ヘルメットの匂い対策はミョウバンを使え!

さて今回は久しぶりにお役立ち情報を書いてみたいと思います。

当ブログ、究極のツーリング写真はバイク写真に関わる専門サイトではありますが、ブログである以上はお役立ち情報も書いておかないと、PV数がいまひとつ伸びない…という事情もございます。

で、今回は夏に使ったヘルメットの汗臭い内装をどのように処理すべきか?という事を書いてみます。

ずばりコレです!焼ミョウバン、正式には硫酸アルミニウムカリウムといいます。一般的には食品添加物としてウニの型崩れ防止や栗などのアク抜きに使われています。入手方法は普通にネット通販や薬局で入手可能です。写真のものは500g入りで約500円でした。




まず最初にミョウバン水原液を作ります。500mlの空ペットボトルを用意し、ジョウゴを使って焼ミョウバンを大さじ一杯(15~20g)ボトル内に入れます。

水道水を入れて溶かします。




最初は白濁していますが1~2日程度、冷蔵庫に入れて放置すると無色になります。これでミョウバン水の原液の出来あがり。原液を作ったら用途に合わせて希釈して使います。例えばデオドラントスプレーとして体に使う場合は原液を10倍に希釈します。

こんな風に100均のスプレーボトルに原液を入れて水で10倍に薄めます。体や足裏などに吹き付けると消臭効果が高いです。市販のデオドラントスプレーと比較して香料がないだけで効果は変わりません。無臭が良いという人にはこちらの方がお勧めですね。

ヘルメットの内装に使う場合は最初に洗剤と手もみ洗いで十分に汚れを落とします。




次にたらいに入れてミョウバン水の原液を投入し水で5倍に希釈します。この状態で一晩ほど漬けておきます。

ミョウバン水を十分にすすいでネットに入れて洗濯機で洗い、陰干しで十分に乾燥させて終了。

この方法は洗濯しても落ちない下着や靴下などの匂いにも効果的です。洗ってもニオイだけが落ちない・・・と諦めていた方、ミョウバンがお勧めです!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング