TAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2 その後

Pocket




少し前に所有している撮影機材を更新したことを記事にしました。主に標準域付近として使っていた単焦点レンズ、キャノンEF35mmF2IS、EF50mmF1.8STM、EF85mmF1.8という純正の3本。これらを手放してTAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2というサードパティー製のズームレンズに替えてみました。

替えた理由は言うまでもありませんが一本のレンズで複数の画角を選択できる便利さを今さらながら必要と感じたからです。そりゃぁ当たり前でしょう…と思われるかもしれませんが、今まで単焦点レンズで足で動くことを覚える、軽量で信頼性が高い、描写が美しい…という恩恵を受けてきたのでズームは便利であると知っていながら標準域だけは単焦点にこだわってきました。

しかし最近になって「あの画角がほしかったのに…」という場面に度々遭遇するようになったのです。

超広角~広角域として愛用してるSIGMA12-24mmF4.5-5.6DG HSMのテレ端である24mmが出番の多い画角の割に逆光時や周辺の画質に不満がある…というのもTAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2を導入したもう一つの理由でもあります。

ということで私の所有レンズのレギュラーメンバーは広角がSIGMA12-24mmF4.5-5.6DG HSM、標準がTAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2、望遠がSIGMA150-600mmF5-6.3DGOS HSM コンテンポラリーの3本立てとなりました。稀にEF135mmF2Lという古い中望遠単焦点レンズを使うこともありますが主要なメンバーは上記の通りです。

描写の優れたお気に入りの単焦点、特にキャノンEF35mmF2ISはお気に入りでしたが、これらを手放して得たメリットは先ほども書きましたが複数の画角を手に入れたこと。これで想定外のシャッターチャンスを逃さなくなったことです。

出かける前から「今日はこんな写真を撮るぞ」という予定調和のツーリング写真でしたら単焦点でも不自由はないです。しかし旅はどんなショートトリップでも想定外の出会いがあるもの。こんなシーンに遭遇するとは思わなかった…70mmを持って来ればよかった…と後悔する場面は決して少なくはなかったのです。その点、TAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2さえ持っていれば想定外のシャッターチャンスは「いつでもこい」な訳ですね。

EOS6D Mark2 + TAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2

さて今回はTAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2を使用して1か月が経ったので感想を少し詳しく書いてみようと思います。

TAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2はF2.8が通しとなるズームレンズ。競合他社の同等品も同じですが重量と大きさはそこそこあります。今まで愛用していた軽量コンパクトな単焦点レンズと比較するのは酷な話でございます。ただ私の愛用しているカメラEOS6D Mark2は軽量な樹脂ボディなので、やはりTAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2を装着すると重量バランスが悪くややフロントヘビーとなります。




ズームリングやフォーカスリングも操作性は良好でズームのロック機構も重宝しています。露出5段分の手ブレ補正も日陰で絞りこんで撮る時には大変有難いです。逆光の耐性は想像以上に良好で逆光の作品の多い私でも全く不満は出ないレベル。むしろフレアやゴーストを演出に使いたいな…と思った時に少し寂しいくらいですが…

EOS6D Mark2 + TAMRON SP24-70mmDi VC USD G2

こんな風に綺麗に輪が出来る場面もあり、これには思わず「オオォ」と膝を叩いた次第です。カッコいいですよね。

前回も書きましたが色が濃い目に出る傾向があり、好みの問題でもありますが私のツーリング写真としては大いに歓迎したい特徴であります。




少し重いとはいえしっかりとした三脚を持ち歩く人にとっては大きな問題ではないと思います。軽量三脚やミニ三脚を愛用している人ですと無理が生じるかもしれませんが。あとはボディバッグでカメラを持ち運ぶ人には重いのが気になるかもしれません。

重さに関しては複数の単焦点レンズを持ち歩くことを考えれば気にならないものです。TAMRON SP24-70mmF2.8 Di VC USD G2であれば24、35、50、70mmと4本のレンズを持っているのだ、と考えれば多くの方は許容できるのではないでしょうか。

もちろん軽量なズームレンズも存在はしますが、それは単焦点レンズと比較して明らかにクオリティの落ちることを意味します。最近ではそうでもないらしいですが広域ズームなどはその最たるものですね。入手しやすい価格、持ち運びしやすい都合の良いレンズとは実は使う人を選ぶレンズでもあるのです。

今回はこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング