超広角ズームレンズSIGMA12-24mmF4.5-5.6DG バイク写真作例集

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、前回の投稿でヤフオクで中古のSIGMA超広角ズームレンズ12-24mmF4.5-5.6DGを買いました!というお話をしました。今回はその12-24mmF4.5-5.6で撮った作例をご紹介してみたいと思います。

12mm

まずは前回の投稿で「ここで24mmが欲しかった」と書いた場所へ再び行って試し撮りしてみました。これはワイ端の12mmです。やはり中央の小さな島よりも手前のテトラポッドの存在が強い構図になります。

日の高い日中に逆光ぎみで撮りましたが、中央よりやや右上あたりにゴーストが入りました。

24mm

そしてこれが欲しかった24mmです。中央の島が程よい大きさになって手前のテトラポットの存在感は一気に控え目になりました。そして全体の広がり感も広角レンズらしさがあります。

この島の背景にある堤防にR1200GSを停めて撮ってみたくて、この場所にこだわっていたのですが、よく見ると無断で入って良いか微妙な場所だったので諦めることにしました…。




次に強い逆光で撮ってみましたが想像していた以上に逆光耐性が良好で不自然なフレア、ゴーストは見当たりません。これならキャノンEF14mmF2.8Lと大差ないように感じます。しかしよく見ると周辺光量落ちがだいぶ目立ちますね。これはこれでOKの場合もありますが…

LightroomのレンズプロファイルにちゃんとSIGMA12-24F4.5-5.6DGが入っていました。周辺光量落ちはプロファイル補正ワンクリックでOKです。

この通り、周辺光量落ちはキレイに補正され歪みも有る程度は補正されました。




次に期待していたコクピット風景での走行シーンを試してみました。狙い通り14mmでは両ミラーが画面に入りませんでしたが、12mmではばっちり画面内に入ってくれましたよ。

しかし良く見ると、この時は太陽を背に走っていたのでミラーが反射していました。至近距離の逆光にはさすがにゴーストが発生しています。ただこれはキャノンEF14mmF2.8Lのときも良く出ていたことで、比較すると少し派手に出ていますが私は嫌いではないです。

EOS6D Mark2 + SIGMA12-24mmF4.5-5.6DG

こんな感じのは以前は無理でしたからね…ずっと撮りたいと思っていたコクピット風景のイメージが実現できた感じです。これで紅葉の林道とか桜のトンネルとかで撮ってみたいです。




と、いう事で買って良かったSIGMA12-24mmF4.5-5.6DG!ツーリング写真の作例集でした。超広角レンズにご興味をもっておられる方にお役に立てれば嬉しいです。

今回、感じたのはメーカー純正や高級なレンズと比較しても、収差や逆光時のゴーストなどは大きな差はないな…少なくとも価格差以上の差は体感はできないな、と感じました。もちろんSIGMA12-24mmF4.5-5.6DGも2003年の発売当初は約10万円したレンズなので高級なレンズなのかもしれませんが、それでもキャノンEF14mmF2.8Lが30万円であることを考えると…超広角レンズという意味では安いレンズと言えます。

カメラ選び、レンズ選びは「こんな写真が撮りたい」というイメージに対して具体的に条件を作って検討するものです。今回の私のように24mmが欲しいときがある、コクピット風景で両ミラーを画面に収めたい、といった具合に要求に具体性が出てはじめて検討すべきと感じます。

メディアで話題になっているカメラやレンズとはみな新製品です。新製品は当然ですが中古の入手が難しいですし、ユーザーが欲しくなるように策略的に宣伝を打っています。つい欲しくなるのは分かりますが「欲しい」だけでカメラやレンズを購入しても、撮る写真に変化がなければガッカリするものです。

撮りたい写真のイメージ、これが大事ですね。

今回はこの辺で!!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング