風の時代を生きる人へ【自分バージョンアップ】しよう




EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

新しい時代は風の時代・・・ では風の時代をどう生きるのか?これ気になりまよね。そう言われても明日からいつも通り会社に行かなくてはいけませんし。ある日急に何かが変わることはありません。

しかし流されるように日々を浪費しては新しい時代の人にはなれない。今日できることは何だろう?自分が風の時代を生き抜くにはどうすればよいか?一緒に考えてみましょう。

風の時代は人柄の時代。個人ひとりひとりが輝き、個性を発揮して活躍する世の中。私はこんな風に思います。人柄、そう…お人柄が何より大事なポイントだと思うのです。

であれば風の時代にふさわしい「お人柄」になるよう自分をバージョンアップしてみましょう。それはバイクのシートを自分の体形に合わせてカスタマイズしたり、ゴルフクラブやスキー板を自分の好みに合わせてチューニングしたりする感覚です。




ざっくり一言で言っちゃうと素敵な人になること!だと思います。

個性的で愛される人。魅力的な人です。

決して八方美人とかおべんちゃら言う人という意味ではありません。あくまで一人の人としての存在が魅力的であるかという意味です。

例えば姿勢。スマホ首でいつも下向き加減では美しくありませんよね。話し方も言葉ひとつひとつを丁寧に選んで美しい会話を心がけると相手も良い気分になるものです。

話題も大事だと思います。いつ富士山が噴火して大地震が起きるかも…といったように不安を誘う話題よりも、風の時代になったから素敵なこともたくさん起きるよ、とか大丈夫だよ貴方なら、といった具合に前向きに安心感ある話題が多い方がいいですね。

他にも歩き方、食べ方、お金の使い方… まだまだたくさんありますが日常の中にある様々な行動をひとつひとつ見直して、乱れを見つけたら美しいものへ整えていく感じです。全てのことに対して価値判断を下すのであれば正しい正しくない、ではなく美しいか?を求めてみましょう。

今日の自分の仕事は美しかったか。今日のツーリングは美しい旅であったか?といった具合に。毎日少しづつで良いので「美」を意識してやってみましょう。

そうやって少しづつ自分をバージョンアップすることで自身を【風の時代仕様】にバージョンアップするのです。

写真が好きな人は人柄のバージョンアップによって作品も進化するでしょう。上の大銀杏のツーリング写真は子供との共同出演によって生み出した親子愛を表現したものですが、こういった作風は昔の私だったら考えもつかなかったと思います。

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS




日々、何を思い何を言葉にし、どのような行いをしたか。仏教では身口意の三業というのがありますが、思考と言動と行いの三つがその人の人柄を決めると言います。つい悪いことばかりを考えたり、愚痴をこぼしてしまったり、怠けたり他人のせいにしたり…人間なのでやってしまいがちですが、こういった乱れをいち早く見つけて整える能力を磨くのです。

日々のライフスタイルに何か新しいことを取り入れるのであれば瞑想がお勧めです。マインドフルネス瞑想といって思考を観察し整える能力を磨くことで、心の乱れや迷いをなくし、集中力も高まるといわれる瞑想です。毎日10分からでも始められるし瞑想用のアプリもあるので就寝前にやってみるのがお勧めですよ。

え~、俺が瞑想?そんな柄じゃないよ、という貴方こそ風の時代にバージョンアップするには効果絶大だと思います。柄じゃないよ…と思う事をあえて始めることで新しく生まれ変わったという感じが強まります。

こんな風に毎日毎日、習慣を見直して美しさを意識し、風の時代にふさわしい人柄になれるよう少しづつ自分をバーションアップしてみましょう。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング