写真の知識を応用できない人へ☆ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、つい先日のニュースで見かけたのですがNikonが一眼レフカメラの国内生産を終了するそうですね。カメラの市場はスマホの普及により縮小の一途であり、加えてSONYなどの新参競合が勢力を上げ苦戦を強いられていましたからね。

それにしてもNikonのような世界に誇る優秀なカメラメーカーが…寂しいニュースであります。ここで一発奮起してツーリング写真用カメラの製品化とかどうでしょう?Nikonさん?だめか…

さて今回のツーリング写真解説では写真の知識を実際の撮影シーンで応用できない人のために、何が足りないのかについて書いてみたいと思います。

EOS6D mark2 + SHIGMA12-24mmF4.5-5.6DG

写真のことについて教本やワークショップなどで学び様々な知識をつけたけど、いざ撮影現場で何をしてよいか分からず途方に暮れてしまう人。私もその昔そうでした。この原因はいたって簡単です。撮り方などを学んで知識をつければ良い写真が撮れると思っているのが間違いの根源です。

そして多くの場合で「この場合、どう撮るのが正解なのだろう?」と正解探しをしている人も多いと思います。正解を探す・・・正解がどうなのか分からないのは自分の知識が足りないからだ…いいえ、ソレ違います。




確かに撮り方などの知識は重要かもしれませんが、その他に大切なことはたくさんあります。目の前の空間を認識する感覚、被写体や景色の特徴をとらえる、構図を作れる、画角の感覚、写真の完成予想図となるイメージ写真を脳内に描ける想像力…そしてとても大切なのは【心】です。

ピントが合っている、露出が適切である、しっかり水平が出ている…こういった基礎的な撮影技法が問題なくても、そこで写真を撮ろうと思った理由、撮影者の表現したかったこと、撮影者なりの美・・・これら【心】といえる部分が無いと何か足りない平凡写真となります。

そこで写真を撮ろうと思った理由、撮影者の表現したかったこと…これらは人間の感情の動きに他ならず、それを表現して共感や感動があったときはじめて「良い写真が撮れたな」と実感できるものです。

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

あぁ、ここは素晴らしい、美しいな、ここで写真を撮りたい。その気持ちとよく向き合って何がどう素晴らしいのか少し考えてみると良いです。それは自分の心がどう動いたのか?を自分自身で感じ取ること。例えば上の作品の場合は当初は「おっ、ここはイイ感じだ!」と思って撮ろうと思ったのが当初ですが、それだけでは具体性がなくカメラを手にした後に何をすべきか分かりませんでした。そこで「湖畔のサイトに美しい緑の光があふれ静かな時間が流れていた」と自分なりに感動したことを言語化してみます。

すると「緑の光」が伝わるようハイライトの位置を意識して構図し、光が魅力的になるような露出を探れば良いですし、「静かな時間が」を表現するために湖面や木の葉の一枚一枚に静けさをまとったような表現になるようシャッター速度を探れば良いのです。ねっ?作業に具体性が出るのがお分かり頂けるでしょう?

「いい感じ」で現実の様子をパチリとやっただけではよほどの絶景でない限り、陳腐な写真となってガッカリするものです。




EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS

いま、目の前にある風景や被写体。そこで写真を撮りたいと思った自分。その場所がいいと思った、好きだと思ったのだからその気持ちが何より大切です。その心をどうやって写真にして表現しようか?よく考えて心と向き合ってみましょう。

しかしそこでできることは限られているかもしれません。状況をよく把握してイメージが浮かんだら最初に画角(レンズ)決めましょう。景色や被写体の特徴をよくとらえ、そこにどのような光が存在し、どのように当たっているのか?影も見逃さずよくみてください。

上の作品は撮影場所が道幅の狭い農道でした。主題は牧歌的な風景にぽつねんと存在する赤い屋根の家です。撮影スペースの限られた場所でバイクと合わせて作品を生むのに無理がありましたが、バイクでここへ来たこと、伝えたかった風景を表現するにあたり考えた末、この構図となりました。

この作品を見て「よくこの発想が出てきますよね」と言われることがありますが、当初に写真を撮りたいと思った気持ちを納得の一枚にするまで撮影をやめないことです。気持ちと向き合い思考すること。多くの場合で時間と手間をかけて考え抜けば何かしらのカタチで納得の撮り方が見つけられます。




よく見てよく感じ、よく考えよく想像し、よく動いてよく試す。結果、出来上がったイメージを実際の写真へと実現させるにあたり、はじめて「撮り方」などの知識の出番になるのですね。

それともう一つは写真の勉強ばかりで写真を撮っていない人は上達は見込めません。たまに旅行に行くときにカメラを持っていくだけ…これでは画角の感覚さえ養えないですね。本当に最初にやるべきことは【写真を好きになること】なのかもしれません。写真を撮ることが好きな人であれば日常的にたくさんの写真を撮るものです。

写真が好きでたくさんの写真を撮っていれば、難しいことは抜きにノウハウが身に付いて上達すると思います。

何となくお分かりいただけたでしょうか?撮り方だけを覚えても良い写真が撮れない理由…。結局、最後は自分で考えるしかないのですね。ぜひ次の撮影から意識してみてくださいね。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング