はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮るか5

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今日から11月ですね。11月というともう年が終わってしまうようで一抹の寂しさを感じます。しかしバイク乗りとしては最後のベストシーズンですので張り切ってツーリングに行きましょう。もちろんカメラを持って!

さて前回までで初めてツーリング写真に挑戦される方向けにツーリング写真の撮り方と作例をご紹介しています。今回で5回目となります。




では続きを!

廃墟を撮ってみよう

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

廃墟というとそれを専門にしているマニアがいるのは現在となっては知られていますよね。昔からロングツーリングをしていると山中や海岸で廃墟はよく見かけるものでした。廃業した旅館であったり誰も住まなくなって寂れてしまった集落であったり。

廃墟も前回の素掘り隧道と似た雰囲気の写真になりますが不気味さ、崇高さから非日常を感じさせるアドベンチャーツーリングフォトが成立します。

撮る時のポイントはその被写体の特徴をよくとらえ、その部分を分かりやすく構図すること。被写体の雰囲気に似合った露出やホワイトバランスを選ぶことです。上の作品の場合はレンガ造りの崩れ具合や質感を表現するのに望遠の画角を、不気味さや寂しさを強調させるようにアンダー気味の露出を選んでいます。




走行シーンを撮ってみる

RICOH GR APS-C

走行シーンの撮影は主に2つ。1つ目はお友達と協力し合って撮影者が走りゆくバイクを撮るパターン、これが一般的です。よく流し撮りでカッコよく決めていますよね。でもコレって普通すぎて究極のツーリング写真流ではありません。2つ目は上の写真のように撮影者側も走りながら撮ってしまうのです。

もちろん片手運転などは危険なのでいけませんが、カメラのインターバルタイマー機能などを使えばカメラをストラップで首から下げた状態で連写できます。そのほとんどが失敗写真ですがベストと呼べる1枚をサルベージすればご覧のような迫力の一枚が生まれるものです。

こういったシーンで知識のある人ほど「動きのあるシーンはシャッター速度優先モードで」と考えがちですが、そういった知識や経験はエキサイティングな設定を試すチャンスを逃すものです。この写真を撮ったときは絞り優先モードで絞り込んで走ってみました。すると日陰に入った場所で極端な低速シャッターとなり流れ具合とバイクの縦ブレで迫力の1枚が生まれました。




何気ない休憩で自然に撮ってみよう

自然に撮るとは写真を見る側があたかもその場にいるような臨場感を与える写真です。画角は標準の50mm前後を使用して構図やらデザインやら「撮り方」はほどほどに裁量する。簡単なようで難しい写真です。

写真ビギナーの方が撮ってしまう平凡な記録写真と紙一重な面があり、派手さや驚きこそないものの、1枚の写真が観賞者を旅の世界に誘うような不思議な1枚になるのです。なかなか一朝一夕に成就する領域ではありませんが私もそんな写真に憧れて写真活動をしています。

いかがでしたか?次回はいよいよツーリング写真の作例集の最終回でございます。

お楽しみに!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング