はじめてのツーリング写真☆バイクと風景をどう撮るか3

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、芸術の秋を楽しまれていますか?普段、芸術とは縁遠い…なんていう方もたまには美術館に足を運んでみると良いですよ。知識がなく観賞の仕方など分からなくても実際の目で芸術作品を見て、館内の空気を感じるだけでも良いと思います。

それとツーリングの途中で美術館に立ち寄るのもお勧めです。例えば裏磐梯にツーリングに行くなら磐梯吾妻スカイラインに入る前に諸橋近代美術館、箱根なら伊豆スカに入る前にポーラ美術館に行ってみましょう。

さて前回までで初めてツーリング写真を本格的にやってみよう、と思っているツーリング写真ビギナー向けにツーリング写真とは何なのか?具体的な作例でご紹介してきました。ローカル鉄道とバイク、季節の風景でのツーリングシーン、港での撮り方、富士山と組み合わせる場合…などなど。まだまだたくさんの作例がありますので、今回は続きを書いてみたいと思います。




山の風景とツーリング写真

EOS6D Mark2 + SIGMA12-24mmF5.6-6.3DG

山で撮る場合、木々から差し込む光をとらえてみましょう。上の白樺林の作品のようにたくさんの木々がある場合は広角レンズを使って絞り込んで地面からパンフォーカス。露出はその場所の雰囲気が最も魅力的になるように実際の明るさの再現ではなくイメージの露出を実現するのがポイントです。

また僅かなカメラアングルの違いで光の様子も一変するのでバリエーションでいくつか撮って帰ってからじっくり選別するのも良いと思います。天気や時間帯によっては森から発する水分で靄がかかったり、ブルーアワーが幽玄的になったりと表情が変わります。

いきなり撮るのではなく森のフィトンチッドを吸収してリラックスし、耳を澄ますように景色を感じ取ってください。

ワインディングロード

EOS6D Mark2 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6EX DG

ワインディングロードは写真を見た人が「この道を走ってみたい」という衝動に駆られるよう、道の魅力を1枚の写真にしっかり凝縮して仕上げてみましょう。

不思議なことに写真の観賞者とは写っている内容はどうであれ、まずパッと見た瞬間にその写真の構造によって視線を動かしてそれを楽しんでいます。写真の観賞者を目で楽しませる要素は線、色、図形といったデザインの要素。

画面という長方形の四角の中に、これら線、色、図形を巧みに構図することで写真の構造が出来上がり見栄えがよくなるものです。上の作品は宮城側からアプローチした早朝の蔵王エコーラインですがコーナーの曲線を画面の右下から入れ視線誘導に、なおかつセンターラインがオレンジなのが色の要素として印象を誘います。

いつも写真とは奥深いものだな…と実感するのですが「構造が出来上がり見栄えがよくなる…」と書きましたが見栄えが良ければいい写真とは限りません。本当に訴えたいのは作者の感動した1つの美です。この作品では朝焼けに染まりゆくワインディングロードを主題にして撮っています。




海岸とツーリング写真

EOS1Dx + SIGMA150-600mmF5-6.3DG F6.3 1/200 ISO100

海岸で撮るツーリング写真はズバリ言ってしまうと写真ビギナーの方に超お勧めでございます。理由はいたって単純です。背景がシンプルで構図を作るのが簡単だからです。景色の開けた海岸に行けば海、空、砂浜しかないのです。同じような海のシーンでも前回にご紹介した港とは大きく違います。

上の作品は海岸の駐車場に台風で海岸の砂が堆積してしまい、どこまでが駐車場なのか良く分からないような場所でした。海岸に車両の乗り入れを許可しているのは限られた場所ですので、むやみに砂浜にバイクを入れるのはやめましょう。

海岸でツーリング写真を撮る場合のポイントは時間帯です。日中の日の高い時間帯に行っては夏休みの思い出のような子供じみた写真になります。空の表情、海の波の様子などに注視し日の傾いた時間帯を逆光で狙ってドラマチックな作品を撮ってみましょう。

EOS1Dx + EF14mmF2.8L F2.8 1/6 ISO100




いかがでしたか?ツーリングと言えば山か海ですよね。ツーリング写真でバイク旅の魅力を伝えるなら山の魅力、海の魅力を貴方なりの感じ方で表現してみましょう。ビギナーの方でしたら好きな写真家の撮った写真やSNSで見かけたカッコいい写真を真似してみるのも悪くありません。しかしどこかのポイントで真似はやめて自分なりに感じたことを個性的に表現してみましょうね。

ツーリング写真のバリエーションと作例集、大変好評ですのでまだまだ続きます。

お楽しみに!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング