インターバルタイマー撮影と写真セレクト

Pocket




EOS6D Mark2 + EF135mmF2L

今日は海の写真を撮るにあたり簡単なことを一つ書いてみたいと思います。

以前にツーリング写真においてライダーの姿を自撮りする場合、セルフタイマーではなくインターバルタイマーを活用しましょうという事を書きました。




インターバルタイマーとは任意に設定した間隔と撮影枚数で自動で撮影してくれるタイマー機能のことです。例えば5秒毎にシャッターを切って計30カット撮影したら終了となる、といった具合です。インターバルタイマーは最近のカメラでは標準で搭載されている場合が多いですが、カメラにその機能がない場合はリモコンレリーズにインターバル機能が搭載されている製品があるのでそういったリモコンを用意すれば大丈夫です。

このインターバルタイマー機能、自然なポージングで自撮りできるだけでなく単純に撮れ高がかせげるので、海岸のシーンでは波の瞬間などを捉えるのに有効です。

上の作品ではインターバルタイマー撮影により何枚ものカットを撮影した訳ですが、その中で波が最も魅力的な表情を魅せている一枚をセレクトしたのです。その他にも例えば桜吹雪が舞っているシーン、空に鳥の群れが飛んでいるシーン、降るように流れ星が見える夜空なども同様に何枚も撮る事で理想的な【瞬間の一枚】をセレクトできるものです。

せっかく動きのあるシーンなのに一枚しか撮っていなかった…という方は次の撮影からぜひ試してみてください。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング