旅の気持ちで撮影に挑む ツーリング写真

その旅が終わって何年も経っているのに、忘れず記憶の中に焼きついている景色がある。

それは必ずしも絶景や有名な景勝地などではない。

むしろ、その土地ならどこにでもある普通の景観だったりする。

  EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG F5.6 1/400 ISO100

北海道の霧多布岬の周辺はその名の通り、いつも霧に包まれている。

この写真を見ると寂しさや不安感を抱くかもしれませんが、私の記憶に焼きついて離れない「記憶のツーリングシーン」とは、こんな感じが多いです。

長旅の工程では心は浮き沈みを周期的に繰り返し、やたらと過敏に反応する鬱のようなタイミングで見た光景なのかもしれません。

モーターサイクリストは全身に霧を浴びながら空間を駆け抜けたり、潮や緑の香りを感じたり、ある時は地域の人々に「旅人」として受け入れられ、優しさに触れたりして旅を続けるのです。

雨に当たったり想定外に寒い思いをしたり、服は汚れるし、荷物は限られるし、苦行とも言えるシーンの連続ですが、その旅程の中に心に入ってくる風景や出会いがあれば、それだけで心が満たされるものです。

私はこういったモーターサイクリストが見ている旅の世界に美しさを感じ、本物のツーリングのワンシーンを写真作品にしたいと思っています。それが作品化できればオートバイ、旅(観光ではない)と無縁だった人々に素晴らしい世界を教えてあげることができるのです。

今年の8月に久しく行けなかった北海道に行くことができました。私にとって記念すべき10回目の北海道ツーリングでした。フェリーの予約がとれたり、地図を眺めてどこに行こうか考えたりするだけで、心が子供のようにワクワクドキドキしました。

ここ2年くらいかけて写真修行した成果も、北海道という最高のステージで発揮できるという期待感もありました。しかし、実際に行ってみると運の悪いことに旅程中は雨ばかりで、大好きな夕焼け朝焼け、満点の星空などとは無縁の旅に終わってしまいました。

旅の内容は良かっただけに「本物のツーリングのワンシーンを・・・」が作品化できなかった不完全燃焼が心に淀みを残してしまいました。

「撮りに行った写真」と「本物のツーリングのワンシーン」の違いを打ち出してやろう、などと考えたのも敗因のひとつだったと感じます。

作品にある程度の演出を加える派、の私にとって「本物のツーリングのワンシーン・・・」というそのテーマは自ら方向性に矛盾点を作ってしまった!とも感じています。

いま私が中期的に学んでいきたいのは旅と写真の関係です。

まずは常に旅の気持ちを心にもって撮影に挑みたい。そんな風に感じている今日この頃です。それは場所や距離に関係なく極めて内面的な旅の世界観です。

もし共感していただける方がいましたら、いっしょに学んで当ブログで意見を交わしましょう。きっと素敵な話で盛り上がると思いますよ。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

動かぬ風景のシャッターチャンス

長野県 木島平村 カヤの平にて

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 25SEC ISO1600

 

星空の中で雲が風にのって流れていた。

大きなものや小さなものや、すじのようなもの、薄いもの。

肉眼でよく分かるほど東に雲が流れていて、25秒というスローシャッターでとらえてみた。

すると薄く流れた雲が満天の星空を透過した。

美しい。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

ゆらめく炎~キャンプツーリングの夜更け

福島県 檜原湖の北岸  早稲沢浜
2016年5月

お気に入りのダンロップテント、旅の相棒R1200GS-ADVENTURE、スノーピークの焚火台、キャプテンモルガンのラム酒。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F4 5SEC ISO1600

焚火の炎を眺めていると心が落ち着く。むかしは糸の切れた凧のように、ひたすらバイクで走り回っていた。

どっかの最南端とか最北端とか、やたら陸の端っこに行ってみたり、地の果てという言葉に拘って阿保みたいに遠くまで走り回っていた。一回の北海道ツーリングで5000kmを超えたときもあった。

ある時期は走り回っているだけでは旅の本質は見えてこない…と気が付き、やたらのんびり旅したこともあった。本物の旅を追求するなら徒歩か自転車かカブだろうと思った。

今はまた考えが違う。旅の本質はどこかへ行ったことよりも心の中にあるのかも。だから距離とか手段はさほど重要ではないのでは?と。

写真は10年くらいのキャリアだけど、本腰を入れてやったのはここ2年くらい。アウトライダーのツーリング写真コンテストは初心者の頃から、定期的に応募していて誌面の常連だったけど、なかなかグランプリが獲得できずにいた。

あるとき他の方の素晴らしい作品が、その年のアウトライダーツーリング写真コンテストの年間グランプリになった。その作品を見て愕然とした。こんな凄い写真、自分には到底撮れないと。

諦めの感情の後に、この焚火の炎のようにメラメラと何かに火がついて、ひたすら我流で写真修行を重ねてみた。絶対に来年は自分がグランプリを獲得するぞと。

結果、翌年のアウトライダーツーリング写真コンテストの年間グランプリ発表号で、念願の年間グランプリを獲得できた。

すると、燃え尽き症候群ではないが、こんどは目標を見失ってしまったかのような迷路に迷い込んだ。自分はツーリング写真の美学をコンテストの為だけに追求していたのか?

そんなある日、ある大企業の社員が自殺したというニュースが世間を騒がせていた。みなさんは同調圧力という言葉をご存じだろうか?ここで詳しくは書きませんが自分独自の考え、あるいは個性は認められず会社や団体、なんらかの組織内で少数意見を多数意見に丸め込む圧力です。このニュースは会社組織により自殺に追い込まれた社員の悲しい出来事でした。

もし、その方が思い悩んでいたときに、写真作品で旅の魅力を伝えて苦しみから解放することは出来なかっただろうか?死んでしまうくらいなら、何もかもを投げうって、こんなに美しい旅の世界を体験してみたら?そう問いかけてみたら、どうなっていたか。

もちろん今の私の写真では、そんなことは無理だろうけど、いつか旅の美しさを表現できたら、自分という人間「一個人」での何らかの社会貢献として生きている手ごたえが見いだせるかも知れない。

単純にバイクでツーリングして、美しい景色や光景をカメラに収めてくるだけの行為だけど、それに可能性を感じて今も上達したいと願っている。

焚火の炎をながめていると、そんなことばかり考えてしまうから不思議だ。檜原湖の湖畔で。

 

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

100年後に美術館に展示されているツーリング写真を

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/400 ISO100

今日は独り言的なコラムを。

 

“カメラはあなたの夢をつくる箱です。

箱の中はシャッターで閉ざされ、普段は真っ暗闇です。

あなたがボタンを押したときだけ世界の光が入り込んで瞬間が刻まれます。

それは二度と戻らない過去の時間が永久に静止したまま保存されるのです。

なんだか子供の頃に土の中に埋めたタイムカプセルに似ていますね。

宝物や大人になった自分へのメッセージを入れたカプセル・・・懐かしいです。

カメラで撮った写真作品は作者がこの世からいなくなった、ずっと未来でも後世が伝えてくれる芸術作品になるかもしれません。

叶わぬ夢かもしれませんが100年後に美術館で展示されているツーリング写真というのを目指してみたいです。

すごいと思いませんか?100年後に美術館にツーリング写真が展示してあったら。”



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

なぜ作品にstory性が必要なのか

「季節のあしおと」

EOS1Dx + EF70-200mmF2.8L F4 1/400 ISO100

旅はひとつの物語ではないでしょうか。

そのワンシーンは美しく作品にふさわしいと感じます。

私は「ツーリングのワンシーンを切り取る」をテーマに写真活動をしております。

テーマを決めると写真活動の方向性も明確になってくるので、やりたいことがブレません。

一枚の写真の中にstoryをこめるのです。

みなさんもストーリー性のあるテーマを決めて活動してみてはいかがでしょうか。



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

何をどう撮るか?

「キハとバイクの車窓旅」

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/160 ISO100

芸術写真を目指す上で重要なのは個性ではないでしょうか?

私が大好きなのは「ちょっとヒネリを加えたユニークさ」です。

この作品はアイデアを思いついた時点で、同時に「キハとバイクの車窓旅」というタイトルも自然と出てきました。

キハは写真に写っている小湊鉄道の車両のことです。「車窓」というワードは鉄道旅とバイクのスクリーン越しの風景を重ね合わせています。

この写真が良いとは言いませんが、変わっているのは間違いないでしょう?こういったひらめき、遊び心が個性を生み出すのだと思います。

写真は「何をどう撮るか」の一言につきますが、この「どう」の部分に思いっきり遊びを取り入れてみましょうよ。

あなたの中のユニークさが覚醒するかもしれませんよ。



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

黄金に輝く森

紅葉のシーズンですね。

赤や黄色に染まる美しい山々は普通に写真を撮るだけでも素晴らしいですが、逆に言うと個性を出したり、より印象的な作品に仕上げるには上級テクニックが要求されるシーンとも言えます。

この写真は10月の志賀高原で撮影しました。光が溜まりこんでいるような空間を見極め、「黄金色」と表現するのに最もふさわしいよう画面構成しました。この画面の外には赤い葉の木々や爽やかな青空もありましたが「黄金に輝く森」を表現したいと思い撮影に挑んだので、それらの要素は全て削ぎ落としました。

普通にシーンを撮っているようで、実はかなり切り取っているのです。重要なのは自らの審美眼に問いかけ、何が最も魅力的なのかを理解することです。

EOS1Dx + EF70-200mmF2.8L  F7.1 1/100 ISO100 Lightroom



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

記憶色のツーリングルート

写真の世界には「記憶色」という言葉があります。

旅を終え暫くの時間が経過すると、記憶に強く残っている光景があります。

それは必ずしも有名な景勝地や人気の撮影スポットではありません。

どちらかと言うと少し疲労感があったり、気分も下降ぎみのタイミングであったり、何気なく立ち寄ったところであったり。

そんな記憶色のシーンを写真作品にしたいと思い、研究といっては大げさですが通常のツーリング写真とは一線を画す世界観を構築できるよう励んでおります。

「なんかあの光景が忘れられない」誰にでも経験があるでしょう感覚。その美しい記憶の中の風景にいつも幻想を抱いているのです。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG contemporary F6.3 1/250 ISO100 600mm Lightroom



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

心にひびくツーリング風景

今年の8月に久しぶりに北海道を旅しました。

私にとって記念すべき10回目の北海道の旅。

お天気はいまひとつでしたが自分の人生にかけがいのない素晴らしい財産を付加できたと感じます。

写真は富良野のお花畑で撮影しました。望遠レンズを使用し近くの黄色いお花を入れて全体を黄色いフィルターをかけたように撮りました。このように望遠レンズを使用した極端な前ボケ効果を「色とばし」と呼んでいます。

抽象的な表現として効果が大きいです。開放地が特別明るいレンズでなくても望遠レンズであれば簡単ですよ。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG contemporary F6.3 1/160 ISO100 600mm Lightroom




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

~about me~ 私からのメッセージ

北海道稚内市 北防波堤ドーム 2017年8月

 

はじめまして 千葉県在住のアマチュア写真家 立澤重良です。

写真歴12年 オートバイ歴27年 第二次ベビーブーム世代…

「ツーリングのワンシーンを切り取る」 をテーマに活動しています。

何かと忙しい現代人。多くの人は働き詰めでプライベートを犠牲にしています。わずかな休暇はレジャーや旅行に使ってしまい、いつの日か自分を見失っています。

生きることは働くことや生活することが全てではありません。では何でしょう?そのヒントは旅にあります。旅は「人として生きてゆく」ための道しるべなんです。しかし現代人の多くはあまりに旅と無縁になってしまいました。

 




 

~オートバイは旅空間と日常空間を超高速で行き来できる魔法の絨毯です~

徒歩や自転車でも旅を体験できますが、忙しい現代人にとって時間や体力的な問題でハードルが高いです。そこで最も現代人にぴったりな旅の手段がオートバイです。

旅の世界を体験する素晴しさ、それはかけがえの無い財産です。オートバイに乗って空間を駆け抜ける感覚は生きている真意を問いかけます。これを知らない人々にメッセージとして発信したいです。「オートバイで旅に出ようよ!」と。

2005年 北海道 黄金道路

しかし、言葉だけでは伝わらない。だから写真を撮るのです。ツーリング風景を芸術写真として発信し見る人の心にうったえます。いつか個展ができたら固い企業が密集しているようなオフィス街の一角でやってみたいです。

社会的に受けるオートバイという乗り物の負のイメージもあるかもしれません。危ないとか、不良っぽいとか。そこを少しでも良くし、写真作品を通して「オートバイの旅…いいかも」と興味を抱いていただければ、それだけで私にとって最高の喜びとなります。

「私もやってみたい!」という方はいませんか?当ブログ 究極のツーリング写真 touring-photography.com ではありきたりのツーリング写真を卒業し、人の心にひびくツーリング写真が撮れるよう、初心者から上級者まで撮影テクニック、上達の秘訣、光の読み方、デザイン力、表現力、レタッチや撮影スポットにいたるまで、秘密を作らず全て公開いたします。

アウトライダー誌 ツーリング写真コンテスト 年間グランプリ受賞作品

 




 

登場するオートバイはBMW R1200GSとアドベンチャー、キャンプツーリングや野宿のシーンも出てきますよ。

いまオートバイ業界では長引くバイク不況や若者のバイク離れなどの問題が長期化しており、根本的な解決策が見いだせずにいます。メーカーが得意なのはモノ作りです。しかし時代はモノからコトへと変わりました。時代にあった新たな「コト」は我々ユーザー、つまりバイク乗りがやることです。

いま、旅と無縁に生きている人々は社会という決められたシステムに押しつぶされて苦しんでいます。その事に自覚さえできない人々であふれています…。免許をとってバイクを買うだけで旅を体験し冒険に出れる。それがどれだけ素晴しいことか?写真を撮って伝えてみませんか?

2017年8月 北海道

あなたの目撃したツーリングの世界を表現し、その作品が誰かの人生に影響を与えるほど役立ったら。それは何にも代えがたい喜びになるでしょう。

あなたもツーリング写真を極めてバイク文化をパラダイムシフトしませんか?

立澤重良(shigeyoshi tatezawa)

outrider誌 ツーリング写真コンテスト受賞暦

・第20回 五條伴好賞 ・第21回 佳作  ・第25回 年間グランプリ

 




 

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

 ~GALLERY~

画像クリックでスライドになります