ツーリング写真の魅せ方シリーズ第14回<フォトレタッチで魅せる>

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いい写真を撮って写真をライフワークとして楽しまれていますか?当ブログでは写真のことを度々「芸術、アート」として発信してきました。カメラやスマホで写真を撮るという行為は誰でもやることなので「芸術」なんて大げさに聞こえるかもしれません。

しかし写真を撮る楽しさを知り、人に見せて喜んでもらう幸福を味わったからには「もっといい写真を撮りたい」という願望がわいてくるのは自然なことだと思います。そこで憧れる「いい写真」とは作者の個人的な発表なのですから、それは立派な芸術作品だと思いませんか?

プロではないんだし趣味として写真が上手になりたいだけだよ・・・分かります。始まりは皆さんそんな感じだと思います。私もそうでした。しかし本当に良い写真を撮るには「趣味として上手に…」程度ではその他大勢の中に紛れるだけです。デジタル写真主流の現在は昔で言う「上手い写真」なんてゴマンと溢れているのが現状です。それらと同じ写真を撮っても生きがいを見出すことは難しいでしょう。

そこでお勧めなのは「写真家宣言」です。写真家とは国家資格でもなければ免許制度でもありません。権威ある第三者のお墨付きもいらないです。自分が写真が好きで写真を撮っている人であれば誰でも写真家を名乗って問題ないです。もし恥ずかしければ口にはせず心の中で「自分は写真家」という誇りをもって明日から写真を撮ってみましょう。それだけで貴方の写真が変わっていくとお約束します。





さて前置きが長かったですが今回はツーリング写真の魅せ方シリーズの最終回<フォトレタッチで魅せる>を解説してみたいと思います。

Adobe Lightroom classic

フォトレタッチ。それは撮影後に画像をパソコンに取り込んで、レタッチアプリケーションで写真をデジタル処理で手直しする行為です。明るさであったり彩度であったり、コントラストであったり或いは余計なモノを消去したり、懐かしい写真のようなトーンにしたりと様々あります。

デジタル写真が主流となって久しい昨今。フォトレタッチという文化も一般に浸透して月日が経ったと感じます。つい10年くらい前は完成度の高いレタッチ作品に驚かされたり、盛ることしか考えない人が画像の破壊行為をしていたり…そんな事が多かったように感じます。

今はフォトレタッチにも作者それぞれの考えの元で行われている成熟期に入ったのかもしれません。写真ビギナーの方にとってフォトレタッチはインチキのように感じるかもしれません。実はフォトレタッチ自体は古くからあるもので、フィルム時代は職人さんが手作業で行っていたのですが現在ではデジタル技術の進化で一般に浸透したという事です。

使い方を間違えなければいけないことではないのです。

RICOH GR

フォトレタッチは広告や雑誌など商用写真の世界では当たり前のように使われていますが、個人が使う場合はどのような考えのもとで行うのか?この辺を解説してみたいと思います。

フォトレタッチは撮影時に描いた写真イメージ(こう撮りたいという想像の写真)に対してカメラの操作などではかなわなかった部分を後で補うもの、そんな感じでしょうか。有名なアプリケーションはPDFでお馴染みのAcrobat ReaderをつくっているAdobe社のPhotoshopまたはLightroom、その他はSilkyPIX、Capture One、キャノンのカメラを購入したときに付属するDPP(Digital Photo Professional)などがあります。これらのアプリケーションはフォトレタッチの他、記録形式をRAWで行う場合のRAW→JPEGへの現像にも使用されます。





今回、ツーリング写真の魅せ方シリーズの最終回としてご紹介するのもフォトレタッチも写真の演出の1つであると感じたからです。写真の演出…構図、比率、デザイン、露出、画角、被写界深度やシャッター速度…どれも写真を魅せるための表現=演出でありフォトレタッチもまた然りなのです。

こう撮りたいと脳内で描いた写真のイメージ…それが撮影時にカメラ操作等だけではかなわなかった部分。それを補うのがフォトレタッチ。例えばこんなシーンです。もう10年以上前に北海道をツーリングしたときの1枚です。燃えるように染まる夕刻のキムアネップ岬(サロマ湖)でR1200GSと撮った写真です。このようなシーンの場合、夕空と湖面が明るく、地上側は暗い。そしてその差は大きくカメラのダイナミックレンジ(写せる明るさの範囲)を超えてしまいます。

空と湖をイメージ通りの露出にするとバイクは真っ黒でバイクであることすら判別できない。逆にバイクが写るように露出を設定すると空と湖は明るすぎて雰囲気が出ない。

この時はバイク側に露出を合わせて撮ってみましたが、持ち帰って見直してもガッカリするだけで、以降はストレージ内で眠らせていました。その写真を去年に掘り起こしてLightroomの段階補正機能で直してみました。空と湖の部分だけを選択して露出を下げたのです。このようなレタッチを良しとするか否かは置いておいて、ストレージ内でゴミ同然だった画像が想い出に昇華したことは価値のあることだと思います。

EOS5D Mark2 + EF70-200mmF2.8L

このような問題はハーフNDフィルターなる半分がサングラスのようになっている減光フィルターでも解決できます。レタッチ否定派の人はこういった光学的な手法にこだわっておられるようですが、出来上がった写真だけを比較してどちらがハーフNDフィルターか?どちらがフォトレタッチによるものか?を判別するのは困難だと思います。

特に我々ライダーは持っていける機材量に限りがあるのですから、フィルターだのレフ板だの、やたら荷物を増やすことは歓迎できませんよね。そういった意味でフォトレタッチはツーリングライダーにとっても価値のあることと言えます。

Lightroomの補正前、補正後表示

フォトレタッチの恩恵を最も大きく受ける写真は上のような天の川や星景写真だと思います。少なくともこのブログを書いている2020年秋現在ではカメラには星を綺麗に写す気の利いた現像プリセットはありません(Pixel4、Xperia、iphoneなどスマホの方が進んでいます)。空のかすみによって明瞭に見えない星空もそのまま画像にしてしまいます(上の画面で左側が撮影時)。

全てのデジタルカメラは撮った瞬間はRAWです。RAWとは撮像素子(イメージセンサー)から得たデーターの集合体です。素子の1つはR(赤)G(緑)B(青)の三原色からそれぞれが何%であるかをカメラのCPUに伝えます。例えば2000万画素のカメラであれば2000万個のRGB情報を持つ素子の集合体です。しかしそれではデータ容量が重すぎて使い勝手が悪いのでデータを端折って圧縮し、風景モードやポートレートモードなどの決まったレシピでレタッチして画像データ化したのがJPEGです。

つまり全てのデジタルカメラはカメラ内のコンピューターが自動でフォトレタッチしているのですね。

上の天の川の作品では撮影時は画像に写っていない部分、しかしカメラはちゃんと撮っている領域をLightroomを使って呼び起こしているのです。言ってみれば「おいおい、カメラ君よ天の川はもっとちゃんと見えるだろうによ!」とお直しをしてあげる行為です。




天の川の写真を発表すると「実際はここまで見えないでしょ?」と聞かれます。確かに実際はここまで鮮明に見えていませんでした。しかしカメラはその様子を捉えていたのですから、それが明瞭になるよう調整することは悪いこととは思えません。どこかの天体画像から切り取って貼り付けた訳ではないのです。紛れもなくそこで私が見ていた天の川の様子をレタッチで表現しています。

もしLightroom等のフォトレタッチなんて邪道だ!という事であれば、それはコンピューターがカメラ内で仕上げてくれた写真が正統である、という意味になります。カメラのコンピューターが自動で仕上げたものが正当であるなんて、おかしな話だと思いませんか?

SNSを見ていると撮影情報を記載する場に「撮って出し」と誇らしげに書く人を見かけます。ご本人は「邪道なるフォトレタッチなどせず撮ったときのままです」と潔白を表明して好印象を狙っているのだと思いますが、実際のところは「フォトレタッチはカメラ任せでした」または「たまたまカメラ任せの仕上げがイメージ通りの最高のものでした」という意味になります。

究極のツーリング写真の読者の皆さまは間違っても「撮って出し」を自慢しないでくださいね。

EOS6D Mark2

フォトレタッチに限らず写真の演出に関わるあらゆる手法を否定する「ナチュラル派」という考えは今も昔も存在します。「ありのままの現実を撮るのが写真の正しい撮り方である」と他人へ押し付けるナチュラル派も少数ですが存在します。

写真の演出に関わる考え方は人それぞれなのでナチュラル派(またはナチュラル派もどき)から否定的なコメントを受けても、しっかりした考え方を持っていれば全く動揺することはありません。

一方、フォトレタッチを否定する風潮を生んだ理由も理解はできます。それは思わず顔を背けたくなるような過度のレタッチ写真というのも残念ながら見かけるからです。それらは写真を良く見せよう、SNSなどで目立たせようと彩度やコントラストを極端に上げた写真…いや画像のことです。デジタル写真はもともと緑の彩度が高いので、さらに彩度を上げると緑が蛍光グリーンのように不気味になります。そういった過度なレタッチをする人は春になると空や人の顔までピンクかかった桜の風景写真を作るから恐ろしいです。

その他にも過度にレタッチするとトーンジャンプ、色飽和などご本人の知識にはない画像破壊が起きて、せっかくの高性能カメラで撮った写真も台無しになります。

そのような写真は撮影者が「いい写真」に憧れてイメージを再現したレタッチではなく、単純に目立たせたい目的で盛ったもので今回シリーズで解説している写真の魅せ方とはまったく趣旨の異なるものです。

目立たせる目的のみで写真芸術への見識の浅い人が過度のレタッチをしてしまう行為。それは人間の承認欲求という根深い欲望に支配されてしまった哀れなる風景写真です。元画像の方がずっと素敵な写真のはずですが残念なことに哀れなる風景写真もSNSでは「いいね」がたくさん付いてしまうので、ご本人は間違いに気が付く機会すらないものです。

EOS6D Mark2 EF35mmF2 IS

今回は写真ビギナーの方向けに解説しておりますので、フォトレタッチについてあまり深くは書きませんが・フォトレタッチはいけない事ではない ・フォトレタッチは撮影時にかなわなかったことを後で調整すること とだけ覚えて頂ければ十分だと思います。

もしフォトレタッチに興味を持たれたのであれば、いきなり有料のアプリケーションを使うのではなく、まずはカメラに付属していたソフトか無料で使えるアプリケーションで始めてみましょう。まずはレンズに付いていたゴミが写り込んでしまったものを消去するとか、露出を少しだけ補正するとか簡単な作業でいいと思います(レンズの汚れは本来であれば日頃から清掃しておきたいところです)。

ツーリング写真の魅せ方シリーズ 最終回の<フォトレタッチで魅せる>でした!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング