究極のツーリング写真は新たなブログに変わります

Pocket




読者の皆さま、いつも究極のツーリング写真を見ていただき有難うございます。

当ブログはバイク写真、ツーリング写真に関わる専用サイトとして2017年に開設し、現在5年目で1000を超える記事を書いてきました。ここまでこれたのも見ていただける皆さまのお陰でございます。本当に感謝しております。

究極のツーリング写真ではバイク写真、ツーリング写真の撮り方のノウハウ、カメラやレンズの話題、撮影スポットなど主に「お役立ち情報」を書いてきましたが、ここにきて方針を変えてみようと思います。

ブログとして重要な要素とは読者の皆さまの役に立つ情報を書くこと…というのは知っているのですが、いつまでも写真に関わる撮り方とか、撮影スポットとか「情報」だけを提供しているのは何か違うな…と違和感を感じ始めました。

私自身、書くことによって成長を続けた結果、インプットとアウトプットのバランスも崩れ始めたというのもあります。例えば撮影スポットというのは誰かが見つけた場所を追っても意味がなく、本当の撮影スポットは自分の心で決めるものです。撮り方も同じです。様々な手法が既存の撮影方法として存在しますが自分なりの撮り方を自分の手で探求してこそ本当の表現です。そういったことを私自身が知っていながら、ブログでやれ露出やら構図やらを解説するのは矛盾してしまい、当初のノウハウのアウトプットとは違ってきてしまったのです。

EOS6D Mark2 SIGMA150-600mmF5.6-6.3DG




そこで、究極のツーリング写真は情報提供の場ではなく純粋に立澤重良というバイク乗りの写真家の作品発表の場としたいと思います。

いままで立澤重良の写真ヒトリ言というカテゴリを作ってたまに書いてきましたが、それと同じような内容がメインとなる予定です。ツーリング写真に関わること、旅への想い、少々飛躍しますが激変していく世の中における個人の生き様なども。

そんなブログ誰も見ない…というのは分かっています。お役立ち情報だけを求めている人は見ていただかなくて結構です。撮り方とか撮影スポットは私以外の人も書いています。私は私にしかできないことを私なりの表現で発信したいと思うのです。

それを求めている人に届けること。どんなことをどんな表現でどんな人に届けたいのか?は今の段階ではボンヤリとしているのですが、激変する世の流れの中で悩んでいる人や苦しんでいる人に届けたい…この思いが日に日に強まっているのです。

人々が忘れかけた旅精神、日々を美しく生き抜くこと、現実を記録する瞬間芸術である写真、風の時代の生き方…そんなことを書いていきたいと思います。

ちょっと自分には関係ないな…と感じた方はブックマークから削除してください。これからは旅、写真、内燃機関末期のオートバイ文化の記録、個人の生き様について綴っていく一人の作家の発信の場と変貌します。

それでも究極のツーリング写真を見たい、という方はぜひよろしくお願い致します。

令和四年二月  オートバイ写真家 立澤重良




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング