本当に撮りたかった素敵バイク写真☆<中級>ツーリング写真

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、夏休みのツーリングの準備はもうお済みでしょうか?カメラのバッテリー、充電器、予備のSDカードなどお忘れなく!私は以前に三脚のクイックリリースのプレートを忘れてしまいイタい思いをしたことがありました。

夏のツーリングではキャンプや写真撮影に重宝する虫よけ、虫さされ薬もお忘れなく!

さて今回は<中級>ツーリング写真解説として当ブログでは珍しくツーリングシーンではなくバイクをかっこよく撮るためのお話をいってみたいと思います。

ネットで検索をするとバイクをカッコよく撮るには?といった情報が結構多く出てきますが、今回は究極のツーリング写真流として他と違ったアプローチで解説いたします。

EOS6D Mark2 + SIGMA150-600mmF5-6.3DG C

愛車を主役としたバイク写真は多くのバイク乗りが当たり前のように撮っている写真だと思います。私も例にもれず愛車の写真を撮ります。当ブログが定義しているツーリングの魅力を表現した「ツーリング写真」と違い、単純にバイクの写真を撮るだけなので構図はそれほど難しくないと感じるかもしれません。しかし愛車をカッコよく撮る「バイク写真」も追及すると奥が深いです。




まず最初にバイク写真とはいえ重要なのは背景です。一番最初にやることはバイクの背景に適した場所探しです。上の写真は漁船などがあってゴチャゴチャするので、構図の整理が必要となってきますが、もっとシンプルに無機質なコンクリートや錆びたトタンの壁とか、海岸などの開けた景色などでシンプルな背景となる場所を探しましょう。

次にアングルです。バイクも車もカッコよく撮る定番の角度はシチサンと呼ばれる横が7で前(または後ろ)が3になる比率です。、しかし必ずシチサンが良い訳ではなく車種によって少し異なるので調整してみましょう。例えば私のR1200GSアドベンチャーは容量33Lのビッグタンクがデブっちょに見えるのでハチニイくらいがカッコよく見えたりします。

そして高さですが上の写真のように大きく4つくらいの高さに分けて説明してみます。

アイレベルは人の目の高さですがカッコよく撮るアングルとは言い難く、どちらかと言うと写真の意図に合わせて臨場感を出す高さがアイレベルです。背景の多くの割合が地面になります。

バストレベルは胸くらいの高さです。最も無難に見える高さで理想的とは言えませんが背景の境界線(主に道や水平線となる横の線)がバイクの中心を抜かないという意味で悪くはないです。

ウエストレベルはちょうどしゃがんでカメラを構えた高さです。恐らく多くの車種で最もバイクがカッコよく見える高さです。しかし上の例では境界線がちょうどバイクの中心を貫いてしまいました。

ローレベルはさらに低くカメラを地面の近くで構えた高さです。この高さもカッコよく撮れますが、どんな車種でも似たような印象になってしまうのが難点です。しかし背景を空だけにしてシンプルな背景作りという意味では有効です。

これらを加味してその時選んだ背景に最もマッチするアングルを探り当てましょう。

…と、ここまではバイクをカッコよく撮る説明としては普通です。ここから究極のツーリング写真流のバイクをカッコ良く撮る愛車写真の解説でございます。

EOS6D Mark2

はい、こんな感じの写真を目指してみましょう!バイクを主役に構成した写真で「バイク写真」なのは間違いありませんが、さりげなくライダーの姿を登場させて愛車とオーナーの関係性を表現した写真です。

不思議なもので人の姿が入るだけで写真は一気にStory性が生まれるものです。オートバイという無機質な機械は景色の中に置いてしまうと、どうしてもオブジェのようになってしまいます。カタログ写真ではないのですから素敵な1枚を撮るにはこうした主役以外の部分の演出が効いてくるものです。




EOS6D Mark2

この写真は錆びたトタンの壁がバイクの写真を撮るには最適な背景だな、と感じてここで撮影しました。構図はヘルメットを持ったライダーが手前側から見切れでフレームインです。歩み寄る様子で写真に動きを加え、なおかつ前景として機能したためライダー、バイク、トタンの壁で3レイヤーの奥行きを作ることに成功しました。

EOS6D Mark2

愛車をかっこよく撮る「バイク写真」に限った話ではありませんが、構図とは複数ある被写体や背景に対して存在感の調整を撮影者の意図で行うものです。愛車が主役のバイク写真と決めたなら、他の要素に中途半端に惹かれないようしっかりバイクを写します。この場合、房総から富士山が美しく見える日ではありましたが富士山のピントはボカしています。美しい青い海も背景に徹してもらいました。

このシーンで「せっかく富士山がキレイに見えるのに勿体ない!」と感じたのであれば富士山が主役になる写真を別でもう1枚撮ればOKです。それはツーリングシーンを表現した「ツーリング写真」となります。大切なのはバイク写真なのかツーリング写真なのかをハッキリとさせること。中途半端は写真は見る側にも伝わらないものです。




東京湾の夕景

もう1つは逆光などの光を巧みに利用して思いっきり印象的な愛車の写真を撮る方法です。つい先日も記事にしましたが「逆光で撮ってはダメ」は間違いです。積極的に露出をコントロールしてあげれば上のような写真を撮ることは難しくありません。ポイントはツーリング先で美しい光をみつけることです。

究極のツーリング写真流 かっこいいバイク写真の撮り方 まとめ

・最初にバイク写真に適した背景を探そう

・バイクが最もカッコよく見えるアングルを探ろう

・ライダーを登場させて愛車とオーナーの関係性を演出しよう

・最高の光を当ててドラマチックなバイク写真を撮ろう

いかがでしたか?バイクのカッコいい撮り方は色んなサイト等で解説されていますが、当ブログ究極のツーリング写真がお勧めするのはライダーを登場させて愛車とオーナーの関係性を演出した写真です。

ぜひやってみてくださいね!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング