空冷R1200GSの中古車をディーラー以外で格安で買う場合

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、4回に分けて空冷R1200GSの中古車を買う場合の注意点や基本的な知識について書いてきました。ツーリング写真解説を楽しみにしてらっしゃる方は、申し訳ありませんが次回から再開しますので少々お待ちください。

・空冷R1200GS中古車 中期、後期型の見分け方とラインの違いはこちら

・空冷R1200GS中古車を買う場合の注意点 その1

・空冷R1200GS中古車を買う場合の注意点 その2

今回はこのシリーズのまとめで最終回としたいと思います。

EOS6D Mark2

この記事を書いている2020年3月現在で中古車の相場を確認する限り、空冷R1200GS(中期、後期型)の中古車相場は80~120万円くらいのようです。今から12年前にディーラーで新車購入した私からみると、いま買う人は実に羨ましいです。10年以上が経過したとはいえ褪せることのない究極のツーリング性能はそのまま。程度の良い個体が割安で売られているのですからね。

BMWの新車はやっぱり高いです。例えばR1200GSプレミアムラインでサイドケース、ナビゲーター、補助ライトキットといったオプションを装備すると、諸費用も入れれば250万円は軽くオーバーでしたからね。

バイクの中古車に限らず全ての中古相場に言えることですが相場とはその時の人気により需要とタマ数のバランスで決まります。空冷R1200GSがアドベンチャーバイクというカテゴリーを生み出した元祖であることは前回も書きました。あのセンセーショナルな登場から時間が経過した現在でも「アドベンチャーバイク」というカテゴリーは不動の人気ですが、いまカスタマーの関心の対象は最新のR1200GS、R1250GSや新興勢力である他社製のアドベンチャーバイクです。

空冷ヘッドのR1200GSが今でも大人気ではないのですね。その割に、新車当時は売れに売れた人気車種だったので流通量が多く結果、中古車相場が割安になっているという状態なのですね。例えばまだアドベンチャーバイクとしてブレイクしていなかった世代のR1150GS₋ADVENTUREなんかは発売から20年近く経つモデルなのに希少なため中古車相場は100万円オーバーです。さらに言ってしまうとOHVヘッド世代のR80GSなんかは程度が良ければ200万円とかで売っているのです。




EOS5D Mark2 + EF14mmF2.8L

さて今回は空冷R1200GSを中古車で購入するにあたり、最後の仕上げとして購入店や走行距離などのお話をいってみたいと思います。

ディーラー認定中古車

ディーラー認定中古車はBMWモトラッドとして補償をつけた信頼のおける中古車です。この制度は4輪でもBMWディーラーでよくやっていますが特徴としては新車よりも保証期間が長いことです。例えば前回にも書いたようなABSコントロールユニットなど故障すれば30万円オーバーといった高額修理費が発生しても保証範囲内であれば安心なわけですね。

しかし信頼と保証がある分、価格は割高です。認定中古車として選ばれている個体は程度の良いものが多いので新車時のような安心感が欲しい人はBMW認定中古車がおススメです。

専門店ではない中古車店

国産車やBMW以外の輸入車など、BMWを専門としないバイク屋さんで購入する場合はどうでしょうか?ディーラーでないとできない整備やノウハウが無い分、アフターサービスが不安ですね。整備だけでなくリコール情報やサービスキャンペーン(リコールまでいかない自主回収)もディーラー以外では不安が残ります。

しかし見つけた個体が欲しい条件と合致していて、なおかつディーラーで買うよりも安いときたら気になりますよね。巷では大手中古車&買取専門が勢力を拡大し、その評判はあまり良い噂は聞きません。しかし評判の悪い大手中古車店であっても在庫している車両の全てがハズレな訳ではありません。

専門店以外で買う場合、お店側にR1200GSについて詳しい知識が無いとすると、例えば前回に書いたようなクラッチのカタカタ音をタペット音と勘違いして低く評価しているかもしれません。実はエンジンは絶好調だったりして…だとするとお買い得ですよね。

もし購入後に不調などで困った場合は、最寄りのディーラーに相談することも可能です。「別のお店で買った車両ですが…」と言っても嫌な顔をするディーラーはないと思います。別の店で買ったから、という理由で修理代や整備代が特別高くなることもありません。

かつての愛車 空冷ボクサーエンジンの911

私は昔、空冷エンジンのポルシェ911を専門店ではない砂利の青空駐車場の怪しいお店で買いました。この個体はシフトリンケージが外れかかっていて、ギアシフトフィールが渋く、その状態を見た店員がミッションに重大な問題があると判断したのでしょう。相場よりかなり安い値段まで下げてくれました。結果、外れかかっていたシフトリンケージを正しい位置に取り付けただけで調子よくなったのですけどね。あの時はラッキーな買い物でした。この車も空冷R1200GSと同様に10万キロ程度走ったくらいではヤレた感じなど全くなく、質実剛健なドイツのクラフトマンシップを感じる一台でした。

話は脱線しますが空冷911の最大の泣き所は「手放した後の喪失感と深い後悔」と誰かに聞いたのですが、それが本当であることを現在になって実感しています。

個人売買

最近はヤフオクだけでなくフリマアプリでもR1200GSが売っているのですから凄い時代になりました。個人売買と聞くと保証はありませんし、その後のトラブルも心配ですよね。

しかし中古業者、中古車販売店のマージンが無い分、売る方も買う方もウインウインな訳です。それに売り手は買い手と会って取引をするのですから、問題点を隠蔽して売るなんてタチの悪いことは実際にはなかなか出来ないと思うのですけどね。

個人売買の利点は前オーナーによってどのような使われ方をしていたのか分かる事です。ディーラー管理であったか?リコールは全て済ませたか?オフロードは走っていたか?などなど。

出品者が近県でしたら実車確認もそれほど負担ではないので少しでも安く購入したい人に個人売買はおススメです。




お買い得な過走行車

実は日本の中古市場とは特有の風潮のようなものがあって走行距離が2万を超えたものは査定額が下がるのです。今は昔ほどではありませんが車体自体の程度よりも走行距離を気にするユーザーが多いのが要因と推測されます。しかしR1200GSをはじめとするBMWは、たった2万キロ程度の走行では慣らしが終わった程度であり、これからがオイシイところです。中古市場で走行距離が理由で安くなっていれば、それはお買い得なのですね。

おススメは3~4万キロくらい走っていて、距離が理由で通常の相場よりも安い車両です。もちろん走行距離は短い程いいのですが、新車のような個体ではいまだにBMWらしいプライスタグが貼ってありますので、ここでは少しでも低予算でR1200GSを買いたい方への情報として書いておきます。

付いているとラッキーなオプション

BMWの純正オプションは新品では高額なものばかりです。サイドケース左右、トップケース、ナビゲーター、補助ライトキットなどが元々装着されていればお買い得です。逆に言うと車体を買った後にディーラーで新品を購入しようとすれば腰を抜かす出費となるでしょう。ケースなどのオプションを後で買う場合は、やはりヤフオクなどで中古品を狙いましょうね。

容量の拡張機能がある純正サイドケース

R1200GSの純正サイドケースは蓋が横に開くタイプで容量が可変式です。多くの中古車で元々装備されているのを見かけます。アドベンチャーの場合はこれと違いアルミ製のシンプルなボックスで容量は可変しません。しかし、両者は互換性がありそれぞれのマウントさえ用意すればどちらも取り付け可能です。

純正補助ライトキットはR1200GSのクチバシに装着されます。中期型はハロゲンにプロジェクターレンズ。このオプション、私としては一押しでございます。とっても明るいので夜間に暗い道を走るときに重宝するアイテムです。

R1200GS-ADVENTUREの場合はバンパーにマウントされます。これはDOHCヘッドの後期モデルなのでLEDです。LEDはハロゲンと違って球切れの心配が少ないですが体感的には中期のプロジェクターの方が明るく感じます。

コクピット側の電源ソケット

ヘラー型の電源ソケットはハイライン、プレミアムライン共にシート下に標準装備されていますが、写真のように追加でコクピット側にも設置できます。純正の電源ソケットは後付けと違ってCAN-BUSの管理下になるので何かと使い勝手がよいものです。

R1200GSにするかR1200GS-ADVENTUREにするか?

R1200GSアドベンチャー

R1200GSにするかR1200GS-ADVENTUREにするか迷う方も多いと思います。ADVENTUREは派生モデルなので基本は同じバイクである…と多くの方がイメージすると思いますが、実際に乗って見ると両者は全くキャラクターの違うバイクであると体感できます。

アドベンチャーはオフロード走破向けにサスペンションストロークが長く、プリロード量も多いので車高が高いです。その副産物としてR1200RTのようなツアラーと同等の乗り心地が提供されます。33Lのビッグタンク(R1200GSは20Lタンク)と大型のスクリーンでロングツーリングとオフロード走行が素晴らしいです。一方でライダーの体格を選ぶバイクでもあります。

GSとGS-Aを近くに並べるとこんな感じです。圧倒的にGS-Aの方が大きく感じますね。

体格や取り回しにおけるスキルの問題をクリアしている人であればアドベンチャーも選択肢に入れて検討してみましょう。舗装路での軽快なスポーティーさを重視するならR1200GS、オフロード走行と長時間走行での快適性、そしてビッグタンクによる航続距離の長さが魅力であればR1200GS-ADVENTUREです。

なかなか両方を所有している人のコメントは聞けないので貴重なインプレですよ…これは。




やっぱり水冷ヘッドの新型の方がいいかな??

購入予算に余裕のある人はヘッドが水冷化された現行モデルの中古、あるいは最新のR1250GSの新車も検討されていると思います。私は2013年モデルの水冷ヘッドのR1200GSは少しだけ試乗しましたが、空冷モデルとは印象の違ったバイクでした。

感じとしてはパワー、トルク、足回りに至るまで全体にパフォーマンスアップで元気よく走るバイクへ進化した!という感じです。半面、GSの本来の魅力であるツーリングを楽しむためのツーリング性能はやや薄れた感じです。しかし水冷化されたヘッドは長時間の渋滞でもオーバーヒートの悩みから解放されますし、長いリアサスペンションアームはオフロード走行でも走破性良好と聞きます。

クルーズコントロール、キーレス、TFT液晶メーターなどハイテク装備も空冷モデルの比ではないほど満載です。使いこなせば快適なことこの上ないです。最新型のシリンダーヘッドは可変カムまで装備しています。ただこの世代のGSもそろそろフルモデルチェンジと噂されています。新車を検討中の方は次期モデルが出るのを待って、次期モデルにするか現行モデルをディーラーさんに値引きしてもらうか検討するといいかもしれませんね。

ここだけの話、ディーラーさんが早く処分したがっている新車在庫って、びっくりするほど安くしてくれる場合があるのです。

まとめ

今回、4回の投稿にわけてR1200GSの中古車を選ぶ際のチェックポイントを書いてみました。これを見ればディーラー以外のバイク屋さんや個人売買で安いR1200GSを購入しても不安点は解消できると思います。基本は頑丈なバイクですのでファイナルギアやABSユニットなどを押さえておけば大丈夫だと思います。

つい先日も改めて2008’中期型のR1200GSに乗って南房総を一周してきました。やはりこの空冷ヘッドモデルの中期型は理想のGSだな!とつくづく実感しました。後期型のように4000回転付近での微振動もありませんし穏やかなふけ上りでマイルドな特性。ハイテク装備も控え目で適度なアナログ感。それでいてスポーティーな妙がたまらなくイイです。こんな事を言ったらBMWに怒られますが、もしかしてBMWはこの型のR1200GSをこのように作ったのではなく偶然このよなバイクになったのか?とも感じます。特に最近のR1250GSを見ているとそう思わざるえない…という感じですね。

以上、R1200GSを買って12年、R1200GS-ADVENTUREと2台持ちのR1200GS馬鹿である私のインプレッションでした。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング