前景のボケ具合をコントロールし最高のバイク写真構図を!!

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、ここ最近になって過去に書いていた写真に関わる基本的なことを、現在の考えの元で書き直しております。特に多くの方が悩まれている構図について、フレーミングによる見せ方、前景を作って奥行を出す方法、などを解説してきましたが如何だったでしょうか?

構図、アングル、フレーミング、デザイン、露出、望遠や広角などの焦点距離、深度のコントロール、長時間露光、流し撮り、などなど。他にもありますがこれら撮り方はあくまで写真の表現手段です。

撮り方を身に着けるのは大切なことですが、いい写真を実現させるための最重要なことではありません。同じくらい大切なのは好きなもの、好きなこと、それらを見つける喜び、ときめくこと、感動すること、優しさなど、ハート面も忘れずに磨きをかけて下さいね。

さて今回の<初級>ツーリング写真解説では前回の3レイヤーつくって奥行きのある構図を作ろう~の続きでございます。

EOS1Dx + SIGMA35mmF1.4ART F4 1/1250 ISO100

前景、被写体、遠景(または背景)の3レイヤー、またはそれ以上の層の構図を作ることに成功したら、まずは合焦ポイントをハッキリと決めましょう。ピントを合わせる場所です。

次に前景や背景をどこまでボカすか?ですがこれらは全て正解などはなく、撮影者のあなたが独自で決めるものです。どう決めるかのカギはそこで写真を撮ろうと思った理由の中に隠されています。

絞りはレンズの中にある穴ポコの大きさを調整することで、ピントの合う範囲またはボケ具合を調整できることです。絞り込むとピントの合う範囲が広がり開くと薄くなります。…がこういった絞りに関わる解説は世に溢れていますし、そもそもカメラの説明書にも記載されているので、ここでは割愛いたします。

例えば上の写真であれば海岸での休憩シーンを撮った1枚であり、休憩しているライダーの存在を意識させる構成で作りました。姿こそ写っていませんがこの写真の主題はライダーです。前景にあるR1200GSのリア部分、遠景には海に向かって走りゆく女性の姿。これらは副題にすぎずメインではありません。

では主題は姿がないのにどうするの???木のベンチに置かれたヘルメット、脱いだジャケットとブーツ、これで解放感を満喫してこの場所にいるライダーを連想させ、それを主題にした写真なのです。

主題がヘルメット達と決めたら合焦ポイントはヘルメットです。R1200GSの後部はバイクに詳しくない人が見ても、それがバイクであると分かる程度にボカす。遠景のボケ具合は主題を引き立てる程度にボカす、その結果としてF4という絞りをこの場合は選択しました…という事です。

これが観賞者を作品の意図に導くための構図作りとなります。あくまで一例ではありますが。




F1.4 F1.6 F1.8

これは冬のキャンプシーンで前景にスイセンを置いた構図です。F1.4からF1.8までの開いた絞りの例、つまり被写界深度が浅く前景や背景が大きくボケる設定です。しかしここまでボケていると抽象的でキレイと言えるかもしれませんが、このシーンに似合う表現とは思えません。

F2.8  F3.2  F3.5

少しづつ絞り込んでいくことで前景の様子が明らかになってきます。これくらいで花の種類はスイセンなのかな?と多くの人が認識できると思います。スイセンが咲いている→冬であることが伝わる。このシーンに限っては花の種類で季節を感じさせたいですね。

F8  F9  F10

さらに絞り込んでF8、F9、F10の作例です。誰の目にも前景の花はスイセンであることが明らかで、逆光によって花に光が透過しているのが美しく見えます。この場合はスイセンはあくまで前景ですが、ここまで立派に咲き誇っているのであれば、その質感や光も表現したいですね。逆に傷んだ花が多かったり雑草も混じったりして立派とは言えない場合は絞りを開いて抽象的な美しさを狙うのもありだと思います。

F16

こちらはF16まで絞り込んでみました。ここまで被写界深度が深いとピントピークをどこにもってくるかも重要です。上の写真は失敗しているのですが本来であればR1200GSとスイセンの間のどこかのポイントにピントピークをマニュアルで合わせてパンフォーカス(全てにピントが合っている)を狙うべきシーンです。

スイセンの花に光が透過し、それによって伝わる質感でキャンプシーンを演出した写真です。F1.4などのボケボケではその意図は全く伝えられず、F8くらいでは普通すぎて印象に残りません。このシーンでは目一杯絞り込んでパンフォーカスを選ぶべきですね。




EOS1Dx + EF70-200mmF2.8L F2.8 1/1000 ISO100

こちらの作品は白樺林(ダケカンバかな…)の林道で小休止しているツーリングシーンを撮ったものです。白樺林はとても美しかったですが、合焦付近では線が多くゴチャゴチャした背景の中でR1200GSアドベンチャーが沈んでしまいます。

そこで絞りをこのレンズ(キャノンEF70-200㎜F2.8L)の解放値であるF2.8を選択し大きくボカしてみました。この構図の場合、白樺林の中で休憩するライダー+バイクなのでこの構成ですが、逆にライダーが目撃した美しい白樺林、という意図の作品を作るのであれば構図を変えてバイクをボカして白樺林にピントを合わせても悪くありませんね。

〇〇が△△だと感じたからF2.8に設定して背景をボカした、〇〇が△△だと気が付いたのでF22まで絞り込んで前景からパンフォーカスにした。このように作者が感じたことの表現手法が絞りの調整、すなわちボケ具合の調整なのですね。

例えばこんな風に前景も背景もなく、遠景の中に1つの被写体だけがある構図だと絞りをいくつに設定したところで写真に大きな変化はありません。F5.6にしようがF22にしようがシャッター速度が変化していくだけです。もちろんこの構図がダメという意味ではありません。絞りを調整するようなシーンではないという意味です。




写真とは作者の意図を表現する云々…である!が難しく感じるビギナーの方へ、当ブログ「究極のツーリング写真」が推奨している効果的な手法は「言語化の不思議」です。先ほども少し書きましたが〇〇だから△△した。これこそが写真にこめる作者の意図を具現化するやり方なのです。

えっ?初級ツーリング解説にしては難しいですか?そんなコトはないですって…

次回、確実に写真がレベルアップする「言語化の不思議」を解説いたします。

お楽しみに!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング