平凡写真を生んでしまう7つのNG<初級>ツーリング写真

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、今回の投稿は特別、写真やカメラに関心があわる訳じゃないけど、最近になって何となく写真をやってみようかな?そんな方々を対象とした写真に関わる初歩的な内容でいってみたいと思います。

題して「平凡写真を生んでしまう7つのNG」でございます。

1.被写体を必ず枠の中におさめて撮っている

2.複数の被写体を画面内に並べている「お子様構図」

3.カメラの撮影モードはオートモード

4.ズームをぐるぐる回して大きさの調整をする

5.被写体に不快な要素が重なったり貫通している

6.画面の隅に電線や余計なものが写っている

7.事実を記録しただけの写真で満足している




究極のツーリング写真の読者の皆さまや、写真のキャリアがある程度の方でしたらきっとクリア済みだとは思いますが…これから写真をはじめてみようかな?とお思いの方から見ると特に1や3がなぜダメなのか分からないと思います。

写真を趣味としてやった経験はない。そんな方々でもカメラを使ったことくらい誰でもあるので、カメラの電源を入れてシャッターを押して撮るくらいは出来るはずです。これから写真を趣味としてやっていこうかな…そんな風に感じて写真を始めるとき、普通に写真を撮るのと趣味として素敵な写真を撮るようになることの違いが、この7つの中に隠されています。

今回はそんな初歩的なお話を7つのNGで解説してみたいと思います。

1.被写体を必ず枠の中におさめて撮っている

おっ、ここはイイ感じの場所だな。と思って愛車を停めて写真を撮ろうと思っても、この写真のように普通にバイクを枠の中におさめて撮ると印象の薄い平凡写真に陥りやすいです。なぜならSNSなどで見かける多くの写真がこのように撮られていて、見る側も無意識下にこのような構図に飽きているのです。

このような撮り方が絶対にダメという訳ではありませんが、最初の頃はこのように「バイクやライダーなど重要な被写体は画面におさめなくてはいけない」という思い込みをまずはやめてみましょう。

EOS6D mark2 +SIGMA35mmF1.4ART F6.3 1/160 ISO100

最初にここで「おっここはイイ感じ」と思った理由はブルーグリーンのペンキがヒビ割れている扉の様子と、錆びたトタンの組み合わせが印象的で、この古びた番屋から崇高さを覚えたからではないでしょうか。そうと分かれば愛しいバイクの存在感を苦渋の思いで枠で切って存在感を下げてみて下さい。手法は枠で切るだけでなくバイクのピントをボカすのも有効です。

コレだけで平凡な写真ではなくなります。シーンの主題が明確化されて印象的な写真になります。写真を見る人にも番屋の雰囲気からあなたが感じたことが何だったのか伝わるはずです。




2.複数の被写体を画面内に並べている【お子様構図】

港に船があった、それで自分のバイクと一緒に撮ったよ。お子様構図とは幼い子供が書いた絵のように画面内で等しい存在感で並べられたような写真のことです。このような写真ではR1200GSで海の方へツーリングに行ったら港に白い船があったよ。という事実のみの画像であり、見る側としても心に入ってくるものが有りません。

もちろんこういった写真でも発表すれば反応は良かった、という場合もあるかもしれません。しかしそれらは「R1200GS欲しいんだよねぇ」とか「あの船、知っているよ」とか「最近、雨ばかりだったのにイイ天気で良かったですね」といった写真に写っている事実に関わる感想に過ぎません。

船、鉄道、飛行機、何かのオブジェや有名な建物など、バイクとからめて複数の被写体が存在する場合は、どれが主役なのかを明確に写真にしましょう。もちろんバイクの方を主役にしても大丈夫です。重要なことは1つの主役を明らかにすることで、コツは少々大げさすぎるくらいに撮ることです。

この【重要な1つを明らかにする】はいつか上級者になったときに写真の意図や感じたことなどを表現をするときにも使うので、物理的に存在する被写体でまずは出来るようにしてみましょう。お子様構図の脱却は写真への第一歩です。

長くなってしまったので次回に続く…

最近、このパターン多いなぁ~




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング