コスモスの写真の撮り方と作例

今回はツーリング写真、バイク写真の話題ではなくコスモスを例にお花の撮り方について簡単に書いてみたいと思います。

コスモスに限らずお花の写真というのは図鑑写真に陥りやすい面があります。図鑑写真とは対象物の特徴が分かりやすいように説明的に記録した写真のことです。真面目な人ほど図鑑写真のように撮ってしまうものだと私は感じます。

せっかく個人的に写真を楽しむのですから、もっと自由に自分らしく撮ることを意識してみましょう。もちろん正解はありません。「らしく撮る」というのがポイントです。




1.男性的に撮ってみる

遠景の山が日陰になっていたので、それを中望遠レンズで引っ張って黒バックを作ってみました。花のディティールや蕾のシャープさをカリッとさせました。コスモスの一般的な写真とは一線を画す表現を目指したものです。黒バックにしたことでコントラストがあります。これにより花が生きてる生命感が男性的強さとして写真に印象を与えました。

2.女性的に撮る

先ほどの写真と撮影場所も撮影日も同じですが、全く異なる露出で撮った写真です。アングルを変えて背景は地面サイドとし、ハイキーな露出に低コントラストな仕上げとしました。先ほどとは対照的でふんわりフォギーな女性的な雰囲気です。




3.一輪を主役にする

濃いピンクのお花が一輪だけ咲いていたことに注目し、それを主役にするよう構図を作りました。このように実際の様子の中から気付いた特徴をヒントにするとユニークな一枚になると思います。




4.シャッターチャンスを狙う

蝶がコスモスにとまった瞬間をとらえました。被写体に虫や動物などとコラボさせることでストーリー性や動きを与えるのも面白いものです。根気よく待機することでシャッターチャンスをものにしましょう。この場合は花や蝶の羽に光が透過するよう、常に逆光のポジションで待機していました。これがもし順光の向きで撮ってしまうと一気に図鑑写真っぽくなってしまいます。

コスモスは比較的、写真ビギナーにも撮りやすいお花なのでぜひ参考にしてみてください。繰り返しになりますが正解はありません。ポイントは「らしく」撮るということです。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

写真ビギナー必見!バイク写真の構図はまず動くこと!

今回は写真ビギナーの方を対象に構図の作り方について基本的なことを書いてみたいと思います。

その前に構図とは何ぞや?ということについて簡単におさらいをしておきますと…写真における構図とは被写体の大きさや位置関係、背景や地面などの割合、境界線などで発生した線、二次元化されたことで発生した図形要素などを使って作品の主題へ導くための案内図のようなもの、と私は考えております。

一般的には写真を見た瞬間の安定感や美的バランスのことを言いますが、多くの作品で意図的に崩されたバランスの写真というのも見かけるものです。美しさや完璧なバランスが必ずしも正義なのではなく、あくまで作者がうったえたかった主題への案内図が構図なのだと思います。




さて、バイク写真において構図が大事になるのは上のようなシーンです。シンプルな背景の中でバイクだけであれば構図に悩むことはありません。上のようにバイク以外にも海、堤防、灯台、空、ヘルメット・・・と複数ある場合に、これらの位置関係や大きさ、境界で発生している分断線などを画面内でどうレイアウトすべきかを考えていきましょう。

といっても「この構図が正解です」いった定義は何もなくて、作品の主題はこれ!と決めたものへ構図で表現する方法は無限大にあるものです。今回は写真ビギナーの方が構図に悩んでしまう最大の原因「あんた、全く動いてないですぜ!」について書いてみます。

まずはカメラを持っている自分が動くことで被写体の位置関係が変化していくことを感覚で覚えていきましょう。この写真は1枚目に比べて少し右に動いたことでR1200GSと灯台の位置が近づきました。




はい、もういちど左に動いてみます。灯台とR1200GSは離れました。

こんどは持っているカメラ(スマホ)を高くして撮ってみました。海面の割合が大きくなりました。




こんどはしゃがんで低くしてみました。海面の割合が減ったこと、海と地面の境界線がR1200GSを貫通してしまったことにも注目してください。

R1200GS、灯台、海面、地面、空・・・これら全体の位置関係をよく意識して右に左に、高く低くを繰り返してベストだと思うアングルを模索します。もしこの時に良く分からない、納得のいくアングルが見つからない…という場合でも心配はいりません。いくつかのバリエーションを撮っておいて、帰宅してからじっくり検証してみましょう。後で見ると分かるものなのです。

最終的に整えた構図はこのような感じです。先ほどと大きくは違いませんがR1200GSの存在感を強調するため少々寄って、灯台との位置関係が三分割線の交点で対角となるように配置させました。手前の水平線と奥の堤防の線も三分割線に合わせています。

この構図が正解という訳ではありませんが動くことによって被写体の位置関係や大きさ、地面や空の割合が変化することがお分かり頂けたと思います。こういった事は理屈ではなく感覚で覚えるものなので、次回の撮影からは積極的に動いて構図のバリエーションを撮ってみてください。

きっと何か得るものがあると思います。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真の魅せ方と【ひと工夫】




魅せ方とは言ってみれば【ひと工夫】であり、そのひと工夫がどれだけ重いかを出来上がった作品で実感することが経験値と考えます。

例えば次のような撮影シーン。

夕日に照らされる港でのツーリング写真です。バイクを中央に配置してきらめく海岸と夕空を背景に撮ってみました。強烈な逆光なのでバイクはシルエットに近い状態ではありますが、背景に沈むこともないので大きな問題はありません。

しかしこれでフィニッシュとして良いでしょうか?もうひと工夫できないか再考してみます。

はい、このようにしてみました。中央に配置したバイクは三分割線に従い右へ移動。バイクを動かしたのではなくカメラポジションの移動です。これで海面のハイライトとR1200GSが重なり存在感が強調されました。

ほんとうに【ひと工夫】ですがその効果はぜんぜん違うとお分かりいただけると思います。逆に言うと手間や時間をかけることを嫌って急がされるように写真を撮っていてはいつまでも進歩がないと言えます。




EOS6D Mark2

最終的にはこのような構図を作ってみました。港によくあるようなコンクリ製の地面は白っぽいのですが、少し引いたことでアスファルトの部分が入り、これで画面を少し締めて変化を付けてみました。

ホワイトバランスは実際の様子よりもアンバーにふって夕刻の感じを強調しました。どれも少しの手間と工夫ですが、こういったことの積み重ねで最終的に納得のいくものを目指せれば良いのではと考えます。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

ツーリング写真と三脚 バイクに三脚を積むのは…

今日は久しぶりに三脚のお話を書いてみたいと思います。

今までも何度かバイク写真と三脚のことについて書いてきましたが、今回は少々アプローチを変えて皆さまのツーリングスタイルに合う三脚を選ぶにはどうするか?の参考になるような内容を書いてみたいと思います。

まずおさらいで三脚の役割を簡単に書いておきます。三脚はカメラをしっかりと固定するもの…というのは当たり前なのですが、その詳細な目的は次の通りです。

1.遅いシャッター速度でもブレが発生しないように固定する

2.作った構図を何らかの理由で固定したい

3.シャッターを押してくれる人手が足りないとき

1は風景写真などで絞り込んだり、夜景などでスローシャッターを使う時に必須となります。2は緻密に作り上げた比率や水平などを固定し主役(鉄道や動物など)が登場するシャッターチャンスを待機したいとき。3はいわゆる自撮り用です。

その他、200mmを超える望遠レンズの場合はブレやすい、構図の微調整が手持ちでは厳しい、重くて持っていられないなどの理由で三脚が必要となる場合もあります。




EOS6D Mark2  超望遠で構図を作り、シャッターチャンスを待機

ではバイクツーリングで使う三脚はどのようなものを選べば良いのか?そもそも三脚は必要か?という疑問についですが、これはどのような写真を撮りたいか?どのようなカメラを使用しているか?またバイクの楽しみ方(スポーツバイクかオフロードバイクかなど)によっていくつもの答えがあります。

まず三脚選びとはカメラ+レンズの重量をもとに最初に候補をつくるものです。コンデジか一眼レフか?一眼レフなら軽量なレンズか?望遠レンズか?などで選ぶ三脚は変わってきます。それからスマホで撮る人は自撮り用のアイテムがあればカメラ用品としての三脚は持たないというのも選択肢の一つです。

次に三脚のタイプに幾つかの選択肢を作っていきます。段数といって脚の収縮する部分の数ですが一般的には三段か四段。段数が多いほど収納サイズが短くなりますが、先のパイプ径が細くなって安定が失われます。安定の良さと重量&大きさはトレードオフの関係と考えて検討しましょう。

パイプの素材はカーボンかアルミが一般的です。カーボンは軽量で見た目もカッコイイですが価格が高いです。アルミはカーボンより重量がありますが安定という意味ではメリットと言えます。アルミの場合、特に中古品の価格が安いのが魅力です。




次に雲台といってカメラ本体を載せる部分を選びます。上下方向と左右方向の二軸で動く2Way雲台は操作性が良好ですが、収納時にレバーが突き出ているので邪魔になります。一方で自由雲台と呼ばれるボールヘッドのものは収納時にコンパクトになりますが望遠レンズなどを使用する際の微調整が難しいです。

上の写真はVelbonのPHD-66Qという2Way雲台で横構図と縦構図の切り替えでカメラの中心がズレないというユニークな雲台です。

本格的な三脚の多くは脚と雲台は別で選べるようになっていますが、最初の一本としては両者がセットになっているものでも大丈夫です。

一眼レフの重量にも対応するしっかりした三脚を選ぶ上で、我々バイク乗りの味方と言えるのがトラベラー三脚と呼ばれるタイプです。写真の上はGITZOの自由雲台の三脚、下はNEEWERのトラベラー三脚です。パイプサイズが違うので単純に比較はできませんが、雲台を3本の脚の内側に収納するトラベラー三脚がコンパクトであることがお分かり頂けると思います。

それと写真上のGITZOと言えば高級な三脚の代名詞ですが実際に使ってみたところどうなのか?と言われると確かにしっかり造り込んであるので品は良いです。しかし操作性が特別良い訳ではなく、NEEWERに替えてから不満が出る訳でもないので、どうしてもGITZOが良かった…とは私は感じませんでした。

むしろ盗難や破損などのリスクを考えるとバイクツーリング用として高い三脚というのはオススメできないとも言えます。




さてここまでの説明で三脚選びとは使用するカメラの重さ、どのような写真が撮りたいのか?バイクの楽しみ方、構造や価格などで検討しましょうと書いてみました。一眼レフでしっかりと風景を撮りたい場合はトラベラー三脚、コンデジで記念写真であればミニ三脚、自撮りはしないし暗い場所でも撮らない…という人は三脚ナシも良いと思います。

ただしミニ三脚はバッグの中に収納できるので便利ですが、高さが絶望的に足りないので台のような場所が見つからない場合は、ローアングルの写真しか撮ることができません。

一眼レフにも対応したしっかりとした三脚を持ち運ぶ場合、バイクへの積載方法はどうするのか?これも悩ましい問題です。その気になればがっちり固定するのは難しくはありませんが、いざ撮影地に着いたときに直ぐに取り出せない固定方法では不便です。

私の場合はリアシート上に電気工事屋さんが御用達の屋内配線用の電線、通称エフケーブルを使用して写真のように固定しています。エフケーブルは対候性のある外皮に純度の高い銅線が入っているので非常に信頼性があり簡単に切れてしまうことはありません。お勧めはVVF1.6-2Cで大型のホームセンターなどでも購入できます。

それと三脚をバイクに積載する時は裸ではなくカバーに必ず収納しましょう。走行による埃や雨でボールヘッドや可動部に不具合が出ないためにも、盗難防止の意味でも重要です。

バイク写真に適した三脚選び

・三脚選びは撮りたい写真、使用するカメラの重さを最初に決める

・カーボン製トラベラー三脚が軽量コンパクトで良い

・コンデジの人はミニ三脚でも良いが高さが足りない

・高い三脚を買う必要はない

メーカーはいくつかありますがVelbon、マンフロット、SLIK、Leofoto、バンガードあたりが一般的なものでしょうか。Amazonで格安で売っているNEEWERは品質は少々落ちますがコスパは抜群です。

よく家は三度建てないと分からないと言いますが、三脚選びもこれに少し似ていて三本は使ってみないと自分に合った三脚には巡り合えないと思います。それくらい「人それぞれ」ということですね。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

先入観を捨てて自由に写真を楽しもう




EOS6D Mark2

私たちは写真を楽しむ上で誰かの決めたルールのようなものに無意識に縛られてはいないでしょうか?

過去の誰かが撮った写真が頭の中に焼き付いていて、無意識に似たような写真を撮ろうとしていないでしょうか?

いまいちど改めて考えてみましょう。

お花はこう撮るべき、風景はこう撮るべき・・・といった雰囲気をまとった写真をみて、それをお手本のようにしていませんか。

個人的に写真を楽しむ上で撮影マナーのようなものはあるかもしれませんが、写真の内容自体にルールのようなものは存在しません。

誰かが決めた…いいえ誰もそのようなことは一言も言ってはいない写真のルールのようなもの。そのようなものに無意識に縛られないよう意識してみましょう。

上の作品はコスモスのお花を撮ったものですが、この場合はLightroomのHSL機能で緑の彩度を抜きました。これはいけないことだと思いますか?誰かにどのようなことを言われようと「私の場合はこうなんです」という確固たる信念のもと表現したのであれば、堂々とそれは貫くべきです。

私の場合はこう、という個人の表現。表現したかったイメージの世界。あるいは事実やリアルよりも抽象的なアートのように撮りたいというスタイルの問題。人ぞれぞれ自由なのです。

自由だから写真って遣り甲斐があるのだと思います。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ビギナーに優しい 写真の引き算




写真は引き算である、といったことを聞いたことはないでしょうか。撮りたいと思った景色や被写体に対して主題を明確にするため、余計な要素は引いていく写真の基本的な考え方です。

では引き算の具体的な方法とはどのようなものでしょうか。例えば上のようなシーンの場合。おっここは良い感じだな、とカメラを向けてパシャリと撮ると、特に広角レンズを使用した場合などは余計なものが色々と写り込むものです。代表的なものでは電線、電柱、標識、ガードレールやゴミ、景色の雰囲気と関係のない人工物など。

写真の最初の一歩は余計なものを写さないことから始まると言われます。これは写す、これは写さないとしっかり選別をするのです。特に上の写真のような港などでは、いろいろな要素がゴチャゴチャとしているので選別はしっかりと行う必要があります。

余計なものを画面外に排除する方法は難しくはありません。カメラポジションを少し動くか少し下がって望遠側の画角を選ぶなどで何とかフレームの外に追いやることは出来るものです。まずは「あれは写さないぞ」と意識して撮ることです。




EOS6D mark2 + SHIGMA12-24mmF4.5-5.6DG

逆に言ってしまうとこの写真のように開けた風景の中でバイク+ライダーだけであれば、余計なものは少ないので引き算の作業量はうんと楽になるものです。海岸で夕景などを撮る場合、カメラポジションを低くして画面の大半を空にしてしまえば、写真ビギナーでもシンプルな構図の写真が簡単に撮れるものです。

カメラを向けたとき画面の四隅などをよくチェックして、電線や看板など余計なものが入っていないか、あるいは主役級の被写体が3つも4つも入ってしまいゴチャゴチャとしていないか、よく意識して撮ってみましょう。

まずは複雑なことに挑戦しようとせず、あれもこれも撮ろうと欲張らず、シンプルな構図で撮ってみましょう。それが写真の引き算です。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

 

ツーリング写真 イメージ通りに撮る簡単な方法




写真撮影の知識はあるけど何故か平凡な写真になってしまう…という方は感動の言語化を試してみましょう。

例えば海なら「ここの海いい感じ」で撮り始めるのではなく、何がどういいのかを詩的な言葉で表現するのです。

上の写真の場合「海が陽光を受けて静かにさんざめいていた」と言語化したとします。

次に【そう撮るにはどうすべきか?】を考えます。海面のきらめきが分かりやすく伝わるように画面の中央に配置し、輝き感が際立つよう露出もややアンダーに設定します。

そして【さんざめく】と形容するに相応しいシャッター速度を模索し、【静かに】という雰囲気を持たせるため動感ある要素は画面外に排除しました。

風景や被写体の特徴をよく見てよく感じ取り、感動を言葉にしてみるのです。するとやるべきことに具体性が出てきます。逆に言うと撮影地で「何をして良いのか分からない」というビギナーの方は特徴をとらえておらず、感動もできていない…とも言えるのです。

もし気の利いた言葉が浮かんでこない場合は、その言葉にできないことが何であるかを強く意識してイメージを作ってみましょう。「自分が言葉にしたかったのはこれだ」と納得できる一枚となるように。

ツーリング写真とはバイク旅で出会う風景や被写体を詩的情緒にとらえた風景写真です。そこには何らかの作者の心の動きがあり、それがよく伝わってくるような一枚を目指したいと日頃から考えております。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

旅のハイライトはいつも夕暮れ




EOS6D Mark2

さしてツーリングを楽しめなかった一日でも

夕暮れに美しく焼ける空が見れれば

それだけで満足だったりする

刻一刻と表情を変える空は

紛れもなく一日が終わることを告げる

まるで映画のエンドロールのようだ




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ツーリング写真にこめる想い




EOS6D Mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3C

肌をなでるそよ風

さざ波の音

潮のかおり

本来、写真では表現できないことを

しっかり写真の中に写し込みたい

きっとこうだろう…

と見た人が感じてくれるような一枚に




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

ほんのひと工夫で構図が激変 構図に奥行を作る方法




今回はツーリング写真の構図について簡単な内容をひとつ書いてみたいと思います。

突然ですが上の写真のような構図をどう思いますか?朝霧高原のふもとっぱらキャンプ場で撮った一枚です。キャンプ場に着いたよ!ということをSNSで上げるために撮りました。普通にスマホで撮った説明写真なので大きな問題はありませんが、この構図はあまりに平凡だと思いませんか?

富士山を日の丸構図で配置したのは基本に忠実なので安定感があって良しですが、いくつかある被写体の位置関係に注目してみましょう。この場合、R1200GS-ADVENTUREとテントという2つの被写体がありますが、この2つの位置関係は横一列に並んでいます。

この写真が平凡に見えてしまう原因はこの奥行き感の出ない被写体同士の位置関係にあるのです。

シーンが変わって本栖湖の浩庵キャンプ場ですが、このように手前にテント、その奥にR1200GS-ADVENTURE、そして遠景に富士山とくれば、被写体同士の位置関係で3レイヤーの構図を構成できて、これだけで奥行きのある構図が作れるのです。

そこで写真を撮りたいと思ったからには景色の良い場所なのですから遠景は問題なく存在していると思います。そしてそこでバイクや人物など被写体を置いて撮る時、被写体と背景で2レイヤー、ここまでは多くの人が普通にやることです。

大事なポイントはこの先で被写体とカメラの間に前景として一方の被写体を配置してあげるのです。3レイヤー以上の構図が作れれば2次元である写真に奥行きが生まれて平凡さが一気に消えるのですね。




EOS6D Mark2 + EF135mmF2

何か特別な意図があって被写体同士を横に並べたのであれば良いですが、奥行を意識できずに被写体の位置関係に意識が向かなかった…という事であれば、ぜひ次回の撮影から被写体の位置関係で奥行を作ることに挑戦してみてください。

それはバイクやテントの置き場所、撮影するポジションなどに一手間かけてあげれば簡単に出来ることです。上の作品のように幾つものレイヤーを構成できれば、たとえ望遠レンズで圧縮されてしまった写真でも奥行き感を出すことができます。

知識は撮影現場で意識して実践し、成功でも失敗でも良いので経験として積み重ね、それを繰り返して検証し【習得】へとつなげていきましょう。知っているだけでは意味がありませんからね。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング