空冷R1200GSの乗り方☆BMW R1200GSコーナリング

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回はツーリング写真解説はお休みして空冷R1200GSの話題でございます。

最近、ブログのアクセス解析で空冷R1200GSに関わるクエリが増えております。特にこれから空冷R1200GSを中古車で買おうとされている方や、すでに買ってみたけど分からないことが多く検索している方が当ブログへ来られるようです。

いままで究極のツーリング写真では空冷R1200GSに関わるインプレッションやメンテナンスに関わる情報を投稿してきましたが、今回は走らせ方のコツとしてコーナリングのお話をしてみたいと思います。R1200GSに限らずBMWの場合はテレレバー&パラレバーサスペンションやシャフトドライブなど独特の構造を持っているので、走らせ方もちょっとしたコツがあります。

EOS6D Mark2

といっても空冷R1200GSの運動性能はツーリングにおけるスポーツ性と乗りやすさを追求されているので、誰がのっても乗りやすい良いバイクです。特に曲がる、止まるについては初めてBMWを運転する人は多くの方が驚かれます。よく聞く感想は「嘘みたいに曲がる」「ヒラヒラと軽快な動きだ」「ブレーキの安心感がすごい」といったものです。




私もはじめてR1200GSを運転したときは「教習車に採用していいほど乗りやすいな!」という感想でした。とにかく行きたい方向に自在に曲がって、大きな見た目からは想像できないほど軽快でスポーティーな走りに感銘したものです。

しかしよく曲がるこの優秀な特性もライディングテクニックに覚えのある方ほど違和感を感じてしまうのも事実です。ブレーキングで前のめりの姿勢にならないテレレバーはサーキットで腕を鍛えた方にとって、ピッチングモーションからの荷重移動が分かりにくいですし、旋回中はイン側に巻き込んでいくような挙動を見せます。

私は今年で空冷R1200GSに乗って11年目、2008年式R1200GSと2013年式の空冷最終型R1200GS-ADVENTUREの2台を所有し両方で11万キロ以上を走行させた経験でR1200GSの走らせ方のコツを書いてみたいと思います。

このバイクはどこからでも自在にバンクを始めて良く曲がるバイクです。通常、多くのオートバイはスタビリティ優先でアンダーステア傾向なため、コーナリングを開始する前はしっかりブレーキングで荷重をフロントに移し、体重移動のモーションでキッカケを作って旋回を開始させますが、R1200GSにはそれが不要です。

曲がりたい方向を見ていれば何もせずともバンクして旋回を開始してくれます。よく曲がるので「曲げよう、寝かそう」という意識があると、どんどん内側に切れてこんでしまうのです。上の写真にあるミシュランアナキー2の写真は私が何年か前まで、こんな風にエッジまで使い切るようなバンク角で走らせていたときのものです。




こういったバイクを寝かそうと深いバンク角で走っても悪くはありませんが、自然とバンクしていくバイクをライダーが寝かそうとするほど、ぎこちないアンバランスが発生するのです。

そうではなく、自然と寝てくれるのですから旋回が開始したらライダーは逆にバンクを起こす意識でフォームはややリーンインで走らせてみて下さい。この写真のようなタイヤの使い方になります。サイドは残して浅いバンクで走るのですね。

これにより旋回中は車体の特性とバランスを保って綺麗にラインをトレースしていきます。ライディングポジションがオフロードバイクと同様にアップライトなポジションなので、上半身は意識して少し伏せて体を前後タイヤの中心に被せるイメージです。

このポジションはオフロード走行の基本姿勢に通ずるものがあるので、ハンドルは腕で上から優しく添える感じで旋回中は体の外で車体を回していきます。下肢はカービングスキーのターンをイメージすれば分かりやすいです。

バンクが浅ければ路面に異変があったり、センターラインをオーバーしてきた車を回避するときに、さらにインに逃げることが出来るので安全です。そもそもR1200GSに限らず、ツーリングにおけるスポーツライディング(ワインディングなどで安全にコーナーを楽しむという意味)ではバンク角は浅い程にリスクが少なく良いです。

電子サスペンションESAを搭載したプレミアムラインであれば、フラットな路面で中高速コーナーが続く峠であればSPORTモード、勾配がきつくヘアピンの連続であればCOMFORTモードに設定するのがおススメです。




いかがでしたか?中古で空冷R1200GS、買ってみたけど噂ほど乗りやすいと思わない、なんか違和感がある動きだ…という方は次回のツーリングでこの乗り方を実践してみてくださいね。

あとR1200GSの恐ろしいのは攻め込んでしまうと破綻も唐突なので、基本はツーリングバイクであることを忘れずに限界付近まで攻め込まないようにしましょうね。バイクの性能を過信するのが一番危険ですから。

それではまた!