写真ビギナー必見!バイク写真の構図はまず動くこと!

Pocket

今回は写真ビギナーの方を対象に構図の作り方について基本的なことを書いてみたいと思います。

その前に構図とは何ぞや?ということについて簡単におさらいをしておきますと…写真における構図とは被写体の大きさや位置関係、背景や地面などの割合、境界線などで発生した線、二次元化されたことで発生した図形要素などを使って作品の主題へ導くための案内図のようなもの、と私は考えております。

一般的には写真を見た瞬間の安定感や美的バランスのことを言いますが、多くの作品で意図的に崩されたバランスの写真というのも見かけるものです。美しさや完璧なバランスが必ずしも正義なのではなく、あくまで作者がうったえたかった主題への案内図が構図なのだと思います。




さて、バイク写真において構図が大事になるのは上のようなシーンです。シンプルな背景の中でバイクだけであれば構図に悩むことはありません。上のようにバイク以外にも海、堤防、灯台、空、ヘルメット・・・と複数ある場合に、これらの位置関係や大きさ、境界で発生している分断線などを画面内でどうレイアウトすべきかを考えていきましょう。

といっても「この構図が正解です」いった定義は何もなくて、作品の主題はこれ!と決めたものへ構図で表現する方法は無限大にあるものです。今回は写真ビギナーの方が構図に悩んでしまう最大の原因「あんた、全く動いてないですぜ!」について書いてみます。

まずはカメラを持っている自分が動くことで被写体の位置関係が変化していくことを感覚で覚えていきましょう。この写真は1枚目に比べて少し右に動いたことでR1200GSと灯台の位置が近づきました。




はい、もういちど左に動いてみます。灯台とR1200GSは離れました。

こんどは持っているカメラ(スマホ)を高くして撮ってみました。海面の割合が大きくなりました。




こんどはしゃがんで低くしてみました。海面の割合が減ったこと、海と地面の境界線がR1200GSを貫通してしまったことにも注目してください。

R1200GS、灯台、海面、地面、空・・・これら全体の位置関係をよく意識して右に左に、高く低くを繰り返してベストだと思うアングルを模索します。もしこの時に良く分からない、納得のいくアングルが見つからない…という場合でも心配はいりません。いくつかのバリエーションを撮っておいて、帰宅してからじっくり検証してみましょう。後で見ると分かるものなのです。

最終的に整えた構図はこのような感じです。先ほどと大きくは違いませんがR1200GSの存在感を強調するため少々寄って、灯台との位置関係が三分割線の交点で対角となるように配置させました。手前の水平線と奥の堤防の線も三分割線に合わせています。

この構図が正解という訳ではありませんが動くことによって被写体の位置関係や大きさ、地面や空の割合が変化することがお分かり頂けたと思います。こういった事は理屈ではなく感覚で覚えるものなので、次回の撮影からは積極的に動いて構図のバリエーションを撮ってみてください。

きっと何か得るものがあると思います。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング