意識改革で露出を極める☆ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、充実したツーリングライフで良い写真を撮っていますか?

今回は少々大げさなタイトルをつけてみましたが、写真ビギナーの皆さまが最初に難しいと感じる露出のお話を書いてみたいと思います。以前にも究極のツーリング写真では露出に関わる事を何度も書いてきました。それは絞りとシャッター速度の両者で写真の明るさを決めることや、絞りとシャッター速度には各々に異なる役割があり、それは写真の表現に役立つことなど。

今回は露出をシンプルに「写真の明るさを決めるもの」ととらえ、風景主体のツーリング写真で露出についてどのように考えるのか?を書いてみたいと思います。




EOS6D Mark2 + EF135mmF2L

いま目の前にある情景に写真を撮るぞ!とカメラを向けたとき。その範囲に存在する光の量を仮に100とします。では写真にするにはどうするのか?目で見た通りの明るさを再現するのか?カメラの評価測光に従うのか?あるいは教科書に従って18%グレースケールを用意して正確に適正露出100を求めるのか?

100ある光を必ずしも100で撮らなければ写真ではない!といったルールはありません。70にしようが160にしようが、極端な話として1でも500でも1000でも良いのです。カタログの説明写真や研究所の記録写真ではないのですから実在すらしない架空のルールに縛られないように気を付けましょう。どの明るさで撮るかはあくまで撮影者の意志で決めるもので、そこにある光の量は写真家が使える資源のようなものです。

目で見た通りの明るさを再現することに執着する方もいますが、目で見た通りの明るさは人間の眼球の露出に過ぎません。人間の目は100に対して状況に応じて虹彩が動き、80や120といった具合に露出変化させています。暗がりに目が慣れてくれば当初は見えなかった足元の段差も見えるようになりますよね。




EOS6D Mark2

私たちがツーリング先で出会う素敵な風景、そこでバイク旅の魅力を表現するためのツーリング写真を撮るにあたり、実際の明るさや目で見た通りの明るさを求めるのは一旦忘れてしまいましょう。目で見た通りではなく心で感じた明るさの再現を目指します。

それは被写体や情景が最も魅力的にみえる露出を求めることに他なりません。花なら花、夕陽が当たったバイクならその車体自体、そういった時、地面や空が白く飛ぼうが黒く潰れようがそれはどうでも良いのです。

被写体が最も魅力的に見える露出設定は今のところはカメラにお任せすることが出来ません。カメラはあくまで画面全体の平均や指定したポイントなどを測光する機能しかないのです。樹齢数百年の杉林の参道、その荘厳さを表現する露出、秋桜をふんわり柔らかく女性的に表現する露出、といったものはカメラではなく撮影者しか決めることができないのですね。

EOS6D Mark2 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6DG

そうと分かれば露出は撮影者のイメージの通りで良いのですから、表現の自由が与えられていることを強く意識してみましょう。私たち日本人は誰かが決めたルールやお手本を無意識下に遵守する真面目な人種です。しかしせめて写真の時だけは「我が道をゆく」を貫きましょう。定石通りの露出なんてク〇くらえです。

上の写真はマニュアル露出を使って実際の風景の明るさとはかけはなれた露出で撮った作品でございます。撮った本人の私でさえ、その記憶の糸をたどっていかないと満月を夜に撮ったのか?昼間に絞り込んで太陽を撮ったのか?夜なのか昼なのかよく分からない絵本の風景のような写真になりました。

実際には昼の3時くらいなのですが…実際にどうかは私にとって重要ではないのです。




写真ビギナーの多くが特に常識に縛られてしまうのが露出です。適正露出だのアンダーだのと撮影技法の観点では「見た通りの露出で撮る」ことは大切ですが、カメラ操作や基礎知識を覚え習得した人は、どこかのポイントで見た通りに撮る…は卒業。【適正露出で撮れる人】から【露出を表現としてコントロールする人】へ進化を遂げましょう。

経験を積むと写真家眼も進化します。すると被写体に当たる魅力的な光を感じ、それに露出を合わせることが出来るようになるはずです。まずは露出に対する意識改革をして次回の撮影から実践してみましょう。

今回はこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング