ツーリング写真の構図 おさえるポイントとコツ

Pocket




さて当ブログでは既にお馴染みなっていますが冬の房総半島から望む海ごしの富士山の景色です。私がよく撮影している南房総市、館山市などからは富士山まで直線距離でちょうど100キロくらいです。

空気の澄んだお天気の日は遠くても見事に裾まで美しい姿を見せてくれます。浮世絵の葛飾北斎や歌川広重がこの地から富士山を書いたことに実に納得できる絶景であります。

今回はこの房総半島から見る富士山の写真でツーリング写真、バイク写真の構図のポイントについて書いてみたいと思います。

上の作品は撮影地にスイセンが咲いていたことに注目し、それを前景にして撮ってみましたが、それに執着し過ぎて主題がボヤけてしまいました。何だか綺麗な風景のところにバイクで行ったのですね…という事実の記録に終わってしまったと感じます。この写真を検証して、この場合はどうすれば主題をハッキリできたのか?を考えてみましょう。

例えばバイクを主役に撮るならこうです。大きさやピント位置はもちろん、アングルなどもバイクが最優先です。せっかくの美しい富士山ですがあくまで背景に徹しています。沖合を通るタンカーもフレームアウトとしてみました。主役級以外のキャストはこのように何らかの手段で存在感を少し控えてもらうのがポイントです。「せっかく富士山が綺麗なのに…」という気持ちは分かりますが、これでも十分に富士山は綺麗なのです。




では富士山を主役に撮ってみましょう。撮影場所である駐車場から砂浜に下りて波を前景にしてみました。富士山を魅力的に見せるために波に良い仕事をしてもらいます。この場合、もし波と富士山の双方にピントが欲しい場合、その深度は100㎞にもおよびます。目一杯絞り込むと晴天下とはいえ波の飛沫を止めるほどの速いシャッター速度が苦しいですね。どうしても欲しい場合はISO感度を上げて対応しますが、この場合は何度かの試し撮りを経て熟考の挙句、波は少しボカす選択をとりました。

高速連写モードで波のバリエーションを撮り、理想的な形や飛沫を出したショットを帰宅後に選別します。少し神奈川沖波浦をインスパイアした作品にしてみました。




最終的にこの場所でのツーリング写真としてこのようにしてみました。

コンテナ船が主役です。「え~それは普通は脇役でしょ」というヤツを敢えて主役級にキャスティングすることでユニークな写真になるものです。ここで難しかったのはピント位置。実際に大型船がどの位置を通るのか見当もつかないので、似たような船が通ったときに置きピンしておきました。

超望遠なので画面に主役が登場してから消えるまで30秒くらいしかありませんからね。カメラとバイクの位置まで50mくらいあるので合わせてからダッシュしても間に合いません。

バイクやライダーはボカしたりフレームアウトさせて存在感を落としたとはいえ、ツーリング写真であることを強く印象付けるため、ハンドル角度を調整してフロントホイール、ディスクローター、フォークが反射するように調整しました。こういった「芸が細かい!」と言われそうなポイントは実は地味に効いてくるものです。

なかなか普通では主役として撮るものを脇役に徹してもらうよう裁量するのは気が引けるものです。しかし多くの大衆的な写真にはこのような手法で魅せている作品はまず見かけません。つまりこれだけで個性的な一枚となるのですね。

ご自身の作品に変化を付けたい方にお勧めでございます。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング