ツーリング写真っていつもこんな感じで撮っていますが…

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、間もなく春のシーズンインですが準備は万全でしょうか?!

つい先日、ある方から究極のツーリング写真で写真の撮り方や様々なノウハウを無償公開しちゃっているけど本当に良いの?と聞かれました。確かに多くの場合は良く知られたHOWTOを除いて、自分独自のノウハウなどは秘密にするのが通常かもしれません。

究極のツーリング写真を立ち上げた当初、みんなでツーリング写真を盛り上げていこう~!という目的で「ツーリング先でどう写真を撮っていいか分からない」といった方々を対象に初歩的な内容を書いていました。しかしうっかり<上級>ツーリング写真というカテゴリーを作ってしまったが為に、いつの日からか個人的なノウハウといえるものを惜しみなく公開するようになりました…。




以前にある偉い方から勉強させていただいたのですが幸福とは人と分かち合うもので独占してはいけない。自分だけの幸せを守るのではなく誰かに分かち与えることが重要である。と少々宗教じみていますが、言ってみればそんな格言に影響されて「写真を撮れるようになるのは幸福なこと、その方法を秘密にはせず誰かに分けてあげたい」そんな風に考えるようになりました。

最近ではSNSで究極のツーリング写真の読者様の作品(といっても素晴らしい作品ばかりで私より上手い人ばっかり!)を見ると幸せな気持ちになり「やはり自分のしている事は良い事だなぁ」と感じるものです。

さて、また前置きが長かったですが今回は作例をもとにツーリング写真を撮る現場において、撮影全体の流れを簡単に説明してみたいと思います。いつものツーリング写真解説とは少し違ったアプローチでいってみたいと思います。

たとえば海に行ったとき、海岸でバイクを停めて気分は最高。そこでポケットのコンデジを持ち出して愛車をパチリと1枚撮ったとします。そう、こんな感じで。これはバイクの写真と風景全体の割合を考えた末の比率でSNSなどで一番よく見かけるパターンです。バイクが主役なのか風景が主役なのかハッキリせず、平凡に陥りやすい撮り方と言えます。

 

ではぐっとバイクに寄ってバイクを主役になるよう撮ってみました。構図上ではバイクが主役、海岸の風景はあくまで背景です。防波堤に書かれた絵の感じやコンクリーの質感も悪くはありませんね。




次に先ほどとは対照的に引いて風景主体で撮ってみました。これによって広がり感のある写真になりましたが、この撮り方は空や海などに魅力的な特徴があるときにやる方法です。この場合は果たしてこれで良いと言えるでしょうか…

さあ、困りました。そもそもこういった場合は最初に風景に感動して写真を撮ろうと思ったのではなく、休憩がてら気分転換に写真でも撮るか、とカメラを構えたために魅力的な何かを未だ見つけてもいないのです。

以前に写真撮影の言語化という解説をしたことがあります。例えば夕方の湖で写真を撮る場合に、その情景や被写体の何が良いと思って写真を撮るのか言語化してみましょう、というお話です。「夕方の湖がキレイ」では撮影を開始するにあたり具体性が出ないので「風にさんざめく湖面に夕陽が輝いて美しい」といった具合に素敵な言葉で特徴を言語化できるようになりましょう、というお話でした。これが出来れば美しくさんざめく湖面を撮るよう画面構成すれば良いのですね。

上の海岸の写真はこういった写真を撮りたいと思った「きっかけ」が空っぽなので撮るものが無い(またはまだ見つけていない)場所でシャッターを切ってしまい、なんか違うなぁ~と悩んでいるのです。




しかし不思議なことにこんな事も起こりえます。駐車場にいたサーファーが準備を終えて砂浜を歩いて海に向かっていきました。突然の出来事でしたがすぐにカメラを向けてシャッターを切りました。

いわゆるアイキャッチ効果による「小さな主人公」を作った構図ですが、これだけで海岸のワンシーンに小さなストーリーを付加することに成功しました。

こんな事は珍しいことではなくしょっちゅうあります。目を三角にして絶景やフォトジェニックな被写体探しをするよりも、目の前にある光景に自然と起きる出来事などを組み合わせて、当初は想定もしていなかった1枚を手に入れるのです。

もちろん運なんですけど、心持ち、気分などでラッキーなことは普通にやってくるものです。いつも誰かに自分の幸福を分けてあげたいな…そんな風に考えている人には写真の神様もラッキーや奇跡をもってきてくれるのかもしれませんね。

今回はこの辺で!!

にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング