教習所では教えてくれない☆バイク安全運転ノウハウ集17~19

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ニュースで知った方も多いと思いますが最近になってバイクの事故が急増しているそうですね。9月14日のニュースですが北海道の場合はバイク事故の死者数が例年平均の3倍だそうです。

一方、東京の場合は警視庁発表のデータによるとオートバイ死亡事故は例年平均の2倍以上と北海道ほどではありませんが同様に急増しているそうです。

記憶に新しいニュースでは免許を取得してバイクを買ったばかりの女子高生がグループのツーリングに参加して山道で事故を起こして亡くなったということもありました。

今年に入って死亡事故が急増している原因については様々な憶測があるようです。コロナで道が空いてるからスピードを出し過ぎてしまう、自粛ストレスのうっぷん晴らしでスピードを出す…どれも憶測だと思いますが。そして感染リスクの少ない趣味としてバイクを乗り始める人が増えた、給付金を使って免許を取得しバイクデビューした、といった具合にコロナをきっかけにバイクに乗るようになった人が増えたという分析もあるそうです。

バイクに限らずあらゆる事に共通して言えますがブームになると問題も増えるものです…。例えばキャンプブームが起こるとテント内で火災、酸欠とか、ゴミや焚火跡の不始末とか色々な問題が顕著になります。

そう考えると事故が増えたことはバイクブームの兆しなのかもしれません。もしそうだとすると80年代末以来のバイクブーム、第三次(?)バイクブームの到来となるのですが、ここでまたバイクの事故が社会問題になってはいけませんよね。

最近は乗用車のドライバーも高齢化がすすんで、以前とは違った要因で事故が増えているので心配です。




人間は失敗からしか学べないと偉い学者さんが言っていましたが、バイクの運転だけは失敗から学ぶ前提で走ってはいけません。失敗から学んでも良いのは立ちごけ程度です。昔から「いちばんうまいヤツとはちゃんと家に帰るヤツ」とバイク乗りの間で言われてきました。事故を起こしてからでは遅いのです。いざ当事者になると「今朝、朝食を食べた時に時間を戻したい」と願うものですが現実は無情です。

今回は長いこと更新していませんでしたが「教習所では教えてくれない☆バイク安全運転ノウハウ」のカテゴリーを更新してみたいと思います。

・教習所では教えてくれないバイク安全運転ノウハウ集 1~8 

・教習所では教えてくれないバイク安全運転ノウハウ集9~16

17.まずは一人で走ってみよう

バイクデビューしたばかりのビギナーの方は一人で走るのは心細いと思います。何かあったときにフォローしてくれる仲間がいないのですからね。しかし自分のペースを把握するために一人で走っておくことは重要です。自分のペースとはスピードだけではなく休憩のスパン、1日に走る距離などもそうです。大事なことは怖くない、不安がない自分のペースを知っておくことです。

ここで言うペースとは人それぞれ個人差があるものです。だからグループで走ると必ず誰かが「速すぎる、遅すぎる、また休憩か!」といった具合にストレスが発生します。それは事故やトラブルを起こす小さな火種になるものです。

EOS6 mark2

もし仲間と一緒に走るのであればビギナーをフォローするのに相応しい先輩達であるかよく考えてみましょう。ちゃんと遅い人にペースを合わせて走れるか?グループ内だけでなく周囲の状況もよく把握しているか?コーナーの進入でかっこいいところを見せつけるだけの先輩であれば、今後は一緒に走る仲間とするのかよく考え直したほうがいいです。




18.最悪の状況を想像してみよう

人間は失敗からしか学べない・・・。一度でも大きな事故を経験したり、身近な仲間が不幸な目にあった、という人であればその恐ろしさを体験したので事故の怖さを知っています。しかし前述したようにバイク乗りは失敗から学ぶことを前提に走るわけにはいきません。

そこで重要なのは想像力です。当ブログの写真解説にも度々出てくる想像力のお話。こんな事をしていたら最悪はどうなるだろう?と、起こりえるとは信じがたいが起こるかもしれない悪夢をイメージするのです。

事故に関わるあらゆることはネットにも色々と書いてありますが、事故を起こすと何が待っているのか?をリアルに書いているのを見かけません。私の見てきた経験談だけ書いてみます。

・1991年 高校の後輩 緩やかなコーナーで浮き砂利にのってスリップダウン、路面を滑走してガードレールに激突。全身に4か所骨折。最も酷いのは左脚の大腿骨の骨折。病室の天井に滑車がついていてロープで強く足を引きながら身動きがとれない入院生活。度重なる手術と長いリハビリ。激痛と苦しみにひたすら耐える地獄のような半年間だったと後に本人が言っていました。

・1992年 走り屋の集まっていた峠のS字コーナー。センターラインを大きく超えてきた対向車に驚きブレーキの握りゴケ。そのまま路面を滑走して道路脇の植栽に突っ込む。自力で戻ってきたが植栽の添え木が首に突き刺さっておびただしい出血。その後、亡くなった。

・1995年 会社の同僚 交差点で右折待ちの対向車が強引に右折してきて衝突。よくある右直事故の典型。かなりスピードを出していたので左脚の膝を粉砕骨折。はっと目が覚めると道路の上で寝そべっている自分。顔の上にブーツが載っていて手でどかしたらブーツだけではなく自分の足だった…。バイクはフレームが歪んで全損。

・2004年 夏の北海道 Tシャツ1枚でワイルドに走るライダー。彼は私のバイクを抜いてかなりのスピードで消えていった。しばらくすると直線ともコーナーとも呼べない緩いカーブの先で転倒していた。全身にひどい擦過傷。Tシャツ1枚で100キロ相当で転倒すれば皮膚も肉も激しく削れて骨が丸見え。その目も当てられない傷(というか進撃の巨人みたい)にはアスファルトの小石や砂が大量に入っていた。救急車が来るまで20分、そこから病院まで1時間以上かかった。バイクはフォークがくの字に折れて全損だった。

・2010年 地元の房総半島の山道にて私の後ろを走っていた友人。 踏切をしっかり一時停止し、そこから普通に加速。対向車の軽自動車が強引に右折して接触。上半身から地面に叩きつけられ首の骨を折る重傷。この事故の怖いのはバイクの方は時速20km程度だったことが警察の検証で分かったこと。たった20kmでも首を骨折する大怪我です。

そんなグロいこと書くなよ!!!と怒られそうですが、これが現実です。怖いでしょう?でも明日はあなたがそうなっているかもしれません。もちろん私もです。行ってきますと出かけても「ただいま」を元気に言えるか分からないのです。これが最悪の事態を想像することです。

19.パトロールするように走る

隠さずにカミングアウトしますが私もその昔はバイクに乗るときは飛ばしていました。本当に反省すべきことで今命があるのは奇跡だと思います。その当時、警察の取り締まりに捕まらないために白バイやネズミ捕りを探すように走っていたものです。その時のパトロールのような走り方でリスクファクターをいち早く察知するよう走るのが私のお勧めの安全運転。

リスクファクターとは例えばコーナーの出口に砂利が浮いていないか、前のトラックの積み荷が落ちてこないか、後ろのドライバーは居眠り運転ではないか、脇道から急に車が出てこないか、とったものです。

目の前の状況から想像を働かせて危険を察知する。工場や建設現場で働いている人ならよく知った言葉ですがKYTというのがあります。危険を予知するトレーニングです。それとよく似ているので「危険を予知するパトロール走り」で私は「KYP走り」と呼んでいます。




今回は少々ネガな内容が入りましたが、コロナ後の世界にバイクブームがもし来るのであれば、事故が増えて悲しむ人が出ないよう今の段階で何かできることはないか…そんな想いで書いてみました。バイクビギナーの方、久しぶりにリターンした方、ご参考にしていただけると幸いです。

スピードは控え目に、ヘルメット、プロテクター入りウェアーを正しく着用、小まめに休憩。周囲の車を信用しない。安全運転と交通マナーの意識が高いライダーがいちばんスマートです!

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

教習所では教えてくれない☆バイク安全ノウハウ集9~16

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、突然ですがバイクの保険ってどうされていますか?私はR1200GSの購入店で加入したBMW Motorrad自動車保険(三井住友海上)に加入しているのですが、そろそろ満期なので少しでも安くするためダイレクト系なども検討してみようかと思いました。

特にバイク保険として評判の良さそうなチューリッヒのバイク保険はロードサービスが100kmまで受けられることと、携行品特約としてカメラ等の破損を保証してくれるサービスが魅力的です。

しかし携行品特約は5万円または10万円までで私の所有するカメラ機材としては少ないです…もちろん出ないよりはマシですが。それよりロードサービスの範囲が100km以内と限定されているのに対し、BMW Motorrad自動車保険は距離の明記がなく「最寄りの整備工場まで」とあるので、恐らく無制限なのだと思います。近場なら100km以内でも安心ですが北海道とかだと100kmでBMWのバイクを修理できるバイク屋があるか微妙です。

私の等級は最高といわれるノンフリート20等級なのですが、これでBMW Motorrad自動車保険で16000円くらい、チューリッヒでそれより2000円くらい安い程度でした。うーん、どうしよう。悩ましいですね。




さて、以前に私のバイク歴30年という拙いキャリアからバイク安全、ツーリングノウハウのあらゆる事を「教習所では教えてくれない☆バイク安全ノウハウ」として記事にしましたが、今回はそれの第二弾でございます。

前回までの 1~8はこちら

最近になって新たな読者様が増えたこと、データ解析から20代の方も多いことを受けてこんな事を始めた次第です。では続きの9からどうぞ。

9.晴れた日でも鉄の蓋と白線はよけて走ろう

マンホールや橋などの継ぎ目など濡れた鉄板、白線などのペイントは非常に滑りやすく、バイクには危険であることは教習所でも教わりますよね。しかし雨の時だけ気を付けて走る…ではミスが発生したときに転倒や事故になりかねません。晴れている日でもマンホールや白線を踏まないよう走る習慣をつけましょう。いつも避けて走るようにしておけば、ついうっかりマンホールに乗ってしまった!という事も少なくなるなずです。

10.どす黒いシミはオイルだ!

路面の一部が濡れていたら…滑るかもしれないので可能であればよけて通りますよね。水は光沢があってすぐに分かりますが、アスファルトの一部がどす黒いシミになっていたら何でしょうか?

…それはオイルかもしれません。水とは比較にならないほど滑り大変危険です。今どきオイル漏れしている車なんてないように思えますが、意外と交通量の多い国道とかでは大型車などから漏れている事があります。

どす黒いシミを見たら絶対に乗らない。気を付けましょう!

EOS6D Mark2

11.落下物を想定した車間距離と走行ライン

道路を走るときに前走車と十分な車間距離を保つのは常識ですよね。もしバイクが前の車の後ろにピッタリと付けたらどのような危険があるでしょうか?

車の運転をされる方でしたら誰でも経験があると思いますが、路面にゴミ等の落下物があった場合に高さのない物だったら無理に回避するよりは、またいでしまおうと車体の下を通して回避したことはないでしょうか?

もちろん車はその回避方法で問題ありません。しかし、その車の後ろを走っているバイクからすれば、突然前の車の下から落下物が出現するので驚くものです。

前走車との車間をつめてしまうと、こういった突然の事態に対応が遅れてしまいます。バイクは前の車から見るとヘッドライトも常時点灯ですし圧力的に感じるものです。マナーやトラブル回避の観点からも車間距離は十分に保って突然の落下物に注意しましょう。

12.キャンプ道具は低重心がキホン

キャンプツーリング、楽しいですよね!私ももう長い事やっていますが飽きることなくキャンプツーリングをしております。しかしキャンプ道具を積載能力の限られたオートバイに積むのは、意外とノウハウが必要とされます。

メーカー時代にツーリングバッグの開発をしていた頃、さまざまなテストやデータをとっていましたがキャンプツーリングでの平均的な荷物の重量は10kg前後だと思います。もちろん個人差はかなり有ると思いますが、テントや寝袋などの装備から着替えや食材やビール…そしてバッグ類自体の重さなども含めれば、なかなかの重量です。

メインの積載はリアシート上になるのが一般的だと思いますが、なるべくサイドバッグやパニアケースなどで両サイドに振り分けて、ペグ、テーブル、チェアなどの重量のあるものを低い位置に積載させましょう。

積み上げて重心が高くなると取り回しでフラ付くだけでなく、走行中に不測の事態を回避するときに安定が悪く、最悪は積み方が悪いのが原因で事故になることもあります。




13.真冬の冷えたタイヤは想像以上に滑る

真冬の冷え込んだ日。走り始め、または休憩の直後など冷えたタイヤは想像以上にグリップしません。とくにハイパワーなスポーツ車やトラクションコントロール(TRC)がない車種は注意が必要です。低速であっても少しラフにアクセルを開けると、ハイパワー車ほど冷えたタイヤを派手に空転させて、そしてグリップが回復した瞬間に激しく路面に叩きつけられます。

高速道路の長時間走行でも前輪だけが走行風で冷えていく現象があります。私はタイヤ空気圧と温度をモニターする製品を愛用しているのですが、実際に冬の高速道路の走行でみるみるフロントタイヤだけが冷えていくのを確認しました。

これにより高速のインターなどのカーブでフロントから呆気なくスリップダウン…実はよくあるケースなんです。気を付けましょうね!

EOS6D Mark2

14.日陰の凍結とトラックが落とした雪に注意

冬ネタが続きますがやはりバイク乗りにとって冬の方が危険が多く潜んでいるのは事実です。山間部は標高が高いぶん気温も低いので路面凍結には細心の注意が必要ですが、平野部であっても決して油断はできません。

とくに夜間に雨の降った翌日の朝などは日陰の凍結に気を付けましょう。降雪地帯でなくても長距離トラックが雪国で屋根に積もらせた雪を、カーブで落としていくこともあります。油断は禁物です。

15.前走車の追い抜きは脇道や後方も確認

前走車をオーバーテイクしたい場合、対向車の有無以外にも注意すべきことはたくさんあります。まず前にいる今から抜く車のチェックです。遅いということは右折する場所を探して迷っている人かもしれません。運悪く、こちらが追い越しを開始した瞬間に右折したいポイントを発見して急に右折を開始するかもしれません。前の車がなにをしたいのか?どんな状態なのかをよく確認しましょう。

追い越しをかけるとき、反対側車線を走る訳ですが脇道から車が出てこないか?脇道があるような場所では追い抜きはやめましょう。車は脇道から左折するときに右は確認しますが左も確認する人は少ないです。まさかバイクが来ているとは思ってもいません。

もちろん後方もよく見ましょう。後ろから派手にゴボウ抜きを企む他車がきているかもしれません。




16.タイヤの点検と空気圧チェックは怠らず!

タイヤは命を乗せているので日常的に点検するのは誰でもご存じだと思います。しかし空気圧や残溝の管理以外にも表面のヒビ、キズ、製造年月などもよくチェックしてみましょう。スリップサインが出るまで十分な残溝があってもキズやヒビが発生していると高速道路で突然バースト現象を起こしたり、本来のグリップを発揮できず予測できないようなスリップを誘発します。

小さな傷からスローパンクなんてタチの悪いトラブルも存在します。また銘柄によって冷えている時にやたらグリップしないタイヤや、ウェット路面が苦手なタイヤなど色々あるので、ご愛用のタイヤの特性も把握しておきましょう。

タイヤの製造年月はサイドに4桁の数字で表記されています。例えば1824と記載があれば2018年の24週目(6月)に製造されたタイヤということです。製造から2年以上が経過したタイヤはコンパウンドなどの成分が徐々に硬化していき、本来の性能や品質を保てなくなります。

危険な事態が発生する前にタイヤに対する意識を高めていきましょうね。少し神経質が過ぎるくらいで丁度良いと思います。

教習所で教えてくれない☆バイク安全ノウハウ 9~16でした。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

教習所では教えてくれない☆バイク安全ノウハウ集1~8

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、このたび当ブログの新たなカテゴリーとして<教習所では教えてくれないバイク安全ノウハウ>というものを作ってみました。私のバイク歴30年の節目として、新たに人に役に立つ情報を発信できればいいな…そんな想いでツーリング写真とは別で安全運転に関わるあらゆることを箇条書きでご紹介してみたいと思います。

バイクビギナーの方、久しぶりにリターンした方々にご参考になると幸いです。特にツーリングにおける安全の知識や、バイク業界にいたころの経験などを元に書いてみたいと思います。




その1☆バイク乗りなら豊かな想像力と一定の恐怖心を!

想像力とは「そんなことをしたら最悪はどうなるのか?」と最悪のシチュエーションを想像して怖いと思うコトです。昔からバイク乗りは臆病なヤツがいい、と言われるのは怖いもの知らずや想像力のない人は事故の当事者になるまで分からないからです。

トバしても到着時間は大して変わらないし、後ろのバイクにカッコいいところを見せようとしても無理をしてオーバーランや事故を起こせば逆にカッコ悪いです。そういったことに命をBETするのは実に馬鹿らしいし迷惑です。本当にかっこいいバイク乗りの条件はいつの時代も同じで「ちゃんと家に帰るヤツ」です。

その2☆周囲の車は運転手の目を確認

自分の周りを走っている乗用車やトラックはどのような人物が運転しているのか可能な範囲で確認してみましょう。営業車を長時間運転して疲労困憊の人、助手席の人とおしゃべりに夢中な人、スマホを見ながら運転している人、睡魔に襲われている人、急いでいてイライラしている人…。こういった周囲の車のメンツを確認して危険要素がないか把握し、場合によっては追い抜くか譲るか、あるいは一度安全な場所で停車するなどでポジションを更新しましょう。私は以前、ある国道で後ろの運転手をミラーで見たらハンドルの上に少年ジャンプのような漫画本を広げているヤツがいて驚きました…。

その3☆カーブミラーは路面までチェック

カーブミラーは通常は対向車の有無を確認するものですが、視力のいい人はもう少しよく見てみましょう。水たまり、浮き砂利、落石など対向車だけでなく路面の異常もチェックできればカーブの先で転倒…なんて危険も事前に回避できるかもしれません。




その4☆魔の時間帯を意識しよう

交通事故の多い時間帯は主に夕方だそうです。疲労と油断が重なる魔の時間帯でスキー場なんかでも衝突事故や怪我の多い時間帯は15時~16時です。「今日も1日、無事に走り終えたな…」という安心感が油断につながり、特に間もなく我が家という自宅の近所で事故が多いものです。自分だけでなく周囲の車も事故を起こしやすい状況なので魔の時間帯を意識して注意してみましょう。

RICOH GR APS-C

その5☆ウインカーの消し忘れと右直事故

ウインカーの消し忘れはマジで危険です。右直事故については教習所でも教わると思いますので割愛します。バイクは車に比較して正面から見える部分の面積が少なく、対向車から見てスピードが分かりにくいものです。交差点で右折待ちをしている車が対向車線の直進車をやり過ごしている時…それは起こります。右ウインカーを消し忘れて直進してきたバイクと衝突するのです。遅く見えるので「あのバイクは右折か!」と誤認識されてしまうのですね。

そんな…対向車の人の判断力が悪いんじゃ…と言っても高齢ドライバーの事故が社会問題になっている昨今、こちら側が最大限に気を付けなければいけません。

現在、BMWやハーレーにはウインカーのオートキャンセルが付いていますが、国産車はまだまだ普及が遅れているように感じます。たかがウインカーの消し忘れではなく、本当に気を付けましょう!

その6☆高速走行はセフティスペースに飛び込め

セフティスペース…それは集団のいないスペースのことです。道路を歩いて横断したいとき、道を走りゆく車が途切れるのを待っているとします。そんなとき全く車がこなくなった瞬間ってありますよね?あれと同じことが高速道路にもあって、車やトラックが密集して走っている部分もあれば、誰も走っていないスペースも存在します。

そういったスペースを探して飛び込むのです。前にも後ろにも車がいないとトバしたくなるのがライダーの心理かもしれませんが、そこでトバしてしまうと直ぐに前の集団に追いついてしまいます。スペースに飛び込んだら速度を調整して前後の集団に追いつかず、追いつかれずのペースで走ってみましょう。

高速道路上で完ソロ走行することで他者の誘発した事故に巻き込まれるのを防いだり、単独で転倒などをした場合の被害の低減が狙えます。

その7☆前を走るトラックは積み荷の状態をチェック

トラックを管理している多くの運送会社は厳しい法によって安全を遵守していますが、残念ながら道路を走る全てのトラックがそうだとは言えません。他人の安全に期待するのはバイク乗りのすることではないと私は思います。

特に気を付けたいのは産廃処理や廃品回収などのトラックで、どうせ廃棄するものだからと積載も乱雑です。そういったトラックの後ろに付いてしまったとき、何を積んでいるのか?何か飛来してこないだろうか?しっかり固縛されているだろうか?よく荷を注視してみましょう。

荷を積載しているトラック、ダンプ(は未だに過積載が存在)、タンクローリー、コンテナなどのトレーラーは急ブレーキが効きません…排気ブレーキは確かに強力ですがジャックナイフやスイング現象を起こせば意味がないのです。だからトラック、トレーラーは車間距離が長いのです。そのスペースに「おっここ空いてる」とねじ込めば、万一なにかあったとき「即死ゾーン」に入ったのと同じです。




その8☆キープセンターで左右にスペースを確保しよう

教習所ではキープレフトを教わりますが、あれはあくまで教習所での基本走行ラインだと思います。実際の道路でいつもキープレフトでは安全とは言い難いです。例えば木々が生い茂ったブラインドの左コーナーでキープレフトで走れば先の視野が悪いです。車の流れが悪いときキープレフトでは後ろにいる怪しからん車がバイクの真横に並んでくるかもしれません。

その他にもバイクのキープレフトラインにはマンホールの蓋がよく有ったり、対向車から見てバイクが目立たなかったりと悪いことはけっこう多いです。

特に動物の飛び出しなど不測の事態の危険回避という意味では左右のどちらでも逃げれるようにキープセンター、場合によってはキープライト(対向車がいないのを確認)もありだと思います。

いかがでしたか?まだまだ沢山ありますので、今後はシリーズとして定期的に更新してみたいと思います。私も早いものでバイク歴30年。その間、もらい事故を除けば無事故無違反、10代の頃のミスを除けば無転倒、無立ちごけの経歴ですので、気が付けばベテランなのかもしれません。二輪業界にいたときに同業者や業界人から教えていただいたノウハウもたくさんありますので、それはまた追って書いてみたいと思います。

やはりバイク乗りは無事故が一番ですからね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング