EOS Rに絞り込みボタンが無い理由…キヤノンEOS R

Pocket

究極のツーリング写真 touring-photography.com 読者の皆さま、前回の投稿でキャノンから新発売されたミラーレス一眼カメラ EOS Rの店頭で触った感想を書いてみました。

EOS Rの感想の記事

今回はEOS Rの感想の記事で書けなかったある点について書いてみたいと思います。それはこのEOS Rには絞り込みボタンが無いのです。

絞り込みボタンとはキャノンが以前に被写界深度プレビューボタンと呼んでいたEOSシリーズをはじめ多くの一眼レフカメラに当たり前のようについていた機能です。一眼レフは例えばF5.6とかF11とかに設定してもファインダーで見る像はそのレンズの解放状態です。シャッターを切る瞬間だけ絞り羽が作動して設定した絞り値になるのです。なのでファインダーで被写界深度を確認するには絞り込みボタンを押して絞り羽を実際に作動させてみるのです。




多くのカメラはレンズマウントとグリップの間らへんにボタンが存在します。私のように風景写真が多い場合はかなり高頻繁に使う機能です。今回、店頭でEOS Rを持ったときに「あれっ絞り込みボタンが無いな」と気になりました。

きっとEVFを搭載したミラーレスカメラなんだから、設定した絞りに常時作動するリアルタイム式なのだろうと思いました。しかしファインダーを覗きながら絞りを変更しても像から確認する被写界深度に変化はありません。あれ~変だな。

SONYのα7などは常時絞りを反映したリアルタイム式らしいですが、キャノンはせっかくのミラーレスでEVFなのになぜリアルタイム式にしなかったのでしょうか?ボタンが然るべき場所に無いのに被写界深度をプレビューしたいときはどうするのでしょう?調べたところボタンカスタマイズ機能で割り当てることが可能なようです。そしてリアルタイムに絞りを反映する機能は現段階では無いみたいですね…。

不思議です。。。なぜこうなっているのか不思議!

確かに絞り込みボタンは地味な機能で実際のところは多くのユーザーは使っていないかもしれません。被写界深度についてはデジタル時代の昨今では実際に1~2枚と試し撮りして確認した方が分かりやすい、というのも有るかもしれません。しかしそれならば尚更のこと絞り込みボタンを廃止してEVFでリアルタイムに絞りを反映し事前に確認できた方が良いはずなのですが。




 

EOS Rの感想の投稿で書きましたが・EVFはどのように写るのか確認できるもの、・OVFは光の様子など肉眼でよく分からないものを見るもの、が私の感想ですと書きました。OVFは実際にこれが写真になったらどのように写るのか?すぐにイメージができる人には綺麗に見えるOVFが良いのだと思います。逆に写真にしたらどのように写るかイメージができない人にはEVFの方が分かりやすく親切であると言えます。

被写界深度を慎重に調整して撮った写真の例 メイン被写体とその手前1~2m程度に合焦させ背景はボカしている

SONYは新たなカメラユーザーを視野に入れて全ての人に優しく作っているのかもしれません。その一方でカメラメーカーとして老舗のキャノンはファインダーで確認した世界が写真になるとどう写るのか?はあくまで撮影者の手腕、想像力の領域でありソコを大切にしよう!という写真表現の考えを大切にしているのかもしれません(たぶんだけど)。

もしかしたら、どこかのタイミングでソフトがアップデートされてEOS Rも絞りがリアルタイムに反映されるようになるのかもしれませんが。

EOS Rの絞り込みボタンがどのような根拠で無いのかは重要ではありませんが、何よりEVFについての疑念が拭いきれません。液晶モニターのライブビューとファインダー内の映像、外に露出して設置されているか暗い箱の中にあるかの違いで同じものが2つあってあまり意味がないように感じてならないのですが…

兎にも角にも素晴らしきカメラの世代交代を静観して数年後に検討してみようかと思っています。だって今はお買い得な中古が存在しませんからね。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


バイク旅ランキング