R1200GS全塗装完了☆R1200GSオールペイント

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ここのところR1200GSの全塗装のことで4回も続けて書いてきましたが、次回から写真の解説を再開しますのでもう少々お待ちを…

さて今回は全塗装した外装をR1200GS-ADVENTUREに装着しましたのでRICOH GRで写真を撮ってみました。

はい、こんな感じでございます。塗装前のオリジナルカラーであるアルピンホワイト×サンドローバーはベージュツートンのシートが良く似合っていましたが、今回の紫とちょっと合わなかったので2008’R1200GSのブラックのシートを装着してみました。




今回塗装したこのソリッドの紫はルノーカングーの限定車に使われたタンタシオンヴィオレという色です。ホルツのMINIMIXで簡単に注文できました。ルノーは限定車で洒落た色をよく出すのでオールペイントを検討中の方はチェックしてみて下さい。

今回、あまりに大胆な色を選択したので暴走族っぽい下品さが出ないか心配しましたが大丈夫だったかと思います。ちなみにかつてのBMW R100GSというOHV世代のGSではこんな感じのパープルが存在していました。古くからGSを知る人には懐かしい色と言っても良いかもしれませんね。

しかし派手なのは間違いないですね…。乗っていて最初は落ち着きませんでした。派手さの種としてはカワサキのライムグリーンに通ずるものがありますが、あちらはNinjaブランドの象徴として世に浸透している色です。バイクの色としては多くの人に「見慣れた色」な訳ですね。ところがこの紫は…賛否分かれるかもしれません。

まあ、バイクの色なんて完全に好みですからね。メーカーには車体のデザイナーとは別にカラーデザイナーというのがあって、車体の造形やキャラクターに見合った理想的なカラーを作る専門家がいるそうです。しかしユーザー側に好みの色というのがある訳ですし、長く乗っているとイメチェンしたくなる心理もありますよね。今回の全塗装のように車体に付いている外装部品とは別に、中古の外装を一式用意すればいつでも元に戻せるので手軽です。




もし今回塗装した色に飽きてしまったら、またサンドペーパーで削って新たに別の色に塗ってもいい訳です。自家塗装であれば1万円程度の予算で実現できます。

私の2008’R1200GS イグニスのブルーに全塗装しています

個人的に感じたことですがR1200GS-ADVENTUREはソリッドのカラーが良く似合い、R1200GSの方はメタリックカラーが似合うのではと思います。実際、純正色でもR1200GS-ADVENTUREはマグマレッド、アルピンホワイト、グレーマットといったソリッド色が採用されていて、R1200GSの方はチタニウムシルバーメタリック、ルパンブルーといったメタリック色が存在します。




たぶん日本に一台のアドベンチャーですね…どこかで見かけたら「究極のツーリング写真の人ですね」とお声がけくださいね。

それではまた!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング