写真ビギナーはまず時間帯と太陽光を意識しよう

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、師走の冷え込みも厳しくなってきましたが、ツーリングに出かけられる方は日陰など路面凍結にお気をつけください。

前の投稿でイギリスが2030年までにガソリン車の新車販売を禁止すると発表したことを受け、バイクの将来像について色々と書いてみました。そこから数日して日本もそれに合わせるように政府から2030年までにガソリン車の新車販売を禁止するとありましたね。いよいよ車のEV化が本格的になってきたようです。

2030年になっても世の中からすぐにガソリン車が消滅する訳ではなく街中はガソリン車が走っているでしょうし中古車だって流通すると思います。しかしガソリン車に対する増税などのペナルティは何かしらの形であると想像できます。

それより我々バイク乗りにとって心配なのはガソリンスタンドが極端に減ってしまうことです。ただでさえ消防法に関わる地下タンクの設備更新ができず廃業するスタンドが多いのに、需要の急激な先細りが見えた昨今では廃業するスタンドは加速度的に増えると予想されます。

いつまでも今の愛車に乗ってツーリングをしたい!と願っても10年後にはガソリンスタンドが少なすぎて現在のように気軽にはツーリングに行けない時代になるのです。またガソリンの単価が石油税の増税や需要低迷の影響で高コストとなり、例えばリッターで1000円とかも有り得なくはないと思います。

もちろんその時代に我々ライダーが「このバイクが欲しい!」と熱くなれるEVバイクが存在していれば心配はさほどありません。EVバイクはこれから免許を取得するニュージェネレーションには受け入れられやすいかもしれません。しかし私のようなベテラン世代には新しい時代のEVバイクを受け入れられるか?はある意味で試練ですね。

前回も書きましたが本当に今から向こう10年が内燃機バイクを楽しむ最後の一時代と言えそうです。




さて前置きが長かったですが今回のツーリング写真解説は写真ビギナーの方が風景写真をどう撮るのか分からない、いつもツーリング先で風景写真を撮るけど何か平凡だ…とお悩みの方へ、まずは写真を撮る時間帯と太陽光の様子について意識してみましょう、というお話を書いてみたいと思います。

以前に究極のツーリング写真では何度か太陽光の向きと写真の関係について解説してきました。太陽を背にした順光の場合は風景が鮮やかに、逆光の場合はコントラストがある印象的な写真に、斜光の場合は被写体の立体感が表現できる…といった内容でしたが、この辺の知識はもう大丈夫でしょうか?

ツーリング写真は基本は風景写真です。その場所で「ここで写真を撮ろう」と思ったからには何か景色や被写体に特徴があり、それを受けて撮影者が気に入った場所な訳ですよね。しかしソレに向かってカメラを向けたとき、太陽の向きはどうでしょうか?当たり前のことですがスタジオ照明のように太陽の向きをその場で変えることはできません。




写真ビギナーの方が撮ってしまう平凡写真の多くは、太陽の向きと被写体の関係を意識できていません。また露出が難しいからと逆光を避けているケースも多いようです。実はそれ、全く逆です。太陽が高い位置にある日中ほど平凡な写真に陥りやすく、朝夕の傾いている日差しに向かって逆光で撮る方が空気や水分も写真になるような印象的な写真になります。

上の写真は何の変哲もない千葉の舗装林道で撮りました。山間いから差し込む朝の光が水分を蒸発する森の空気に当たって一筋の光線になっています。実際にこの風景は日の当たらない林道を走り抜けてくると「うわっ眩しいなここ」と感じるだけで通過してしまいそうでしたが、良い写真を撮るための良い光とは多くの場合で肉眼では確認できないものです。

朝夕の低い位置からの太陽光は素敵な写真が撮れる光が存在しています。その確認方法でお勧めなのはカメラをマニュアル露出モードにして太陽光下であればF18 1/100 ISO100でとりあえず1枚撮ってみます。すると目では見えなかった光と影の様子が確認できるので、それを踏まえて構図やアングルを模索し撮ってみましょう。

何かのモノを撮るという意識は一度捨てて、とりあえず光と影を撮ると切り替えてみるのも良いと思います。どんなに素晴らしい被写体もどんなに感動的な風景も光あってのものですからね。




「そこにいい光がある」そう気付くことが出来るまで長い道のりかもしれません。上達のプロセスで成長させるのは知識や撮影技法だけではなく、目、足、イメージ力、発想力、デザインセンス、そして被写体への理解…様々なものがあります。ある日、いきなり上手くなることはありませんが、ある一枚の写真が「そうか!なんとなく分かったぞ」と教えてくれるものです。

あせらず一歩一歩で上達してくださいね。

今回はこの辺で!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング