ツーリング写真の魅せ方シリーズ第12回<魅せ方は無限大>

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ネットは活用されていますか?活用されている…なんて言われても現代人にとって無くては不便なくらいネットは重要なものになりましたね。このブログもネットで見るものですしね。

先日、検索サイトで調べたいことがあって幾つかのワードを入力しました。1つは時計のことを調べるのに「プレサージュ」、正しくはプレザージュだったのですが…。その後、しばらくしてネットを見るとページ上に表示される車買取りの広告がありました。その広告に日産プレサージュの高価買取!と書いてあり何でプレサージュ…?とその時は不思議に思いました。また別の日にネットでハッセルブラッドの「ステラ」を検索すると、今度は数日後に同じ車買取の広告でスバルステラの高価買取!と出ました。

あぁ…なるほど、検索歴に基づいたリスティング広告だったか。しかし全くお門違いなリスティングで思わず笑ってしまいましたが。この辺の正確さが今後はAIで更に改善されていくのでしょうけど、何だか気持ち悪いというか怖いですよね。




さてツーリング写真の魅せ方シリーズもいよいよ終盤です。いままで露出、被写界深度(絞り)、シャッター速度、望遠や広角レンズ、構図やデザイン・・・様々な手法でツーリング写真の魅せ方があることをご紹介してきました。今回はそんな定番の魅せ方に限らず、魅せ方はアナタ次第で無限大ですよ!!!という事を書いてみたいと思います。

スペースで魅せる

EOS6D mark2 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6DG

例えばこんな魅せ方です。私は千葉県民なので海の写真が多いのですが…、東京湾に沈む夕日に遠方には富士山。SIGMAの超広角ズームレンズで撮った夕陽のツーリング写真です。

通常ならこのようなシーンでは空にウロコ雲でも広がって、その様子が沈む夕日に照らされてマゼンタに染まっているとか、そんなイメージを膨らませてしまいます。この場所に着いた時、雲がひとつも無いことに正直ガッカリしました。しかしどんなに願っても現実は変えることができません。それが写真というものです。

そこで今ある現実の様子に特徴を見出して、それがうったえたい一つのコトを表現する手段に使えないだろうか?今あるこの景色のどこに自分なりの「美」があるだろうか考えてみます。

特徴→雲ひとつない それを読み解くと空に存在する繊細な階調(グラデーション)が美しいこと…と答えが見つかりました。この場合の「答え」とは自分なりの答えです。ビギナーの方がやってしまう「正解探し」とは似て非なるものです。

そうと分かれば雲ひとつない空のスペースを12mmという超ワイドな画角で切り取り、少々大げさなくらいにR1200GS+ライダーを小さく構図しました。バイクはあまり小さくし過ぎると気が付いてもらえないほど存在感が落ちてしまうので、ご覧のようにハイライトと重ねるなどの工夫を施しています。

有名な手法ではありませんがスペースで魅せる表現方法です。




埋め尽くしてのぞき穴で魅せる

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L IS

これはたまに見かける「のぞき穴構図」の応用版ですが、絞り開放で手前の桜をボカすことで深度で魅せる表現とハイブリッドさせています。

ボケている手前の桜とR1200GS-ADVENTUREが置いてある場所の桜は50mくらい離れているので、合焦している桜とのコントラストを作ることができました。また少々高度な話ですがR1200GS-ADVENTUREを配置したところはフィボナッチスパイラルの黄金比構図に合わせています。

カメラ位置のすぐ近くにあった桜に穴のようなポイントを見つけたので思いついた撮り方です。逆に言うと遠景の建物や周囲にあった電柱や電線など、写真にしたくない要素を隠した撮り方でもあります。

被写体をよく見て認識し、状況を把握して出来ることを考える。その結果、この場合はこれしかない!と納得できる魅せ方を自分なりに考えて完成させるのですね。難しいように聞こえますけど、こうやって自分で考えるのは楽しいものです。




シャッターチャンスで魅せる

EOS6D Mark2 + EF70-200mmF2.8L IS

忘れてはいけない大事な魅せ方の一つはシャッターチャンスで魅せるやり方です。「シャッターチャンス」という写真用語はあまりに有名なので今さら感が否めませんが「ここだ!という瞬間、二度と来ないチャンス」という意味で間違いはありません。しかし重要なことはそれがやってくることを信じて待機することなんです。

もちろんやってこないで空振りに終わる事も多々あります。奇跡が起こると信じていることは奇跡をイメージ出来ていることに他ならず、いい写真を撮るために貪欲な想像力の持ち主であることを象徴します。

上の写真は北海道の名もない広域農道で撮った道のツーリング写真です。空には雲が流れていて、太陽が光を落とす地面には影が道をツーリングしていました。「影が道を走っている」そんなイメージをつくってかなりの時間をかけて撮った1枚がこれです。実際には影はすごく早くて時速40km/hくらいでしょうか。まさにスポーツシーンを撮るような感覚でしたね。

黒バックで魅せる

EOS6 mark2

これは<露出で魅せる>の応用型で黒バックで魅せるやり方です。山桜の花に露出を合わせれば、おのずと日陰になっている背景は黒く潰れます。すると黒色のバック紙を置いたようにアーティーな1枚が仕上がるのです。これと真逆に白バックを作る事もできます。アート系フォトグラファーの常套手段ですね。

今回のツーリング写真の魅せ方シリーズは今までの解説の統括的に書いてみました。写真ビギナー向けの内容ではないかもしれませんが撮り方は今までご紹介した有名なやり方以外にもいろいろあるよ!自分で考えても楽しいよ!という事だけ知っていただければ良いと思います。

次回はちょっと深いお話でツーリング写真の魅せ方シリーズ<なにもしないで魅せる>をいってみたいと思います。

お楽しみに!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング