望遠レンズで撮るツーリング写真の雰囲気とは

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、新年度で仕事が忙しかったり環境が変わったという方も多いかと思います。まだ落ち着かない生活かもしれませんが、そんな時は究極のツーリング写真をみて「あぁ、このブログはいつも通りだな」とホッとして頂ければ幸いです。

ところで今の時期、道路で引っ越しのトラックをよく見かけますね。引っ越し屋さんの車なら何も問題ありませんが、平ボディーのトラックに家財道具を満載した車を見かけたら距離をおいて走りましょう。風で積み荷が落下してくるかもしれません。最近、テレビで見かけたのですが高速道路でトラックの荷台からソファが落下してくる映像が紹介されていました。ソファのような形状だと地面に着地した後の軌道が予測しにくいので、回避は非常に難しいと思います。その他、畳やブルーシートなどもよく風圧で落下するようです。

この時期、ライダーにとって素人引っ越しのトラックほど恐ろしいものはありません。見かけたら積み荷の状態をよく見て車間距離を多めにとりましょうね。




さて、前回の投稿からツーリング写真における画角のお話を書いています。広角、標準、望遠といった画角の違いで写真の雰囲気がどう変わるのか?今までの解説とは違った観点で解説をしております。今回は前回の広角レンズに続いて望遠レンズでございます。

前回の投稿は こちら 

EOS6D Mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG C

望遠レンズとは一言でいってしまえば広角レンズでお話したことの真逆なのですが、そんな適当な解説はいたしません。望遠レンズの画角は狭く、遠くの物は大きく写せるのが望遠レンズだ…という当たり前のことも解説いたしません。野鳥の写真やサーキットでレースシーンを撮る場合は望遠レンズを使う、なんてことは誰でもご存じですよね…。究極のツーリング写真ではあくまで「ツーリング写真を撮る場合において」を解説いたします。

ツーリング写真において望遠レンズで撮った写真のもつ雰囲気とはこの作品の主題はこれですよドーン!と突き出てくるような雰囲気です。上の作品の場合は私の愛しきバイクBMW R1200GSを主題にしたものですが、ライダーも青い海も富士山さえもR1200GSを引き立たせる演出のサポートです。

写真を見た人が無意識下に感じる雰囲気のお話ですね。主題が突き出てくるような強い印象をもつ写真、それが望遠レンズで撮った写真の雰囲気です。この作品では望遠レンズを使う事でR1200GSに絶対的な存在感を持たせました。とてもインパクトがあると思います。

ところでこの写真の場所は南房総の保田海水浴場ですが、富士山までの直線距離がジャスト100kmです。望遠レンズを使用したことで神奈川や静岡から撮った写真なのか?とも思えるほど富士山が大きく写っています。




EOS5D Mark2 + EF70-200mmF2.8L IS

もうひとつ、望遠レンズの特徴として空間を圧縮するというのがあります。広角レンズの解説のときに目の前の風景を遠くに飛ばし、遠近感を出すのが広角レンズと書きましたが、望遠の場合は空間を「ギュッ」っと圧縮して遠近感を奪います。言い方を変えると密度を上げることなので、上の作品のように「たくさん咲いているヒマワリ」の「たくさんの」の部分を強調して表現するのに向いています。

望遠レンズで撮った写真の雰囲気として2つ目は「密度が高い」ということですね。たくさん咲いているお花に限らず空気中に存在するチリや水分などの粒子に光が当たっているとき、それらを望遠レンズで圧縮すると霞みとなって演出に役立つ場合もあります。




EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L2 IS

それとオマケでもう1つ。こちらは対比で魅せるやり方です。これは撮影場所がうんと下がれる広い場所でしか出来ませんが、望遠レンズを装着してバイクから距離をとることでバイクは小さく構成し、背景にある主題を巨大にして大小の対比を表現しています。これによって「富士山は本当に大きい」ということを表現しました。広角レンズの解説の時に景色の雄大さを表現するのが広角レンズと書きましたが、このように望遠レンズでも景色の大きさを表現することは可能です。

ちなみにこの作品、本当の主題としたかったポイントは中腹にある宝永山の噴火口なのです。富士山の写真というと美しい裾まで入れたものが通常ですが、たまにはこういった撮り方も悪くはないと思います。撮影場所は富士サファリパークの近くにある樹里木高原でございます。

~望遠レンズで撮った写真の雰囲気とは~

1.写真から被写体が迫るようなインパクトがある

2.バイクやライダーなど特定の被写体に絶対的な存在感をもたせる

3.空間を圧縮して無数に存在する被写体の密度をあげる

その他、望遠レンズの場合は被写界深度が浅くなるのでボケ味で表現できるというのもありますが、それは以前にも何度か解説したので割愛しました。

次回は標準レンズの画角について解説いたします。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング