驚愕のコスパ☆バイク用三脚として理想?NEEWER66インチカーボン三脚

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回はツーリング写真の撮り方の解説ではなく撮影機材、それも今まで触れなかった三脚の話題をいってみたいと思います。

バイクツーリングで持っていける三脚ってどんな物が理想的でしょうか?安定の良い物は重量もあるしかさばる、かといって軽量なカーボン三脚は高価。なかなか悩ましい問題ですよね。

安定と重量(または収納サイズ)という両者は要望を高めていくと高価なものになっていくのが三脚というものです。いや…かつてそうでした。しかし近年になって安価をウリとする中国ブランドが、小型軽量で安定の良い三脚を製品化しているのですが、これが侮るなかれ!なかなか良い品物なので購入してみました。

Amazonのタイムセールで8074円!

 

NEEWER66インチポータブル軽量カーボンファイバー三脚一脚。 NEEWERとは中国のカメラ用品メーカーでなかなか痒い所に手が届く的な製品展開で評判の良いブランドです。日本では魚眼レンズがたくさん売れて有名になったと記憶しています。

そんなNEEWERのポータブル軽量三脚、しかも高価な素材であるカーボン三脚ですが、もっとも注目したいのがコスパです。何と実売価格として1万円以下で購入できました。




ポチった翌日には届き、恐る恐る開封してみると想像以上に…いや大きく期待を裏切るほどクオリティが高く、これが本当にチャイナブランドなのか?という立派な品物でした。

この三脚はセンターポールを伸ばした状態で各脚を180度倒して格納する、いわゆるトラベラー三脚タイプなのですが、私が今まで愛用していたGITZOの2型カーボン三脚と比較してもクオリティ面では見劣りする部分がありません。

左が今まで愛用していたGITZOのカーボン三脚 GK2550EXQDというオフセットポールの自由雲台の三脚です。2型の3段というサイズは一般的ですがオフセットポールはアクロバティックなアングルに対応していてお気に入りでした。

右が今回買ったNEEWER66インチポータブル軽量カーボンファイバー三脚一脚。パイプ径がワンサイズ小さいですが4段なので全て伸ばすとGITZOと同様にアイレベルまで高くなります。

GITZOと並べても見劣りしないクオリティです。カーボンはGITZOは繊維がクロスしていますがNEEWERは一方向にしか見えません(実際はクロス織りだと思います)。

雲台はどちらの三脚も自由雲台ですがGITZOはオフセットボール、NEEWERはセンターボールです。耐荷重はGITZOが5㎏、NEEWERが12㎏!!??

ロック部分の構造は両社はほぼ同じです。




収納状態の大きさは歴然です。GITZOは縮長750㎜で重量は2.4㎏。対してNEEWER66インチカーボン三脚は縮長450㎜で重量は1.52㎏。サイズも用途も異なる三脚なので比較しても意味がありませんが、バイクに積載と考えると圧倒的にNEEWERが魅力的に感じます。

今まで愛用していたGITZOのカーボン三脚を思うと、とても小型軽量でツーリングに持って行くことにストレスを感じません。

360度のボールヘッド。固定ダイアルがもう少し大きければ良かったのですが…

アルカスイス規格の雲台にクイックシュー。水平を出すためのバブルインジゲーターもあります。

スポンジカバーのある1本は簡単に外すことが出来て一脚に早変わりします。これは便利だ。

4段、すべてを伸ばし切ったところ。アイレベル付近までの高さが出ますがこの状態で強風や振動のある撮影地でどれくらい安定を発揮してくれるのか…が一番の悩みどころです。パイプ径がワンサイズ小さいだけで揺れの収束はだいぶ違いますからね。

まあこの辺は小型軽量を選んだためのトレードオフと言えます。

そもそも私がGITZOの2型3段カーボン三脚を使用していたのは、かつての愛機であったEOS1Dxに望遠ズームレンズを装着して使用するという、とてもヘビーな環境を想定していたからです。しかし現在ではボディは軽量なEOS6D mark2でレンズも多くのシーンではEF35㎜F2ISやEF50㎜F1.8STMなどの軽量な単焦点であることが多くなりました。

それによってバイクでの積載、持ち運びが煩わしかった三脚を大幅に軽量化することができました。それも驚異的なコスパの製品で!




NEEWER66インチカーボン三脚一脚が如何なる過酷な撮影地でも頼れる三脚であるかはこれからの使用にかかってきますが、Amazonのレビューを見る限りですと通常の使用、常識的なメンテナンスをしていれば問題ないと思われます。

ともあれフランス軍の機関砲の台を作っている、あの憧れのGITZO様と比較され、そして見劣りがないクオリティ。GITZO GK2550EXQDが11万円くらいしたのに対しNEEWER66インチカーボン三脚は約8千円!!三脚界の王道的なGITZOとコスパを比較するのは変だろう、と聞こえてきそうなので…一般的なトラベラー三脚(Velbonやマンフロット製)で比較するとアルミ製で2万円前後、カーボンで4万円前後ではないでしょうか。

この驚異的なコストパフォーマンスは本当に有難い限りです。なぜこのような価格が実現するのか…ジャンル違いですが元メーカーの開発を経験した私には疑問符しか出てきませんが、1つ確かであろう推測は、そもそもカーボンファイバーのパイプという物は以前は日本やフランスの特定のメーカーの技術でしか成しえなく、それが近年になって中国内にも技術が伝わったという事なのでしょう。

スペックにある耐荷重12㎏が若干疑問ではありますが、通常の一眼レフやミラーレス機でしたら望遠ズームレンズを装着し、長時間露光(強風でなければ)も対応できるのではないかと思います。そう考えるとこの収納サイズはバイク用三脚として理想的かもしれません。

皆さまもおひとついかがでしょうか。

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング