バイク写真に使うカメラは何でも良いのか?

Pocket

今日はカメラのお話を少し書いてみたいと思います。

誰もが憧れる【良い写真】を自身の手で撮るには、使うカメラは果たしてどれくらい重要なのでしょうか。なんとなく広告や雑誌を見ていると新しいカメラに買い替えれば自分にも良い写真が撮れるのでは…という気がしてきますよね。

しかし最新のカメラや高級なレンズを買えば良い写真が撮れる…というのは完全に幻想です。良い写真をかなえるのはいつでも撮影者側に在るものです。高いお金を出して最新のカメラを買っても、その日からいきなり良い写真が撮れるようになった…という話は聞いたこともありません。

ではカメラなら何でも良いのか、と聞かれれば「何でも良い」ということはありません。大切なポイントはどのような写真を撮りたいのか?という自身の要求をなるべく具体的にすることです。それが分かれば最低限これくらいの性能や機能を有したカメラが必要である、とカメラ選びにも具体性が出てきます。

関心の対象はカメラではなくあくまで【写真】にフォーカスしましょう。

RICOH GR3

自分はどんな写真が撮りたいのか?その気持ちはどれくらい強いのか?もちろん予算やバイクで持ち運ぶ上での携帯性など現実的な要素もよく洗い出して考えてみましょう。

例えばスマホ。昨今のスマホはカメラ機能が目覚ましく進化していて、いたるところでカメラはもう要らない…といった趣旨の話を聞きます。記録用としての写真はもちろん一般的に綺麗と言われる写真を誰でも簡単に撮れるスマホのカメラ機能は確かに素晴らしいです。普通に写真を撮るなら十分と言えそうです。

しかし…例えば暗がりに差し込む一筋の光を背景の割合をたっぷりとった引き構図で撮りたい、となった場合にスマホで光の筋にイメージ通りの露出に出来るでしょうか?どこにもピントを合わせない抽象的なART表現のような写真を撮りたいとなったとき、スマホでそれが撮れるでしょうか。




つまりこういうことなのです。暗がりに差し込む一筋の光を撮りたい、ピントを合わせず抽象的なART表現にしたい、このように人が表現をしたいという意思があれば、それを実現するための作業をカメラ(スマホ)にお任せというのはそもそも有り得ないことです。「スマホで十分」とは撮る人の表現ではなく、カメラ、スマホという文明の利器にお任せして一定の画質を有したお上手な写真をカメラに撮ってもらうという事なのですね。

端的に言ってしまうとカメラに撮ってもらう人はスマホで十分…ということです。

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

では一眼レフに立派なレンズを持っていくのが正解なのですか?と聞かれれば撮りたい写真の要求や使用条件は人それぞれなので一概に言えません。一眼レフ+レンズはバイクで持ち運ぶには荷物になりますし、モチベーションが少しでも低下すると持って行くのが面倒になるものです。そういった意味ではスマホは持って行くのが面倒などと言うことはなく、いつでも持ち歩いているので最強とも言えます。

上の作品は望遠レンズを使用したツーリング写真ですが、このように画角で魅せたい場合、あるいは少々の逆光でも一定の画質を有した写真が撮りたいとなった場合は一眼レフが良いかと思います。

RICOH GR APS-C

しかし一眼レフに立派なレンズを装着では予算も上がりますしバイクで持ち運ぶにはやはり抵抗ありますね。

そこで候補になるのは一眼レフとスマホの中間的な位置にあるコンデジです。何とかポケットに入る程度の大きさで、性能や操作性も一眼レフに近いもの。持ち運ぶのに苦ではなく、あっと思った瞬間にパッと撮れる軽快さはシャッターチャンスを逃しません。バイク乗りにとってコンデジはある意味で理想的なカメラではないでしょうか。

上の作品は北海道の上富良野町で撮ったツーリング写真ですが使用したカメラは一眼レフではなくRICOH GRというコンデジです。28mm広角レンズで自然な風景を切り取りました。「自然な」と書いたのは先ほどご紹介した作品は構図やアングル、露出に至るまで様々な作り込みをしているのに対して、こちらは目で見た通りの様子を再現したようなナチュラルな雰囲気という意味です。

もちろんこういった雰囲気の写真は一眼レフでも撮れるのですが、コンデジの利点はあっと思った瞬間にパッと撮れることなので、写真の基本である「瞬間を切り取る写真」というのは俊敏に撮影体制が作れるコンデジが有利なのです。




Hasselblad Stellar

いい写真を撮るのにカメラはさして重要ではないのは理解できるけど、カメラが欲しくなっちゃった…という方も多いと思います。写真の権威はこういったカメラ中心の話題に閉口するものですが、私は欲しいカメラを所有することで写真へのモチベーションが維持できる、という事であれば大いに良いのでは?と感じます。

上のカメラは少し古いですがハッセルブラッドのステラというカメラです。ハッセルブラッドと聞くだけで物欲が刺激される殿方も多いと思いますが、このウッドのグリップといいそそられますよね。しかし中身はSONY RX100無印からのOEMです。中古相場はRX100の3倍くらいはしますが、それでもこのカメラが欲しい、という方には価値のあるものだと思います。

素敵なカメラを所有することで「それを持って出かけたい」となる訳ですから、欲しくて買っちゃったカメラ…は決してばかに出来ないと私は思います。

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

どんな写真を撮りたいのか?写真への想いがどれだけ強いか?これを考慮した上でバイクで持ち運ぶのに苦にならない大きさ、予算、そして使っていて「お気に入りのカメラ」と呼べる道具であるかを考えてみましょう。




私がお勧めするのは手に持ったときに「あっこれいいかも」と思える自分の手にあったカメラ、それでいてマニュアル露出ができて操作系が直感的に操作できるレイアウトであること。風景主体のツーリング写真であれば広角側の画角があるズームレンズ、夜景や星空も撮りたいのであれば高感度でも低ノイズなカメラが良いと思います。

私の場合は現在でもキャノンの光学ファインダーを有したオーソドックスなデジイチ EOS6D Mark2 がメイン機ですが、これはフルサイズ一眼レフとしては軽量であり、なおかつバリアングルモニターが搭載され無線でのライブビュー撮影に対応しているのがこのカメラを選んでいる理由です。

いま一眼レフは光学ファインダーからEVF搭載のミラーレス機が主流となりましたが、ミラーレス機はコンデジと同様にバッテリーの持続が短いので、すぐに充電環境が作れないバイク乗りには向かなかったりします。特化してる性能としてAIAFの精度もありますが、それはスポーツシーンには有効ですがバイク写真ではあまり有難みのない機能です。世の風潮が「いまのカメラはこれだ」と言っても自身の使用方法に照らし合わせて、自分にとってそれが必要なのかをよく考えてみましょう。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング