリングに行きましょう。もちろんカメラを持って!

さて前回までで初めてツーリング写真に挑戦される方向けにツーリング写真の撮り方と作例をご紹介しています。今回で5回目となります。




では続きを!

廃墟を撮ってみよう

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

廃墟というとそれを専門にしているマニアがいるのは現在となっては知られていますよね。昔からロングツーリングをしていると山中や海岸で廃墟はよく見かけるものでした。廃業した旅館であったり誰も住まなくなって寂れてしまった集落であったり。

廃墟も前回の素掘り隧道と似た雰囲気の写真になりますが不気味さ、崇高さから非日常を感じさせるアドベンチャーツーリングフォトが成立します。

撮る時のポイントはその被写体の特徴をよくとらえ、その部分を分かりやすく構図すること。被写体の雰囲気に似合った露出やホワイトバランスを選ぶことです。上の作品の場合はレンガ造りの崩れ具合や質感を表現するのに望遠の画角を、不気味さや寂しさを強調させるようにアンダー気味の露出を選んでいます。




走行シーンを撮ってみる

RICOH GR APS-C

走行シーンの撮影は主に2つ。1つ目はお友達と協力し合って撮影者が走りゆくバイクを撮るパターン、これが一般的です。よく流し撮りでカッコよく決めていますよね。でもコレって普通すぎて究極のツーリング写真流ではありません。2つ目は上の写真のように撮影者側も走りながら撮ってしまうのです。

もちろん片手運転などは危険なのでいけませんが、カメラのインターバルタイマー機能などを使えばカメラをストラップで首から下げた状態で連写できます。そのほとんどが失敗写真ですがベストと呼べる1枚をサルベージすればご覧のような迫力の一枚が生まれるものです。

こういったシーンで知識のある人ほど「動きのあるシーンはシャッター速度優先モードで」と考えがちですが、そういった知識や経験はエキサイティングな設定を試すチャンスを逃すものです。この写真を撮ったときは絞り優先モードで絞り込んで走ってみました。すると日陰に入った場所で極端な低速シャッターとなり流れ具合とバイクの縦ブレで迫力の1枚が生まれました。




何気ない休憩で自然に撮ってみよう

自然に撮るとは写真を見る側があたかもその場にいるような臨場感を与える写真です。画角は標準の50mm前後を使用して構図やらデザインやら「撮り方」はほどほどに裁量する。簡単なようで難しい写真です。

写真ビギナーの方が撮ってしまう平凡な記録写真と紙一重な面があり、派手さや驚きこそないものの、1枚の写真が観賞者を旅の世界に誘うような不思議な1枚になるのです。なかなか一朝一夕に成就する領域ではありませんが私もそんな写真に憧れて写真活動をしています。

いかがでしたか?次回はいよいよツーリング写真の作例集の最終回でございます。

お楽しみに!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮るか4

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、食欲の秋を楽しまれていますか?松茸やサンマを美味しくいただきたい所ですが、サンマは今年は不漁だとニュースになっていましたね。仕方ないので実家に帰って栗でももらってこようかと思います。

ところで千葉県のグルメと言うと何を思い浮かべますか?名産品は落花生、イワシ、梨、ビワなどですがグルメ?というと一般的に何が有名でしょうかね。ラーメンですと勝浦タンタンメン、アリランラーメン、竹岡ラーメンがあります。どれも南の方なのでツーリングルートに入れると楽しいかもしれません。その他の有名なラーメン店は松戸や市川といった街中なのでツーリングで行くような場所ではないですね。

千葉県民としておすすめのグルメは鯵のなめろう、サンガ焼き、鯨ベーコン、太巻き寿司…ですかね。あっ、あと菜の花のお浸しも美味しいです。




さて前回まででツーリング写真を本格的にやってみようかな、と考えている方向けにツーリング写真の基本的なことを作例を元にご紹介しています。前回までで海岸での撮影シーン、ワインディングロードの撮り方、ローカル鉄道とバイク、道の魅力の魅せ方、キャンプツーリングシーンの撮り方などをご紹介してきました。

今回はその続きでございます。

奇跡の風景を捉える

EOS30D + SIGMA14mmF2.5EXDG

なんだこの空は!?と思わず言葉にしてしまう燃えるような夕空、年に一度くらいは目撃しますよね。この写真はもう15年くらい前に四国の四万十川キャンプ場で撮ったものです。愛車は懐かしいBMW F650GSダカール。夕陽そのものは普通の焼け方でしたが沈んだ直後に空一面が炎のような色になり、太陽が沈んだのに辺り一帯が明るくなったような妖艶な空へ変貌しました。

しかしこのように焼けたのはほんの1~2分程度で極めて短い神様からのショータイムでした。こういったことは願っても見れないものですが、いつでも奇跡の風景をキャッチできるよう心に受け皿を持っておくのがポイントです。

ちなみにこの翌日、ひどい荒天となり一日中レインウェアーを着る羽目になりました。夕焼け空は雨の前兆とは本当のようですね。

ユニークな物を見つけたら

EOS40D + EF28-70mmF2.8L

あっなんだアレは?と目に留まったもの。それは被写体になりえるツーリング中に出現するメタルスライムです。

普通の人なら気にも留めない何でもないものでも、自分のアンテナが反応を示したのであれば、それは個性的な写真が撮れるチャンスかもしれないのです。そんな時は成功するかはひとまず忘れて撮影に挑みましょう。

上の写真は北海道の海岸で見かけた漁具の置き場なのですが、カラフルな浮きが青い海を背景に浮いているようでとてもユニークだと感じました。前回の解説で少し触れた写真のデザイン要素である「色」「図形」も織り込まれ目で楽しむ写真に仕上がりました。




素掘りのトンネル

RICOH GR

隧道、つまりトンネル。林道を走っているとコンクリートで固めていない土を削っただけの素掘りの隧道が突如として現れます。多くは江戸時代くらいから存在するような古いものばかりで房総半島は特に多いようです。

素掘りの隧道は地層や粘土層などの特徴がそのままトンネル壁の表情となるので、よく観察すると場所によってバリエーションがあって面白いものです。人によっては不気味、怖いと感じるかもしれませんが非日常を感じるアドベンチャーツーリングのワンシーンとしては最高だと思います。

トンネル内は原則として駐停車禁止ですので杭口にバイクを停めて撮りましょう。それとトンネル内は濡れている場所が特に滑るのでご注意を!

写真を撮る際のポイントは内部と杭口で明暗差が激しいので内部の様子を主題とするか外の杭口の表情を主題とするか、どちらかをハッキリ決めてから撮影に挑みましょう。




いかがでしたでしょうか。真っ赤に焼ける夕陽や虹など奇跡的な瞬間をとらえること、誰も気にも留めない小さな被写体に反応すること、これらは写真家としての感受性、観察眼などもさることながら、写真を心から愛していて四六時中写真のことで頭の中がいっぱいの人が叶える写真なのだと思います。

ツーリング写真を通してより写真芸術を好きになってくださいね。

ツーリング写真の撮り方と作例集、まだ続きますよー!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮るか3

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、芸術の秋を楽しまれていますか?普段、芸術とは縁遠い…なんていう方もたまには美術館に足を運んでみると良いですよ。知識がなく観賞の仕方など分からなくても実際の目で芸術作品を見て、館内の空気を感じるだけでも良いと思います。

それとツーリングの途中で美術館に立ち寄るのもお勧めです。例えば裏磐梯にツーリングに行くなら磐梯吾妻スカイラインに入る前に諸橋近代美術館、箱根なら伊豆スカに入る前にポーラ美術館に行ってみましょう。

さて前回までで初めてツーリング写真を本格的にやってみよう、と思っているツーリング写真ビギナー向けにツーリング写真とは何なのか?具体的な作例でご紹介してきました。ローカル鉄道とバイク、季節の風景でのツーリングシーン、港での撮り方、富士山と組み合わせる場合…などなど。まだまだたくさんの作例がありますので、今回は続きを書いてみたいと思います。




山の風景とツーリング写真

EOS6D Mark2 + SIGMA12-24mmF5.6-6.3DG

山で撮る場合、木々から差し込む光をとらえてみましょう。上の白樺林の作品のようにたくさんの木々がある場合は広角レンズを使って絞り込んで地面からパンフォーカス。露出はその場所の雰囲気が最も魅力的になるように実際の明るさの再現ではなくイメージの露出を実現するのがポイントです。

また僅かなカメラアングルの違いで光の様子も一変するのでバリエーションでいくつか撮って帰ってからじっくり選別するのも良いと思います。天気や時間帯によっては森から発する水分で靄がかかったり、ブルーアワーが幽玄的になったりと表情が変わります。

いきなり撮るのではなく森のフィトンチッドを吸収してリラックスし、耳を澄ますように景色を感じ取ってください。

ワインディングロード

EOS6D Mark2 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6EX DG

ワインディングロードは写真を見た人が「この道を走ってみたい」という衝動に駆られるよう、道の魅力を1枚の写真にしっかり凝縮して仕上げてみましょう。

不思議なことに写真の観賞者とは写っている内容はどうであれ、まずパッと見た瞬間にその写真の構造によって視線を動かしてそれを楽しんでいます。写真の観賞者を目で楽しませる要素は線、色、図形といったデザインの要素。

画面という長方形の四角の中に、これら線、色、図形を巧みに構図することで写真の構造が出来上がり見栄えがよくなるものです。上の作品は宮城側からアプローチした早朝の蔵王エコーラインですがコーナーの曲線を画面の右下から入れ視線誘導に、なおかつセンターラインがオレンジなのが色の要素として印象を誘います。

いつも写真とは奥深いものだな…と実感するのですが「構造が出来上がり見栄えがよくなる…」と書きましたが見栄えが良ければいい写真とは限りません。本当に訴えたいのは作者の感動した1つの美です。この作品では朝焼けに染まりゆくワインディングロードを主題にして撮っています。




海岸とツーリング写真

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/200 ISO100

海岸で撮るツーリング写真はズバリ言ってしまうと写真ビギナーの方に超お勧めでございます。理由はいたって単純です。背景がシンプルで構図を作るのが簡単だからです。景色の開けた海岸に行けば海、空、砂浜しかないのです。同じような海のシーンでも前回にご紹介した港とは大きく違います。

上の作品は海岸の駐車場に台風で海岸の砂が堆積してしまい、どこまでが駐車場なのか良く分からないような場所でした。海岸に車両の乗り入れを許可しているのは限られた場所ですので、むやみに砂浜にバイクを入れるのはやめましょう。

海岸でツーリング写真を撮る場合のポイントは時間帯です。日中の日の高い時間帯に行っては夏休みの思い出のような子供じみた写真になります。空の表情、海の波の様子などに注視し日の傾いた時間帯を逆光で狙ってドラマチックな作品を撮ってみましょう。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 1/6 ISO100




いかがでしたか?ツーリングと言えば山か海ですよね。ツーリング写真でバイク旅の魅力を伝えるなら山の魅力、海の魅力を貴方なりの感じ方で表現してみましょう。ビギナーの方でしたら好きな写真家の撮った写真やSNSで見かけたカッコいい写真を真似してみるのも悪くありません。しかしどこかのポイントで真似はやめて自分なりに感じたことを個性的に表現してみましょうね。

ツーリング写真のバリエーションと作例集、大変好評ですのでまだまだ続きます。

お楽しみに!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮るか2

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、だいぶ気温が下がってきましたが愛車の点検は万全でしょうか?特にタイヤの空気圧は夏にチェックしたまま見ていない…という事では危険なほど空気圧が低下しているので必ず点検されることをお勧めします。それと空冷エンジンのオーナーさんはそろそろ粘度の低いエンジンオイルに交換した方が良いかもしれませんね。

さて前回よりこれからARTなツーリング写真に挑戦してみよう、というツーリング写真ビギナーの方向けにツーリング写真の撮り方と作例をご紹介してきました。ローカル鉄道と組み合わせたツーリング写真、桜や紅葉など季節の風景と合わせたツーリング写真など、私の撮った作例でご紹介しましたが如何でしたでしょうか。今回はその続きでまだまだあるツーリング写真の作例をご紹介していきたいと思います。




富士山と撮る

EOS6D Mark2

富士山と言えばもう日本人の心ですよね。日本人も外国人もみんな富士山が大好きで富士山を愛しています。私は千葉県人なので房総半島から冬に見れる富士山の景色が大好きです。実は自宅のベランダからも富士山は見れるのですが手前に丹沢があるため富士山の裾までは見えません。しかし南房総まで下ると裾までしっかり見えるので千葉からとは思えなほど大きく立派に見えるのです。

「うちから富士山は遠いよ…」という地域の方でも日本の各地には〇〇富士というご当地富士があるものです。羊蹄山は蝦夷富士、岩木山は津軽富士、妙高山は越後富士、開聞岳は薩摩富士…まだまだあります。

富士山はシンメトリーに長い裾が美しいのですが構図については撮り尽くされてしまい、そういった意味で難しい被写体です。しかしバイクと組み合わせることでその難しさは解決されます。やり方は簡単で富士山が主役でバイクが脇役、バイクが主役で富士山が脇役の何れかの写真を撮れば多くの場合で失敗にはなりません。

上の写真は富士山を主役、タンカーが脇役で撮ったツーリング写真でしたが、突然の来訪者「鳶」に見事に主役の座を持って行かれた瞬間です。




天の川とバイクを撮る

EOS6 mark2 + EF35mmF2 IS

星景写真をやられている方は夏は天の川の写真も撮られる方が多いと思います。天の川の写真を撮るには最低限の天体の知識と夜でも走る行動力が要求されます。しっかりした三脚も必要になってくるのでバイクでツーリングして天の川を撮る…というのは言うほど簡単ではないかもしれませんね。北海道や長野に行くとキャンプ場から天の川が見れるときがありますが、ARTな写真を目指したい場合はキャンプ場の照明や他のキャンパーの明かりをどう処理するか悩ましいです。

ちなみに三脚をオートバイに積載する方法については こちら でご紹介しております。

天の川とバイクを撮る時のポイントはバイクを照らすのに小さなLEDライトを用意しておくことです。100均で売っている簡易的なもので大丈夫です。14mmといった超ワイドレンズでも美しい星景写真が撮れますが、上のように35mmを使うと天の川自体に絶対的な存在感を持たせることが出来ます。

上の写真は5月に南房総市から撮影した天の川です。ラッキーなことに良い位置に流れ星も入ってくれました。奇跡を写真にするにはいつでもその受け皿を用意しておくことが重要です。

天の川の撮影方法の詳細な解説は コチラ でしております。




港で撮る

港はローカル鉄道と同様にバイクと相性の良いシーンだと思います。何となくのイメージですけど港で黄昏るライダーの背中って画になりますものね。

港と言っても大規模な港湾施設、コンテナふ頭、フェリーターミナル、漁港など色々あります。堤防や岸壁にバイクを停めれば海を背景に港の雰囲気を持つ写真、船や灯台を入れればさらに港の雰囲気が上がります。

難しいのは被写体となる要素が多くて雑然とした写真になりやすいことです。特に田舎の漁村にあるような場所は漁具や舫綱だけでなく放置されたゴミなんかも目立ちます。余計なものを構図に入れないよう引き算形式で整理するように撮りましょう。

上の写真も近くに魅力的な浮きやロープなどがありましたが小さな漁船をきちんと主役にするようそれらは画面内に入れませんでした。バイク+ライダーはかなり小さめに構図しましたが、それでも存在感が十分にあるのは三分割構図を利用しているからです。

この写真を使って三分割構図を解説した記事は こちら

EOS6D Mark2 + EF70-200F2.8L IS

いかがでしたか?私は千葉県民なのでどうしても海の写真が多いのですが、次回は山の写真も作例に解説してみたいと思います。まだまだ続きますのでお楽しみに!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮る??

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、また検索ではじめてご訪問された方、当ブログを見ていただき有難うございます。前回の投稿からツーリングに行ったら愛車の写真や記念写真だけでなく、ツーリングの魅力を伝えるための「ツーリング写真」を撮ってみましょう…というお話を書いております。

実は当ブログはこの「ツーリング写真」の話題だけで3年近く、800を超える記事を書いているのですが、ここでもう一度基本を見直してみたいと思います。前回の投稿でツーリング写真とは記念写真のような説明的な写真ではなく、風景の中のバイクとしてツーリングの魅力を伝えるARTなんですよ・・・という事を書いてみました。

今回はその続きでツーリング写真の魅力的なバリエーションをご紹介したいと思います。

ローカル列車と撮る

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

バイク好き、ツーリング好きの方には男女年代問わずローカル鉄道がお好きな方が多いのではないでしょうか。素朴な風景の中を走りゆく気動車。とっても画になりますよね。鉄道はバイクと相性の良い被写体なので組み合わせて撮るのに最適と言えます。

例えばコスモスやポピーのような可愛らしいお花が咲き乱れている場所でバイクを置いて撮ると、どうもチグハグになってしまいます。バイクと花という関連性のない両者を取り持つために可愛らしい女性ライダーでも登場させれば素敵な一枚になりますが、オジサンやいかついバイクだけでは撮るのは難しいのです。

そういった意味で武骨なディーゼル機関のローカル列車や貨物列車はバイクと相性の良い被写体なのでぜひチャレンジしてみてください。




季節の被写体と撮る

EOS6 mark2

ツーリング写真の基本構造は風景写真です。風景写真とは季節感が大事などとよく言われるものです。上の写真はワイルドな表情を持つ山桜に手前は菜の花が鮮やかに咲いている場所でした。春の温かみある光を表現して時間帯と露出をよく考えて撮った1枚です。

桜の風景の中でバイクを撮る…なんていう事は多くのライダーが春になれば当たり前にやっていることですよね。しかしみんなが撮っている写真だからこそ個性を出してARTに仕立てるのが楽しいのです。上の写真の場合は時間帯、露出、前景の菜の花をボカす、そのボケとライダーを重ねる…といった複数の「魅せ方(撮り方)」を駆使して表現してみました。

日本には四季があり、それぞれに魅力的な風景があるものです。春は桜や菜の花で始まりや出会いを感じさせる、夏は青空に入道雲、北海道のような雄大な風景、秋は紅葉にウロコ雲の夕焼け、冬は空気が澄んで遠景まで美しく見渡せる風景…それぞれの季節でそれぞれの魅力を感じ取れるツーリング写真を目指してみましょう。




キャンプシーンで撮る

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

前回の一枚目の作品もキャンプシーンでしたが、キャンプツーリングをされる方はテントを張って一息ついたら素敵な写真が撮れないか挑戦してみましょう。キャンプシーンはバイク旅の魅力が詰まった最高のシチュエーションです。上の写真は本栖湖からの富士山を眺める浩庵キャンプ場で撮影しました。

浩庵キャンプ場といえばアニメ「ゆる△キャン」の第一話に登場したアニメ聖地であり、いまはすごい人気で混雑しています。人が多いと写真どころではない…という気がしますが撮り方を工夫すれば素敵な写真が撮れます。この写真を撮った時も両サイドのすぐ近くに他のキャンパーのテントがありましたが、自分のテントを前景とする窓枠構図でそれらが写らないよう構図を作ってみました。とても混雑していたのですが「完ソロを満喫してきました!」と言っても分からないと思います。

ちなみにゆる△キャンのシーズン2は2021年の1月から放送開始だそうですよ。




道道106号 日本海オロロンライン

いかがでしたか?ツーリング先で愛車写真や記念写真ではないアートなツーリング写真の撮り方や作例をご紹介してみました。

もし何百年、あるいはもっと未来にオートバイという乗り物がこの世から無くなっていたとします。そんな時代に内燃機で動く二輪車に乗って古の人々は旅をしていたのだ…という事が分かる21世紀のART写真が存在していたら素敵だと思いませんか?

それの作者が貴方だったとしたら、この世に生きてバイクで旅をしたことに大きな意味が生まれてくると思います。ただの妄想ですが現実として大いにあり得ると思います。

はじめてのツーリング写真。ツーリング写真のバリエーションシリーズ、まだ続きます!!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

写真ビギナー向け☆ツーリング写真の基本撮影テクニック

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ネットで見かけた情報なのですが2021年の東京モーターサイクルショーも残念ながらコロナの影響で中止が決まったそうです。

公式の発表はこちら

モーターサイクルショーのコンセプトが見て触れて…なので展示車両が感染対策等で触れることが出来ない、人気ブースでの密集を避ける手段がない…ということなのでしょうか。せっかくバイクブームの兆しが見えているのに残念で仕方ありませんね。

さて今回はツーリング写真という文化を広めてバイク旅の魅力を世に発信しよう!そしてライダーは芸術的と呼べる素晴らしきツーリング写真を撮りましょう!という当ブログのコンセプトの基本に帰って、写真ビギナー向けにツーリング写真の基本的な撮影テクニックを簡単に書いてみたいと思います。

ツーリングのワンシーンを切り取る

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

「ツーリング写真」って何?と聞かれれば一言でいってしまえばツーリングのワンシーンを切り取った写真。ツーリングで出会った美しい風景を作者なりに表現したART写真です。ツーリングに行った時に「やっぱ俺のR1200GSはかっこいい」と愛車の写真をパチリと撮った写真は愛車写真。宗谷岬の碑に愛車をおいて「ようやく着いたぞ!」と撮った写真は記念写真。これら説明的な記録写真とは根本的に違い、人に見て感動してもらえるような写真がツーリング写真です。

愛車写真と記念写真はもしかしたら数十年、あるいは100年以上の未来からみれば時代を切り取ったARTに変貌するかもしれません。しかし少なくとも現代に見る限りでは平凡な記録写真です。撮った本人が個人的に楽しむ範疇であり、表現ではないのでARTとは言えません。

ツーリング写真はライダーが旅先でみた感動の景色や被写体、あるいは旅の世界そのものを表現したART写真を目指すものです。ついバイクを主役に撮ってしまうのがライダーの心理ですが、愛車との記念写真は自分で見る用に別で撮っておきましょう。




道の魅力で想像を誘う

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L IS

ツーリング先で愛車の写真を撮るのではなくツーリングのワンシーンを撮る???これだけではビギナーの方にとってどう撮っていいのか?よく分からないですよね。そこでお勧めの撮り方は道の写真を撮るよう意識してみることです。

この道は最高!と感じる道はライダーならみんな知っていますよね。道は旅写真として最高の被写体です。道の先にあるであろう…未だ見ぬ景色を求めて走り抜けるぞ、というStory性を表現できるので、被写体に道を選ぶだけで素敵な写真になります。

ポイントは道に寄るか望遠レンズで寄せるかで道の存在感をしっかり出すこと。道の先をバイクやライダーの姿で隠さない。白線や路肩との境界を導線として構図する…など惰性的にシャッターを切るのではなく道を強く意識してみましょう。撮影者がその道の何がいいと思ったのか?をよく考え、特徴をとらえて表現するのです。




出会った被写体は夕景で切り取りたい

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS F11 1/125

ツーリング写真はツーリングのワンシーンを切り取ったもの。だから風景の中のバイク+ライダーを撮りたいのですが先ほどご紹介した道の写真の他に、旅先で出会ったものと写すのも素晴らしいです。

しかし多くの風景写真の場合において日中の日の高い時間帯は説明的な写真に陥りやすいものです。朝焼け、夕焼けの時間帯であればそれだけで情緒的な雰囲気をもった写真になります。ポイントはただ一つ、簡単なことです。他の皆が宿で食事をしている時間、キャンプ場で夕餉の支度をしている時間、まだ寝ている早朝など多くの人がツーリングしていない時間帯にそのドラマチックな風景は姿を魅せます。

つまり皆が走っていない時に走るのであります。




宗谷丘陵 白い貝殻の道

いかがでしたか?この他にもまだまだあるので次回に続きを書いてみたいと思います。ツーリング写真とはツーリングのワンシーンを切り取ったART写真であること。皆さんも私と一緒に広めていきましょう。

今回はこの辺で!!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

画像ドロボーがあなたの写真を狙っている…

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、新型コロナウイルスによる影響を受け「新たな日常」としてのツーリングライフを楽しまれていますか?バイクツーリングは以前より感染リスクの少ない趣味として話題でしたが油断しないようお気をつけください。

さて少し前の話ですがツーリング中に写真を撮っていたときにこんな出来事がありました。海岸でR1200GSを停めて夕景の撮影をしていた時です。GITZOの三脚にEOS6D mark2をセットし刻一刻と表情を変えゆく夕空を見つめシャッターチャンスを待機していました。

どんな風に空が焼けるのか。どんな雲の表情を見せてくれるだろう。期待と想像を馳せてその時を待つのは夕景撮影の最大の楽しみです。そんな時、私のすぐ近くを一台の高級SUV車が通り過ぎて行きました。その車は15mほど先で急ブレーキ気味で停止し、バックで私の方までやってきました。少しこちらの様子を見たのか?と思うと路肩に車を寄せて運転手が降りてきました。

中高年の立派な感じの男性でした。手に持った最新のミラーレス一眼には高級そうな大口径のレンズが装着されています。私とは目を合わせようともせずカメラの電源を入れました。

「ああ・・・またこのパターンか」

これ、よくあるのですけど私が写真を撮っている様子を見かけて、その場所が写真を撮るベストポイントとみて自分も撮りたくなる人…

私がカメラを向けている方角へ2、3ショットほどシャッターを切って早々に去っていきました。ものの30秒くらいの出来事でした。もちろん景色は誰のものでもありませんので「横取りされた」と不満を言うつもりはありません。しかしそのような感じでは作者の感動も何も入っていないので良い写真が撮れたか確認するまでもありません。何だか残念な日本の写真文化を垣間見てしまう瞬間です。




権利を主張する透かしを右下に入れた

さて前置きが長かったですが今回は写真に入れる透かし(ウォーターマーク、署名などとも言います)について書いてみたいと思います。

透かしは写真の端っこにいれる撮影者の権利を主張するためのサインです。最初に書いておきますが本来でしたらこのような落書きを作品に入れるべきではないと思います。入れたくもありません。しかし現状として写真を画像の状態でSNSやブログに公表するのであれば「写真ドロボー」から守るための最低限の防御策を講じておく必要があるのです。

バイクやツーリングの写真を盗んで悪用するヤツなんかいるの?という疑問があるかもしれませんが、犯罪者は我々の想像もおよばない悪事を思いつくものです。今の時点で何に使うか決めていなくても無作為に他人の撮った写真をコレクションしている輩もいるそうです。

もちろん透かしなど入れなくても他人の画像を盗んで何かに利用するのは撮影者の著作権を侵害する行為になります。どうしても自分では撮れないような写真を何かの用で必要になったときは著作権をフリーにしている無料素材のサイトから使うのが本来ですよね。

写真ドロボーが他人の写真を勝手に盗むことと「この写真、素敵だな」と思った誰かの写真をまた見たいと思った時に保存するのとは違います。誰かが撮った写真を良いと思い保存するのは私もやりますが、これは個人で見るだけの範疇なので何も問題ありません。むしろ良いことですしそのことを撮った人も知ればきっと嬉しいはずです。

写真に透かしを入れておけば悪意ある第三者へ「盗むなよ!」という意思を表示できるのです。Photoshopなどを使えば透かしなどは簡単に消されてしまいますが、そのような行為は透かし無しの写真を盗んだ場合に比較してより悪質になるので、盗む側もわざわざ透かしの入った写真に手出しはしないはずです。

これはLightroomの透かしの作成画面です。透かしを作る場合の注意点は極力作品の邪魔にならないよう入れる事です。

フォントの大きさだけでなく透過率を調整して薄く入れたり作品毎に位置を調整したり気を配ってみましょう。上の写真では中央ではバイク+ライダーに近すぎるので右下のシャドウ部に入れるようにしました。

私が撮りました!ドーン!と偉そうに透かしが入らないよう控え目に入れるのですね。

イラストを作ってオシャレな透かしを入れている人もいますが、ご自身の写真家としてのブランディングを考えている人には良いと思います。私は本来なら透かし無しで写真を見てほしいという考えなのでやりませんが…この辺は個人の考えのもとで決めましょう。




作品を仕上げ終わったら最後にJPEGへ書き出しするときに、プリント用とSNS用に分けて書き出しをしましょう。プリント用は透かしは無し、SNS用は透かしを入れる。特別な事情がない限りプリントに透かしを入れるのはやめましょう。

プロのカメラマンや偉大な写真家の先生は「写真に透かしなど入れるべきではない!」とおっしゃる方も多いように感じます。しかしプロや有名な写真家の作品は逆に盗まれることは稀であり、むしろアマチュアの作品の方が悪意ある第三者に狙われるものです。そう、アマチュアの写真の方が気軽に盗みやすいのです。

だからFacebook、Instagramなどにアップする画像はできれば透かしを入れて作者の権利を主張することをお勧めいたします。またサイズや解像度を落として転用しにくくするのも手です。

デジタル時代の写真文化とはフィルム時代に比べて便利なことが圧倒的に多いのですが、一方で【右クリックで画像を保存】【スクリーンショット】などで簡単に複製が作れてしまうのも権利の盗用という意味で厄介な問題です。

「別に盗まれてもさほど気にしないけど…」という方。もしあなたの写真を使って偽アカウントを作った輩が詐欺を働き、多くの人が損害を受けたり傷ついたら…どんな気持ちですか?あなたから盗んだ写真を集めて何らかの手段で収益を上げていたらどうですか?・・・想像してみてください。




少し似た話で街中のスナップ写真で「肖像権の侵害」という問題があります。むかしは見ず知らずの人を撮ってもさして問題はなかったのですが、最近は他人の「顔」を盗んで悪用する輩が増えたのを受けて人々が自分の顔に過度な警戒心を抱くようになりました。そのせいでストリートスナップ写真は事前承諾を強いられるような風潮となりスナップ写真氷河期と言われる時代になってしまいました。

画像ドロボーも肖像権に対する過度な警戒も、そもそも写真を詐欺などの犯罪に使う輩さえいなければ問題にはならなかったはずです。そういった意味では写真文化はデジタル化の波を受け世知辛い時代になったと言えなくもないですね。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

教習所では教えてくれない☆バイク安全運転ノウハウ集20~22

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さまバイクの秋、ツーリングの秋ですね。

皆さまもニュースなどを見てお気付きだとは思いますが最近になって本当にバイクの事故が増えましたね。ほぼ毎日のようにバイクでの死亡事故がニュースになっています。

少し前に北海道でのバイクの死亡事故が例年の約3倍で推移していることを受け、究極のツーリング写真では「教習所では教えてくれないバイク安全運転ノウハウ」を更新しました。あれから新たなことが少しづつ分かってきたので少しその事を書いてみたいと思います。




割と最近のことですが近所のバイク中古車屋さんに行く機会がありました。そこで店員にさんに聞いた話なのですが250㏄の中古車が今年になってから売れに売れていて在庫不足なのだとか。これからバイクに乗る人、久しぶりに返り咲くリターンの人、コロナでの行動制限を受けて自由度の大きいバイクに注目してバイクを買う人が増えたようです。

乗り始めた人が増えたから事故も増えたと結論付けるのはあまりに短絡的ですが、少なからず関係はしていると思います。今回はまた「教習所では教えてくれない安全運転ノウハウ」の続きを書いてみたいと思います。

前回までの投稿17~19は こちら

20.前を走る車だけを見ない

バイクの運転に限った話ではありませんが前を走る車だけを見て走るのは危険なのでやめましょう。特に高速道路のような単調なシーンで無意識にやってしまうことです。

もし渋滞の最後尾や何らかの異常を前走車が不注意で見逃してしまったとします。慌ててブレーキを踏んでもそれは明らかに手遅れ。もしあなたが前走車の姿だけを見て走っていたら…ブレーキランプは急ブレーキでも点灯の仕方は通常と同じです(一部、新しい車はエマージェンシーストップシグナルといってハザードが同時点滅しますが)。一瞬、何が起きたか分からない混乱のタイムラグを経て貴方は絶望的に手遅れなタイミングでパニックブレーキをする羽目になるのです。

多くの玉つき事故はこれが原因です。みんな前の車しか見ていないのです。前の車がミスをすれば共倒れの連鎖です。前を走る車が絶対に安全な誘導車であるはずがありません。

かならず前の車とその前の様子を注視して走りましょう。




21.足裏で路面のグリップを確認せよ

特に雨の日や雨上がりの路面が濡れているとき。古そうな舗装や日の当たらない鬱蒼とした山道など。試しにステップから足を降ろして靴底で路面がどれだけグリップするのか感触を確かめてみましょう。乾いている路面、雨の路面、苔むした地面、凍結路…普段から確かめる習慣をつけておくと判断基準を持てます。

ぎょっとするほど滑る路面は決して珍しくはありません。信号待ちで足を出しただけでツルッとなった経験の方は多いと思います。一見、雨に濡れているだけの路面でも足を滑らせるほどツルツルの道。恐ろしいですね…

私の経験上、最も恐ろしいなと思ったのは年中濡れているトンネル内の路面です。その他にも雨の降り始め、冬場の朝、橋などで見かける鉄の繋目がコーナー上に斜めに入っている…など特に気を付けて下さい。

22.神社やお寺に参拝にいこう

どんなに運転の技術に長けていて、どんなに経験豊富で、どんなに安全運転の意識が高くても避けようのない不運はある日、突然として身に降りかかってきます。それは青天の霹靂としか思えない神様の残酷な悪戯。守護神のよう存在がうっかり自分から目を離してしまったのか…それは誰にも分かりません。

居眠り運転の車が突っ込んできたり、スマホに気を取られた人が信号無視をしてきたり、どうしてこのタイミングで自分に?と偶然と偶然が重なった悪夢の瞬間をどのように避ければよいでしょう?

私の場合は日頃の良い行いを心がけています。ツーリング先でも家の近所でも神社、お寺にはなるべく多く足を運んで参拝しています。ごく当たり前のことですが他人様に迷惑をかけない、困っている人を助ける、ゴミを拾うなど…限度はありますがなるべく務めるようにしています。




前回も書きましたが不運ににも事故の当事者になると、みんな思う事は同じで今朝、出かける時に時間を巻き戻したいと願うものです。しかし時間は無慈悲に流れていくのが現実。起きてしまったものは自責にしろ他責にしろもう仕方がないのです。そういった事態を防ぐ手段は一つだけ。事前に最悪の事態を想像して意識を高めるのです。

想像力を豊かに一定の恐怖心を忘れずに、用心に越したことはありません。初心忘れず慎重に安全運転を!!

それではこの週末もご安全に!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

アライ ツアークロス4はいつ出るのか?アドベンチャーヘルメット

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回はアドベンチャーバイクカテゴリーに関わるバイク用品情報を書いてみたいと思います。今回は久しぶりにヘルメットでございます。

Arai ツアークロス3

私は日帰りツーリングであればジェットヘルメット、ロングツーリングに出る場合はフルフェイスヘルメットを使うようにしています。愛車がR1200GS、R1200GSアドベンチャーなので使用するヘルメットもオフロード系のフルフェイスを選んでいます。

その昔、オフロード用フルフェイスヘルメットと言えばゴーグルタイプしかありませんでした。ゴーグルタイプはオフロード走行時は砂埃が目に入らないのでヘビーなオフユーザーには現在でも当たり前の装備ですよね。しかしゴーグルタイプは街乗りをすると視野が狭いのが難点です。

そこに確か20年くらい前だったと記憶しますがAraiが最初のツアークロスを出してオフロードヘルメットにシールドタイプというヘルメットが定着しました。そこからアライはツアークロス2、ツアークロス3と進化させ、ライバルであるSHOEIはホーネット、ホーネットADVと追従し、アドベンチャーユーザーやセローでツーリングするライダーに支持されてきました。

ツアークロス3

私はヘルメットは2~3年サイクルで買い替えるようにしているので、アドベンチャータイプのヘルメットもかなり使いました。アライツアークロスだけで4つ、BMW純正エンデューロヘルメット(工場はシューベルト)が3つ、ホーネットADV、HJCのDS-X1など10個くらいは使ったと思います。

そろそろ新しいシールドタイプのオフヘルメットを買おうかな?と思っていたところで「アライ ツアークロス4が出たのか?」と思って調べたところ、まだ最新はツアークロス3のようですね。ツアークロス3は発売からもう8年くらい経っていると思うのですが、まだツアークロス4は出ないのでしょうか?




調べてみましたがツアークロス4の発売に関わる情報は見当たりませんし、それどころかSHOEIホーネットADVもモデルチェンジどころか現行製品の在庫が少なく、どうも生産が止まっている感じです。アドベンチャーバイクや250㏄クラスのセロー系も市場としては以前として人気のはずですが…これはなぜでしょうね。バイク業界から離れて久しいので内部事情はよく分かりませんが、とにかくアドベンチャーヘルメットの国産メーカーで新製品という話は当分はないようです。

私が現在使っているのはHJCのDS-X1です。ポリカーボネイト製の帽体にシャープなフォルム、抜群のコスパが気に入って愛用していますがインナーサンバイザーが欲しいな…と思っていたのです。ツアークロスのようなタイプでインナーサンバイザーがあるヘルメットが無いか調べてみましたが国産メーカーには現在はないようです。

日本ではあまり馴染みのない海外ブランドでデザインの良いサンバイザー付きアドベンチャーヘルメットを探してみました。

いちばんカッコいいなと思ったのはコレです。NEXXというメーカーのX.WED2というヘルメット。R1200GSやKTMなどのアドベンチャーバイクのパーツ&アクセサリーでおなじみのTouratechのアヴェンチューロカーボンと同じヘルメットに見えるので帽体はカーボン製でしょうか?

NEXX X.WED2、帽体のフォルムやデザインがとにかくカッコいいですね。第一候補なのですが日本で正規に販売しているルートはないようで海外のバイク用品を通販できるFC-Motoで買うしかないようです。カラーやサイズにもよりますが日本円で3.5~5万円くらい。

X.WED2、このカラーが特に気に入りました。ピンロックシートは別売のようですがNEXX純正を買うよりもAmazonで売っている汎用品シートが良さそうですね。ちなみにNEXXのサイトを見るとX.WED2の他にもアドベンチャー系ヘルメットはありましたがフォルムがいまいちカッコ悪いです。




HELDのMakanというこれもまた聞きなれないメーカーですね。同じくFC-MOTOで2万円くらい…

これはAmazonで売っているTORCというメーカーのものです。価格は1.3万円くらいとかなりコスパが高そうです。配色がAraiっぽいですね。同価格帯でTHHのTX-28というのがありますが個人的にはこのTORCの方が良いように思います。

BOGOTTO? FC-MOTOで売っていましたが良く見ると上のTORCと同じものに見えます。色は良いですけどね…

ROCC …これも同じくTORCと同じのようです。どれが製造元に近いブランドなのだろう???




これと言って決め手が見つかりませんでしたが理想的なのはNEXX X.WED2のようなヘルメットをAraiがツアークロス4として出すか、SHOEIがホーネットADV2として出すのを期待するしかありません。

私の知っている限り、Araiは世界中のあらゆるヘルメットメーカーの中で最も安全性を重視し、一方で新たなことに対して保守的なメーカーです。インナーバイザーやスタビライザーといった命を守る機能以外の「余計なもの」を嫌う傾向です。SHOEIもAraiほどではありませんが、海外メーカーも含めて考えればかなりAraiに近い感じです。

もちろん命を守るためのヘルメットですからそれで良いのですけど、もう少し機能やデザインについて先鋭的であっても良いと思います。

このまま国内メーカーからシールドタイプのオフヘルメットの新製品が出ないようならNEXX X.WED2をFC-MOTOで個人輸入するしかなさそうですね…。OGKさんは作ってくれないのでしょうか?

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング