2019年GW北海道ツーリング写真ギャラリー セブンスターの木

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、以前に写真はまず撮影者が景色や被写体に感動することが最初です、という解説をしました。しかし感受性が何らかの原因で低下してしまうと、その事を知っていても感動しないまま撮影を開始している場合があります。

これは感受性が豊かであるかというハート面の問題とは別に、疲労やストレスが起因する健康上の問題もあるそうです。仕事詰めで疲れ果てていたりパワハラや職場内の同調圧力で精神的なストレスを感じていると神経伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンのバランスが崩れてしまうそうです。




そうなると意欲の低下、感受性の低下が顕著になり5月病や悪化すると鬱病などの深刻な症状に発展するそうです。なんだか疲れていて休日にバイクに乗って出かけようという気力がない…という方は要注意ですよ。早めに休養をとって心身ともに健康な状態を維持していきましょう。

EOS6D Mark2 + EF14mmF2.8L F2.8 25SEC ISO800

さて2019年GWの北海道ツーリング写真ギャラリーでございます。この作品は美瑛の定番観光スポットであるセブンスターの木です。もはや説明不要な有名スポットではありますが、念のため書いておきますと昭和51年に観光タバコとしてセブンスターのパッケージ写真に採用したことから人気のスポットになりました。




撮影は5月ですが夏になれば葉もたくさん付けてボリュームあるカシワ独特のシルエットになります。

前回ご紹介したケンとメリーの木も同じですが、こういった有名スポットは観光客で混雑する時間帯を避けて早朝や夜に訪れてみましょう。

この時は満天の星空を背景に撮れるのかな?と期待してR1200GSアドベンチャーをキャンプ場から走らせましたが、実際に行ってみると美瑛市街地の街明かりが想像以上に明るく、加えて畑では何故か何台ものトラクターがヘッドライトを点灯させて農作業中でした。

こういった想定外がおきたとき、ガッカリするか受け入れるかが分かれ道です。空が明るいなら明るいでソレも背景に取り入れてしっかり構成してみましょう。この場合、バイク+ライダーとセブンスターの木のちょうど背景になる部分に、街明かりを重ね合わせるようカメラ位置を調整してみました。

夜間の撮影の場合、撮ってみないと分からないことが多いので最初は無理に長時間シャッターを開けず、プレビューという意味でISO10000くらいまで上げてノイジーでもいいので試し撮りをしてみましょう。

星空や夜景撮影時のちょっとしたノウハウでした。




冒頭の話の続きではありませんが、どうも令和の時代になっても古い時代の風潮を引きずってしまう人が多いようです。ストレス発散で休日に〇〇に行く、〇〇をするという人は多いですよね。平日にガスをためて休日に抜くという繰り返しはガス抜きさえしない人に比べれば良いのかもしれませんが少々時代遅れではないでしょうか?

高度経済成長期を支えた日本人の勤勉さと同調する精神は素晴らしいですが、物質的な豊かさを求めたり国の経済成長を目指して頑張った時代は昭和で終わり、それが終止した後にどうしたら良いか迷走した平成も終わり、いま令和は人の生き方や多様性が求められています。

健康に害が出るほど無理を押して働くことは正しいことでしょうか?それより毎日を充実して生きていくにはどうしたら良いか?それを考えてみるのも必要な時代になったと感じます。その為のヒントがバイクツーリングや写真といった私の大好きなコトに隠されていると感じるので私はこのブログを運営し続けます。

今回はこの辺で!

撮影時には農地に立ち入らないようマナーを守って下さい。観光客の増大とともに丘エリアではマナー問題が深刻化しているそうで哲学の木は切られてしまうという悲しい運命に…。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング