変わる!ツーリング写真【7つの撮り方】その1

Pocket

究極のツーリング写真では以前に何度かツーリング写真の7つの撮り方という投稿を書いてきましたが、ここ最近になって新たな読者様が増えたことを受けて、ここでいちど内容をブラッシュアップして再投稿してみたいと思います。

ツーリング先で美しい風景や素敵な被写体と出会ったとき、カメラを向けて構図を練り露出を決めてパチリと一枚。しかし何だか平凡でいつも同じような写真ばかり撮ってしまう。どうしたら見る人に感動を与えるような写真が撮れるのかな…そんなお悩みをお持ちの写真ビギナーの方にお勧めの内容でございます。




1.シンプルな背景を最初に探す

EOS6D Mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3C

写真ビギナーがつい撮ってしまう平凡なツーリング写真とは、とにかく背景に無頓着なものが多いようです。電線やガードレール、看板やゴミなど画面の四隅などに余計なものが写り込んでいる写真です。またゴチャゴチャと色々な要素がある場所も被写体が沈んでしまう原因なので背景として向きません。

バイクを主役する写真を撮るにしても、まずは背景選びを最初にすることがポイントです。どこで撮ろうか?場所探しが最初なのです。すっきりとした背景を作ることで被写体の存在が際立ち写真から陳腐さが消えるはずです。

2.どちらが主役かはっきり撮る

EOS6D Mark2 + EF135mmF2L

例えばお花畑でバイクを撮るとか上の作品のように鉄道とバイクのある風景を撮るといった具合に、何かの被写体とコラボさせる場合に写真ビギナーは両者の存在感をつい等分してしまうものです。

誰の目からみてもハッキリ分かるように、どちらか一方が主役でありもう一方は引き立て役であることが分かるように撮ってみましょう。上の作品の場合は小湊鉄道の車両(キハ200)が主題ですが、R1200GS+ライダーの側はピントをボカし、枠で切り落とすことで存在感を弱めています。




3.最も美しいアングルを動いて探す

昔からよく写真は被写体が最も魅力的に見えるアングルを探るべしと言われます。これはバイク写真でも同じです。愛車が最もカッコよく、そのバイクらしく見える角度を見つけてみましょう。車種のデザインによって最も魅力的に見える部分は色々ですが、一般的に斜め前(または斜め後ろ)から見た角度で比率で言うと7:3くらいと言われます。

高く低く、右に左に動いて試し撮りを繰り返してみましょう。光の加減によってはタンクやマフラーの上に光の反射が入る場合もあります。キラリと光るハイライトが入るとグッとかっこよくなりますよ。

4以降は次回に続きます~




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング