2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 抜海港と利尻富士

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー

オロロンライン 抜海港から望む利尻富士




 

EOS6D Mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG

道北の人気ツーリングルート 道道106号 日本海オロロンラインの稚内市側に位置する抜海港(ばっかいこう)。地図で見ると小さな岬になっていて、地味ですが「抜海岬」となっています。果てしない直線道路を快走していると直角に曲がる一時停止ポイントがあり(必ず一時停止しましょうね)、そこが抜海港の入り口です。

特に観光スポットや名所的なところではなく、小さな漁港とその関係者が暮らす集落があるのみです。

しかし私の好きな漁港風景のはるか先には堂々とした利尻富士を望むことができ、オロロンラインを走るときは必ず抜海港を訪れるようにしています。

 




この時は雲が利尻富士を隠してしまう直前のシャッターチャンスを狙ってみました。ここで写真を撮ったことが、私の中の「記憶のツーリングシーン」として刻まれます。

※写真の解説は別の機会にいたします

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 雨の宗谷国道

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー

道北エリア 稚内市 宗谷国道 R238




EOS6D mark2 + EF70-200mmF2.8L

雨というよりは濃霧と霧雨の中間のような天気で、路面も水溜まりが無い程度であればさほど気分の悪いものではありません。

むしろ生活圏である関東では連日ニュースになっているほど、記録的な猛暑に苦しめられてきたので、冷たいミストをあびて気持ち良いくらいだ…と言ったら少々大げさですが本当にそんな気分で走っていました。




他の多くのライダーは稚内の市街地から宗谷岬の中間であるこの区間を、ラリーで言うリエゾン区間のようにハイペースで移動しているようです。こんな場所でわざわざバイクを停車させて、写真を撮っているのは私くらいですが、こういった何でもないような風景がむしろ心象風景として記憶に残るものです。

ここで写真を撮ったから記憶に焼き付くのか、記憶に残るツーリングシーンを写真にしておきたいのか、自分でも訳が分からないのですが兎に角こういった道の表情に私は何か惹かれているのだと思います。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 白い貝殻の道 宗谷丘陵

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー

~宗谷丘陵 白い貝殻の道~




EOS6D mark2 + EF70-200mmF2.8L

今回で11回目を数える北海道ツーリング。振り返って考えると案外と北海道ではそれほど良い作品が撮れたという記憶がない。帰路はいつも写真に対する不完全燃焼の念が襲いかかりモヤモヤとしていたものだ。

いつも8月は天気に翻弄され狙っていたポイントで写真が撮れない…というのもあった。しかし本当の原因は出発前に自身の内面で過度に膨らませた期待感だと思う。

意気込み過ぎるのではなく、流れに身を任せるように旅の一部として写真を撮ればいいのだ。「1枚撮れればそれでいい」今回はそんな気持ちで写真旅をしてみた。

宗谷丘陵にある白い貝殻の道は私が14年前にはじめて行ったときは、エコビレッジというキャンプ場のような場所であり、現在はそこは入ることができない。山頂にレーダーのある丸山から宗谷郵便局へ降りる南側の道が、現在の白い貝殻の道と呼ばれている。




 

ほぼ観光地化されテレビでも紹介されて有名な場所になってしまった。「…なってしまった」とはあたかも自分だけの特別な秘密スポットにしておきたいという、勝手極まりない心理だと思う。だけど写真を1枚撮っておけば、どんなに観光地化され例え汚れてしまっても自分の中では白い貝殻の道は永遠になる。

傾いた夕日が白い貝殻の1つ1つに反射して輝きを放ち、宝石のような美しさだった。この道も写真にすると人に何かを訴えているようだ。

氷河地形特有の景観が印象的な宗谷丘陵。多くの北海道ツーリングのライダーが目指す、日本最北端の地「宗谷岬」のあるすぐ近くです。宗谷丘陵の一部に白い貝殻の道は静かに存在します。Googleの地図では宗谷郵便局から入って行くように見えますが、おすすめは上からのルートで道道889号で宗谷丘陵に入り、丸山(山頂にレーダーのある小さな山)からダートを走って風力発電の方から下るのがお勧めです。

写真は夕景ですが日中でも天気が良ければ濃く澄んだ青空に白い貝殻の道、遠景には日本海に遠くは利尻富士まで見えて絶景です。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

 

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 果てしない直線 オロロンライン

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー

道北のツーリングルート 道道106号 通称オロロンライン




果てしなく続く直線道路、電線もガードレールもない最果てのロケーションは日本中のライダーの憧れの地ですよね。

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L




道は写真にすると人に何かを訴えているようだ。そう感じるようになり、それを写真にしっかり表現したいと思い、この旅では道の写真を丁寧に作品化してみました。

きっと道が訴えているのは人々が忘れかけた旅心に「旅に出ようぜ」と語りかけているのではないでしょうか。

私はこの写真を見て旅を振り返ってみましたが、オロロンラインは単なる人気ツーリングルートではなく、得体の知れない神々しい何かが人々にメッセージを発信しているのだな、そんな風に感じました。

 

写真のポイントは道道106号オロロンラインのサロベツ原野へ向かう道道444号のT字路 稚咲内(わかさかない)信号から北へ約7㎞のポイント。ジュンサイ沼と長沼の中間くらいです。このポイントに南側から見て道路標識「稚内36㎞ 抜海20㎞」があるのですが、私はこの標識のポイントが直線路としてのオロロンラインが最もオロロンラインらしい表情を持ってると感じます。

その他にも起伏のあるオロロンライン、緩やかなS字を描くオロロンライン、あらゆるオロロンラインを調べ尽くしてきましたが、その写真はまた後日にご紹介いたします。何といっても今回の北海道ツーリングは中身8日間が全て道北に居ましたからね。

ではまた。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー 逃げ水のオロロンライン

2018北海道ツーリング ツーリング写真ギャラリー

道北の人気ツーリングルート 道道106号 オロロンラインの直線路にかすむ逃げ水をとらえた1枚です。




EOS6D mark2

本州の猛暑には及びませんが天塩あたりでも汗ばむほど暑く、太陽に熱せられた路面が砂漠の彼方にかすむ水のようにゆらめいていました。




連続する矢羽(積雪時に路肩を指し示す矢印の表示)が北海道の道を象徴していますが、それらを超望遠レンズで圧縮して北海道ツーリングの世界観を抽象作品にしてみました。

去年の夏、これがやりたくて望遠レンズにエクステンダーまで持って行ったのですが、残念なことに連日の雨で夢叶わず。今年の夏の北海道は決して良い天気だった訳ではありませんが、それでも僅かな晴れ間を狙って撮ってみました。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

2018北海道ツーリング ギャラリー オトンルイ風力発電

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回は2018年 夏の北海道ツーリングのギャラリー 1枚目のご紹介でございます。




EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3

道北エリアの天塩から稚内をむすぶ道道106号 通称オロロンラインの幌延の辺りで出現する28基の風力発電用の風車。オロロンラインがこのポイントから最もオロロンラインらしい風景になる入り口のようなところです。

ちなみにオトンルイとはアイヌ語で「浜にある道」でアイヌの時代からこの場所に道があったのが分かります。




今から14年前、私がはじめて北海道ツーリングしたとき長時間の雨天走行で急に晴れ間が見えてきたのがオトンルイ風力発電所の辺りでした。それもあって私の記憶のツーリングシーンとして深く印象に残っています。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

バイク写真と漁港風景 漁港ツーリング写真2018上半期BEST3

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回はギャラリーのカテゴリに2018年上半期の漁港ツーリング写真BEST3枚をアップいたします。

つい先日、素掘り隧道BEST3をアップしましたので今回は漁港バージョンいってみます。




・BEST3 布良漁港の倒れた漁船

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F11 1/125 ISO100

まずはBEST3から。千葉県館山市の布良漁港にある倒れてしまった廃船の作品。この作品は私が勝手に考案した「挟み打ち構図」でございます。メイン被写体をバイクとライダーで挟むのです。挟み打ちと言いながらもライダーとバイクの向きを画面の外へ向けたのがポイントです。天気が曇りだったので光に乏しく全体がフラットです。なので寂し気な仕上げにしてみました。疲れ果てた船体の表情を大切に撮った1枚です。

 

・BEST2 仁科漁港の夕空

EOS7D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F8 1/400 ISO100

2位は静岡県西伊豆の仁科漁港での夕景作品です。3月に久しぶりに行った伊豆半島。いつ行っても伊豆は素晴らしいですね!この美しい夕景のシーンは構図にとても悩みました。あまりに美しい景色に出会うと、感動に押しつぶされて思考が鈍ります。この時もただ美しい夕景を撮っただけにならぬよう必死でした。

難しかったのは漁船、バイク、ライダーという複数の被写体をそれぞれ大き目に構成したことにより、存在感の調整が苦しかったこと。撮影地は空が開けた場所ではなく14㎜といった大胆な画角も選べなかったのです。

それでも配置を工夫して何とか構成はしてみたのですが、ここでは何が正解だったのか現時点でも良く分からず、自分にとって多くの課題を残してくれた1枚でした。




・BEST1 南伊豆トガイ浜近くの突堤

EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/400 ISO100

南伊豆 石廊崎より西に数キロ行った地点にある小さな漁村。ヒリゾ浜への渡し船の乗り場近くに突堤があります。紺碧色と言うより深い緑の美しい海の表情が印象的でした。突堤にある街灯のようなデザインの照明塔をどう構図するか悩みましたが、逆転発想でど真ん中に配置させ構図に安定を与えました。

この作品ではとにかく海の色が印象的だったので、それをどう表現するかに集中して撮影に挑みました。得意の望遠レンズを使用して空間を圧縮した撮り方ですが、この突堤はけっこうな長さがあり、道路を撮るときと同様の考え方で長めの焦点距離を使っています。

※一応この場所は、進入禁止などの標識はありませんでしたが、行かれる方は十分な配慮をお願いします。

以上、2018年上半期の漁港ツーリング写真 BEST3でした!





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

房総の素掘り隧道 トンネルコレクション ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今日は久しく更新していなかったギャラリーに作品を追加いたします。

皆さん大好きな(???)房総の素掘り隧道、2018年上半期のベスト3ショットでございます。




・上半期BEST3 柿木台(クォードの森)中間崩落隧道

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F6.3 1/15 ISO250

ポータルの表情をメインにローアングルから狙った写真です。隧道の上にそびえる木々が良い感じに光ってくれました。崩落部にバイクを停めてこの構図にしたところ、バイクの大きさが米粒になったので存在感の調整でヘッドライトを点灯させました。この写真が隧道写真の上半期3位です。

・上半期BEST2 燈籠坂大師の切り通し

EOS6D mark2 + EF14mmF2.8L F3.2 1/4 ISO320

隧道と呼ぶべきか切り通しと呼ぶべきか悩ましい富津市の燈籠坂大師(とうろうざかだいし)の切り通しです。内壁面に露出を合わせ杭口から入る光はオーバーとなるパターンです。その強烈なハイライトにライダーを合わせた構図です。ここは人気の撮影スポットでインスタ映えするとライダーに人気です。しかし最近は観光バスが来るようになって、あまり撮影がはかどりません。早朝がおすすめです!




上半期BEST1 月崎林道 3連隧道の真ん中

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F1.4 1/200 ISO250

月崎林道にある3連続素掘り隧道の真ん中に位置するこの隧道。特に北側の杭口がフォトジェニックで中から撮っても外から撮ってもいいです。この写真はカメラは隧道の中から撮っていますが、露出は外に合わせて撮りました。杭口が外の光を受けているギリギリまでを構図に入れています。これ以上、トンネルの中に入ると外との明暗差がかなり大きく、外か中かどちらかを捨てる選択を強いられます。光が気持ちよかったのでモデルのポージングは光が差し込んでくる上を見上げるポージングにしてみました。

以上、2018年上半期 素掘り隧道調査 BEST3ショットでした。





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

CASIO エクシリム EX-10

出勤途中に撮った東京の紫陽花です。普通はフェンスの向こうにある花なんて写真を撮ろうと思いませんが、逆転の発想で「フェンスも撮ろう」と思って撮ってあげれば不思議とフェンスが不快な写真にはならないものです。

究極のツーリング写真 運用開始より半年…

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ブラウザーにブックマークして頂いている常連の皆さま、たまたま検索でヒットして見て頂いている皆さま、本当にありがとうございます。

当ブログ 究極のツーリング写真はオートバイで旅をする世界観を芸術的な写真にするための写真解説サイトです。

オートバイ文化を写真で底上げしていこう!その為には自己満足で平凡な写真ではなく、見る人の心をゆさぶる感動作品であるべきと考えます。

微力ながらアマチュア写真家を自称する私が、このブログでツーリング写真の全てを秘密をつくらず公開しております。

少しでも賛同、共感をいただける方々、そうでなくても見るだけでも…という方々も大歓迎ですので、今後もよろしくお願いいたします。

EOS6D mark2 + SIGMA150-600mmF5- F10 1/60 ISO100

 

皆さまはご自身で撮られた作品のベストセレクトみたいな物を作ったことはありますか?私の場合はFacebookのアルバム機能を使ってtouring_shotという名前をつけて注目のアルバムに設定しています。

インスタもベストショット集に近いイメージでやっています。こういったいわゆる自分ギャラリー的なものって、集まった写真を一目みてどんな感じがしますか?





多くの方はご自身の撮った写真って言ってみれば自分自身な訳ですから、きっとお気に入りなんだと思います。って言うか自分の写真が嫌いって人はいないと思いますが。

かくいう私も自分のギャラリーが好きです。アマチュアでやっているのですから、誰に依頼された訳でもなく好きなように撮っているから当然ですよね。旅の思い出が心象風景と共に蘇ってきますし、やはり自分の写真は好きです。すごく幸せなことだと実感できます。

しかし自分の写真が好きだという気持ちと、その反面「こんなんじゃ全然ダメだな」という気持ちも入り混じって、とても複雑な心境になるときがあります。

ツーリング写真を極めるという自分の目標は、バイク文化と旅文化を一般へ広め誰かの役に立ちたいという想いが込められています。

今の感じでは社会にメッセージを発信できるほどの力は到底ありません。もっともっと次の領域へ伸ばせるよう写真と向き合っていきたいです。

そのためには悩んだり考えても仕方がなく、答えは写真を撮ることしかないのです。私は残りの生涯をかけてツーリング写真を磨いていくつもりです。

 





にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

低空飛行で光の溜まりこんだ空間を解明せよ

EOS6D mark2 + SIGMA35mmF1.4ART F13 1/13 ISO100

2018年3月24日 午前7:00 下田市

7年ぶりの伊豆半島は完全にアウェーだった。

ここ4~5年、生活環境の変化で遠出が難しく、走りに行くのはもっぱら地元の房総半島だった。

とにかく良い写真を撮りたかったのでキャンプ道具は最小限に留め、睡眠時間を削って南伊豆をシューティングするつもりだった。

キャンプ場で夜中や早朝にバイクのエンジンをかけて出かけるのも気が進まない。だから野営地を探した。




土地勘もないのに簡単に野営地を探り当てるのは難しいだろう…そう思っていたけど、あっさりと見つけてしまった。

それは誰もいない、車1台も停められない入り江のような海岸だった。キャンプ禁止の表示があったが期間指定であり6月から9月と書いてあった。つまり今は3月なのでキャンプしても問題なしなのだろう。

この写真は野営地から1kmほど国道に戻るための林道で撮った1枚。朝の光が森に差し込んでいて、息をのむほど美しい光景だった。

すぐにイメージが浮かび上がった。昂る感情にブレーキをかけるようSIGMA35㎜F1.4ARTをEOS6D mark2に装着し撮影に挑んだ。

森に溜まりこんだ光を吸い込むように深呼吸した。光学ファインダーからみたこの光景は集まっていた光と空気達の正体を解明した。

なんて美しいんだろう。特にR1200GS ADVENTUREの上あたりに水分を含んだ空気が輝きを放っているのが見える。

これを見つけることが出来るのが光学ファインダーの良さだ。時代はミラーレスなんて世間は騒いでいるけど、私はEVFなんか信用しない。いつまでも光学ファインダーのカメラを使いたいと思っている。

 




 

ところでこういったシーン。ここで撮影をしたからこそ記憶に焼き付くものだと考える。仮にここで「綺麗なところだ」と足をとめて風景を楽しんだが写真を撮らずに行ってしまったとする。果たしてこの光景との出会いを何十年も先まで覚えているだろうか?

いいや、こういった光景との出会いは撮影に挑んだからこそ、記憶に深く刻まれると思う。たとえ良い写真が撮れなかったとしても、人生の大切な財産となる思い出ができるだろう。

だからいつだって低空飛行して、こんなところを探しているんだ。

オートバイの旅と写真はやめられない。

 




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング