ツーリング用のカメラは何故スマホではダメなのか

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、写真をライフワークとして楽しまれていますか?

きっと当ブログの多くの読者様はプロカメラマンではなくアマチュアの方々が多いと思います。プロとアマチュアと言うと日本ではアマチュアの方が下位であるというイメージですが、実は世界的にみると歴史に残るような名作の多くはアマチュアによる作品だったりします。

我々アマチュアの利点は失敗を恐れず挑戦できることです。写真を撮ることについて依頼者がいる訳ではありません。失敗写真を生んだとしても「今回は残念だったな」と自分の中ですべて済んでしまうのです。

となれば例えば構図などの撮り方とか〇〇写真といったジャンルまで、既存のものに縛られる必要はなく、新たなものを生み出しても良い訳です。既存の撮り方やジャンルは過去に誰かが考えたもので、それを多くの人たちがやってきたに過ぎません。自分も同じように誰かが考えた撮り方やジャンルに縛られる必要などはないと思います。

それが例え失敗に終わったとしても挑戦したことに大きな価値があると思います。

私はこの【究極のツーリング写真】というブログを通して新しい写真への挑戦とバイクツーリング写真、旅写真という新たなジャンルを生み出してみたいと思っています。




さて今回は多くの方にご質問をいただくバイクツーリング用のカメラとして「スマホではダメなの??」ということについて簡単に書いてみたいと思います。

iphone7

よく「ツーリング、バイク用のカメラとしてはスマホで充分だよ」とか「いやミラーレス一眼だ」などといった議論を聞きますが「バイク用」とか「ツーリング用」といったことではなく「どんな写真を撮るのか」でスマホで良いとかミラーレスが良いとかが決まってくるのだと思います。

どんな写真でもスマホでOKということはなく、すべての人に最新のミラーレス一眼がお勧めなんて事もありません。

上の作例はIphone7で撮った写真ですが画面内に太陽が入るような強烈な逆光下で撮りました。ご覧のように激しいフレア、ゴーストが発生しています。個人的な考えとしてはフレアやゴーストは一般には歓迎されない画質低下の一種ですが、必ずしも避けるべきこととは思いません。

時には写真らしい演出として役立つこともありますし、好みの問題でもありますがカッコいいフレアというのは存在します。しかし上の作例はどうでしょうか?絶対にダメとは言い切れないかもしれませんが、これを見た多くの人が明らかな失敗写真だと感じるのではないでしょうか?

 

EOS6D Mark2 + EF35mmF2 IS

こちらは全く同じシーンでキャノンの一眼レフカメラ EOS6D Mark2で撮った写真です。逆光によってドラマチックに輝く情景、強いコントラストや光によって受ける作品の印象など、私はよくこういった逆光のシーンを好んで写真を撮っています。

ゴーストも発生はしていますがIphone7での画像に比べたら圧倒的に少ないのがお分かり頂けると思います。

ツーリング写真、バイク写真用のカメラとしてスマホではダメですか?の問いを、もし私にいただいた場合は、私はこのような写真を好んで撮るのでスマホではダメですね。とお答えします。




EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/200 ISO100

 

逆光に限らず望遠や広角といった肉眼と違った画角を使った写真にも同じようなことが言えます。スマホには魚眼レンズのようなカバーをクリップみたいに装着する製品が売られていますが、広角側でしたらそういった物でもいけるかもしれません。しかし望遠側となるとスマホは画質の面でもかなり厳しいものがあります。ましてや上の作品のように薄暗い早朝や夕刻で逆光となると、もはやスマホのカメラ機能(アプリは分かりませんが)では厳しいでしょう。

このようにスマホで十分とか高性能なミラーレス機が良いとか、そういった撮影機材に関わることは全て「どんな写真を撮りたいのか?」に関わってきます。

逆に言ってしまえば上のような逆光や望遠での撮影など全くなく、順光で望遠などしない撮影シーンばかりだ、という方はスマホでも問題ないかもしれません。それにスマホにはスマホの利点があって狭いところにねじ込んでアクロバティックなアングルを狙うことができます。

見知らぬライダー達の自然な表情を撮りたいとなったとき、声をかけて1枚撮らせてもらいましょう。そんなとき人に向かって大口径レンズを装着した一眼レフを向ければ表情は硬くなります。そんな時は人に警戒されにくいスマホやコンデジが有利です。

その時にスマホしか持っていなければ、この状況をスマホで撮るにはどうしたら良いだろうか?と、その状況でのベストを尽くせる柔軟性や能力も大切だと思います。

以前も同じようなことを書きましたが「こんな写真を撮ってみたい」といった具合に写真に関心がないとスマホが良いのか一眼レフが良いのかも決めることができないのです。

今回はこの辺で!!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

肖像権とかフォトハラなんて言葉がある昨今、街中でのスナップ写真は氷河期とも言われています。いま街中で気兼ねなく撮れる対象は警察なのかもしれませんね…

R1200GSファイナルギアドライブオイル漏れと謎のARASHIディスクローター

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回はツーリング写真解説はお休みしてR1200GSのことを書いてみたいと思います。

以前の投稿【世界一長文R1200GSインプレ】でも書きましたが、R1200GSの弱点と言えるファイナルギアドライブですが、定番のトラブルとしてリング状のオイルシールが劣化してオイル漏れが発生するというのがあります。

例にもれず私の2008’R1200GSもついに発生しました。

ファイナルのオイル漏れの多くはこの中央のリング状の穴から漏れるパターンです。




症状は少量の漏れでしたが、それでもホイールやブレーキディスクローターに付着してリアブレーキが効かず、タイヤにもオイルが付いたので危険な状態でした。

ファイナルギアドライブのオイル漏れには様々な原因がありますが、このように下から覗いて中からオイルが漏れているようですと、ギアユニットのクラウンベアリングに大きなガタつきなどが発生しているなど重症である場合もあります。

放置して各ギア、ベアリングにダメージが及ぶとファイナルギアドライブのアッセンブリー交換となり、修理費用は絶望的な金額になります(確か30万円くらいかかります)。

今回はファイナルギアドライブのシール交換で解決できそうなので、かかりつけのディーラーさんに他のメンテ作業も併せてお願いすることにしました。

 

他のメンテ作業とはリアのブレーキディスクローターとブレーキパッドの交換です。どちらも摩耗の程度が限度値になり、今回のファイナルギアのオイル漏れでオイルが付着してしまったので同時交換です。

ちなみにBMWに詳しくない方が聞くと驚くのですがBMWは国産車と違ってあまりブレーキパッドが摩耗しません。高速道路が多い人は5万キロとか持ってしまいます。これはディスクローターも削りながら減っていくかららしいです。私の2008’R1200GSはこの10年で77000㎞の走行距離。リアブレーキパッドは今回で2回目(フロントはまだ1回だけ)の交換です。そして厚み5mmのリアブレーキディスクローターはメーカーが推奨する摩耗限度(0.5mm減)を下回って4.4mmくらいになっていました。

ブレーキパッドが長持ちするのは有難い話ですが、問題はBMW純正部品のディスクローターの価格です。リアの場合は1枚で約3万円。仮にフロントの2枚と合わせて交換となると工賃も併せれば15万円以上はかかってしまうのです。

そこで妙案となるのがアフターパーツメーカー製ですがサンスター製でも純正ほどではありませんが同様に高いです。コスパを優先すると若干怪しいチャイナブランドを見ると意外とBMW用の製品もあることが分かりました。




Arashi…??Araiヘルメットのロゴを丸パクりしたような怪しいブランドですが、何とネット通販で5900円でした。命に係わる重要なパーツであるブレーキに、このような危ない橋は渡りたくありませんが約1/5の価格では仕方ありません。

ネットでアラシブレーキディスクローターを検索すると、国産のバイクではかなり使っている人も多いようなので、それほど粗悪な品ではないようです。よく見ると穴のパターンが少し違いますが、そこは気にしません。R1200RTやK1300Rなどのオンロードモデルにも共通としているブレーキローターなので仕方ありませんね。

しかしネットで調べてもアラシをBMWで使った人の情報が何もなかったので信頼性については私が人柱になってみたいと思います。

ブレーキパッドは普通にFERODOを選択しました。

 

ファイナルドライブのオイルシール交換、ファイナルオイル交換。ブレーキディスクローター、ブレーキパッド交換、ディスクローター固定ボルトは新品へ、キャリパーはピストンのもみ出しをしてもらいました。

全部お願いして3万円くらい。この程度ならBMWの維持費として考えても許容できる範囲ですね。

摩耗や信頼性について何か書くことがあったらまたご紹介します。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

勝浦の第七漁港で見つけた光景です。漁港はこのようなコンテナや防錆用のペンキなど意外とカラフルな被写体が多くてデザイン要素の練習にも最適です。

目からウロコ☆デザイン要素の色を巧みに<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、良い写真を撮ってそして誰かにその写真を見せていますか?

つい先日、あるSNSでこんな光景を見ました。素晴らしいツーリング写真をSNSの写真コミュニティーで発表したところ、そのコメント欄には「ポスターですね!」というコメントが入っていました。

これってある程度の写真キャリアをお持ちの方でしたら、少し悲しい反応なんですよね。ポスターが悪い訳ではありませんが、せっかくの力作なのに商用写真と同じにされては悲しくなるものです。

写真をはじめたばかりの初級者の方でしたらポスターを撮ったプロ級カメラマンと同じくらい上手だと褒められた!と素直に喜べるものですが。ある程度以上のキャリアのある写真家は個人の作品をポスター、広告、カレンダー、プロみたいといった感想を受けると微妙な気持ちになるものです。本当なら作品の心動かされた被写体や情景、それを表現したことについて感想が欲しかったのですけどね…。

もちろんコメントを入れた方は何の悪気もなく、ほんとうに良い写真だと思って褒めているつもりで「ポスターみたい」と書いたのでしょう。写真のことについてよく分かっていないだけなのです。

これは日本の写真文化(見る側)の熟成度にも関係しているのかもしれません。日本にはまだまだ写真はカメラで撮った事実であり、芸術としてとらえる観賞文化が成熟していないと感じます。そして皮肉にもそれと相反して世界に誇る優秀なカメラメーカーがいくつも存在しているのが日本なのです。

もし究極のツーリング写真の読者の皆さまが、SNS等でツーリング写真の力作を発表したときに、このようなコメントを受けても決して気にしないでください。あくまで見る側の写真文化が低いのが原因なのである、そう言い聞かせてくださいね。この問題ばかりは我々撮る側の文化ではすぐにどうこう解決できるものではありません。




 

EOS6D Mark2 + EF35mmF2 IS

さて前置きが長かったですが今回は<中級>ツーリング写真解説として写真におけるデザインのお話でございます。

写真におけるデザイン要素とは写真の観賞者がぱっと見た瞬間に受ける印象と関わっています。代表的なデザイン要素は色、線、図形、立体感、質感、ディティール、シェイプなどがありますが、今回は色の解説をしてみたいと思います。

上の作品は千葉県君津市の山奥にある舗装林道で撮った1枚です。前日の雨で多くの落ち葉が一面にありました。勾配がきつく粘土質が露出して滑るので、いちどバイクを停めて歩いて路面状況をチェックしていたときでした。

濡れた路面は黒っぽく、その上にヒトツバカエデ、オガラバナ、テツカエデなど秋の木々の葉が色とりどりのパレットのようになって美しいと感じました。

黄色、緑、赤などがおりなす「カラフル」であること、これがこのシーンでのデザイン要素です。ここに注目して路面に落ちた葉の様子が最も魅力的になるように撮ってみましょう。




使用したレンズはキャノンEF35㎜F2 ISです。「路面一面に広がる」という重要なことを広角レンズをつかってセオリー通りに画角を決めました。写真のキホンとも言える被写体に寄ることですが、カメラを手持ちでぐっと路面へ寄ってシャッターを切っています。

注意点は手前から奥までパンフォーカスで狙いたいシーンなので、かなり絞り込みますが昼間とはいえ薄暗い林道です。十分ではない光量のためシャッター速度が低下するので手ブレ、風による被写体ブレに注意し苦しいようならISO感度を上げるか絞りを開いてピントピークをマニュアルフォーカスで手前側にしてみましょう。

こういったシーンでキャノンEF35㎜F2 ISは4段分の手ブレ補正を内蔵しているので大変重宝します。以前に愛用していたSIGMA35㎜F1.4DG ARTも良いレンズでしたがF1.4解放で撮るツーリングシーンは少なく、やはり買い替えは正解だったなと感じた撮影シーンでした。

被写体や情景からデザイン要素を見つけるには知識をつけるだけでなく、実際の撮影シーンで意識することが大切です。これにより知識と関係のある要素に気が付いてデザイン作業に入れるのですね。

今回はこの辺で!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

バイクのある風景 写真コンテスト

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今日は本当は更新をお休みしようかと思っていましたが、すごい写真コンテストの結果発表を受けて今回はその話題をちょっとだけ。

去る12月の初旬にニコニコ動画のニコツーから派生した【バイクのある風景写真コンテスト】をご存じでしょうか?

すでにある場所ではかなり有名なのですが、とにかくスゴい写真ばかりのハイレベルなバイク写真コンテストです。

主催者の方のブログで2018年の結果発表が掲載されています↓

2018年の受賞作品




私はこのコンテストで2016年で賞をいただきましたが、とにかくハイレベルで驚きの写真ばかりです。アウトライダーのツーリング写真コンテストもハイレベルですが、それとはまた少し趣旨の違うコンテストのようです。

アウトライダーツーリング写真コンテストは旅の世界観が表現されている、少しストイックなイメージの作品が評価される傾向でした。対してこちらのニコツーフォトコンテストは「バイクのある風景」というタイトルの通り、バイクと風景で美しさやインパクトのある作品が高評価となる傾向のようです。

当ブログでは以前に何度か同じことを書きましたが、良い写真が撮れるようになるにはまずは写真を好きになること。たくさんの色んな作品を見て自身の好きな写真を知ることが良いのではないでしょうか…と書いてきました。

こういったコンテストや写真展の作品を見て、刺激を受けたり純粋に感動したり、その中から自分が「いつかは撮ってみたい」と思える憧れの1枚を想像してみるのが、実はすごく意義のあるものだと感じます。

かく言う私もかつてアウトライダーツーリング写真コンテストで先輩方の作品から刺激を受けて「いつか撮ってみたい」という憧れの1枚を想像したものでした。もちろん現在もいつか撮ってみたい写真はアタマの中に描いていますけどね。

今回はこの辺で!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

 AGFA Sensor505-D

 

 

キャンプツーリングで道具沼にハマらない唯一の手段

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、すこし前にお役立ち情報として初めてのキャンプツーリングとしてオススメのツーリングテントをご紹介しましたが、想像以上に好評だったので今回もキャンプツーリングに関わるお役立ち情報をいってみたいと思います。

題して「キャンプツーリングで道具沼にはまらない唯一の手段」です。

キャンプツーリングの道具沼とはカメラで言われるレンズ沼と同じでテントやらシェラフやらキャンプに関わるあらゆるギアが次から次へ欲しくなって、必要でもないのについ買ってしまう…物欲の底なし沼のことです。

かく言う私も10年くらい前はどっぷり沼にはまっていて、海外製の高級なテントやらビンテージのガソリンランタンやら、飾りにしかならないようなギアやらをつい買ってしまう病気でした。

もちろん沼にハマるのは必ずしも悪いことではありません。お金に余裕があって新しい道具を試すこと自体が楽しいという事であれば、沼などと呼ばずにご自身のライフワークとして大いに楽しむべきです。

しかし本当は買いたくないのに欲しくなってしまう!と病的に困っている方々へ、私なりの方法で「道具沼の脱却法」をご伝授いたしましょう。

といっても長々と説明するようなコトではありません。1つのシンプルな道具を選び、長く使い倒して旅の思い出と道具への愛情をたっぷり注ぎ込んであげましょう!はい、これだけです。

大したモノは何もありませんが以下に私の旅の道具達をご紹介いたします。(お勧めのキャンプギアという意味ではありませんよ)

・スノーピーク ロゴダブルマグ330

スノーピークのサーモマグ。説明するまでもありませんが熱いコーヒーや冷たいビールが屋外にいても保温される優れもの。15年くらい使用しています。こういった物は紛失しない限りダメになりようが無いので半永久的に使えてしまいます。




・PRIMUSのチタンクッカー

プリムスのチタンクッカーです。写真がやや露出オーバーですが真っ黒で様子が伝わらないのでこのように撮っています…

現在のプリムス イージークックミニキットの前身ともいえるチタンクッカーでしょうか。15年くらい使っています。チタンクッカーは軽量でお湯がすぐ沸くため重宝されますが、熱伝導の関係で食材が焦げやすく大した料理は作れません。しかしこのチタンクッカーで沖縄のヤシガニをボイルしたり北海道で鮭を入れた味噌汁を作ったりした思い出が詰まっているお気に入りの旅の相棒なのです。

・SnowPeak 焚火台S

スノーピーク 焚火台S もはやキャンプツーリングを愛するライダーの間では説明不要のド鉄板アイテムですが、私も例にもれずコレが発売されたときは飛びついて買いました。以降、キャンプツーリングでは焚火という行為が欠かせないものになりました。

まだ10年も使っていませんが見た目はかなり年季が入っております。少々重いですし現在ではピコグリルなど、他に良いな~と思える焚火台が発売されていますが愛着があって今でもコレを愛用しています。

・Snowpeak ワッパー武器Ⅱチタンカトラリー

こんな小物といえるカトラリーも15年くらいは使っています。これも紛失しない限りは買い替える理由など見当たらず、ずっと愛用しております。




・Bawloo ホットサンドメーカーシングル

バウルーのホットサンドメーカー。中央で2つに分かれるダブルではなく、こちらはシングルタイプです。食パンの間に具材を多めに入れたり、冷凍の肉まんをプレスして焚火で焼いたりするにはシングルがお勧めです。主に朝食で活躍します。これも年季が入っていますが内側のコーティングが剥がれることはありません。

・Trangia ケトル0.6L TR-325

トランギアのケトル。0.6LのTR-325と思われます。いつ買ったか記憶にないほどですが10年以上は使っています。注ぎ口が絶妙で軽くコンパクトなのが気に入っております。

・MSR ウィスパーライトインターナショナル

ガソリンストーブはMSRのウィスパーライト インターナショナルです。冬のキャンプでも火力が衰えずプレヒートもしやすいです。レギュラーガソリンも使用できますが今はホワイトガソリンを使用しています。2005年に購入してずっと使っていますが、一度もオーバーホールしていませんが故障知らずです。

火力も安定していて燃焼音も比較的静かです。今売られているウィスパーライトは五徳の形状が変わったようですね。

・MSR アルパイン フライパンSUS

MSRのALPINE FRY PANというシンプルなステンレス製のフライパンです。テフロンなどのコーティングがありませんが、逆に考えればコーティングの劣化、剥がれがないので長く使えて万能です。

焚火台にかけてステーキを焼いているところ。

・Snowpeak まな板

スノーピークのまな板です。包丁をマグネットで留めて折りたたんで収納できます。キャンプツーリングの時は食材を切って焼く程度の簡単な調理ですが「食材を切る」という行為がなぜか重要と感じてしまいます。これも発売されてすぐ買ったので8年くらい愛用しています。

公式サイトより

 

いかがでしたでしょうか。キャンプに使う道具は旅の道具であり、たくさんの旅の思い出が詰まった頼もしいヤツらなのです。

見た目はもう買い替えた方が良さそうなほど黒ずんでいますし、新しいキャンプギアは機能的でオシャレかもしれません。しかし…それでも自分と共に旅をした道具たちを大切にして、キズや汚れを誇りに思えるようになれば、よりキャンプや旅の本質的な魅力と向き合えるのかな…そんな事に気が付いたとき道具沼から抜け出した記憶があります。

皆さんも今お使いになっているキャンプギアを使い倒して、キズや汚れを誇りに思ってみてください。そして旅の思い出をたくさん詰め込んで道具を愛してみてくださいね。

今回はこの辺で!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

キャンプツーリングシーンでの星空の写真の撮り方

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、だいぶ冷え込んできましたがご体調を崩されていませんでしょうか?最近になって風邪をひきやすくなった…という方はおられませんか?寒い冬でもバイクに乗って、しかも冬キャンプを楽しめば風邪をひきにくい丈夫な体になりますよ!

さて今回の<中級>ツーリング写真解説はキャンプシーンにおける星空の写真の撮り方の解説です。いつもみたいに難解にならないよう単純に「撮り方」にフォーカスして解説したいと思います。

EOS6D Mark2 + EF14mmF2.8L

タイトルにキャンプシーンで…と書きましたが、この写真は野宿でございます。ちなみにCampという英単語を辞書で調べると軍隊、ボーイスカウト等の野営地、キャンプと出てきます。野宿を英訳させるとhomelessやcampと出ますが「野宿すること」を例文で翻訳すると「the action of sleeping out in the open air」になりどこにもcampとは出ません。

日本の旅文化ではキャンプとはキャンプ場を使用することで、野宿とはそうではない場所で夜を明かす行為と解釈されているようです。

野宿については多くの誤解や様々な解釈があるようですが、その土地に明確な区分などのない自然奥深い場所で野宿することは決して悪いことではありません。もちろん他人への迷惑行為、自然破壊行為などがあればそれは許されませんが、少なくとも日本では廃れ始めた旅文化を支える重要な宿泊手段が失われないよう良識をもって野宿を愛したいと私は思います。




話が脱線しましたがキャンプ、野宿において焚火を囲みながら美味しい酒を飲み満天の星空をながめる、旅を愛するライダーなら正に至福のひと時ですね。

あまり酔いがまわる前に美しい星空のキャンプシーンを写真にしましょう。

上の写真の場合、なるべく空一面に広がる星の様子を表現したかったので超広角レンズであるEF14㎜F2.8Lを使用しました。基本は広角レンズがおすすめですが、特定の星座などを狙う場合は50㎜あたりを使う場合もあります。

撮影データはF2.8 30秒 ISO400です。この露出については夜空の明るさによってだいぶ違ってきます。都会に近い場所の夜空と標高の高い山奥の夜空ではまったく明るさは違いますし、肉眼では目が慣れてしまってこの違いは分からないものです。

ポイントは星が軌跡を描き始めるのが40秒くらいなのでシャッターを開ける時間は30秒くらいに留めましょう。カメラの撮影モードはマニュアル露出かバルブモードに設定してください。




ISO感度は夜空の明るさに合わせて400から2000の間くらいを選択する感じです。絞りはお使いのレンズの解放値を基本としてください。ピントはAFは使用せずMFに設定し無限遠に合わせるかLEDライトなどでテントやバイクを一旦照らしてライブビューでピントを合わせてください。

試し撮りでモニターを確認する場合、真っ暗な撮影地でモニターを見ると真っ暗な写真でも液晶のバックライトが眩しくて十分な明るさの写真だと勘違いしてしまいます。この辺が不安な方はInfoボタンを押してヒストグラムを確認しましょうね。

あとはインターバルタイマー機能を使って撮影するだけです。テント内にはLEDライトを忍ばせて明るくし、バイクやライダーは焚火に薪をくべて炎で照らすとカッコよくなりますよ!

いかがでしたか?今回は「いい写真とは感受性と想像力で」とか難解な精神論などは省いて単純に撮り方の説明だけしてみました。

それではまた!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

たまには動画を!焚火の炎と音もお楽しみください。

ツーリング写真ギャラリー 秋の林道

ツーリング写真ギャラリー 「秋の林道」

自宅から1時間で着いてしまう昔からよく走る林道ですが、美しい光が差し込む秋の絶景がそこにありました。




RICOH GR APS-C

10年以上もやっていて最近になってようやく光のことが分かってきた気がします。

結局は目に見えるものや写真となるものは全て光であること。

だから光に向かってカメラを向けるんだ、という意識が無ければ望む写真など手に入らない。




写真を撮ろうと思った場所は光によって自身の心が動かされた場所であり

どんな光でどう感じたかを光の様子で表現してみたい。

難しいのは人間の眼球とカメラの構造的な違いです。

構図としてのベストアングルが存在するのと同じように、光の様子をとらえるのも

ベストアングルは存在していて、それもまた非常にピンポイントです。

ほんのわずかなカメラ位置や角度の違いで光がみせる表情は激変します。

それは光の塊に見えたり、辺り一面に溜まっているように見えたり、レンズなどの光学系によるフレアやゴーストだったりと色々です。

この辺はもうたくさん撮っていく以外にないですが、とにかく以前は見えなかったものが見えるようになり

写る部分、写らない部分で構成していけば、心が動かされた理由のようなものを写真にできるのかな…と思います。

その旅の風景は一期一会といいますが、その場所の美しい光もまた然りと感じます。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

極小の主役とリビール効果<上級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、突然ですが美しいものはお好きですか?「美しいものが嫌いな人なんているのかしら?」とは、かのララア・スンがアムロに言ったセリフですが(すいません40代男子限定ネタ)人はみな美しいものを例外なく受け入れるものです。これって当然ですよね。

写真も同じく美しい景色、美しい人、美しい撮り方をすれば、写真を観る側の人も写真に入りやすくなるものです。美しい写真とは作品への間口を広げると言っても良いと思います。

しかし写真の印象とは美しいに限らず驚き、寂しさ、安心感、恐怖、崇高さ、郷愁を感じる、あるいはミステリー小説のような緊張など、さまざまな感情にうったえる作品が存在します。

まれに写真は美しくあるべき、と決めている方もおられるようですが時には画質も含めて「美しくはないが良い写真」を目指してみるのも良いかもしれませんね。

さて今回は久しぶりに<上級>ツーリング写真の解説でございます。いつも上級を書くときは「よし!上級を書くぞ」と気合を入れて書くようにしております。毎度のお願いですが釈迦に説法の失礼はお許しくださいませ。




北海道ツーリング オトンルイ風力発電所 EOS6D Mark2

こちらの作品をご覧ください。夏の北海道ツーリングで撮った作品ですが決して美しい作品ではございません。

この写真をみて作品の主役を見つけることはできましたか?また気が付くまでにどれくらい時間を要したでしょうか?

米粒ほどの大きさですが画面の左隅にヘッドライトを点灯させて走りゆくバイクがあります。ここにピントを合わせて撮っています。つまりこの作品の主役はこの小さく写ったバイクです。

写真を見た瞬間から極小の主役に気が付くまでのタイムラグがあること、写真の観賞者に探す楽しみ、気が付いた楽しみを与えるリビール効果という手法です。【リビール効果】をググっても写真に関わる情報は何も出てこないのですが、私がときたま参考文献にしているナショナルジオグラフィック社の完全マスターシリーズで写真家のブライアンピーターソンが解説しているので引用してみました。

オトンルイ風力発電の連立する風車にも、R1200GSアドベンチャーにもピントを合わせず、曇天下の雰囲気を出すためホワイトバランスを調整。小さく写っているバイクの進行方向と私のR1200GSアドベンチャーの向きは全く逆方向です。これによりオロロンラインを走りゆく見知らぬライダーの旅と、自分の旅のシーンを重ね合わせた作品にしてみました。あなたの旅と私の旅…みたいな。

 




 

極小の主役が存在する写真は見せるときの画面の大きさとも関わっているので、SNSで発表する場合には小さなスマホ画面で見られることを考慮すると厳しい面もあるかもしれません。パソコンのワイド画面や4切Wサイズプリントなら丁度良いとか、それ以上大きければすぐに見つけられてしまうとか難しい面があります。気が付くまでちょうど良さそうなタイムラグは数秒といった感じでしょうか。

 

こちらも美しい写真ではありませんが…。スマホ画面で見ることを前提に考えると、この写真くらいの大きさがリビール効果としては妥当かもしれません。

もちろんこういった手法で撮りましょう、という意味ではありません。あくまで撮り方の引き出しとして時として使ってみてはどうでしょうか?という意味です。時として…それはこんな風な撮り方が似合うと感じたシーンのことです。

極小の主役とリビール効果でした!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

キャンプツーリングにお勧めのテント 最初のテント選び

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、キャンプツーリングはお好きですか?当ブログの読者の皆さまでしたら、きっと旅好きやアウトドア好きの方が多いと思いますのでキャンプツーリング大好きだよ!という方が多いと存じます。

もしまだキャンプツーリングは未体験ゾーンだ!という方は暖かい季節になってからでも大丈夫ですので、ぜひチャレンジしてみて下さいね。キャンプは写真の趣味とも相性がいいですよ!

さて今回は最近になって新たな読者様が増えたことを受けて「これからキャンプツーリングをはじめてみようかな?でもテントとか何を買ったら良いのだろう?」といった方々へのお役立ち情報を書いてみたいと思います。

私もなんだかんだ20年くらいキャンプツーリングをしていますので、気が付けばベテランと言えるのかもしれません…

今回は第一弾としてキャンプツーリングに最適なテントの選び方です。テントはキャンプツーリングにおいて、まず最初に決めたい重要なキャンプギアです。




一言でテントと言ってもいろんな種類があって、大きさ、形状、メーカー、価格帯など…どれが自分にとって最適な選択となるのか最初は悩むものです。

最近の流行ではモノポール型の三角テントのブームが落ち着き、今はパップ型テントが流行っているようですが、はじめてキャンプツーリングをされる方々へ迷わずオススメするのはドーム型テントです。

 

このようにドーム型をしたオーソドックスなタイプです。多くのドーム型テントは地面にペグ(杭)を打たなくても形を立ち上げることが可能な自立型です。組み立て方が簡単で風に強く内部も広々と感じます。多くのメーカーがこのタイプを製品にしているので選択肢が多いのも特徴です。

ドーム型のテントはピンキリで安いものはホームセンターでセールされている三流品から10万円以上する高級なテントまであります。

極端に安いものは悪天候に弱く、生地の劣化や部品の破損も多いので長くは使えません。絶対に雨や風ではキャンプしない!と言ってもいざ出かけてみると相手は自然ですので、山の中や海などでは天気が急変することもあります。不測の大雨でテント内が浸水…なんて北海道の若者ライダーとかでよく聞く話です。

極端に高いものを買う必要はありませんが、ある程度はしっかりした造りのテントを選びましょう。

私の場合ははじめてキャンプツーリングしたときから現在まで愛用しているダンロップのRシリーズです。数年前まで外国製のMSRやらNEMOやら値段のお高い高級テントを買いあさっていましたが、結局は最初に使っていたダンロップRシリーズに再び落ち着きました。ホント、ツーリングテントはこれが一番だ!と思っております。

最初に買ったダンロップR-324は15年以上は経過しているのに生地のベタツキも出ず、まだまだ現役で使えてしまえる耐久性です。(海外製の高級テントで6年くらいでベタツキが出てしまった経験があります)

これはフライシートをかけていないダンロップ R-227 (2人用)の本体です。長辺側が出入り口となるため開口が非常に大きく、メッシュパネルにして解放すれば暑い日も通気性が抜群に良いです。

本体の四隅にあるポールの差し込み口に注目してください。倒立式ポールスリーブといって非常に深さがあって1本だけでも自立するほど安定が良いです。こういった細かいところが初めての人には有難いと感じるはずです。

通気性の良いメッシュパネル

テントの大きさを選ぶときはソロツーリングの場合でも2人用か3人用を選びましょう。テントサイズの表記は1人用と書いてあったら人間のカラダ1つ分のスペースという意味です。つまり1人用テントは荷物がほとんど入らないのです。

テント内には寝るためのマット、寝袋を置いてその他にタンクバッグやヘルメットやウェアー類などを入れるのですからソロで丁度良い広さとは2人用か3人用なのです。

MSRのハバハバという2人用テント。向こう側にある屋根はモンベルのミニヘキサータープ。

冬や標高の高いキャンプ場など低温でもキャンプする場合はテント内が狭いほど暖かく快適です。逆に広いテントは夏場は暑くなりにくいですが、寒い場所ではなかなか自分の体温でテント内が温まってくれません。

私は夏場はダンロップR-337(3人用)を使用し、そのほかの季節はR-227(2人用)を使用しています。

手前がR-227で収納サイズは45×20×20、奥がR-337で48×22×22、どちらも収納バッグは余裕がある造りなので収納しやすくポールも一緒に入ります。多くのテントブランドはカタログ上での収納サイズを少しでも良く見せるために極力小さく造りますが、それでは収納するときに大変なのです。コンパクトは良いことかもしれませんが徒歩旅や自転車旅ではないのですから、これくらい余裕のある収納バッグの方がバイクツーリング向けと言えます。

ダンロップRシリーズの良いところの1つ、YKK製の直進ファスナーです。私は前職でバイク用品メーカーで開発をしていましたが、その時にタンクバッグやシートバッグのファスナーの故障というのを良くお客様から受けました。ファスナーはカーブの部分でファスナーチェーンが摩耗し、やがてスライダーが脱線して壊れてしまうものです。直線で使う分にはすごく長持ちすると経験上知っているのでコレがいいんです。多くのテントはメインファスナーをアーチ状にしてカーブを描いているので、きっと何年か使うとスライダーが外れたりチェーンの噛み合いが甘くなったりすると思います。

※ダンロップRシリーズでも1人用のモデルは直線ファスナーではありません。




そしてもう1つはナイロンタフタ製の底部分。耐久性、防水性に優れて雨天でも安心して過ごすことができます(上の写真の紺色の部分です)。

R-227の場合、ポールはこのようにシンプルな3本式です。ダンロップRシリーズは高級なジュラルミンポールA7001-T6を採用しています。しかし現在のモデルではアルミ材DAC7001Sが採用されているようです。どちらの素材も軽量でしなやかなので強風時でも耐えてくれます。

ハブセンター式ポールや複雑な形状のテントと違い、非常にシンプルなので初めての人でも組み立てが容易です。

吊り下げているプラのフックは最初は低温下で割れないか心配でしたが、割れてしまった経緯は一度もありません。

テント本体とフライシートの間にできる空間を前室といいます。就寝時にブーツを置いたり外の物を一時的に片づけておく空間ですが、雨天時はこの前室が調理などのスペースになるため多くのライダーは前室の広いテントを好みます。このR-227はドーム型テントとしては最低限の広さと言えます。もちろんシンメトリーデザインのダンロップRシリーズなので反対側にも同じ前室が存在します。

これは3人用テント、R-337の前室で調理しているところ。ひどい雨が降っているのでテント内で過ごすスタイルです。火の使用は一酸化炭素中毒の危険があるので前室であっても短時間で済ませること、テント本体内では使わないことが大切です。

この黄緑色のダンロップRシリーズはR-324といって15年くらい前に発売されていた3人用モデルです。基本構造は今とほとんど変わっていません。写真の場所は北海道の来臥人野営場で2004年に撮影した写真です。バイクはBMW F650GS dakar

ということで初めてキャンプツーリングしてみたい!という方にオススメするテントのご紹介でした。一般的にはコールマンのツーリングドームST、モンベルのムーンライト2(または3)、前室の大きな小川のステイシーST2、上にも出てきましたMSRのハバハバ、高級なヒルバーグのアラックなど、これらがツーリングライダーの間で見かけるテントでしょうか。

最近ではDOD製やワンタッチテントを使っている人もいるようですが、デザインや色の好み、あとは予算で検討してみてください。

ちなみにダンロップRシリーズテントはツーリング用のテントとしては名作と言いたいのですが、実は数年前に生産終了となってしまいました。ダンロップテントはHCSという会社で企画された製品で、山岳テントのブランドとして存在するプロモンテと同じ会社です。

個人的には「ダンロップ」というブランドイメージが現代のオシャレ系アウトドアブームの波に乗れなかったか…と推測しますが、ご安心ください。今なら期間限定でR-227Kという品番で復刻販売されていますよ!

▼ カラー
グリーン
▼ 重さ
本体重量:約2.2kg / 総重量:2.57kg
▼ 大きさ
設営時サイズ:間口210×奥行120×高さ115cm
収納時サイズ:40cm×φ20cm、ポール収納サイズ:44cm
▼ 素材
フライシート:30Dナイロンリップストップ(ポリウレタン防水加工)
インナーテント:30Dナイロンリップストップ(通気撥水加工)
グランドシート:70Dナイロンタフタ(ポリウレタン防水加工)
ポール:DAC7001S
▼ 収容人数
2人用
▼ 付属品
収納袋・ペグ・張り綱

定価37584円とのことですがネット上での実売価格は2万円台だと思いますよ!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

 

 

かっこいいバイク写真はハイセンスな空間探しから<中級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photogrphy.com 読者の皆さま、この年末商戦に物欲を爆発させて新しいカメラ、レンズあるいはPCを買っちゃったよ!なんて方はおられませんか?

物欲として「カメラが欲しい!」で新しいカメラを買っても、撮る写真に代わり映えはないと思いますが、単純に物欲としてカメラが欲しい!という気持ちは私もよく分かります。

12月上旬はそんな物欲が思わず爆発しちゃう危険ウィークですので、こういった時期は情報をシャットダウンさせて、用事もないのにヨドバシとか行かないよう心がけましょう。




さて今回の<中級>ツーリング写真解説ではいつも写真を撮るのに良い被写体や風景がないか探し回っている、でもいつも見つけられないし何かを撮ってもいつも通りの写真になってしまう…

そんな方を対象に、毎日100ショットスナップから学べる空間探しのお話でございます。さらっとライトな内容で解説してみたいと思います。

RICOH GR APS-C

こちらの作品をご覧ください。当ブログで今まで何度もご紹介してきました【毎日100ショット】スナップのすすめでございます。毎日100ショットスナップとは仕事の日もバイクに乗れない休日も、いつもポケットにコンデジを忍ばせて1日で100ショット切るつもりで日常のあらゆるものを撮ってみよう!という練習の意味も含めた写真の楽しみ方のことです。

練習といったら大げさなんですけど、どちらかと言えば写真をライフワークにすると言った方が適切かもしれません。1日で100枚上げようという意味ではありませんよ。100回のシャッターを切るつもりで例えば通勤路にある雑草、職場の仲間、ビルの裏路地、錆びたフェンス、野良猫などなど、美しいものに限らず何でも撮ってみましょうね、という楽しい楽しい写真ライフの勧めなんです。

これによって従来は気が付かなかった小さなモノ、光や影の様子、魅力的なものが良く見つけられる、またその様子を解明できる写真家の目を養うことができるのです。




上の作品は私が仕事で移動している最中に東京都江東区の臨海副都心の一画で撮った写真です。スナップを撮るつもりで片手にはRICOH GRを持ったまま歩いていました。ここにバイクが停まっていたのは早い段階で気が付いていましたが、最初は特に気にも留めませんでした。

しかしよく状況を観察すると午後の斜光が差し込んで私の好きな光の差し込む空間であることが分かりました。ガラス張りのビルの背景も都会的な美しさを覚えます。苔の生えた地面もユニークだし木で影があるのも気に入りました。これは完璧な条件の中にライムグリーンのKawasakiが佇んでいるな…と感じて撮ることにしました。

このようにバイクがあるから撮ってみよう、ではなくまずは空間探しを最初にやるとうまくいくことがあります。人物などを撮るときは特に重要で、よくポートレートは背景を最初に決めると言われます。これと同じことをポートレート以外でも実践してみるのです。

まずは気に入った空間であるか。そこに存在する自分の好きなスタジオボックスのような空間を探してみてください。

何を撮るか?と被写体探しをするのをいったんやめて、空間探しを最初にやってみましょう。きっと明日からあなたの写真が変わるはずです。

※このバイクのオーナーさん、勝手に撮ってしまいすいません。もし見ておられましたら画像のオリジナルサイズを差し上げますのでabout meの欄にあるコメントにメッセージをくださいませ。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

これは説明するまでもなく銀座の歌舞伎座ですが、実はこの写真は上のKawaskiが写っている写真と同じ日に撮った写真です。仕事は忙しかったのですが疲れやストレスの反動でスナップをたくさん撮ってしまう…なんていう一日もあるのです。