脱ビギナー!「ナニ写真か?」しっかり分けて撮ってみよう

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、夏バテしていませんでしょうか?そろそろ、この夏の暑さが体に堪えてくる時期ですね。

先日、改めてネット上でツーリング写真に関わるトレンドを調査してみましたが、2年ほど前にくらべると、だいぶ記念写真、レポート写真の割合が減って素敵なツーリング写真が増えてきたな、と感じました。

当ブログの活動の成果なのか分かりませんが、少しづつツーリング写真が認知されてきたようで嬉しい限りです。

いまざっと検索したところツーリング写真を専門で運営しているブログやWEBサイトは現在でも当ブログだけでした。もちろん雑誌関係やメーカー系でバイク写真の撮り方を公開しているページはありますが…サイト自体がツーリング写真の専門はたぶん世界中で究極のツーリング写真だけではないでしょうか。

勝手にオンリーワンと思って喜んでおりますが正直すこし孤独でもあります。ビジネス用語で言うとブルーオーシャン戦略ですかね。まあ…まだまだツーリング写真はこれからなので、当たり前なんですけど。




さて今回は<初級>ツーリング写真解説としてツーリング写真ビギナーの方々に、いま撮ろうとしている写真は「ナニ写真なのか?」を意識してみましょう!という解説をいってみます。

ナニ写真ってナニよ???意味が分からないと思いますが、写真には出来上がった時点で様々な役割があって、事実を人に伝えるもの、なにかの記念として大切に保存する写真、時代性を記録する、様子を備忘録として記録しておく、製品の形や色を伝えるカタログ的な写真、コマーシャル的写真、ジャーナリズム、犯罪などの証拠、エロス…などなど本当に様々です。

そんな多岐にわたる写真の種類と役割の中で、どの種の中にも「いい写真」は存在し得るもので、そしていい写真を決めるのはいつも写真を見る側だと思います。しかし誰しも憧れるのは先に挙げましたどれでもない「芸術的写真」または「ドキュメンタリー写真」「リアリズム写真」ではないでしょうか?

このように写真の種類「ナニ写真」を意識することで、明日からのツーリング写真が少し変わるかもしれません。まずはバイク写真に関わるナニ写真をいくつかご紹介してみます。

1.ツーリング記念写真

記念写真はその名の通り、ツーリングに行ったらカメラ目線ばっちりで撮る写真な訳です。ダサい写真のようですが決してそんな事はありません。

こういった写真はご自身が数十年後、または人生を振り返る終末期にたいへん重要な意味が出てきます。写真の中は時間が止まっていて「あの時の自分」が記憶と共に蘇ってくるのです。

または婚活や何かのコミュニティでプロフィールとして使う用途にも適しています。カメラ目線で撮ったことで人物像がよく伝わる写真になるのです。

2.ツーリングレポート写真

景色の中に愛車を置いて普通にパチリと撮れば「こんな場所に行ってきたよ」という事実を伝える写真の完成です。それを見た誰かが「いい景色、私もここに行ってみたいな」となるのがツーリングレポート写真です。

この写真は今年のGWに北海道に行ったとき、美瑛の丘エリアに着いたときにスマホで撮った写真です。私はこの写真を撮ってすぐにFacebookで「いま美瑛の丘エリアを満喫しております」といった内容の投稿をしました。

このように場所がどこであるのか、見た人が分かりやすいよう標識が入るとレポート写真らしくなります。この写真は北海道のオロロンライン、サロベツ原野付近にある夕来展望所です。やはりスマホで撮った写真です。私はこういったレポート的写真を撮る場合、わざわざEOS6D Mark2やRICOH GRを使いません。いつもポケットに入っているiphoneの方が簡単で手間いらずだからです。

こういったレポート写真は多くのライダーがSNSやブログ用として撮っている写真で本当に良く見かけますね。

3.バイク写真

R1200GSアドベンチャー

バイク写真とは愛車自慢、愛車をかっこよく写すことに全てを注いだカットです。バイク乗りなら誰しも自分の愛車のことをカッコイイ、愛おしいと感じているものです。それであれば写真が撮りたくなるのは当然の心理です。

こういった愛車の写真はあとで自分で眺めたり、SNSなどでその車種やジャンル(アドベンチャーバイクとか)のコミュニティーで発表するのに適しています。

こちらもレポート写真と同様にSNSやブログでたいへん多く見かける写真ですね。

4.ツーリング風景写真

構図内でバイクの大きさは小さく、またはバイク無しでも良いので風景を主体に撮った写真です。バイク乗りはせっかく魅力ある地へ旅するのですから、出会った素晴らしい風景を写真にするのは当然のことですね。

1から3では記録写真としての役割の写真をご紹介してきましたが、ここで一気に写真芸術としての趣味性が出てきました。

人に見せる写真ですね。

5.グルメ写真

ツーリングレポートとして良く見かけるのがグルメ写真ですね。ツーリング先で見つけたお店、美味しいものを写真を撮ることで伝える役割があります。

食べ物の写真もただ撮るのではなく美味しそうに伝えるのがポイントですね。コツは窓際席に座って窓からの採光を逆光ぎみにして撮ると食材の質感が伝わります。

その時の状況、お店の雰囲気など情報を伝える役割がある写真です。それを意識して撮ると見る側にも役立つ写真となりえます。

さてここまでは記念、記録、情報を伝えるものといった事実をそのまま写真にしたバイク写真です。これを撮るのはそれほど難しいことではありません。カメラの操作方法や基本的な知識さえ身につけてしまえば、スマホでもコンデジでも綺麗に撮ることができます。回数をこなしていけば構図やアングルも上手になっていき「写真、お上手ですね」と言われる上手い写真が撮れるようになるでしょう。

これらは事実を記録しておく写真としてそれぞれに役割があり、決して否定されるものではありません。これからもカメラやスマホはこういった写真を撮り続けていくでしょう。それに時代が変われば「むかしのツーリング風景」として違った印象の写真になるはずです。

しかし写真を愛する一個人、写真をライフワークに生きる、これから写真をやっていきたい…という人が撮る写真ではありません。これらはみんなが普通に撮っている日常的な写真なのです。




ここから先は当ブログ 究極のツーリング写真が提唱している新たな時代のムーブメント(になってほしい)である人の心にひびく作品、誰かに影響を与えるような芸術的作品としてのバイク写真をご紹介していきます。

☆ツーリング写真☆

網走で名もない風景

当ブログが定義している【ツーリング写真】とはバイクツーリングのワンシーンを表現した写真です。バイクで旅をすることの素晴らしさ、その魅力を1枚の写真で伝えるものです。見た人がバイク乗りでなくても「オートバイでツーリング、いいかも」と思えるような写真です。

EOS30D + EF28-70mmF2.8L 28mm

ツーリング写真も事実の記録であることは間違いありません。しかし撮影者がバイク旅で感じたものを作品にこめているのがツーリング写真です。単なる情報ではないのですね。

上の作品のように道の写真は見る人を旅に誘う最高の被写体です。そう写真を見る人を意識すること、感じたことや心に入ってきた景色を伝えることがツーリング写真の魅力です。

夕刻の野営地

主にライダーの姿をからめたツーリングシーン、道、キャンプなどがツーリング写真のシチュエーションです。そこには多かれ少なかれ演出の類は入りますが、演出は伝えたいことを表現するための一つの手段なのです。

☆ツーリングスナップ☆

ツーリングスナップ…私が勝手にそう呼んでいるこのジャンルはバイクツーリングでライダーが目撃した被写体、情景のことです。必ずしもバイクやライダーを写す必要はありません。ただ通常の旅行やツアーではまず見ない景色を、作者の旅風景として伝えるものです。

とはいえツーリングスナップについては、まだ私も考えついて間もないので、これから時間をかけてツーリングスナップについて考えていきたいと思います。

☆ツーリングリアリズム写真☆

ツーリングリアリズム写真…これも先ほどのツーリングスナップ同様に私が勝手に言っているだけのバイク写真ジャンルの1つです。ライダーの視線を再現してツーリングのリアルを伝える写真です。

単に走行風景を撮るということではなく、ライダーの目線としての心象風景を目指しています。やはりこのツーリングリアリズム写真についても、まだまだ研究の余地があり時間をかけて熟成させたいと思っています。




今回の投稿でバイク写真ビギナーの方々へ何が言いたかったのか?といいますと以上に挙げたような写真のどれにも該当しない、空っぽの写真をまずやめましょう!ということです。

・・・ナニ写真とも言えない空っぽの写真

こんな風にバイクを停めて休憩したついでに撮った写真バイクの方へカメラを向けて何も考えず、何も感じないまま撮った1枚とは惰性的な画像です。写真は撮りたいけど面倒くさいから…。よく分からないから…。これでは撮った側も見る側も面白みや感動もありません。役立つ情報も楽しさもない空っぽな写真です。

こういった写真を撮らないようにまずは意識してみましょう。

ここまで挙げた1~5までの写真は既にみんなが撮っている写真です。ツーリング写真、ツーリングスナップ、ツーリングリアリズム写真はこれから話題になるであろう、バイクツーリングを社会的に認知させる新たなムーブメントとして可能性を秘めています。

私が学生の頃、アニメ好きとえば冷ややかな目でみられオタクとか気持ち悪いと女子からも敬遠されたものです。しかし数十年の歳月を得てアニメは日本が誇るカルチャーとして世界から注目されるまでになりました。

鉄道写真も同じです。かつて鉄道写真は車両にフォーカスされた比較的閉鎖的な写真ジャンルでしたが、中野精也さんの「ゆる鉄」で一気にブレイクし、鉄道写真を撮る女子「鉄子」が流行するほど認知されました。

これと同じようなことを当ブログ 究極のツーリング写真は目指しています。まずは惰性的に撮っていた写真をやめて、ナニ写真かを意識してみましょう。カメラの操作方法や写真の知識がついてきたら、少しづつで良いので写真を見た人に喜んでもらえるツーリング写真を撮ってみませんか?

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング