写真ビギナーとベテランは何が違うのか?写真の出来栄えを左右する違い

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、紅葉の便りが各地から届き始めていますね。私も早く紅葉の山々をR1200GSで駆け抜けたいです。地元房総半島の紅葉は12月初旬なので、まだだいぶ先ですけどね。

ところで今朝、通勤の最寄り駅でこんな光景を見かけました。前を歩く女性がお札を落として気が付かず歩き去ってしまったのです。少し離れた後ろからサラリーマン風の男性がそれを拾ってダッシュで追いかけて女性に渡していました。素晴らしいですね。

たぶん私が男性と同じ位置にいたら同様に走って届けたと思います。普通の人はそうしますよね。私はこの駅で何度も財布を拾ったことがありますが、必ず交番に届けるようにしています。きっと落とした方は困っているでしょうしね。しかし、ふと思ったのですが持ち主の顔が想像もできない場合、つまりお金だけが元々そこに落ちていたらどうだろう?ましてや周囲に誰も居なかったら?果たしてお金だけを拾って交番に届けることは出来るかな?自分にそこまでの道徳心があるのか少々自信がありません。

お札を落とした女性の姿、財布の中身から想像できる落とし主の存在、見知らぬ他人とはいえ困った人の姿を想像することで芽生える親切心。しかしその手掛かりになるものがなかったら…より高い道徳心が要求されるシーンとなりますね。




EOS6D mark2

さて今回は<初級>ツーリング写真解説として写真ビギナーとベテランは一体何が違うのか?というお話に触れてみたいと思います。

私は写真をはじめて15年くらいになり、稚拙ながらも作品と呼べるものを目指して写真活動をしております。思えばビギナーだった頃は撮影地で何をして良いか?分からないことだらけ。途方に暮れていたのを今でも記憶しています。

つい先日、趣味で写真をやられている職場の先輩からこんなことを聞かれました。

「写真の初心者とすごいベテランの人って一体何が違うのでしょう?やっぱりセンスの問題?」

これ、よく聞かれます。それくらい写真ビギナーの方のお悩みは共通しているのでしょう。いったいベテランと何が違うの?と。

一言でいってしまえば何もかも違うのですがそれでは不親切なので一つ一つ説明してみたいと思います。まずカメラの構え方とかシャッターの押し方なんてものは難しくはないので初心者の人でも少し練習すれば問題なく操作できると思います。よってこの部分に大きな違いはありません。

次に感覚ですね。この風景や被写体が写真になったらどうなるだろう?と想像できる感覚。200mmの望遠レンズであの背景を引っ張ったら、手前のバイクの位置関係はこうなるだろうという感覚、太陽が薄雲に隠れた瞬間にF16の1/250で切るぞ!と露出が出てくる感覚。感覚は豊かな経験を元に肉体的な要素で養うもので、いくら本を読んで勉強しても仕方のないことです。紙屑を5m先のゴミ箱に投げ入れるにはどうしたら良いか?説明できないのと同様です。

次に目、写真家眼です。視力のことではありません。被写体や風景をよく見てその特徴を見出す目。そして撮影場所の空間や状況を把握する目。細かな特徴に魅力を感じたらよりらしく撮るには?といった具合に「写真家の目」には次のフェーズに結び付ける大切な役割があります。上の作例では穴のたくさん開いたディスクローター、太陽光が当たって輝くスクリーン、こういった細かな特徴を目でみつけて魅力的な写真にするための材料にできないか検討するのです。




次にフットワーク。多くの撮影シーンでベストアングルとよべるものは1つしか存在しません。そして最初にカメラを構えた位置がたまたまベストアングルだった…なんて事は頭上に隕石が落ちるほど確立として低いです。ましてやバイク、ライダー、ヘルメット、花、岩、海、遠景には富士山といった具合にいくつもの要素が存在すれば、ベストアングルを探り当てるまで膨大な労力が必要です。AとBを近づけたいなら右に動くか左に動くか…?ハイアングルが狙える登れる場所はないか?考えなくても無意識に足が動くのがベテランです。上の写真ではディスクローターの穴に海面のハイライトを重ね、スクリーンの輝きが三角の頂点となるようアングルを探り当てました。

次に引き出しの数。こんなときはこうしよう!様々な表現手法や演出に関わるノウハウを脳内にある「撮り方の在庫ヤード」から検索をかけてchoiceする能力です。写真ビギナーは在庫ヤードの中にせいぜい三分割構図と露出補正くらいしか無いので在庫不足です。撮り方の引き出しは数個では全く商売にならず、ベテランなら数百から数千、または今在庫にないものはinspirationで生み出そう!というクリエイティブ精神まで持ち合わせています。

次に感受性、ハートサイドです。写真ビギナーとベテランで決定的に違う部分はおそらく此処です。風景でも被写体でも、まずはその特徴を受けて特別な感情がこみあげてこなければ作品と呼べるものは成立しません。センスよりもどんな心の持ち主になるかが大切なことです。どうしても最初の頃は上手に撮ってやろう、という欲望に支配されてしまいますが、本当にARTと呼べる作品には欲望はなく純粋に作者の心が写っているものです。




これらを統括して「写真の表現力」と言っていいと思います。その他にも写真をただの記録ではなく芸術としてどれほど見識を深めているか、といったこともビギナーとベテランの大きな違いであると思います。きっと写真ビギナーの方はロバートキャパや荒木経惟は知っていてもアンセルアダムスやブレッソン、ユージンスミスなどは知らない…という人が多いのではないでしょうか。

「あっ写真はARTなんだ」まずはこの認識から始めてみましょう。ベテランの人は写真はARTであることを自分なりに理解しているものです。ただ、この道ウン十年というベテランであっても、いつまでもARTに開眼せずに承認欲求に支配されたままの写真を撮り続けている人もいます。そういった人は「カメラユーザーのベテラン」であり、そのような写真は目指すべきではありませんので読者の皆さまはお間違いないように。

承認欲求に由来する上手な写真、綺麗な画像は写真ビギナーの方にとって最初のステップとして設定するのは悪い事ではないと思います。カメラを手にした人がいきなりARTを意識するのも無理がありますしね。ただしあくまで最初の一段目であり通過点なのを忘れずにいれば良いと思います。上手な写真、綺麗な画像、すごい写真というのを最終目標にしないようにしましょうね。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング