写真ビギナー向け☆ツーリング写真の基本撮影テクニック

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ネットで見かけた情報なのですが2021年の東京モーターサイクルショーも残念ながらコロナの影響で中止が決まったそうです。

公式の発表はこちら

モーターサイクルショーのコンセプトが見て触れて…なので展示車両が感染対策等で触れることが出来ない、人気ブースでの密集を避ける手段がない…ということなのでしょうか。せっかくバイクブームの兆しが見えているのに残念で仕方ありませんね。

さて今回はツーリング写真という文化を広めてバイク旅の魅力を世に発信しよう!そしてライダーは芸術的と呼べる素晴らしきツーリング写真を撮りましょう!という当ブログのコンセプトの基本に帰って、写真ビギナー向けにツーリング写真の基本的な撮影テクニックを簡単に書いてみたいと思います。

ツーリングのワンシーンを切り取る

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

「ツーリング写真」って何?と聞かれれば一言でいってしまえばツーリングのワンシーンを切り取った写真。ツーリングで出会った美しい風景を作者なりに表現したART写真です。ツーリングに行った時に「やっぱ俺のR1200GSはかっこいい」と愛車の写真をパチリと撮った写真は愛車写真。宗谷岬の碑に愛車をおいて「ようやく着いたぞ!」と撮った写真は記念写真。これら説明的な記録写真とは根本的に違い、人に見て感動してもらえるような写真がツーリング写真です。

愛車写真と記念写真はもしかしたら数十年、あるいは100年以上の未来からみれば時代を切り取ったARTに変貌するかもしれません。しかし少なくとも現代に見る限りでは平凡な記録写真です。撮った本人が個人的に楽しむ範疇であり、表現ではないのでARTとは言えません。

ツーリング写真はライダーが旅先でみた感動の景色や被写体、あるいは旅の世界そのものを表現したART写真を目指すものです。ついバイクを主役に撮ってしまうのがライダーの心理ですが、愛車との記念写真は自分で見る用に別で撮っておきましょう。




道の魅力で想像を誘う

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L IS

ツーリング先で愛車の写真を撮るのではなくツーリングのワンシーンを撮る???これだけではビギナーの方にとってどう撮っていいのか?よく分からないですよね。そこでお勧めの撮り方は道の写真を撮るよう意識してみることです。

この道は最高!と感じる道はライダーならみんな知っていますよね。道は旅写真として最高の被写体です。道の先にあるであろう…未だ見ぬ景色を求めて走り抜けるぞ、というStory性を表現できるので、被写体に道を選ぶだけで素敵な写真になります。

ポイントは道に寄るか望遠レンズで寄せるかで道の存在感をしっかり出すこと。道の先をバイクやライダーの姿で隠さない。白線や路肩との境界を導線として構図する…など惰性的にシャッターを切るのではなく道を強く意識してみましょう。撮影者がその道の何がいいと思ったのか?をよく考え、特徴をとらえて表現するのです。




出会った被写体は夕景で切り取りたい

EOS6D Mark2 + EF35mmF2IS F11 1/125

ツーリング写真はツーリングのワンシーンを切り取ったもの。だから風景の中のバイク+ライダーを撮りたいのですが先ほどご紹介した道の写真の他に、旅先で出会ったものと写すのも素晴らしいです。

しかし多くの風景写真の場合において日中の日の高い時間帯は説明的な写真に陥りやすいものです。朝焼け、夕焼けの時間帯であればそれだけで情緒的な雰囲気をもった写真になります。ポイントはただ一つ、簡単なことです。他の皆が宿で食事をしている時間、キャンプ場で夕餉の支度をしている時間、まだ寝ている早朝など多くの人がツーリングしていない時間帯にそのドラマチックな風景は姿を魅せます。

つまり皆が走っていない時に走るのであります。




宗谷丘陵 白い貝殻の道

いかがでしたか?この他にもまだまだあるので次回に続きを書いてみたいと思います。ツーリング写真とはツーリングのワンシーンを切り取ったART写真であること。皆さんも私と一緒に広めていきましょう。

今回はこの辺で!!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング