マニュアル露出に挑戦したい人へ

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ツーリングのベストシーズンをいかがお過ごしでしょうか?東京の人もGOTOの対象になりツーリングで宿を使う人にはいいですね。ニュースによると高級なお宿の方がお得感があるので人気なのだとか。私も一度はツーリングで高級なお宿に泊まってみたいです。

ところでつい先日のことです。私のInstagramに海外の女性からコメントがありました。聞くとアメリカ人でイエメンの内戦地で活躍している米軍兵だとか…写真もセクシーな姿でジムにいるところや迷彩服で装甲車に乗っているようなものが…。どれもそれっぽいのがアップされているのですが、どこにもバイクや写真といった私の趣味との共通点がありません・・・。

そんな人がなぜ日本の私に??これ国際ロマンス詐欺っていうらしいです。やり取りを続けて親密なっていけば、やがて「私の家族が日本で家を建てるので手続きに必要なお金を立て替えてくれ」といったお金の話に発展します。嫌ですねぇ~こんなのばっかりで。皆さまもお気をつけください。

詐欺とそうでない人を見分けるポイントは共通点ですね。自分の趣味や好きなモノ、ライフスタイルなどSNSに挙げていることに対して相手にも共通点があるか?それと自分のPOSTに関心をもってくれているか?もポイントです。こちらの写真にまったく感想やリアクションなく一方的に「友達になろう」みたいな輩は怪しいです。これってリアルな人間関係にも言えますけどね。




さて今回はカメラの操作において露出を自分で決める「マニュアル露出」について書いてみたいと思います。マニュアル露出と聞くとプロとかカメラ上級者の域というイメージで敷居が高いと感じている人も多いかもしれません。ベテランの人でも夜景や星空の時しか使わない、なんて方も多いのではと思います。

新潟県佐渡市

多くのカメラに搭載されているAモード(絞り優先)、Tモード(シャッター速度優先)は写真の明るさを決める露出はカメラのAE(自動測光機能)にお任せです。自動測光した結果を受けて撮影者が露出補正を入れるのが多くの人がやっている手法だと思います。

一方でMモード(マニュアル露出)は絞りもシャッター速度も自分の任意で決めるので最初の基準がありません。景色の明るさを受けて絞りとシャッター速度の相互関係を加味し、数値を頭に浮かべなければいけません。おっここはF11の1/200でいこう!といった具合に。

「それはオイラには無理!」「アタシには一生できる気がしない」なんて言わないでくださいね。簡単なやり方があるのでご説明します。




まずはISO感度/F16の法則を使え

ISO感度/F16の法則をご存じでしょうか?ベテランの方でしたら「またずいぶん古い話を引っ張ってきたな!」とお思いになるでしょう。それくらい昔から言われている屋外撮影においての基本露出なのです。

地球上にいる限り、太陽との距離関係はどこに居ても同じなので明るさは一緒という考えです。絞りをF16に設定したらシャッター速度はその時のISO感度と同じ、例えばISO100なら1/100にすれば間違いないですよ!という意味です。

もちろん日中の屋外撮影で晴天であり、且つ太陽が雲に隠れていない時です。

何だか嘘みたいな話ですがNASAが国際宇宙ステーションから地球の様子を写真にするときにISO200 1/200 F16で撮る事、と言っているくらいですから信用して大丈夫です。冒頭の詐欺の話とは違います。

写真は光をとらえるもの・・・と同時に「撮影」という字の通り影を撮るものでもあります。よってART写真であれば光と影の様子を理想的にとらえた露出を目指したいところです。しかし評価測光はどうしても画面全体を平均で評価しパラメーターに基づいて決めるので説明的な露出になってしまい、光と影の様子を…なんて考えてもくれません。

ISO感度/F16で撮ると1/3か2/3段ほどアンダーじゃない?という写真が撮れます。そこですぐに露出を変えずに構図を再考してみましょう。その露出で撮るにはどう構図したら良いか?です。くどいですがもう一度「光をとらえ影の様子を撮る」の言葉を思い出すのです。当初は被写体を見て構図を考えたと思いますが、ここでは光と影を注視してもう一度、構図を練るのです。

言葉ではよく分かりませんが上の写真を見ていただければ意味がお分かり頂けると思います。光の存在を影を意識して撮るだけで、こんなに美しくなるものです。これが評価測光だと説明的な露出になってしまい光の美しさが出ないのです。




ISO感度/F16を身に付けたらそれを基準に徐々に露出の感覚を身に着けていくと、しばらくすると脳内露出計が貴方にも備わります。それはカメラに内蔵されている露出計より少しだけアンダーになると思います。

マニュアル露出を使いこなし露出の感覚を身に付ければ大きな自信にもなります。ビンテージのフィルムカメラも使いこなせるようになりすよ!ぜひ挑戦してくださいね!

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング