スーパーカブC125を見てきました

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、いま欲しいバイクは何ですか?私はホンダ スーパーカブC125が欲しいです。

新車で買えるオートバイで欲しいモデルがなかなか存在しないな…なんて思っていた昨今、これは欲しいな!と心から思える新しいバイクがスーパーカブC125です。中古で買えるオートバイでしたら例えばR100RSとかR80GSとかOHV時代のBMWなんか欲しいんですけど、私は結構バイクを酷使するタイプなので古いオートバイは憧れますがなかなか手が出ないです。




そんな風に思っていた矢先に発表から気になっていたスーパーカブC125の実物を見る機会がありました。最寄りのドリーム店に新車が1台あったので店員さんにお願いして少し見させていただきましたよ。

カッコいい…欲しい…。ネット上でも多くの中高年ダンディズムライダーが欲しているという情報を散見しますが、私も例にもれずC125にハートを掴まれた1人でございます。

各部のフィニュッシュ、繊細な配色、絶妙なディティール、往年のC100を彷彿とさせる顔つき。ホンダ車の小排気量にあり勝ちなカジュアル過ぎる雰囲気もありません。ばっちり高級感、プレミアム感が伝わってきて見る人の多くを惹きつけること間違いなさそうです。

このエンブレムも最高ですね。遠心クラッチ部のカバーもメッキ処理されて輝いています。

デザインで最も印象が強かったのがこのキャストホイールですね。私はあまりスーパーカブには詳しくないのですが、おそらくキャストホイールの採用は今回のC125が初なのではないでしょうか?

エッジの効いたデザインはクラシックなカブのボディに先鋭的な印象を与えて全体をネオクラシックスポーツに仕立てたという印象です。

それに見た目だけでなくキャストホイールは剛性も高いので、それに伴ってサスペンションも刷新され専用セッティングなはずです。ディスクブレーキもそうですが、これにより商用的なカブの走りとは一線を画すスポーティーな走りが味わえるのでしょうか?

しかもこのC125のキャストホイールはENKEI製ではありませんか?!むかし4輪でレースの真似事をしていた私にとってENKEIのキャストホイールと聞くだけで心が躍ります。

チューブレスタイヤであるのも、万一のパンク修理が容易であるので助かりますね。お正月の北海道宗谷岬 初日の出ツーリングに行く人は大きな魅力ですね。極寒の中でチューブのパンク修理って難しいらしいですからね。




 

C125のカタログだけ貰ってきちゃいました…。しかし399600円かぁ…。専用設計の部分が多く、特にキャストホイールなどはコストがかかっていそうなので、ある意味では妥当な定価かもしれません。しかしユーザーサイドの感覚としてはスーパーカブに約40マン円ですかぁ!といった感じですね。

ABSが付かなかっただけ良いですが、例えばキーレスや電動で開閉する小物入れなどは不要だったのでは?せめて32万円くらいだったら新車でも検討できるのですけどね。

しかし素敵なオートバイの発売に心からホンダを称賛したいですね。同時期に発売されたモンキーも良さそうですけど、昔ながらのカブ、モンキーのファンだけでなく、新たなファンの獲得にホンダの巧みさをも感じました。

これをもし買ったらR1200GS/アドベンチャーでは行けなかった場所、気が付かなった風景もきっと発見できると容易に想像ができます。ツーリング写真の世界も広がりそうですが…何年か待って中古車を検討してみたいと思います。欲しい!

スーパーカブC125を見てきた感想でした!!




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング

~本日の毎日100ショットスナップ~

RICOH GR APS-C

黄色いタクシーのボディにある青い街の広告と、遠景の風景が同じように見えた妙。もちろん狙って撮ったのではなく、偶然にも手に入れたコトですが。撮った後にこの偶然が気に入った、というスナップでは決して珍しくない写真の楽しみ方の1つです。