写真コンテストに参加することの意味

Pocket




この作品は私がかつてアウトライダー誌のツーリング写真コンテストで年間グランプリを受賞した作品です。

皆さまは写真コンテストに参加されたことはあるでしょうか?私はかつてさまざまな写真コンテストに参加していましたが今はもう参加していません。

企業やお店、SNSや団体、雑誌などさまざまな写真コンテストが数多く存在しますが、写真コンテストに参加するとはそもそもどういった事なのでしょうか。

多くのコンテストは優秀賞や特選とった具合に作品に優越をつけてリザルトを発行します。つまり他者と比較して審査員の基準により優れている作品、そうではない作品と選別をしているのですね。

ここで気を付けたいポイントは審査員の基準、あるいは主催側の意向といった優越を判断する一定の物差しが存在していることです。それは例えば美しいか、印象的か、構図や露出、表現方法はどうであるか、画質や撮影技法によりクオリティは満たしているか…といった写真の出来不出来に関わること。それから主催側の期待するコンテストの趣旨に合致しているかなどが挙げられます。

例えば写真コンテストの趣旨が「千葉県の魅力発見 写真コンテスト」であれば、作品を見た人が千葉って良いところだな、と感じてもらえる写真が優秀な写真として選ばれるわけです。写真自体が良い写真であるか否かは二の次なのです。




つまり写真コンテストとは撮った本人が良い写真だなと思える一枚が必ずしも良い結果となる訳ではなく、少なからずコンテスト主催側の意向に寄せないといけないということです。

そしてもう一つは他者と比較して優越をつけることに何の抵抗もないのか?という当たり前のことを再考すること。これをよく考えないと「何で私の作品は入選されなかったのだろう」と落選したときに想像以上に嫌な思いをするものです。名曲、世界に一つだけの花の歌詞を思い出してみましょう。人間は不思議なことに他者と比較して優越をつけるのが大好きな訳ですが、写真でもそれをやろうというのが写真コンテストなのです。

写真をはじめたばかりの人が腕試しをしたい場合や、写真によって何らかの活動をしたい場合、自身のプロフィールに輝かしい経歴を書きたい、といった場合はコンテスにに参加して優秀な賞を狙うのは良いと思います。しかし何年もやっているベテランがいつまでもコンテストを追い続けるのは個人的には関心できません。

積み重ねていくキャリアのどこかのポイントで、ある種の覚悟のようなものを決めてコンテストはやめて独自の世界を追い続けて行くのも悪くはないのではないでしょうか。

「いい写真」を決める物差しはあくまで作者であるあなたの独自の基準であるのが理想的だと思いませんか?




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング