夕陽を撮るのではなく夕陽を使え!<上級>ツーリング写真

大みそかですね!皆さんは2017年はどんな1年でしたか?

私は8月に5年ぶり、通産10回目の北海道ツーリングに行けたこと、そして11月にこのブログを立ち上げて「ツーリング写真を芸術界へ」と世界中へ意思表明したことの2つが重要な出来事でした。

8月の北海道はあいにくの悪天候で、旅程の大半は雨でした。それでも旅の内容は素晴しく生涯忘れる事のない良き旅になりました。正直、もう若者ではないし何かに感動したり無邪気に旅をしたりする感覚は自分にはもう無いだろう・・・と思っていましたが、そんな事はありませんでした。

北海道に行くと、なぜあれ程に純粋無垢にバイクに乗る事、旅をすることに向き合えるのか??謎は永遠に解かれることはありません。

さて2017年の最後の投稿は<上級>ツーリング写真の解説で締めくくりたいと思います。毎度のことですが挑戦的なタイトルをつけてみました。そのうち偉い写真家の人に怒られるだろうな・・・とドキドキはしていますが幸い未だそのような横槍は入ってきておりません。

「夕陽を撮るのではなく夕陽を使え!!」

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG C F6.3 1/160 ISO100

一応、お断りしておきますが勿論、夕陽の写真も撮りましょう!この写真の時だって私はしっかり夕陽の写真も撮っています。ここで言いたいのは夕陽は最高に使える光源であり、被写体に当てることで作例のような写真が撮れちゃいますよ!という事なんです。



夕陽という光源を被写体に当てるとはどういうことか?例えばバイクであれば赤みを帯びた光が車体全体を美しく染め、被写体だけで時間を表現するような写真になります。

この写真の場合、逆光で使用しているのでレンズフレア、ゴーストが入っているポイントも見逃せません。レンズフレア、ゴーストについては賛否ありますが個人的には写真らしい表現として歓迎すべき要素と考えます。

難しいのは鑑賞者から見て不快に感じるか?写真らしいと感じるか?これはレンズやカメラによって色々な出方があるので一概には言えません。

上級者でしたら光の入射角などを緻密に微調整して、どの位置にどのようなフレアが入るか、画面内で巧みにデザインしてみると良いでしょう。この写真のフレアの入り方はキャノン独特かもしれません。ニコンでしたらこんな感じにはならないそうですね。

レンズフレアは大好きだ!という方は最近ちょっと流行しているオールドレンズを使ってみるのもお勧めですよ。オールドレンズの話題はまた別の機会にしたいと思います。

しかしバイクツーリングと写真という両者の趣味は、本当に相性が抜群だよな、とつくづく感じます。他の乗り物や移動手段では感じることの出来ない旅人の感覚、その想いをそのまま写真を撮るときに込める。高い機動力によって容易に到達できない彼の地や、はるかなスポットへワープできる。写真家の為の乗り物ではないのか?と感じてしまう程です。

それでは皆さん、2017年は当ブログを見に来ていただき本当にありがとうございました。2018年も精進していきますので引き続きよろしくお願い致します。良いお年をお迎えくださいませ!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

崇高を目撃したら水平を壊せ<上級>ツーリング写真

クリスマスですね。日本は外国の文化も取り入れてお祝いするのが好きですが、それは日本人がお祭り好きだからでしょうか。私も今の季節、街中がクリスマス一色になると、不思議と幸せな気分になるので、クリスマスが大好きです。しかしクリスマスやハロウィンはやるのに春節や国慶節はなぜやらないのでしょうね。

さて今回は久しぶりの<上級>ツーリング写真の解説でございます。写真とは美しい景色、感動的な何か、ストーリーを感じる1枚など、いろいろあります。これらは鑑賞者が写真を見た後に美しいものを見せてもらった、感動して励みをもらったなどポジティブな気分になるものですよね。

今回はそんな美しい写真とは逆に、恐怖、不気味さ、不安、崇高さなどを表現したツーリング写真としては極めて少数派な作品のご紹介です。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 3.2SEC ISO1000

上の作例をご覧ください。割と最近の投稿にも使った北海道 襟裳岬の近くにある百人浜でのワンカットです。以前にアップした写真とは別カットですが、すこし撮影時間が異なるだけで空の表情が全く違い、こちらは薄雲に隠れた満月のハイライトと、一部がブラックホールのように穴の空いた様子が印象的です。




地上と空の露出が合わずLightroomを使ってそれぞれを調整しています。雲の不気味さを強調させるため、わずかですが覆い焼で調整を施しています。海岸の見える原野の中、一直線にのびる道の先には、夢のような世界や希望はなく、地の果てへ続く暗黒の道とでも表現しましょうか。

ここで注目していただきたいポイントは水平線が大きく傾いていることです。通常、風景写真では水平線や地平線は精度よく水平にするのが基本です。人間の目は案外と正確なもので、わずか2~3度の傾きであっても気になってしまうものです。

水平方向の線が精度よく出ていれば画面内に抜群の安定感をもたらせることができます。安定感は安心感。しかしここでは敢えての逆転発想です。意図的に水平を無視して斜めにし、鑑賞者へ不安感を煽ってみましょう。

デザインの要素で斜めの線は動き、不安定を与えます。

いま考えてみると、この写真はもう少し斜めに傾けても良かったかな?とも感じます。というのも道路の白線が悪い意味で画面内に安定を与えてしまったから。せっかく水平線を無視して傾けたのに、道路の線がたまたま安定した角度で収まったのですね。




前回の写真と違い、こちらはライダーの姿がありませんが、もしもう少し斜めにできたなら、鑑賞者はまるでフラフラとして倒れてしまう寸前のライダーの視線を連想するでしょう。

印象的な写真とは時として恐怖、不安、不気味さを表現するのも良いものです。ただ、いつもいつもこのような写真ではいけませんが。例えばあなたが個展を開催したとして、このような作品を10作ほど並べたとしましょう。鑑賞者はあなたのギャラリーを後にするころ、ぐったりしているでしょう。戦場写真展のように何かのコンセプトがあるなら別ですが。

美しい夕陽、色鮮やかな草花、楽しそうなポートレート、ダイナミックな景観などの写真と織り交ぜて、こういった崇高な作品を組写真にすると、山あり谷ありの旅の世界を題材にした写真展ができるかもしれませんね。

今回は少々マニアックではありましたが旅とは時として過酷であることを表現するのに、こんな写真も良いのではないでしょうか?というお話でした。

それでは皆さん~素敵なクリスマスをお過ごしください!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

↓↓↓撮影地↓↓↓

時として不気味さや崇高さを表現しましょう、なんて言いましたが撮影地は北海道屈指の心霊スポットで本当に夜に行くと不気味です。昼間に走る分には黄金道路では最も風景明媚な場所と言って良さそうですけどね。

最高の自然光をデュフュージョンせよ<上級>ツーリング写真

今回は12月5日に撮影したばかりの作例を使って<上級>ツーリング写真の解説をします。

南房総は関東圏としては温暖で低山地帯ですから紅葉は遅く、例えば養老渓谷や亀山湖でしたらピークは12月の初旬。しかし今年は11月が冷え込んだので12月5日では、ほぼ終わっている感じでしたね。

タイトルにデュフュージョンと書きましたが、光を拡散させるものをデュフューザーといい、スタジオ照明ではよく出てくるものです。ソフトボックスもそれに似ています。

私たちツーリング写真を撮る人にとって、スタジオライティングはあまり縁がありませんが自然光を使ったライティング的な考え方は上級者なら押さえておきたいポイントですよね。

今回は千葉県市原市の月崎林道(林道月崎大久保線)の美しい森のデュフュージョン効果のもと、さらに雲に隠れたり出たりする太陽光の変化を使った作品でご紹介します。

なお作例は全て固定構図でF7.1 1/30です。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4 ART F7.1 1/30 IS100

↑太陽が雲に隠れている状態。全体にまんべんなく光がまわっていますが、メリハリはありません。厚い雲に覆われている間は青みかかった光源であるのも特徴です。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4 ART F7.1 1/30 IS100

↑太陽が薄雲から出てきた瞬間あたりで撮った1枚。薄雲がほどよいデュフューザー効果となって景色が美しく輝きはじめました。被写体の陰影もほどよい感じです。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4 ART F7.1 1/30 IS100

↑太陽が完全に雲から姿を現したとき。2枚目の写真と明確に違いが分かるのは前景にした地面の落ち葉の輝き具合です。これも悪くはありませんが、すこしギラついた印象です。



この3枚のカットはわずか数分間の間に撮ったものです。上空の雲が風に流され、太陽が出たり隠れたりを繰り返していました。こういった天気の日に限ったやり方ですが、様々なバリエーションの光源を使える絶好のシチュエーションといえます。

私がここでおススメしたいのは2枚目の薄い雲から太陽が出てくる瞬間(もちろん隠れる瞬間でもOKですが)の適度なデュフューザー効果を使用した瞬間です。ギラつきも少なく、フラットでもないタイミング。好みの問題、または被写体にもよりますが、私はこれが大好きです。

我々オートバイ写真家は自然光の特徴を最大限に使って撮影に挑みたいものです。しかし人工的なスタジオライティングと違い、自然光は自分の意思でコントロールはできません。チャンスを待つ、時間帯や天気による光の変化を読み解く。そういった知識や経験、または今現在の光の状態をベストに使う撮影の引き出し、これらを持ち合わせていれば自然光をある意味コントロールしている、とも言えますよね。

だいぶ冷え込んできましたが、南房総はウィンターツーリングのメッカです。早朝の山道は凍結の危険もありますが、海岸線でしたら朝でも凍結は少ないですよ。この冬、ぜひ南房総にツーリングに来られてはいかがでしょうか?

 

↓↓↓撮影地↓↓↓

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

最高のツーリング写真とは<上級>ツーリング写真

まだ11月なのに真冬のように寒いですね。

私は寒いのが大好きで早起きも得意なので、我ながらバイク、写真という趣味に適した体質だなぁと感じております。

さて<上級>ツーリング写真の今回の記事は画面内における良き写真としての、あらゆる要素をご紹介していきたいと思います。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG   F5.6 1/500  ISO400

こちらの作品をご覧ください。

夕景に見えるかも知れませんが早朝の九十九里で撮影しました。間もなく日の出を迎える朝のマジックアワーです。ここに到達するまで深夜の街道を、寒さと虚無感を相手に格闘して走り続けてきました。

空がこのように明るんでくるだけで、夜明けの嬉しさ、太陽の尊さを実感します。潮風や波音を感じてとか、そんなありふれたフレーズではなく、何かこう「スピリチュアル」を感じて純粋にこの空間に感動できました。

さて写真の解説ですがまずは被写体です。海岸の監視台はよく見かけるものよりは大きく、トラス構造が印象的でした。海岸からの朝日の撮影というと、つい人工物は排除したくなりますが、このときは敢えて主題に配置しました。

というのも、この時の空には魅力的な雲が存在せず、散りばめられたような雲がピンクに焼けて、といった空は期待できませんでした。そこで思いついたのは繊細なグラデーションを出す一瞬を使って、空はあくまで背景に徹してもらう作戦でした。

空を背景にするなら被写体はバイクとライダーで良かったのですが、そういった写真は過去に何度が撮っていて少しマンネリ気味だったので、近くにあったこの監視台を選んだという訳です。

画面を印象付ける1つのポイントして「対比」があります。被写体はかなり大きいので、バイクとの対比によって、その堂々とした大きさを表現し存在感を印象付けています。また角度を慎重に選んで図形要素の観点から画面内に安定感を与えました。

そして露出。いわゆるローキーな仕上げで現場ではかなり悩みました。こういった繊細な階調が存在するシーンでは撮影時に完璧に露出を合わせておく必要があります。後でフォトレタッチで調整をしよう・・・なんて考えると深い後悔が待っているのを知っているのです。わずか1/3ステップでも弄ろうものなら、たちまちトーンジャンプが発生して繊細なグラデーションは失われてしまうのです。(もっともこの写真のようにSNSやブログ用にサイズダウンさせると、それが原因でトーンジャンプは発生してしまいますが…ブログ村などでサムネイルで表示されたりすると目も当てられない程ひどくなります)

そして地味なポイントですが電線の配置です。現場では凄く電線が邪魔で何とかならないだろうか・・・と思いましたが、主題と決めた被写体に繋がっているのですから、どうにもしようがありません。そこで画面内に電線が入っても不快に感じない配置を探りました。

今回の解説では ・対比によって大きさや存在感を伝える ・慎重に露出を選択し階調豊かな部分に気を使った ・電線のような本来は邪魔者になる要素を味方にする構図 といったお話でした。

<上級>ツーリング写真ではネタが少なく、書いている私自身も苦しいので、どうしても記事が少なめになってしまいます。いっそ<上級>ではなく<変態>にしようか悩んでるくらいです。<変態>ツーリング写真なら、かなりネタが豊富なのですが!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

あのコンテストでグランプリを狙え<上級>ツーリング写真

旅写真<上級>の記念すべき1回目の記事です。インパクトのあるタイトルを付けさせていただきました。

そもそも上級者向けのHOWTOなんてものが世の中にあまり無いので、すごくプレッシャーを感じております。あくまで「ツーリング写真」というジャンルで括った話でございますので、偉大なるプロや写真家の方々がもし見られていましたら寛大な気持ちで見てくださいませ。

さて旅写真<上級>カテゴリーの対象となる方々は、もはや具体的にこうとは言えない極めて曖昧で混沌とした領域だと思います。単純にキャリアが何年以上という訳にもいきませんし、何かのコンテストの受賞歴といってもそれもピンとこないですからね。

ただ1つ言えるのは、ここでの解説をみて「そんなの知っています!当たり前だ」と感じる方は上級者!という事にしておきますか。

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG contemporary F8 1/640 ISO100 Lightroom

この写真をご覧ください。当ブログのギャラリーに掲載している写真で解説していきます。

写真とはデザインの要素と切っても切り離せないと感じます。私とSNSで繋がっている友人は職業がデザイナーなのですが、写真は得意ではないと言っていながら抜群に写真がうまいです。絵画にも同じことが言えますがデザインでの基本が身についていると、人の感覚にひびく数学的な要素、図形、線、色などを巧みにコントロールして作品化できるようです。

この写真で順を追って解説していきます。まずは画面内の図形要素です。富士山の形状による三角がひとつ、船とライダーとバイクを結ぶ三点が2つ目の三角です。三角は画面内で抜群に安定感をもたらします。

次に同じく図形要素で円です。まずバイクのフロントタイヤ、ライダーの腕で作られた円、LNGタンカーのタンクの円が4連。円は特定のスペース内に配置すると鑑賞者の視線が落ち着きます。

そして線の要素として曲線。岩場と海の境界となっている線が、海を内包するお椀のようにも見える曲線。伸びをしたライダーの背中の反り具合も曲線。ほぼ見えませんが富士山の宝永噴火口あたりの曲線。曲線は楽しく視線誘導するのに効果的で、鑑賞者の目を退屈にさせません。

次に色です。冬の枯れた草地の茶色から岩場のグレー色が1つのトーンになっており、上半分は海、富士山の裾付近、空とブルー系でトーンが存在します。茶系と青系の組み合わせがもたらす印象も見逃せません。

どうでしょう?デザインだけでこれだ色々な要素が詰まっています。もちろん全てが撮影者の意思でそうなったのではなく、結果的にそうであったという偶然性もあります。ただ、大切なことはファインダーを覗いているときに、それに気が付いたか???ということなんです。

デザインの要素は実は気が付かないだけで、意外とそこら中に存在します。鍛え上げられた写真家のセンサーはそれを逃さず発見し、画面内に理想的に構成していく力があるのです。

 



デザインの話だけで大分スペースを使ってしまいました…

次に本題の「あのコンテストでテッペンとろうよ」のお話。ここでは「最後のひと粘り」「最後のひとヒネリ」と私が呼んでいる手法をご紹介します。

この写真を撮ったとき、最初は船はありませんでした。その代わり近景としてもっと近くにあった砂地とその境界にあるS字の線を意識して撮ってみたのですが…シャッターを切った直後は「よしよし」と感じたのですが、撤収準備の直前にモニターを見て「何か足りないな…」と感じたのです。これを感じたときは必ず「最後のひと粘り」を実践するよう意識をしています。

↑この写真が最初に撮ったカットです。これで撤収準備をすでに始めていましたが…

時間的な猶予もあって散々練ったあげく、手前はそぎ落として船を入れてみよう。と思いつきました。幸い、ここは日本貿易の玄関である東京湾。漁場でもあり色んな船が通ります。

↑まずは漁船。船首からしぶきが出て動きが加わったのは良いですが、なんかイマイチです。バイクと船の存在感が同じくらいになってしまい、どっちつかずなのですね。

この先は「最後のひとヒネリ」!なんかユニークな要素はないか?そこで思いついたのがLNGタンカーでした。枝豆のように球体が連続して付いているタンクは他のコンテナ船やフェリーに比べてユニークな形状です。待つこと15分程度、狙い通りにLNGタンカーちゃんが登場してくれました(東京湾はかなり頻繁にLNGタンカーが通ります)。

こうして画面内の細かな部分を調整し最終的な作品になりました。

近年のコンテストではただ綺麗なだけとか、絶景でも普通に撮っただけでは入賞は難しいです。アマチュアのレベルもどんどん高くなっていて、どのようなコンテストであっても年々ハイレベル化の一途です。ひと昔前の秀作では普通すぎて通用しないのです。

今回、ご紹介したようにデザインの要素を理解した画面構成や、ちょっとしたひらめきから生まれるユニークさ、驚きなど…。作品にあなたなりの何かを加えて個性的に仕上げてください。

あのコンテストって何?って?もちろんoutrider誌のツーリング写真コンテストで年間グランプリを狙うためですよ!

 



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村